2006/06/01

白いモノリスを見た

 先週23日深夜、と言うのか日付変わって24日早朝、うとうとしながら寝ていて目を開くと、左手に白い物体が立っていた。

 1秒もしない内に、其れが部屋の障子窓である目の錯覚だと気付く。

 此が単なる目の錯覚だけであれば、一々記事にするわけはないが、其の時咄嗟に「モノリスだ」と思い、そして続け様に「ひょっとしてアーサーCクラークもこうやってモノリスを見出したのでは?」と思ったからだ。

 アーサーCラークは言う迄も無く、映画『2001年宇宙の旅』の原作者であり、現代を代表するSF作家だ。
 もう観いい人はわかっただろう。
 其の映画の中で、寝室でモノリスと対面するシーンがあるのだ。

 そしてあまりにも出来過ぎた話しなので、ひょっとしたら別の映画との勘違いかもしれないかと思い、其のシーンの写真探しを含め昔観た映画を思い起こす為に、早速「モノリス 寝室」でググッてみた。

モノリスの寝室

 矢張りそう、寝室に現れるモノリスは、劇中の現在を表す抽象的表現で象徴的な有名シーンだった。
 いや、もしかすると、小説の見出し題になっているのかもしれない。
 其のモノリスが一体何なのか、作者はハッキリと語らないが、ロゼッタ・ストーンや心御柱の様な物なのかもしれない。
 色からすれば御影石っぽいので墓誌みたいな物なのかも。
 何れにしても自分の記憶は合っていたのでよしとする。

 自分が見た白い物体、白いモノリス・・・ぬりかべ?
 ひょっとしたら日本の妖怪である『ぬりかべ』は、月の光で襖や障子戸が大きな壁に見えたのかもしれない。
 即ち、「和室の『ぬりかべ』は、寝室の『モノリス』と同じ経緯で生まれたのではないか」という考えに至った。

 言うなれば、光によって浮き出て見えたぬりかべと、影によって浮いて見えたモノリスとの違い。

 今振り返ると、窓の高さは、膝上に位置する低い窓ではあるが、当然出入り窓ではないので、モノリスの様に地に着いて立っている様にはとても見えるものではない。
 しかし丁度其の窓下は、暗くした部屋の中でもLEDの光が漏れ椅子の影が入る最暗部に当たる為、「地に着いて立っている白い物体」という先入観で錯覚したのだと思う。


【関連記事】
 2001年宇宙の旅@映画生活
 2001年宇宙の旅 新世紀特別版@映画生活

妄想

 亡ぶ女と書いて妄り。

 想像力が豊かなのに推理力に欠ける、其れは想像ではなく妄想なのだと思う。

Posted by Virtue at 17:10 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

Web2.0

 Web2.0とは言わば「辣韮の皮」です。実体がありません。

 ITバブル業界(IT業界ではない)の悪足掻き、IT虚業の方便第二弾です。

 2006年末辺りからWeb2.0が何なのか輪郭が出て来たが、結局JavaSciptを駆使し、Webブラウザを介してユーザ側のローカル・マシンにサーバ負荷を丸投げ、サービス会社が手抜きするという手法に過ぎない。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 18:08 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

わが国と郷土を愛する態度を養う

 そうか、腹の底では何を考えていても、表面に出る行動(ポーズ)が良けりゃ善いって事か。
 其れを養う?どうやってw

 つーか日本語おかしいだろ。

 養えるのは、物事を広さ・重さ・時間等で、数量化出来る物理的インプットが可能なハードウエア、即ち「体(身体)」だけだ。
 昨今、「心を養う」と言う表現を耳にするが、剰りにも観念的過ぎてどう考えてもおかしい。
 当然、体から行動や言葉で出力される「態度(姿勢)」を養うという表現もおかしい。

 態度とは言わば技(テクニック)だ。
 其の為に心体(心身)がある。
 言わば「心・技・体」。
 技は繰り出すもの、磨くもの、評価されるものであって、養うものではない。

Posted by Virtue at 19:57 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/02

洋画家和田義彦の盗作疑惑

 要するに自分流に模写したんだろ?

