2007/02/05

「女は子供を産む機械」で政局化

 B〜yオール野党。
 って国民を舐めるな!

 先ず始めに聞きたいのは、半島や大陸の人間じゃあるまいし「日本の女性はそんな事で皆あんな気狂いみたいに一々怒る物なのか?」という事だ。

 野党の連中をどんなに贔屓目に観たって、政局化に必死になってるとしか眼に映らない。
 其処が国民の大半が占めるサイレント・マジョリティの弱点なのだが、ああいう旧社会党時代の様な朝鮮右翼議員やプロ市民共が暴動を起こした際に、国民が瞬間的に手を組んで抑制する手立てを持っていないと大変な事になるなとたった今、此の現代に於いて思い知らされた。

 何より其れを煽るメディアが酷い。
 自分は初めて報道を聞いた時、何の脈絡も無く突然そういった見出し的発言をしたのかと思った。
 所が全く内容は違っていた。
 統計の話の中で「機械じゃないですが・・」と機械に例えて話していただけだった。
 自分が「だけだった」と言えるのは、逆の立場になっても全く腹が立たないからだ。
 其れより何より「女性が生む機械なら男は何だろうね?ザーメン・スプリンクラとか?w」なんて思った位だ。
 自分も人間の心身の説明の際によく機械やコンピュータといった減り張りの有るロジックに例えて話す。
 抑も人間の細胞は突き詰めればナノ・マシンより遙かに精密な機械であり、脳神経回路も零か一の二進数で動いているわけだから単純化すれば機械になるわけで、脳はCPU、眼はCCD、心臓はポンプ、胃は消化装置、肝臓は解毒装置と感情抜きで物事を捉え例える際は特に有効な比喩だ。
 しかもあのおっさん、言った傍から謝って説明していたではないか。
 其れを2ちゃんねるのスレタイじゃあるまいし、人の話しもろくに最後迄聞かず言葉尻だけ噛み付き、強いては鬼ノ首を取ったかの様に誇り相手の人格迄も否定する外道ぶり。
 森喜朗の「神の国発言」や石原慎太郎の「三国人発言」の騒動を想起させられる。
 勿論あの時に騒いだのも同じ朝鮮右翼の連中だった。

 俯瞰的に観てよく考えて想像してみな、公でバカ男一名の発言に対し、其れに過剰反応した「私的に切れる馬鹿女大多数」という構図を。
 無論此は実態とは思わないし飽く迄構図であって、実際に私的に切れた日本女性はそんな居ないと思ってるし、野党の連中も私的に切れたと言うより「政局に使える」と思い「日本の女性を勝手に代表して吠えている」といった自覚は有るだろう。否、無いか?w
 其れならおっさんが辞任する迄徹底抗戦して貰いたいね。
 気狂い共が一度挙げた拳をいつ引っ込めるのか見物だぜw
 審議拒否で税金の無駄を幾らしてるか考えてみろ、議員の約半数近くは居ないんだから数千万は下らないだろう。
 是非とも其の無駄にした税金を死に銭にしない為にも、審議拒否という信念を貫き通して修羅の道を歩んで貰いたい。

 しかも普段から「物に魂が宿る」という共存共栄思想の原点とも呼べる日本の宗教観を否定して無宗教を気取ってる連中が、こういう時だけ機械を知った様に短絡的に偽善を気取って人間との対比軸として批判するとは何事か、機械を馬鹿にするな!
 御前等は其の愚弄する機械にも劣る愚行をやってるんだ。
 まさに思想系宗教観、物質社会を否定しながら人間至上主義の宗教観で自然保護を訴える、「環境フーリガン」のグリンピース野郎を見ている様で虫唾が走る。

 百歩譲って其の例えが適切かどうか別にしても、長い話しを短く纏めろと言われて「女は子供を産む機械だという話」と答えるバカは居ないだろう。否、そういう馬鹿が居るからこんな騒ぎになっているのかwやっぱ変だゎ。

