2006/12/24

僕が『KENWOOD』に求めるモノ

 春日無線電機商会もとい春日無線工業もといトリオもといケンウッドは、相変わらず迷走中ですね。

 松下系の日本ビクターがクビダーそうで、犬ウッドな勢いだそうですが、そんなもんフナイに譲ってやれよ。
 何処のメーカもオーディオ・ブランドを持っているが、フナイのブランドを犬にした方がしっくり来る。
 最近ケンウッドの旧商号である「TRIO(トリオ)」をブランド名として復活させたが、抑も「KENWOOD(ケンウッド)」がオーディオのブランド名だった。
 其れをバブル期のCIブームに乗ってオーディオ部門の反対を押し切って変更。
 トリオ創設者の春日三兄弟の内、春日二郎氏が独立して創設した最高級HiFiオーディオ・メーカのKensonic(ケンソニック)に対抗したとかしないとか。
 兄弟のいざこざは知りませんが、言うならアディダスとプーマの関係の様なものでしょうか。
 因みにケンソニックは、現Accuphase(アキュフェーズ)の事です。

 アマチュア無線では「トリオハンディ」の愛称で親しまれていましたが、僕もケンウッドの「TH-78」を持っています。
 勿論受信帯域拡大とクロスバンド・レピータ化して、当時はよくアナログ携帯電話をワッチ(傍受)したものです。

 僕がケンウッドに求めるモノは、ズバリ「携帯電話」です。
 バッジ・エンジニアリングみたいな懐古主義の似非TRIOではありません。
 今ある技術で前衛的路線を引き継ぐなら携帯電話を作ってください。
 僕は絶対買います。
 トリオのイメージは「操作し易く故障しないリグ(携帯型無線機)」です。
 F1にも無線機を供給しているケンウッドは、MOTOROLA(モトローラ)に対抗して世界展開出来る唯一のブランドだと思います。
 別に他メーカの部品の寄せ集めで作ったっていいじゃないですか、携帯電話を通じての宣伝効果は馬鹿になりませんよ。
 頑丈でスキーやスノボー、クルマやバイクで扱い易い、分厚いグローブの上からでも簡単操作出来る携帯電話を作ってくださいよ。
 FMトランシーバの機能が付いたっていいでしょう。
 携帯GPSのGARMIN(ガーミン)にだって対抗出来ると思いますよ。
 携帯電話に合体させてもいいでしょう。
 携帯電話の電波が届かない様な山中でも遭難せずに済むんじゃないですか?
 或いは「非常ボタン」を押すとアマチュア無線の帯域で交信出来る機能を付けたっていいでしょう。

 ケンウッドの株価って2年前は50円で虫の息だったんだぞ。
 1株では売られてなかったから買えなかったけどさ、犬買うカネがあるんならそういうモノを作ってくれよ!
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 20:25 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/12/25

浪速の逃犬が去勢して勝った件

 ボッコボコにして欲しかったな。

 俺は負けてもそういう試合を期待して観てたんだが、今回の試合って亀田がボクシング・スタイルを変えたからランダエダは対応出来なかったのか?
 あれはどう見てもランダエダの戦い方じゃなかったよな?
 ランダエダって、相手におでこを擦り付ける様に背筋を伸ばしてガードの侭前傾姿勢し、上半身で間合いを取りながら相手の顔を舐める様な肘一杯迄のリーチで垂直アッパを出してたよね。
 だから亀田はあっと言う間に瞼を切っていた。
 今回アッパなんて一発も出してなかったと思うが、ワン・ツー・パンチばかりだったよね。

