2006/02/09

小泉首相ってスゲーな

 未だ未だツキが続いてるw

 国民の反発と特ア右翼の加藤・山崎の疫病神の支持で、マズイと思ったところに紀子殿下の助け船。

 しかし、朝日といい中国といい韓国といい、発言の無い当事者に対する意図的な決めつけ報道は、非道極まりないな。
 こうした人権のじの字も知らない連中が、発言も反論もし辛い立場の人間を“世論の被害者”としてでっち上げ、発言を勝手に既成事実化し、サイレント・マジョリティを煽動。
 悪意を持ってやってるのは明らかだが、皇室潰しが目的と知らない連中はどう見るんだろう。
 やっぱ可哀相とか思って、流されるんだろうな。
 やはり、原理原則を知識として知っていないと、とんでもない事態を招く事になるな。

Posted by Virtue at 08:23 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

『共産主義』ガン細胞の如く

 シンガポールは、マレーシアを華僑に乗っ取られて独立した国だ。
 台湾も現在、華僑勢力による圧力が日に日に増して同じ立場にある。

 アジア全体がそうだが、商人主体の中国みたいな共産主義国は、民主主義国家を相手に商売をしようとする時、周辺の弱小国を飲み込み、民主主義国家に見立てて手足の如く、金融都市を作り上げる。
 香港、シンガポール、マカオみたいな都市だ。
 日本国内で例えるなら、消費者金融や地下銀行みたいなもの。
 ブラック・マネーの集積所であり、資金洗浄の場でもある。
 いわば一党独裁政権を管理会社とする、党幹部が利益を吸い上げる仕組みが其処にある。

 だからこうした独裁政権を宿主とする国家規模の汚職も、一民間企業の比ではない巨大なものだ。
 そんな国家が軍備を増強したらどうなるか。当然民間企業は軍なんぞ持てない。

 商業主義を信奉する者は、何れ商業主義の本場の支配下におかれる様になる。
 又彼らは、其れを乗っ取りとは思わず歓迎、思想体系の総本山として迎合する。

 まさにガン細胞其の物で、周辺地域をどんどん侵食して行く。
 其の痛みに晒されるのは、食い物にされている製造業。
 人がモノをつくる事をやめたら、世界はどうなるんだろう。

Posted by Virtue at 09:37 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 論文用

不利になると世論をバカにしたり冷静になれと見下す

 自分等の立場が不利になると、「間違ってる!国民はバカだ!」と馬鹿にしたり、「冷静になれ!」と偉そうに宥め、日本の世論を見下した態度で接する特ア右翼の皆さん。

http://www.asahi.com/paper/editorial20060204.html

皇室典範 ここは冷静な議論を

 皇室典範の改正問題で、政界が騒がしくなってきた。

 女系天皇の容認に反対する与野党の国会議員が多数の署名を集め、集会を開いた。閣僚からも慎重論や、男系を維持すべきだという反対論が相次いでいる。

 皇太子の次の世代に男子がいないなかで、皇位の継承をどうするかは天皇制の根幹にかかわる問題である。きちんと論議しなくてはならない。

 小泉首相から諮問をうけた有識者会議は「女性・女系天皇を認める」「男女を問わず天皇の直系の第1子を優先する」という報告をまとめた。

 男系・男子にこだわれば、継承者がいなくなる可能性が高い。旧皇族の男子を迎えて男系維持をはかるべきだという意見もある。だが、60年以上も一般国民として過ごしてきた人びとである。皇族となることに多くの国民が納得するとは思えない。そんな判断によるものだった。

 この報告について、私たちは「妥当な結論だ」と支持した。ただ、皇位継承順を第1子優先とするかどうかには議論の余地があると考えている。

 政府は報告書に沿って皇室典範の改正案をつくり、今国会で成立させる方針だ。議論を尽くし、国民の納得がいく合意を目指してもらいたい。

 気がかりなのは、こうした議論のなかで皇族の発言が注目されていることだ。自民党内の改正先送り論の高まりについて、同党の細田博之国対委員長は「宮さまが否定的な見解を公表されたことも大きく影響している」と語っている。

 宮さまとは三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)さまのことだ。昨年来、月刊誌などで女系天皇に異を唱える発言を繰り返してきた。

 私たちは、一般論としては皇族であっても自由に発言するのが望ましいと思う。だが、戦後の憲法で国民統合の象徴とされた天皇には、政治的行為や発言に大きな制約がある。皇族もこれに準じると解釈すべきだろう。