 だいたいそうやって騒いでいる奴程少子化の本質がわかっていない。
 いないどころか其の足を引っ張っている当事者だから、其の矛盾は実際に彼女等に子供が居るか見ればわかる。
 自由と平等の鬩ぎ合いと一緒で、誰かが権利を主張すれば他者の自由は制限される。
 子供を産む機能を持つのは女性だけなのに、働く権利と産む自由を欲張ったが為に結果何も得られなかった。
 其の最たる者が社民党のババア共だ。
 しかも奴等、海外メディアに迄叫んで大々的にアピールし出した。
 まさに恥の上塗り、日本を道連れにした捨て身のアピール、日本人のフリして恥を擦り付ける街宣右翼其の者だ。

 抑も既婚者の間に出来る子供の数は例年変わってはいない。
 しかも団塊ジュニアは数が足りているにも関わらず少子化と言う事は、既婚者の絶対量が少ない、即ち晩婚化が原因。
 不況と其れに伴い、今迄「家事手伝い」で通っていた女性ニータが其れでやっていけなくなり、女性の社会進出の名の下、不況という限られた人的金銭的男社会のキャパシティの中へ女性が進出して来たものだから少ない賃金の取り合いになった。
 其れと同時に子育てやら女性の権利の持ち込みと、従来の既得権益維持迄も一遍に面倒見様としたものだから共倒れになった。
 気付けばもう真性団塊ジュニアも三十代、男は爺さんになっても種は残せるが、女性は当然子作りのリスクが跳ね上がるから無理。
 だからあのおっさんは「既婚者に頑張って貰うしかない」と言ったのではないか?

 本来なら景気の好かった時にこそ女性進出の手伝いをしておくべきなのに、団塊世代は言わずもがな。
 抑も女に其の気が無かったのかもしれないが、少なくとも当時の人間が手を抜いて楽をして備えていなかった。
 人手不足なら未だ下、経済規模の絶対量は決まってるのに大企業の成長一辺倒で新たに産業を生まずにいればリスクの分散は出来ない。
 そして其れが現実となり、今更になってカネが無くなったと慌てふためき、女性の社会進出迄も煽って狭い経済キャパの中で足の引っ張り合いの様な競争をさせた。
 即ち世間で言われる切っ掛けや原因と現象が逆、限定された狭い空間の中で醜い争いをさせた故の妬みや嫉み、もっと言えば先進国に於ける貧困こそが格差社会の本質ではないのかと思うのだ。
 まさに必然であり愚の骨頂だ。
 昔から政治なんか誰も宛てにしてないのに、困ると頼ったり所為にする。じゃあ景気好かった時は政治の御陰だったのか?と問いたくなる。
 其れを悪乗りして悪用するのが共産主義者や社会主義者。
 そして更に政治が悪化する。
 俺は共産党を引き合いに出す事はあるが、投票する程愚か者じゃない。
 飽く迄核と同様の抑止力であって、絶対推してはいけない票なのだ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 09:33 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2007/02/06

朝日とTBSが「子供二人未満は不健全」と燃料を追加

 朝日新聞とTBSの報道スタンスで其の侭お返しすれば、「朝日新聞とTBSが子供が二人以上居るのは不健全だと批判」という事になるね。
 抑も少子化って問題じゃなかったの?其れを自ら批判してどうすんだ御前等w

http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200702060241.html
柳沢厚労相「結婚・子供2人、健全」発言に疑問の声

2007年02月06日13時17分

 柳沢厚生労働相の発言が、また波紋を広げそうだ。野党側が国会運営の正常化に向けて動き始めた矢先。「女は産む機械、装置」発言の波紋が残る中、6日の会見では若者が「結婚し、子どもは2人以上持ちたいという健全な状況にある」などと語った。識者からは改めて疑問の声が上がった。

 コラムニストの天野祐吉さんは「結婚願望とか子どもの数を、統計データを基に、多数派、少数派というならいいが、『健全』という言葉を使うのがおかしい。『産む機械』発言と奥の方でつながっている気がするし、失言というより、彼の人生観、社会観が出たんだろう」とみる。その上で「少子化担当のポストは無理だと思うが、柳沢さんはある意味正直に発言しただけ。政治家だけでなく、多くの人たちの中に無意識に残っているこうした考え方がなくならないと、大臣を代えても問題は解決しないと思う」。