 つーか人格攻撃してた連中って何なの?
 勝谷とかやくみつるもそうだが、御前等の方がよっぽど態度悪いだろw
 やくみつるなんてジャッジの問題で亀田オヤジに変ないちゃ文付けて喧嘩吹っ掛けて怒らせて、「あなたの口の利き方は其れ位失礼だ」なんてやり合ってたが、やってる事と言ってる事が実例にもならない的外れで全然オウム返しにもなっておらず、何よりやくみつるってあんなおバカっちょだとは思わなかった。
 俺は協会の批判はしたが、亀田のパフォーマンスなんて興味も無かったから見てなかったけど、インタビュ見る限り虚勢と敬語の迷いの不安定な関西喋りしか気にならなかったぞ。
 国外試合でもなけば国技でもなければオリンピック代表ってわけでもない、しかしプロレスの様な八百長臭さも無いというプロ・ボクシングの特殊性からしたらあれ位が妥当だろ?
 恥だ何だってな、競馬の凱旋門賞ででかい声張り上げて集団で闊歩する芸能人共の方がよっぽど恥ずかしいわ!
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 01:04 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/12/26

哲学は勉強するものではない

 「哲学は己自身で築くもの、其れは後で気付くもの」
 「哲学や哲学系宗教は土着信仰を絶った倫理観の伴わない地域程持て流行される」
 「哲学者(思想家)や哲学書(教典や聖書等)から哲学を学ぼうとする者は、其の範疇を超越するどころか己の力で到達する事すら出来ない」

 此が持論だが、早い話しが「数式を知って数学を知った気になるな」という事だ。
 もっと分かり易く言えば、「知識を暗記しただけで世の中を知った気になるな」という事。
 もっともっと分かり易く言えば、「あーだこーだと底の浅い不毛な言葉遊び(修辞)に時間(人生)を費やす、進歩の無いフランス人みたいになっちゃうよ」って事だ。

 前回の『ERX・緊急救命室[第211回]「マケンバ(MAKEMBA)』を観ただろうか、カータがフランス人からあーだこーだ「アメリカは!」と責め立てられ集中砲火を浴びる場面を。
 あれ見てて思ったわけですよ、歴史を知らない日本人が朝鮮人から一方的に叩かれて言いくるめられるのと一緒だなと。
 あのフランス人は同じ穴の狢だと気づくべきだが、責任の所在の追求というより「口論が好き」ってだけだ。
 こういう状況に置かれた時は無視するに限るね。
 しかし其れが避けられない時の為に歴史を知っておかなければならない。
 無論国際舞台では無視でやり過ごすのはリスクが高いが。
 散々言って来たが、アフリカの荒廃の原因はイギリスから始まってフランスやアメリカや中国だ。
 人的資源を含めあらゆる資源巻き上げて、最後は武器を売り付け戦わせ徹底的に破壊の限りを尽くさせる。
 其れをアメリカの所為にするのは、最後に南京入りした日本を槍玉に挙げる様なものだ。
 結局、話の前提の底が浅いんだよ。
 ああいうの見ててつくづく土着信仰が残ってる日本は幸せだなと思う。
 フランスと違い対極のスタンスに位置する日本は、風土派生の歴史の知識さえ有ればそういう目に遭わないで済むし、不毛な議論を吹っ掛ける側にもならないで済むからね。
 フランスみたいなキリスト教国は、土着信仰を破壊して拡大した覇権宗教国家だから、人が其の土地柄である風土と共に生きようとする時、必ず其の心身不適合なギャップが生まれる。
 そして其の原理原則を彼等の信ずる哲学系宗教や哲学教育に求めても、其れ等書物は万国共通(=標準)規格であり、各地の自然と人間とを結ぶ中間値である風土派生に関するローカル情報は提供されないので、結局其のストレスは一向に解消されない。
 そうやって哲学を過信すると、永遠と不毛な哲学をぶる自己正当化や相手に要求を突き付ける為だけの単なる修辞道具になり、底の浅いやり取りが永遠とループする哲学馬鹿な国民性になる。
 日本は何か社会に問題が生じれば、石器時代でも何でも、いつの時代にだって何処迄も遡って原点に立ち帰る事が出来る。