 子供の写生大会同様に、スギ氏の絵を写生しただけ。
 従って構図が同じなのは当然で、色彩や筆使いは違う。
 其れに原作者の知るところで、堂々と資料集めしていたから盗作ではない。

 そういう論理か?
 其れを屁理屈って言うんだよ。

 子供が、夏休みの宿題で動物図鑑見て描くんじゃあるまいし、絵が上手かろうが何だろうが、彼処迄構図が同じであればオリジナリティはゼロ、そんな絵で賞なんか貰える筈無いだろ。盗作以前の問題だ。
 其れにネタ元を明かさないで居た時点で、故意犯ではないか。

 其れとも同じモデルを前に、スギ氏と列んで一緒に同じ絵を描いていたとでも言うのか?
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:41 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

総連スパイ永田の人事に自称市民団体が敏感に反応

http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY200606010284.html
制作者異動に市民団体が抗議 NHK番組改変
2006年06月01日20時22分

 01年の放送直前に改変されたNHK教育の番組制作者で裁判の証言をした永田浩三氏と内部告発した長井暁氏が制作現場から離れる人事異動をめぐり、「放送を語る会」などの市民団体は5月31日、「報復的な異動であり、内部告発者を保護する制度の確立を要求する」と訴える抗議声明を約400人の署名を添え、NHKに渡した。

 橋本元一・NHK会長は1日の定例記者会見で「資質や才能に適した職場に代わってもらった。報復といわれるものではなく、適切な異動と考えている」と述べた。

 永田の人事異動に、何故、市民団体が動くのか??

 当然、朝日だからそう報道しているわけだが「放送を語る会」?
 ホント、アフィリ厨がサイトを複製するみたいに、朝鮮右翼は直ぐそういう集団を作り、マスコミは其の活動しているかすら怪しい未確認集団を、丸で世間で認知されているかの如く市民団体として報道、いや、広報する。

 永田のバックに朝鮮右翼が居ますと自ら行っている様なもんだ。

 報復人事?
 本来クビな所を左遷で済まされたんだ、感謝されてもいいぐらいだ。

 つーかNHKの大組織で、一社員の人事に会長が一々答える時点で普通じゃない。
 答えるなら、此の社員の情報テロ行為について、ハッキリ言及して処罰するべきだ。


【関連記事】
 朝鮮総連の次は暴力団、朝鮮利権から離れられないNHK
 ETV伝聞の永田の方を忘れている件
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 12:02 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

中共反日プロパガンダの指南役は日本共産党だった!

http://www.sankei.co.jp/news/060601/morning/column.htm
産経抄
平成18(2006)年6月1日[木]


 やはりというべきか。江沢民時代の中国が、日本共産党に日本の世論対策をこっそり相談していた。首相の靖国参拝問題に困った中国が、訪中した不破哲三議長に「この局面を打開するためには、マスコミに対してどうすべきかアドバイスを」と教えを請うていた。

 ▼これを今日発売の月刊『正論』7月号の対談「度し難きかな、共産党と外務省」で知った。元共産党政策委員長の筆坂秀世氏と起訴休職中の外務事務官、佐藤優氏という異色の顔合わせだ。異能ゆえに組織からはじき出された似た境遇にあり、生臭い話が出ないはずがない。

 ▼この時の不破氏の答えは、後の中国による反日宣伝パターンと符節が合う。筆坂氏によると、不破氏はズバリ「これからの戦いは国際世論の争奪戦だ」と答えた。「国際世論をどう味方につけるかが大事で、日本のメディア対策ではなくもっと世界の世論を」と。

 ▼ここ数年、中国が米欧紙の論調を誘導している気配を感じる。最近の標的は靖国神社の歴史博物館「遊就館」だ。米国を巻き込むため、あれはルーズベルト大統領の罠(わな)で戦争に突入したとする展示だと宣伝する。これを佐藤氏は「中国が米国を味方にして日本を孤立させる流れを作っている」という。

 ▼日中の共産党は、毛沢東路線の押しつけから関係が断絶していた。それが平成10年に中国共産党が謝罪する形で32年ぶりに和解した。ちょうど日露が接近していた時期で、佐藤氏は中国が日本とのパイプを真剣に欲しがっていたと見る。