 心理学者の小倉千加子さんも「結婚したい、子供が2人以上ほしい、というのを健全とすること自体、古い道徳観からくる発言で、年齢的な限界を感じる」と言う。「こういう発言が止まらない人が厚生労働大臣をしているから、ピントのずれた政策が続き、少子化が止まらないのだと思う。(夫の発言をメディアでしかった)奥さんはずっとまともな方のようだから、これからは外で何か発言する前に、奥さんにチェックしてもらった方がいい」と話した。

 一方、大日向雅美・恵泉女学園大教授(ジェンダー論)は「発言は適切でないが、これを単なる失言の上塗りと取るべきではない」と指摘。「少子化対策で必要なのは、産みたいと思う人が安心して産める環境整備。その責務は国にあることを厚労相は心にとめて施策に励んでほしい」と言う。

 また、タレントの遙洋子さんは「自民党内で『極めて理知的で温厚』と言われる柳沢大臣ですら、端々に女性を傷つける一連の発言をする価値観にとらわれているのがこの国だ、と知るいい契機になる」と話した。

 社民党の福島瑞穂党首は6日昼、国会内で記者団に「色んな生き方の選択肢があるという問題の本質を理解していない。このような大臣の下で審議はできない。辞任要求を続ける」と述べた。

〈柳沢発言要旨〉

 家庭を営み、子どもを育てるということには、人生の喜びがあるんだという意識の面で、自己実現といった広い範囲で、若い人たちがとらえることが必要だと思う。他方、ご当人の若い人たちは、結婚をしたい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけです。そういう若者の健全な希望に、我々がフィットした政策を出していくということが大事だと思っている。

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3486902.html
渦中の厚労相、少子化対策で自説披露
 当面続投となった柳沢・厚生労働大臣は、6日朝、閣議後の会見で少子化対策について自説を披露しました。
 「ご当人の若い人たちは、結婚もしたい、子供も2人以上持ちたいと、きわめて健全な状況にいるわけですね。日本の若者の健全な希望というものに、我々がフィットした政策を出していく」

 柳沢大臣は厚生労働省の調査で「結婚し、子供を2人以上持ちたい」という若者が多かった結果を「健全」と評価しました。

 さらに「やっぱり家庭を営み子供を育てることは、人生の喜びというか、そういうものがあるんだというような意識の面で、若い人たちがとらえることが必要」とも述べました。結婚や出産に対する考え方が多様化する中、柳沢大臣の発言は再び物議をかもしそうです。(06日10:53)

 そして此が実際の発言。
Real版:http://news.tbs.co.jp/ram/news3486902_11.ram
WMP版:http://news.tbs.co.jp/asx/news3486902_12.asx

 又やらかしてくれました。
 アンケート調査による結果、多くの人の「二人以上持ちたい」という気持ちに対して健全なポジションに位置すると評価歓迎、其の思いに答えようと述べたら野党やマスゴミが勝手に逆ギレ、じゃあ其の気持ちは不健全なのか?
 抑も二人未満が不健全だとも言ってないし、白か黒かの分別もしていなければ其れが悪いとも言っていない。
 此ではノーベル賞受賞者を誉め称えたら「じゃあ残りの大多数は生きる価値も無い馬鹿なのか」と逆ギレされかねないね、社会主義かよ。
 まさか病人に面と向かって「御前は不健康だ」とわざわざ冷や水浴びせる様な仕打ちをする人間も居ないだろう。
 其れともそういう人物だと決め付け当て込んで批判したいのか?ならそうハッキリ指摘して言ってみろ。