 しかしフランス人の中でも進歩的な人間は、日本の様な風土から派生した土着信仰に伴う宗教文化に関心を持ち、其れを感覚的に学び取って己の人生に役立て様とする。
 だから映画監督やアパレル等のモノを作る業界には親日家が多い。
 しかし悲しいかな其れは、フランスの風土で失った土着信仰を他国で懐古しているに過ぎないのだが・・そして日本人以上に日本人をしていて、「日本人は自国の文化を大切に」と時にはブチ切れて教えてくれる。
 勿論其れは日本の宗教に限らなくとも、インディオやアボリジニの土着信仰であっても構わない。

 随分と話しが散った気がするが、餓鬼にニーチェ?フロイト?んなもん読ませるなと言いたい。
 もし進んで読んでる餓鬼が居たら、其れは現実逃避か中二病だ、馬鹿が染る、没収してしまえ。
 人生の数式は自分で生み出すものであって、カンニング紛いな事をして世の中を知った気になって、インテリぶった透かした人間が増える事程、つまらなく嫌な世の中は無いね。
 人類が数千年経ってもちっとも思考が進歩していない様に、此の世に生まれれば思考は一からスタート。
 哲学書でドーピングしたって同じ事。
 己の人生を掛けて其れを遡る様に再認識するのが関の山で、御行儀善く自ら想像力を縛ってつまらない人生を歩むだけだ。
 説明書通りにガンプラ作ってる方がよっぽど健全だ。
 一生懸命貯めた小遣いを握り締めてプラモ屋行き、目当ての物が無くてズゴックで諦めて、でも家に帰ったらちゃんと最後迄組み立てて色塗って完成させる。
 此が日本流の精神修養というものだ。
 どうしても哲学書を読みたいなら自分の人生が終焉を迎える死の間際に読めば十分、そして自分の歩んで来た人生と重ねながら物思いに耽ながら静に死んで行くと。
 だから其れ迄は「(∩゜д゜)あーあー聞こえない」でいい。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 13:27 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 論文用
2006/12/27

もう、特ア話は今年一杯で終えたい

 もう充分学んだよね?つーかウンザリ。

http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000612250007
在日っていいよ 日本も韓国も好きと言える
2006年12月25日

 大学院の研究室でホームページを点検する金益見さん。「学業との両立は大変ですが、ライフワークとして続けます」と話す=兵庫県内で
 大阪市生野区に住む在日コリアン3世の大学院生、金益見(キム・イッキョン)さん(27)が在日であることの魅力を伝えたいと、ホームページ(HP)「まきずし大作戦」を立ち上げた。各界で活躍する在日コリアンにインタビューし、同世代に親しんでもらえるようにと、自作のイラストや漫画で紹介している。「日本も韓国も大好き」。そんな思いに共感してもらえる仲間を増やすことが目標だ。

 きっかけは、昨年12月に本屋でたまたま手にした1冊の漫画本だった。韓流ブームをやゆし、韓国を非難する内容だった。一気に立ち読みしたが、その中傷の矢は、在日コリアンである自分にも向けられているように感じた。「何か自分にできることをしなければ」と思い立った。

    ◇

 生野区で生まれ育った金さんは、地元の公立小中学校に通い、言葉や文化を学ぶ「民族学級」にも参加した。チマ・チョゴリを着て舞い踊る女の子の姿を見て、素直に「きれいやなあ」と思ったからだ。

 幼いころから、食卓には母親手づくりのキムチとぬか漬けが並んでいた。法事のときはチマ・チョゴリに袖を通し、七五三では着物を着た。韓国と日本のどちらのものとは意識せず、日常の中で自然と両国の文化に接してきた。「日本も好きだし、韓国も好き。どっちも好きと素直にいえる在日って、いいと思いませんか」

    ◇

 そんな在日の魅力を伝えることで、日本も韓国も好きな人を増やしたい――。そう思い立った金さんは今春、東京の出版社を飛び込みで回った。「在日コリアンのインタビュー本を出したい」と提案したが、行く先々で門前払いにされたり、断られたりした。落ち込む間もなく、「自分でHPをつくればいいんだ」と思い直した。

