2006/06/30

ジーコ帰国

http://www.sanspo.com/soccer/06worldcup/news/st2006063008.html
ジーコ氏、笑顔でブラジル帰国「気持ちはみなさんと一緒」

日本代表監督を退任したジーコ氏が29日、成田発の日航機でブラジル・リオデジャネイロに向けて帰国した=写真。空港の見送りには代表スタッフや所属した鹿島の関係者らも訪れた。ジーコ氏は「一時的に日本を離れるが、これで別れるというつもりはない。気持ちはみなさんと一緒です」と変わらぬ日本への親愛ぶりをみせながら最後まで笑顔を振りまいた。


   , - ,----、
  (U(    )
  | |∨T∨
  (__)_)

 15年間ありがとうございました。

Posted by Virtue at 11:17 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

横田夫妻へ

 段々国民も「めぐみさんは亡くなっているのでは?」と思い始めて来ています。

 人命救出は生存を前提に動くのが当然ですが、特に母親の情緒的発言を筆頭に一家族だけ突出して報道されている昨今、世界の常識から行けば軍事行動も辞さない事態でしょうが、日本では感情的表現や行動も去る事ながら、其の手の発言は「戦争」という単語を口にしただけで過激と見なされます。

 更には其のお子さんであるヘギョンさんは北生まれで北育ちであり、帰還したとしても父親と韓国暮らしが当然と見れば、拉致問題への関心も一気に終息するでしょう。

 そんな状態から「経済制裁を!」と訴えれば、「ひょっとして此の家族は別の意図を持って活動しているのでは?」という誤解を招きかねません。

Posted by Virtue at 13:17 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿

第一次親日狩り名簿発表!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060630-00000030-yonh-kr
親日反民族行為者、1次調査対象120人を発表

【ソウル30日聯合】大統領直属機関として運営されている親日反民族行為真相究明委員会は30日、朝鮮総督府の諮問機関だった中枢院と、韓国の日本併合を支持した親日団体の一進会の幹部、宗教関係者、マスコミ関係者ら、親日反民族行為の1次調査対象者120人を発表した。
 新小説「血の涙」を書いた李人稙(イ・インジク)、一進会評議長の兪鶴柱(ユ・ハクチュ)、中枢院の姜敬熙(カン・ギョンヒ)、全州警察署の白聖洙(ペク・ソンス)警部ら縁故が確認できない81人を官報を通じて公開、縁故が確認できた39人については、直系卑属や利害関係人に対象選定の事実を通知した。

 委員会は対象時期を1904年〜1919年、1919年〜1937年、1937年〜1945年の3期に分けて調査を進めており、同日発表された調査対象は第1期の1904年〜1919年の親日反民族行為者となる。

 対象となった120人の中には、売国・受爵者27人、中枢院関係者21人、一進会関係者27人など、義兵弾圧・鎮圧を先導したり、韓日併合を積極支持した人物が含まれている。

 対象選定結果に異議がある場合には、直系卑属や利害関係人が通知日から60日、あるいは官報公告日から74日以内に異議申し立てを行うことができる。

 委員会の鄭雲鉉(チョン・ウンヒョン)報道官は「これまで民間による関連研究はあったが、国家機関として親日反民族行為者を調査し、その結果を発表したのはこれが初めて」と説明している。2次調査対象と3次調査対象はそれぞれ来年6月と2008年6月に公開され、最終的な報告書は2009年に発表される予定だ。
(YONHAP NEWS) - 6月30日15時24分更新

 歴史の塗り替えキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 やれやれ(煽ってるのか呆れてるのかw)

 中国じゃないですよ、韓国ですよ。
 墓を掘り起こしてでも征伐とは、流石儒教の国を標榜するだけの事はあるw
 でも可笑しいね、韓国が出来たのは60年前なのにww

 其れはそうと下関条約(1895年)で、日本によって清から独立させてもらった大韓帝国(1897年-1905年)とやらは、国家として全く機能せず、たった8年で日本に助けを求めて保護国(1905年)として逃げ込むわけだが、其の一年前から裏切り者として調査対象にするとは、随分と都合がいいですね。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 20:53 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.