 馬鹿だねー故意に先走り暴走で自爆してやんのwホント悪意に満ち溢れてるね。
 只単に「好い傾向を伸ばしましょう」という前向きな発言を、敢えて好まない傾向に過剰擁護し引きずり降ろそうとする蛮行。
 世の中の足を引っ張ってるのはまさに此奴等だね。
 語るに落ちる、人の足を引っ張るしか能が無い批判体質を自ら露呈。
 下衆商人宜敷、兎に角反対行動して後は出たとこ勝負の勢い任せで押し切ってしまえという旧社会党の連中と一緒、やっぱ意図的に騒ぎを起こしてたんだな、チョンフェミジェンダの気狂いが。
 いつもの決め台詞、何が「物議をかもしそうです」だ、私感・私情・私惑丸出しの希望的観測で物を言いやがって。
 否、物議の演出、強いては騒動其の物を起こしたいんだったっけな。
 しかも頭に「再び」と付加してるから、もし此で前回本当に「国民が憤慨していた」と思っていたとしたら、其の国民を自ら煽りつつ便乗し、其れを正当化して擬装世論の足場を固めた事になる。
 即ち国民を一番おちょくって馬鹿にしてるのはTBSなわけだ。
 朝日に於いては自ら論評を採取して「発言に疑問の声」だもんな。
 自分に都合の好いソースは無批判に垂れ流す癖に、こういう時だけ此又自分の都合で改竄して報道。

 俺は一人っ子は不健全だと思うね。
 だからと言って人の数だけ有るであろう様々な理由に対し、「あなたは不健全だ」とあえて言ったり批判、問うたりする気も無いし、又数あるケースに一々したってしょうがないだろう。
 そう、しょうがないのだ。
 だって全員ひっくるめて不健全と見ても、中には体質的に仕方の無いマイノリティも含まれる。
 だから一食単に其れがダメだとか正せとは到底言えない話なのだ。
 にも関わらず奴等はそういうマイノリティを担ぎ挙げて批判の道具にするという非道ぶり。
 しかも其処には子供は作れるけど欲しくないと言う人間も含まれるわけで、其れをライフスタイルとして当然の権利の如く予め揺動場所を確保する動きも明らかにおかしい。
 人間在ってのライフスタイルなのに、其の人類が滅亡してしまっては元も子も無い。
 一夫多妻じゃないのに、二人の間に一人しか産まれなかったら人口は減る一方、簡単な算数だ。
 国の少子化が焦点なんだから、国の子孫が経たれるライフスタイルなんて健全である筈が無いのだ。
 此は別に数の論理としなくたって、親が自分の子供に弟や妹を与えてあげたい、或いは子供自身が其れを欲するというのは自然な健全な事だろう。
 子供が親の事情を察していれば話は別だが、まさか「弟も妹も要らない、自分だけ居ればいいんだ」なんて敢えて宣言する可愛い気の無い餓鬼なんて拙居ないだろう。
 「古い道徳」だからとか、元々有りもしない道徳観、幻想と結び付けて批判してる奴は完全に頭が逝っちゃってるね。
 あと与野党の女性議員が全員馬鹿だって事もわかったし、国民新党も其れに加担してるって事で見切りが付いた。

 結局此の騒動の一番の犠牲者は、子供が欲しくても出来ない不妊治療で困ってる人達だろう。
 色んな理由で不健全な側に立たされる人を、都合好く担ぎ挙げて利用しようと自ら言及した結果、欲しくても出来ない人と、はなから要らない人の擁護という相反する存在の矛盾した言動になって墓穴を掘ったわけだ。
 奴等にとっては「差別」や「平和」は政治の道具であって、自ら火種を掘り起こし焚き付ける物、在日朝鮮人による言葉狩りがまさに其の象徴だ。

 こんなコオロギの実験が有る。
 一人っ子のコオロギは兄弟の居るコオロギに比べ、体の大きさが倍以上と圧倒的に大きい。
 そして其の二匹を狭い一箇所に居させると、縄張り争いで一人っ子が圧倒し、相手が死んで動かなくなっても攻撃し続け手足をもぎ取り、最後は共食いして終わる。
 一人っ子政策をしている何処ぞの国の人間性に似てませんか?
 まぁ偏見だと思いたいわけだが、其の結末をひっくり返す実験も有る。
 其れは交尾させ家庭を持たせるという事だ。
 そうすると小さい体のコオロギが、でかい体のコオロギを威圧して追い払ってしまうのである。
 しかも専守防衛のスタンスで過剰防衛はしない。
 家庭を持つと必ず生きて帰還しようとする意志が強くなるという考え方は、人間界でも軍人や宇宙飛行士の選出に実践されている。
 後、人間は童貞の侭三十を迎えると童帝に成って魔法が使えるらしいが、コオロギもそうなのか実験してほしい。