 HPは11月初めに開設。たくさんの人を巻きこみたいとの思いから「まきずし大作戦」と名付けた。つてを頼るなどしてこれまでに、在日2世のクラブオーナーママ茂山貞子さんや、パフォーマーの金昌幸さんらを取材し、漫画などで紹介している。

 すでに反響も寄せられた。神奈川県の母親からは「中学1年の息子と一緒に見たら『おもしろい』と言っています。息子を救ってくれてありがとう」というメールが届いた。在日外国人に対する偏見をにじませた言葉を口にする息子を心配していたという。

 金さんは「在日は『差別される存在』として描かれることが多いですが、それを踏み台にして何かをなし遂げた人、元気をもらえるような人をどんどんと紹介していきたい。在日について何も知らない人が在日を知る最初の扉になれば」と話している。

□         □         □

 HPのアドレスは
 http://www.makikome.com/

 読むだけで頭痛がするし、此の手の構成も使い古されて取り上げるのもあれだが、もう此で最後と言う事で。
 朝日新聞がプロパガンダしてる時点で民団か総連が居るんだろう、、神奈川?益々臭うね。
 ヤクザがヤクザの魅力を語っても正当化されないのに、周囲を巻き込んで数で押し通せば何とかなるだろうという発想が、在日、否、在日と言うと他国の方に失礼なので在日朝鮮人が戦後やって来た「政治」政策だ。

 「日本が好き」「韓国が好き」勝手だ、好きにしろ。
 だが「御前も好きになれ」が余計なんだよ。
 そして其の根幹にあるのは「狂った歴史観や捏造文化の押し付け」だ。

 漫画がどうのと言ってるがどーせ「嫌韓流」だろ?
 あれに中傷なんか載ってたか?
 中傷と思うなら、ちゃんと書籍名と文章を引っ張って問題点を指摘すればいい。訴えたっていい、得意だろ?
 少なくとも其のキモサイトの発足動機である「キッカケ」と言う位だから、ベースとなる活動趣旨の根幹に関わる重要案件だ。
 足場が曖昧にぼやけていては先行き持たんよ。
 即ち「己の足元を見ろ」「己の襟を正せ」という事だろう。
 連中のこうした組織は、数が増えるばかりで進歩が無いのは、己の生い立ちを避けて動機が不純だからだ。

 別に在日朝鮮人に限った事じゃない、本国の報道記事でも同じだ。
 自分に不都合な点は顧みずに対抗策を真っ先に考える。
 今回取り上げた記事にも其れが色濃く出ているだろう。
 何でこう、好戦的なんだろうね、やっぱ大陸国と島国との差かな?

 彼等は今後も、こういう進歩の無いグローバリズムを装った朝鮮ナショナリズムの押し付けを、一生やり続けて行くんだろうね。
 もうね、くだらん修辞や押し付けに一々日本人が付き合わんよ、世の中にはそんなもんより楽しい事が沢山あるんだから。
 こういう馬鹿に引っ掛かる20代後半は居ないと思うので、もう此っきり最後にしたいと思うね。

 唯一の救いは、自分の夢の中に迄、特アネタが現れない事。
 つまり未だ其処迄脳が侵食されていないと言う事で、此に気付いた時はハッとしたね。
 皆さんはどうですか?夢に迄出て来たら重傷ですよ。

 韓国面もとい暗黒面に呑み込まれたくなかったら、こういう情報は「存在の認知だけしてシャットアウトする」に限ります。
 スタートレックDS9のベイジョーに「悪を学ぶ者は、悪によって学ばれていると」という諺があります。
 此は日光東照宮にある「見ざる 言わざる 聞かざる」という、幼少期にそういった有害情報から遠ざけるという教えに通じます。
 そして大人になったら、こうした悪徳商法的な手段を認知しつつ遠ざけ巻き込まれない様にすればいいわけです。

