2006/02/01

街の遊撃手、いすゞ(ISUZU)『ジェミニ(GEMINI)』

 当時話題になった昭和のCM。
 此の後でしょうか、いすゞは業績不振に陥ったと記憶しています。

 勿論実写です。
 等速で見るとほんの一瞬の技で、其れを実現するにも其れ也の車速が必要ですが、其れ等をスローにする事で映像表現が成されています。




ヤマハ発に資金提供 中国企業、ヘリ代金と別

http://www.shizushin.com/local_social/20060127000000000070.htm

ヤマハ発に資金提供 中国企業、ヘリ代金と別

 ヤマハ発動機が中国に無人ヘリコプターを不正に輸出しようとしたとされる事件で、同社に対し、輸出先の中国企業がヘリの代金とは別に、資金を提供していたことが27日、静岡、福岡両県警合同捜査本部の調べなどで分かった。捜査本部は事件の背景に不透明な資金の流れがあった疑いもあるとみて調べている。
 事件は、福岡県警が昨年4月に摘発した入管難民法違反の家宅捜索で発覚。押収した資料から、中国の公的機関の職員とみられる中国人が仲介し、ヤマハ発が2001年以降、北京の「北京必威易創基科技」(BVE社)にヘリを売却し、取引は十数件に上る疑いが浮上した。
 昨年12月21日、国の許可を得ないまま、軍事転用可能なヘリを輸出しようとしたのが税関で発覚。同月22、23日に経済産業省が立ち入り検査した。
 捜査本部などが調べたところ、ヤマハ発で無人ヘリの販売を担当するスカイ事業部に対し、BVE社からヘリの代金のほかに、多額の資金が支払われていたことが判明。技術提供料などの可能性もあるとみられ、捜査本部は調べを続けている。


 此がトヨタパワーだ!全く報道されねえw

 毎日新聞系列でも、静岡新聞は硬派だと聞くが、地元大手企業にも関わらず報道するとは流石だねぇ〜。
 タブーが無い筈のNHK『つながる@ヒューマン』でさえ、ブログ投稿数が高い筈だったのにスルーしてたもんなぁ。あー恐い恐い。

Posted by Virtue at 10:19 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

G7(先進7カ国首脳会議)という最強の外交カード

 G7(日本、ドイツ、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、カナダ)に入りたければ、ロシアと中国は日本の国連常任理事国入りを認めろ。
 あとロシアは北方四島も返せ。
 無論口頭じゃダメだ、書類にサインしてな。


 コリア?ナイス・ジョーク、コイズミ(笑 byブッシュ

Posted by Virtue at 11:16 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/02

でー−んー説ーのー

波が〜
やあて来る時ー



 此のプラットホームは、スポーツ・カーを想定して作ってますね。
 前後逆に使えば、FFミッドシップにもなる。

 エスティマより台数売れるかも?w

 つーかやっと出たか、結構前からケンタッキー(日本法人が三菱商事の合弁企業故?)のCMでも見掛けてたからなぁ。コカコーラのCMだったっけ?

Posted by Virtue at 06:49 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

『認知症』とか『環境ホルモン』とか・・

誰だよ、毎度こんな意味不明な造語にしたバカは!

 認知症って、認知出来る症状なら正常だろ!
 其れをいうなら『不認知症』だろ!
 せめて認知障害の『認知障』にすべきだ。

 環境ホルモン?ホルモンは環境から発生しないだろ!
 『内分泌攪乱化学物質』が長いなら、『ホルモン攪乱物質』とか『ホルモン阻害物質』で十分だろ!

Posted by Virtue at 08:19 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

朝日新聞>寛仁さま 発言はもう控えては

 読んでると眩暈がしてくるので、色分けした。
 赤字がアカじゃなかった朝日の主観。
 青が客観的事実。一応。


【社説】 2006年02月02日(木曜日)付


寛仁さま 発言はもう控えては

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。


 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。


 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。
歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。
まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。


 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。



 政治利用になるから発言するなとは、丸で中国・韓国・北朝鮮の物言いだな。

 いや、一方にくみする発言が、政治利用になるから発言するなという事だそうだが、朝日は其れをずー−−−−−−−とやって来た。
 此迄、特アのプロパガンダを無批判に垂れ流して来たアカピーの立場からすれば、こうした批判こそが政治的意図を持った発言であり、又日本国民の代表・代弁機関であるが如く偽って、其れ等プロパガンダを勝手に国民の総意とするのは、特アをはじめとする独裁国家が、自国民を人質に他国へ圧力を掛けるやり方と同じで、国を越えた最悪の言論弾圧だ。

 いや、そんな事はどうだっていい、抑も国民が知らない事を知らせて回る事が一方にくみした発言になるとして、其れのどこに問題があるのか?
 影響力がでかい?現在の状況見てみろ。

 小泉首相+経団連会長+特ア右翼&共産・社会主義等皇室廃止論者>>>>>>>寛仁親王

 弱者を発掘し時にはでっち上げ捏造、更には悪を擁護して迄結果平等、勢力均衡を保とうとする朝日が、何故マイノリティを弾圧するんだ?
 ひょっとして朝日の取材に応じて貰えず、拗ねているとか?