 ▼思えば、毛沢東は天才的な宣伝上手であった。エドガー・スノーに毛礼賛の『中国の赤い星』を書かせたのも、「抗日の英雄」伝説もそうだ。いい加減で、情報工作に抗する勇気と知恵が日本に欲しい。

 此は酷い。

 昨今、「確かな野党」を謳い文句に、反日創価公明党との対立を含め、密かな人気があったが、矢張り所詮アカはアカだった様です。

 僕自身、ソ連の社会主義体制崩壊で、共産党は日本国内での存在意義を真剣に模索していると思っていた。
 だが違った。
 其の実体は、単なる宗主国の鞍替えだった。
 此はもう、真剣にレッド・パージを考えなきゃ為らないね。

 思えば共産党は、アナーキスト(無政府主義者)の集まりだ。
 其れが、国家概念を維持し社会主義を掲げる旧ソ連や、大中国を掲げる中国と連んでいる時点で、「日本だけ国家として認めない」という矛盾は、まさに売国奴の其の物ではないか。

Posted by Virtue at 18:57 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/04

ピンクの小粒、好楽

 三遊亭好楽が笑点入りして以来「ピンク氏ね、市ね、死ね」と、何年も嫌われ続けているが、何故彼が其処迄嫌われるのか。

 「つまらないくせに、したり顔」してるからだと思う。

 少なくとも自分はそうだった。
 カメラ目線であの「上手い事言いました( ̄ー ̄)ニヤリ」みたいな表情が相当鼻につくw

 しかし今日は、面白いかは別にしても、言い回しが上手いと思った。
 そしてバカばっか言ってる右サイドに対し、小遊三と列んで「綺麗に決まった( ̄ー ̄)ニヤリ」というキャラが光った瞬間を遂に目撃した気がした。

,,======、
|| ▲ ▲|
6 ¬u¬ |
ヽ ∀ ノ
//Y |\

上手くもないのに したり顔
三遊亭好楽です

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 18:54 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2006/06/05

水死女児の母を逮捕

 あぁやっぱりそうだったか。

 ブログに書こうか迷ったが、犯人がそうであっても、動機が不明で報復的な予想になってしまうので、不謹慎だと思って止めていた。
 例え当たったからって嬉しくもないからね。

 予測を立てたのは事件の直ぐ後、マスコミが現地取材で聞き込みを始めてからだ。
 事件は、最初の被害者の家から一件挟んだ隣、被害者同士は友達だったと報道。
 遺体発見現場の距離云々よりも、近隣住人の数々のインタビュ映像を見ていて、単純にこう思った。

 「被害者の親同志のコミュニケーションがゼロってどういう事だ?子供は友達だったんだろ?」

 普通一般人の感覚からすれば、第一被害者にインタビュするなんて酷で出来ないと思うだろうが、其れを手を変え品を変え同情的に擦り寄ってコメントを取りに行くのがマスコミだ。
 其れにこういう事件が起こると、犯人が近くに居た場合、テレビ屋は何故か鼻が利いて、警察の報道規制が入っているか自主規制かは知らないが、報道の有無とは別に、インタビュ映像自体は他者と同じ様にちゃんと撮っていたりする。

 だから今回みたいに第一被害者の家族を不自然に避けて報道すると、マスコミの偏向報道のくせからか、自分みたいな人間はピンと直観が働いてしまう。


追伸:
 浮彫になる母親像。
 そして娘の殺害を自供。
 初動捜査を誤っていなければ、豪憲君は殺されずに済んだだろう。

Posted by Virtue at 11:57 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/06

東京拘置所の村上さんへ

 「株主へ1円でも多く還元しろ」と物言う株主だった投資家が、ファンド・マネージャを兼ねていた為に、「ファンド出資者へ1円でも多く利益を出さねば」というジレンマに陥り投機に走る。

 此では経済の中でお金だけが堂々巡りする、まさに金融と言う名のネズミ講。
 ピンで投資家をやっていれば、余裕を持ちながら「金融・商い・生産」と、経済全体を考えた貢献が出来ただろうに。

 だからお金は儲けるのではなく、稼ぐものなんですよ。

Posted by Virtue at 00:42 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.