 最後に其の手の情報発信で、真っ当と思えるサイトを一つ紹介して締めるよ。
 元在日朝鮮人三世の今は朝鮮系日本人のサイトです。
 帰化した時の記事しか読んだ事無いけどw、世の中にはこういうちゃんとした考えを持っている人も居るって事です。
 上の朝日みたいにガミガミとプロパガンダする連中は、こういう静に日本で生活している人にとっては相当迷惑してるんだろうなとお察しします。

 コリアン・ザ・サード


追伸
 第一報は毎日新聞の様です。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/archive/news/2006/12/19/20061219ddf041040007000c.html
在日コリアン:「理解を深めて」 著名人の半生、漫画に 3世の女性がサイトで紹介

 ◇「嫌韓流」なんて悲しい

 日本も韓国も大好きな在日コリアン3世の大学院生、金益見(キムイッキョン)さん(27)=大阪市=が、在日コリアンの著名人に継続的にインタビューし、取材相手の半生を漫画で紹介するインターネットサイト「まきずし大作戦」(http://www.makikome.com/)を開設した。掲載した内容を1冊の本にまとめて出版するのが目標で、「大勢を巻き込んでいい味を出したい」との願いを込めて名付けた。【山根真紀】

 サイトは、インタビューの様子と取材相手の半生を漫画化したものと、取材の経過や裏話をつづった活動日記で構成。第1弾は、神戸の高級クラブ「薔薇と薔薇」代表で作家の茂山貞子さんが“少女漫画”で登場。第2弾は、世界を舞台に活躍するパフォーマーの金昌幸(キムチャンヘン)さんを“スポ根漫画”で紹介した。今後、映画監督やミュージシャンなどにも取材していく。

 金さんが「まきずし大作戦」を思いついたのは昨年12月。漫画「嫌韓流」の売れ行きが好調だったことにショックを受けたのがきっかけだった。「『在日』という言葉には政治的、差別的な暗いイメージがつきまとうけど、1世と2世がつくってくれた社会を暮らしやすいと感じ、日本も韓国も大好きという私のような3世がいることを、もっと知ってほしいと思った」と話す。

 大阪市内の在日コリアンが多く住む町で生まれ育った金さんには、差別を受けた経験がない。だが、大学院生になり、「研究成果を本にするなら本名で」と通名をやめると、「日本語が上手ね」などと無理解な言葉を掛けられるようになり、「在日にもっと興味を持ってほしい」という思いが膨らんでいったという。

 インタビューの対象を著名人にしたのも、表現方法に漫画を選んだのも、10代や20代の若い人に見てもらうためだ。金さんは「在日コリアンを知る最初の扉になりたい」と話している。

毎日新聞 2006年12月19日 大阪夕刊

 発足間も無い無名の個人サイトを、大手二社が挙って特集するという違和感を抱かずにはいられないでしょう。
 「差別」とは何か、日本人が知ろうとすればする程、彼等の立場は更に悪くなります。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 16:44 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

ALPS(アルプス)ひでえな

にっぽんの現場

▽職場の絆を取り戻せ!大運動会・ムカデ競走練習に密着
12月27日(水) 22:00〜22:45 NHK総合 Gコード(20992)

にっぽんの現場◇日本各地の取り組みの現場を取材する3回目。職場のきずなを取り戻すため、古き良き行事を復活させようとする企業の動きを追う。バブル崩壊やアジア諸国の急激な経済成長の影響を受けてきた日本企業は、効率化によってそれをしのいできた。しかしリストラや賃金カット、派遣社員の大幅導入が進み、社内の人間関係や生産意欲が希薄になり始めた。そんな中、ある大手電子部品メーカーでは、職場の連帯感を高めようと14年ぶりに事業所対抗運動会を復活させた。運動会には正社員から派遣社員まで約3千人が参加。その陰には、若い社員や派遣社員らを必死にまとめて運動会に臨む管理職の姿があった。