 天皇制は政治を超えた歴史と伝統の問題だという意見もある。だが、いまの天皇制は戦前と違い、国民の強い支持がなければ成り立たない。茶道や華道などの家元制度とは異なり、政治の土台にかかわる問題なのだ。

 天皇陛下や皇太子さまはこの間、皇位継承の問題について静かに見守り、いっさい発言を控えている。おふたりとも憲法上の立場を考えてのことに違いない。

 私たちが2日の社説で寛仁さまに「もう発言を控えては」と求めたのは、皇族としての制約を超えると考えたからだ。皇室の総意であるかのような誤解も与えかねない。細田氏の言うように、政治に具体的な影響を及ぼしているとしたら、なおさら見過ごすわけにいかない。

 この社説に対して「言論機関が皇族の言論を封じるのか」という反論も寄せられた。しかし、皇族だからこその言論のルールがある。それを指摘するのはむしろ言論機関の責務ではないか。

 ここはぜひ冷静な議論を望みたい。


 俺はてっきり「中道を装って」屁理屈ゴネて、黙らせようとしていたのかと思ってたが、当の朝日新聞は、はなから皇室典範改正を支持する立場で、あの社説を書いたんだってよw
 世論に慎重派が多い時にだよw
 其の上で言論封じとは、こりゃ一報道機関としてというより、公明党の『聖教新聞』とか、共産党の『しんぶん赤旗』、中国なら『新華社通信』に列ぶ、政治ベクトルの強い赤系新聞なんだと改めて思ったよ。

 やっぱスゲーよ朝日w
 此からは、もっと本音でどんどん話せよ。

Posted by Virtue at 12:18 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/10

日の丸・君が代「強制しないで」県教委に要望/広島

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/wadai/news/20060209ddlk34040608000c.html
教科書ネット:日の丸・君が代「強制しないで」 県教委に要望 /広島

 県内の教職員らで作る「教科書問題を考える市民ネットワーク・ひろしま」(教科書ネット、柴田もゆる・共同代表)は8日、3月の公立学校での卒業式などで日の丸掲揚や君が代斉唱を児童や教職員らに強制しないよう求める要請書を県教委に提出した。

 柴田共同代表らは、卒業式での内心の自由の保障や、子どもへの不起立調査の中止などを求めている。県教委が学習指導要領を君が代斉唱などの指導の根拠としていることについては、「卒業式での国歌斉唱を義務付けるものではない」などと判断した05年4月の福岡地裁判決などを挙げて批判した。要請書を受け取った岡田圭史・県教委総務課長は、「趣旨は教育長に伝える」と答えた。

 また同ネットは、「『日の丸』『君が代』『元号』押しつけないで! 何でも相談ホットライン・ひろしま」を今月10日〜4月10日まで開設する。ファクス専用電話(0829・31・0943)と、Eメール(kyoukasyonet@yahoo.co.jp)で受け付ける。【吉川雄策】

毎日新聞 2006年2月9日

 見よ、此の毎日新聞の記事。
 ただの報道記事ではない。
 毎日新聞が、政治活動する特ア右翼団体のプロパガンダに加担してる、朝日と列ぶ宣伝記事だ。

 国公立が、国旗・国歌を義務づけるのは当たり前だろ。
 義務教育機関で教えなかったら、一体何処の誰が教えるんだ?
 国を代表して戦う若いスポーツ選手達は、いつ其れを憶えるんだ?
 知らなくて恥をかくのは、当人だけではない、其れを送り出した国民も世界中の笑い者だ。

 抑もこうした連中は、国旗・国歌が法律に定まっていないからと、反対していたではないか。
 そして法制化の動きが出たら、今度は法制化反対の大騒ぎ。
 で、いよいよ決まったら、此の始末。
 結局、何もかも反対。
 しかも、彼らの反対する理由に、何の説得力の欠片も無く、屁理屈ばっかであまりにもしつこいから、かえって「本音で言ってみろ!」と突き詰めて聞きたくもなる。
 そして知れば知るほど、不可解な連中である事に気付く。
 実際に彼らの行動を、時系列にまとめたら、一体何の為にやっている連中か、一目でわかるだろう。