 あとキーとなるのは時間だ。

 改正案提出そのものの是非を問うているのに、其の時間を与えずに「議論すればわかる」と、改正ありきの既成事実化をしようとする小泉首相と上記の朝日新聞。

 朝日は、

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。
 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

こう理解しておきながら、

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

と発言してるのに、

まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

だから公平を帰する為に黙ってろって、黙ってたら話し合うべき問題が通っちまうから問題になってるんだろ!

 しかも、

 今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。
歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。
まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。


 「しかし・・」って何がしかしなんだ?文章としておかしくないか?
 此では、否定に否定を重ねて「結局何が言いたいんだ?」と自己矛盾で本性がばれる、自爆記事に見えるが?

Posted by Virtue at 20:09 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/03

広島県民会議が放送自粛要請

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200602030003.html

中国新聞地域ニュース

広島県民会議が放送自粛要請 '06/2/3


 青少年育成広島県民会議(上田宗冏会長)は二日、青少年の育成上、「特に好ましくない」としてテレビ番組七つを挙げ、放送自粛を求める要請文を民放テレビ局と番組スポンサーに送ると記者会見で明らかにした。

 県民会議は昨年六月、広島など県内四市で小中高生や保護者らにアンケートし千三十六人分を回収。ほぼ同時期に、母親でつくる市民団体が午後六〜十一時の全番組を視聴。双方の結果を「総合判断」して選んだ。

 七番組は、ロンドンハーツ、クレヨンしんちゃん、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)▽水10!、めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)▽キスだけじゃイヤッ!(日本テレビ)▽爆笑問題のバク天!(TBS)。

 要請文は、言葉遣いや描写、他人を中傷するような言動が子どもたちに与える影響を否定できないなどと指摘。「放送を控える見識と姿勢を持ってほしい」としている。東京都内の民放キー五局と県内の民放四局、番組スポンサー六十八社への郵送を同日から始めた。

 県民会議は、PTAや青年会議所など約九百六十の団体・個人で構成。事務局は県青少年室に置き、県は本年度、事業費の約六割の約二千五百万円を補助している。

 要請文の送付は、全国の都道府県民会議で初めて。「放送を規制する動きは好ましくない」との意見も出た。最も多い三番組が対象とされたテレビ朝日広報部は「要請文が届き、内容を見てから対応を検討したい」としている。(守田靖)


 『自粛要請』って何なの?
 要請されて自粛したら、其れは強要になるのではないのか?

 其れに、番組の内容についての詳細ではなく、一般市民と称する集団が、番組全体に対して網を張って控えろと要請するのは、番組そのものを中止しろと言ってる事と同じだ。

 言論の自由にとって、マイノリティを無視して数の論理で押し切るやり方は、市民が最も嫌う行為の筈なのに、其の市民が此を率先してやるという気持ちの悪さは一体何だろう。
 本来問題が有れば、其の部分を具体的に取り上げ、賛同者が集まるというのが自然な姿なのに、何故頭数ありきの内容不特定で押し切ろうとするのか。

 単なるアンケート結果の受け渡しや、特定内容に対する抗議なら兎も角、抽象的曖昧さで放送の中止其の物を求めるとは尋常ではない。

 何か胡散臭い連中だ。
 市民団体とは聞こえがいいが、いや、最近ではそうでもなくなり、プロ市民へと脳内変換される様になって来ているが、数や規模や資金力が前面に出ているだけで、構成される具体的団体の名称や代表の名前が一切出て来ない。市民一人一人の顔の気配すら感じられない。

Posted by Virtue at 21:14 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/04

産経新聞>朝日社説 「言論封じ」こそ控えては

http://www.sankei.co.jp/news/060203/morning/editoria.htm

【主張】朝日社説 「言論封じ」こそ控えては

 寛仁さまが月刊誌などで皇位継承について発言されていることに対し、朝日新聞は二日付で「発言はもう控えては」という社説を掲載した。同じ言論機関として、違和感を覚える社説だ。