 苦痛で安月給の派遣社員に仕事が終えても居残りさせ、社内運動会の練習を強いる拷問。
 其の総時間45時間、運動会当日を含めると・・・。

 中学の部活じゃあるまいしよくやるよ、過労死させる気か。
 暴動や反乱の芽を摘む為にくたくたにさせてるとしか思えんね、奴隷かよ。
 「若い社員や派遣社員らを必死にまとめて運動会に臨む管理職の姿」だって?一番苦痛を強いられてるのは末端の職員だろーよ。
 そんなに連帯感欲しけりゃ正社員で雇ってやれよ、運動会に3億円も掛ける位ならな、一人10万ずつ配った方がましだ。
 どう贔屓目に見たって派遣社員に何一つメリットが無いよな、己の会社の都合ばかりで。
 しかも運動会会場の移動にバスで片道8時間?アホか。

 まぁ、ありの侭報道したNHKは立派だけどな。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 23:24 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/12/29

「またオオニシか!」のノリミツ・オオニシ(大西哲光)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061229-00000025-san-pol
NYタイムズ拉致「扇動」記事 政府が反論文投稿
12月29日8時0分配信 産経新聞

 政府は、右翼勢力が北朝鮮による拉致問題を扇動しているとした米紙ニューヨーク・タイムズの記事(17日付)を問題とし、「事実と異なる」との中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を、同紙と、記事を転載した国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(18日付)に投稿。トリビューン紙には26日付で掲載された。

 ノリミツ・オオニシ東京支局長の記事に対し、反論文は「そのような事実はない。拉致問題は現在進行中であり、これは自国民救出の問題だ」と指摘。「日本人拉致被害者の多くは30年近くも監禁され、すべての自由を奪われている。被害者が自由と尊厳を取り戻すためにあらゆる支援を受けるのは当然であり、救出は日本政府の使命だ」と強調した。

 拉致対策本部は「大手紙に載ると、それが事実のように思われる可能性があるため反論に踏み切った」としている。

最終更新:12月29日8時0分

 もう騙される人は居ないと思いますが、ソース・ロンダリングの手法は以前書いたので下記の過去記事参照。
 ・ニューヨーク・タイムズでも法螺を吹く朝日を毎日が援護射撃
 ・朝日→NYタイムズ→毎日・・そして特ア問題のお膝元が住むTBSへ
 ・ニューヨーク・タイムズでまた工作記事

 Wikiを見る限り、国籍すらロンダリングしている感じですが、名前も通名で擬装してる可能性がありますね。
 ・ノリミツ・オオニシ - Wikipedia

来年ブログ・ブームは終息する

 此処数ヶ月、GoogleとYAHOO!の二大検索エンジンからのアクセスがごっそりと低下した。
 噂には聞いていたが、自分もなるとは思っていなかった。
 以前は300件超えていたが、今じゃ100件ちょいだ。

 どおやらブログ・スパムをやってるアフィリ厨の御陰で、検索エンジンの中の人が御利口さんになった様だ。
 結局の所、ブログに各社が参入した理由は広告なんだよね。
 最近楽天は、「口コミ」を意図的に発生させるアルシェール紛いの宣伝手法に打って出ている様だが、胴元の大手が末端のアフィリ厨と同じ様な事をやってるんだからもう終わってるよな。
 検索にハブら(=省か)れたら存在しないも同じなのに。

 でも自分の方は御陰様でユニーク数は減っていないんだよね。
 検索からのアクセス数を引いて450件前後です。
 しかし検索に引っ掛からない分、総PV(ページ・ヴュー)は半減しました。

 ところでホモ勝ちゃんがブログを閉鎖して、月875円の有料メルマガ配信に切り替えるそうです。
 例によって読んだ事無いので中身には触れませんが、6年間で3,500万PVだそうで、つまり1年間で583万PV?
 自分のブログも丁度1年超えたので計算してみたら、去年12月から今年の11月一杯の合計が574,359PVでした。
 つまり勝谷ブログの1/10です。
 って事は、勝谷勘定なら俺のブログは月87円か?w
 勝ちゃんはブログの辞め時を考えてたんじゃないのかな?そんな気がする。
 流石商人、時代の鼻が利く。

Posted by Virtue at 15:20 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.