 結局、イデオロギなのだ。

 しかも広島で日教組が強いところは、修学旅行先を無理矢理韓国にして、生徒に土下座を強制させたり、校長が其の軋轢で自殺迄してる。
 こっちの方がよっぽど非人道的だ。

 個人的に言えば、儀式以外の公共書類は、西暦を使えよといつも思う。
 君が代は軍歌ではないので、スポーツの試合の時とかに、ドラクエとか宇宙戦艦ヤマトの曲を使って欲しいとか思ってるw

Posted by Virtue at 21:27 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 雑学/雑感

誰でもミュージシャン パートII 〜YMOの音楽講座〜



 此の頃の教授が一番音楽を語ってたよなぁ。きっと本人は見られたくない此処だろうけどw
 そして、みんな挙ってコピーしまくって、如何にそっくりの音にするかを競っていた。
 此の後、こうした人達が、80年代中頃から90年代前半で活躍し始め、J-POP全盛期を造る事になる。
 そういえば小室哲哉も、YMOの付き人をやっていた時代があったんだっけ。
 YMOの楽器を弄って遊んでたらしいよ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 23:21 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/11

テクニクス終了

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060209/pana.htm


松下、Technics製品の販売を2005年末で終了
−サポートは継続。DJ製品は引き続き販売



2月9日発表

 松下電器産業株式会社は、DJ機器を除くTechnicsブランドのオーディオ製品について生産を終了した。

 同社では2005年12月28日付けでホームページにて告知を行なっており、単品コンポについては2005年末で全機種の販売を完了したという。サポートについては継続して行なわれている。

 Technicsは'65年のスピーカーシステム「Technics 1」を皮切りに、スピーカーやアンプなどのオーディオ製品で人気を集めた。単品コンポの最後の発売製品はコントロールアンプの「SU-C1010」となった。

 なお、TechnicsブランドのDJ機器については引き続き、販売を継続していく。また、研究を進めていたサイレンス・テクノロジーについては、今後DJ機器やパナソニック製品での継承を進めていくとしている。

□松下電器産業のホームページ
http://panasonic.jp/
□テクニクス単品コンポの販売終了について
http://panasonic.jp/technics-audio/

(2006年2月9日)


 何だ、DJ製品は残すんじゃん。

 Technicsのブランド力は、ソニーなんかの比じゃないからなぁ。
 iPodをバッジ・エンジニアリングで出されたら、俺買っちゃうなw

 でも、HiFiオーディオを無くすのは残念だ。
 あの世界で唯一の、家庭用電源ノイズ・ゼロを達成させた、バッテリー駆動のプリ・メイン・アンプは画期的だったよなぁ。

Posted by Virtue at 09:21 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

また朝日が大法螺吹いて回ってる

http://www.asahi.com/paper/editorial20060211.html

麻生発言 外交がとても心配だ


 かつて日本は朝鮮半島や台湾を植民地にした。しかし、それは必ずしも悪いことではなかった。麻生外相はそう言いたくて仕方がないかのようだ。

 先週末、福岡市での講演で、日本が戦後のアジア各国の発展を支えたと説くなかでこう述べた。

 「日清戦争のころ、台湾という国を日本に帰属することになった時に、日本が最初にやったのは義務教育です。貧しい台湾の人々が子どもを学校にやったらカネをやるという大英断を下した」

 「結果として、ものすごく教育水準があがって識字率が向上した。おかげで、台湾という国は極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」


 思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。

 望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。

 日本の植民地統治の負の部分は素通りして、プラスの側面ばかりを強調する。これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。

 日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。この政府の見解を繰り返し説明し、理解を得る努力をするのが外相の本来の仕事のはずだ。

 なのに、国内向けにはトーンの違う発言をし、外国から疑念を招いている。米国の有力紙ボストン・グローブは社説で麻生発言を紹介し、近隣諸国を挑発する愚かしさを批判した。

 歯に衣(きぬ)着せぬ「本音トーク」は、麻生氏の政治家としての「売り」のひとつかもしれない。だが、首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。日本外交を麻生氏に委ねるのは、極めて心配だ。

 麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。

 米中、日中間で台湾問題はとても微妙な事柄だ。中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。

 だが、2日後の記者会見では「国」と述べた発言の報道を否定して、こう述べた。「台湾を国と言ったら問題になるということぐらい、25年間朝日新聞にやられてますから。そんなにバカでもない」

 あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。


 初っ始めから嘘(赤字)かよw
 其の嘘を前提に批判を展開したところで、何等実のある議論にもならない。
 「嘘も百回吐けば、本当になる」とは韓国の諺だが、見て赤字部分、嘘の連発じゃん。
 まぁ朝日ってずーっとこんな調子で、懲りもせずに中国の広報誌をやっているんだけどね。

 さて、メディア・リテラシのお勉強。
 文章全体を眺めてもらいたい。
 とんでもない事に気付く。
 わかったかな?