【関連記事】
 「女は子供を産む機械」で政局化
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 18:39 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2007/02/08

ガンダム芸人VS○○芸人

 テレ朝の「アメトーク!」で唯一見てる回。
 VS越中詩郎芸人も面白かったな。
 「〜だってえ!」って口調は餓鬼の頃真似てた奴が居たが、此のおっさんの事だったのかw

 今後他に見たいのは、
 ・ガンダム芸人VS(リアル・ロボット系)ボトムズ芸人
 ・ガンダム芸人VS銀英伝芸人
 ・ガンダム芸人VS東映ロボット芸人
 ・ガンダム芸人VSエヴァンゲリオン芸人

 エヴァンゲリオン芸人対決なんて突っ込んだ話をしたら相当ヤバイんだろうな。

 何せ当時、日本の思想をアニメで支える手塚チルドレン達から猛反発受けたからな。
 NHKか何かの宮崎駿の特番で、サプライズ・ゲストとして庵野を鉢合わせさせたが、まぁプライベートで普通に付き合いがあるらしいが、当たり障りのない会話で宮崎が「あんたとは考え方が違う」とばかりに早々に一線を引いてしまい議論にすらならず、中途半端な空気ばっか漂って詰まらなかったっけな。
 でもガイナックス庵野に「Vガンダムに触発されて作った」と名指しされたサンライズは黙っては居なかった。
 「米系カルトめ!」位の勢いで送り出したのが、構想されていた「ステルスワイズ」をベースに製作された「ガサラキ」だった。
 阪神か阪急か電車の吊り広告にも物騒な見出しで広告を出していたらしいが、内容が難し過ぎて全く受けなかった。
 後5年遅く出していれば国内治安の物々しさとリンクしてヒットしていただろうが。

 エヴァンゲリオンについては今度書く事にして、ガサラキはもう書いたけど、観てない人はカンニングになるので読まないでね。

Posted by Virtue at 18:19 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/アニメーション
2007/02/13

しゃっくりの止め方

 しゃっくりが出たら、右指で左手首の脈を強く抑え、二発目三発目が来るであろう時間が過ぎる迄暫く待つ。
 すると止まります。
 尚、此の方法は、最初の一発目で対処しないと止まりません。

 中学生の頃、数学の先生から教わりました。

Posted by Virtue at 10:13 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2007/02/26

Mac OS 9.2.2(=Classic)覚え書き

対応ソフトウエア最終バージョン

■FEP(IM)
ATOK 14

■テキスト・エディタ
Jedit4 4.2.3r0J

■ソース・エディタ
ResEdit 2.1.3-jp
HexEdit J 1.8.5

■ヴューア
Adobe Reader 5.0.5
PixelCat 1.6.9
PhotoGrid 2.71
icWord 4.0
icExcel 2.0

■データ・ベース
HyperCard J1-2.3
FileMakerPro 5.5

■ビジネス統合
MacOFFICE 2001

■グラフィック
Photoshop 7.0
Illustrator 9.0
Painter 8.0.084
Macromedia 2004MX
Bryce 5.0.250
Infini-D 4.5
GraphicConverter 4.9.2

■マルチメディア
Quicktime 6.0.3
iTunes 2.0.4
iMovie 2.1.1
Apple DVD Player J1-1.3 ←ハードウエア・デコーダ、DL再生可
Apple DVD Player J1-2.7 ←ソフトウエア・デコーダ、DL再生可
DivX 5.1.1
Audion 3.0.2
 ↑曲管理がiTunesに劣るが、OGG再生やMP3への直変換可能。
 但し44.1KHzを超えるサンプリング周波数に未対応らしく、プチノイズが入りMP3へダイレクト変換しても同様のノイズが入る。
SoundApp 2.7.3
motion dive .tokyo
Rhythmic Circle FUSE 1.51J
Roll O' Pict 3.0.1