 寛仁さまは、皇位が男系で維持されてきたことを強調し、政府の「皇室典範に関する有識者会議」が一年足らずの議論で女系容認の結論を出したことを「拙速」と批判されている。また、男系維持のため、元皇族の皇籍復帰や養子制度導入などを提案された。

 朝日は「一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う」とした上で、「天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである」「そろそろ発言を控えてはいかがだろうか」と書いている。

 寛仁さまの発言を批判することは言論の自由の範囲内であるが、その発言を封じようとする社説は、言論・報道機関として、守るべき一線を越えているように思われる。

 皇位継承問題に限らず、靖国、歴史認識問題など多くのテーマで、産経と朝日は対立しているが、もし、朝日の言論が封殺されるような事態が起きれば、言論の自由を守る立場から、産経は朝日を徹底して擁護するだろう。現に過去に起きた朝日へのテロ行為に対しても、この立場を貫いてきた。

 朝日は、寛仁さまの発言の趣旨について「戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ」などとしている。

 しかし、寛仁さまが言わんとしていることは、安易に女系を認める前に、いろいろな選択肢があり、あらゆる手を尽くすべきだという趣旨だ。それでも男系維持が難しければ「女帝・女系の議論に入っていけばいい」「最終的には皆さんのご判断を待つ」(雑誌『正論』三月号)とも言っている。

 「国民的な議論が不十分だ」という寛仁さまの発言全体の趣旨を正しくとらえてほしかった。

 今国会での皇室典範の拙速な改正に反対する国会議員の署名は、百七十三人に達した。皇位継承問題は、寛仁さまが指摘するように、政治を超えた日本の歴史と伝統文化の問題である。結論を急ぐべきではない。


 言論封じが目的とみられる支離滅裂記事の朝日新聞と、論点を逸らすなと反論する産経新聞。

 朝日の記事の時に、赤字と青字で色分けしたのが活きますね。
 結局、今回に限っては、其の記事は嘘ではなく事実は事実だが、信実ではなかったと。
 つまり、本質から話を逸らして、朝日の意図する記事に書き換えられたという事だ。
 まさにメディア・リテラシを学ぶ上で、絶好の悪例教材と言える。

 話は変わるが、僕は産経の『正論』というタイトルが昔から気に食わない。
 屁理屈でも理屈であり、本質がずれていても正論は正論だからだ。
 そういう意味では、もっと高い理想を掲げる様なタイトルが、相応しいのではないかとよく思う。
 無論、朝日の『天声人語』みたいな、人を見下したタイトルなんかは以ての外だ。

Posted by Virtue at 19:48 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/05

自分が捉える新聞各社の本質

朝日新聞:戦中戦後と独裁国家に媚び諂い、殿様商売による風評権力の立役者。
毎日新聞:時代のトレンドを伺いながら、容易に立場が変わる大衆紙。
讀賣新聞:トップの意向に大きく左右され、内容に不備も多い立ち読み大衆紙。
日経新聞:ソニーと揃別以降、経済原理主義から産業保守に目覚め始めた捨てがたい存在。
産経新聞:創業以来、産業経済という原理原則を知るマイノリティ。

 此等大手新聞社の中で、唯一「中国政府に不都合な記事は一切書かない」とする『日中記者交換協定』を拒否していたのが、最近支持層が増えている産経新聞だったりする。
 だから、産経は中国や韓国や北朝鮮の政府筋メディアから、名指しで批判の栄誉を受けるw
 まぁ内容の善し悪し以前に「当たり前の事を当たり前の様に書く」と、只其れだけで良識派に見られるなんて、こんな楽な事はないと思うわけだが、其処迄来るのに並々ならぬ苦労をして来ている。

Posted by Virtue at 02:20 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

さよならミカン電車

作品ファイル:http://www.rop.co.jp/?exec=ropdtl&rid=2835
起動用アプリ:http://www.hollyhock.co.jp/rop/verup/dlindex.htm

 僕にとっては、御殿場線の通学電車でした。
 きったない、バキューム・カーのイメージでした。

 ローカル・ニュースで、引退特集をやっていましたが、当時としては最新鋭の技術が盛り込まれた車体だったそうです。
 其のカラーリングのモデルとなった車輌も出て来ましたが、そっちの方は色に違和感を感じませんでした。
 此の違いは何だろうと考えていてわかった事は、背景との調和でした。
 恐らく、日本の方も当時としては、未開発の背景にマッチしていたのでしょう。
 現在の人工構造物だらけの背景では、オーガニック・カラーはむしろ毒々しい色であると。
 電車が悪いのか、背景が悪いのかはわかりませんが。

Posted by Virtue at 18:23 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.