 麻生大臣は、台湾について発言(青字)しているのに、其れには全くふれず、

思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。


と、朝日お得意の鮮人話とすり替わっている。
 しかも最後迄此の調子で、過去の発言を蒸し返して麻生叩きに終始。
 で、肝心な台湾については、朝鮮と同じ被害者の筈なのに、国と呼ぶなと一蹴。結局中身にふれずに終わっている。

 其れでは、細かく見ていこう。


望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。


 言わんばかりもなにも、其の通りに酌んでもらっていいんじゃない?
 じゃあさ、文句あるなら、ハッキリ何処に問題があるのか言ってみろ。
 まさか、自称日本を代表する言論機関でありながら、『創氏改名』の意味も知らないんじゃないだろうな?
 そもそも、『創氏』と『改名』が全くの別制度である事すら、朝日は知らないんじゃないのか?
 よく朝鮮人が吹く「創氏改名で名前が奪われた」ってのは、あれ大嘘だかんね。
 だって『創氏』ってのは、読んで字の如く「氏を創る」という意味であって、日本が朝鮮半島に戸籍制度を制定する迄、朝鮮半島の一般階級層には『氏』即ち『姓』、即ち『苗字』其の物が無かったんだから。
 しかも『改名』に於いては、日本名を使いたいというニーズに合わせた、希望者対象の有料制だ。
 何故そうなったかわかる?
 戸籍登録の際に、勝手に日本人名で登録しようとする輩が殺到した為、国籍のけじめを着ける為に、飽く迄、朝鮮名を基本とする日本用の「通名」を、即ち名前を二つ使えるようにしたのだ。
 其れの何処をどう捉えれば、奪われた事になるんだよ。


これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。


 つーか此の世に、植民地支配なんか正当化する勢力なんて存在しないだろw
 だって植民地支配だぜ?奴隷同然じゃん。ホント、スッ惚けてるよな、朝日w


日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。


 そうやって都合のいい時だけ、普段叩きまくってる権力者の発言を引っ張って来るんだな。
 問題は、朝日が併合をどう捉えているか、此処でハッキリと明確に書く事だろ。
 何、勝手に、前提にしちゃってるわけ?


首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。


 続き軽率って何だよ、何処に問題があるんだよ、言いたい事があるならハッキリ言ってみろよ。
 むしろ皇族と親戚だから、其の発言に期待したいね。


麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。


 おいおい、其の「ひとつの中国」に、日本の領土も含まれている事を忘れてないか?
 しかも・・・

中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。


 此は酷い。報道の自由が保障されている朝日が、台湾は国家として認めてはいけないと、中国が怒るから国家と呼ぶなと、台湾の立場をまるっきり無視して、まるで中国右翼や野党の立場で政治家を叩いている。

 そして緑色の麻生大臣の発言に対して

あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。


 バーカ、馬鹿にされてんだよ!w
 其れを録音聞き直しってw、そんな事も気付かんのか?w、アホ丸出しだなw
 人の言葉尻ばっか追い掛けてるから空気が読めねーんだよ!w腹いてえwww

 だいたい、論理としておかしいだろ。
 朝日が地域とする台湾は、中国が出来る以前から存在しているのに。
 そのくせ、国家としての呈も為していなかった朝鮮半島を、散々擁護して於きながら、台湾は現在でも単なる地域だと。
 時系列も何もかも無茶苦茶だよ、ホント。
 台湾人を、何処迄侮辱すれば、気が済むんだ。

Posted by Virtue at 12:51 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感
2006/02/12

ビル・エモット

 ファンダメンタルズをテクニカルで読み、エコノミストとして活字で表現する人。

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。


Seesaaタグ
Posted by Virtue at 08:44 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿

米国民は、BSE肉を食わされている

という事を、もっと知らしめる必要がある。

 日本が、ハリウッド・ルートを使って。

Posted by Virtue at 09:36 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

ジャーナリスト宣言

ジャーナリスト宣言

Posted by Virtue at 11:43 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.