■Webブラウザ
Netscape 7.02
 ↑最速、Search Pluginsフォルダ内を捨てると起動も速くなる、JAVAダメ、JavaScript暴走気味、ウィンドウを閉じるとメニューから履歴が消えてしまう。

Wazilla 1.3f-7
 ↑ネスケ同等、但しJavaScriptは正常でログインが不安定。

Wazilla-mac-1.1-trial9
 ↑上記の前バージョンだが、JavaScriptにやや難有りでログインは正常、実用レベル。

WaMCom-131-macos9-20030723
 ↑正規版mozillaに修正パッチを当てまくったmozillaで、上記二つのWazillaの好いとこ取りと言った所、しかも起動が一番速く、Mozilla系で唯一起動中にアプリアイコンを再クリックしても新しいウィンドウを開いてくれ、IEをファンクション・キー等に割り当て一発ウィンドウ・オープンに慣れている人にもお勧め、間違い無く一押し。
 言語のフォントだけちゃんと設定して英語版の侭使うべし。
 ローカライズすると機能追加等のインストールでトラブルが起き易い。
 一度トラブルが起きるとユーザ設定ファイルが破壊されて手間が掛かる。

Internet Explorer 5.1.7
 ↑遅い、JAVAが一番まともに動く、JavaScript不安定、HTML崩れる、履歴の辿り易さやブックマークやインライン入力等の操作性抜群、FLASHが不安定、更に其の侭アプリが落ちるとシステムが正常終了出来なくなり、継承ならcacheの破棄程度で復帰出来るが、最悪システム其の物を破壊、修復ソフトによる復旧は不可能。

iCab
 ↑バージョン?どうだっていいよ、マジで使い物にならない、只軽いだけのテレホ時代の遺物。
 インタフェースやブック・マークや履歴管理・操作性は、IEに匹敵する性能を誇り、初期設定のきめ細かさにも舌を巻く高機能ぶりで、細部に渡り嬉しそうに設定項目を散々弄くり回し達成感を以てセット完了、所がいざ使ってみると表示は真っ白、レイアウトはグジャグジャ、JavaScriptも全く動かずIEより劣る無力感に陥る。

WannaBe.PPC.1.0b14 ←テキスト専用ブラウザ

■2ちゃんねるブラウザ
マカー用。エレメンツ (開発続行中)
 ↑適度に終了処理しないとアプリが落ちたりフリーズ、最悪システムも固まる。

■メール
Eudora 6J jr6 ←言わずと知れた世界最強メーラ
Outlook Express 5.0.6

■FTP
Fetch 4.0.3J1

■ダウンローダ
iSAKURA v0.00b桜c9

■アーカイバ(圧縮・解凍・ディスク・イメージ)
TomeViewer 1.3 Jd3
Disk Copy 6.5b11
ShrinkWrap 3.5
StuffIt 7.0.3
MacRAR 2.5
Compact Pro 1.52

■ディスク焼き
Toast Titanium 5.2.3 ←DL非対応、レーベルフラッシュ非対応

■データ修復・復活
DiskWarrior 2.1 ←最強、初期化を断ってでも先ず試せ!
Data Rescue 4.3.2
Norton Utilities 6.0.3 ←Disk DoctorとVolume Recoverは絶対使うな!

■デフラグ
Norton Speed Disk 6.0 ←最速

■MacOS9.2.2で出来ない事
USB2.0(OSが未対応)
Winny(ソフトが無い)
最新FLASHのWebサイト閲覧(Plug-ins:Shockwave Flash NP-PPC 6.0r29)

■トラブル等補足
白紙アイコンのリペアには、デスクトップの再構築(=リビルド)が必要だが、アイコン・パレードが終わった直後からコンビネーション・キーでダイアログが出る迄「コマンド+オプション」を押し続け、マウントされるディスクがダイアログで聞かれる侭、続け様に一気に再構築を行わないとシステム全体の完全な再構築は完了出来ない。

尚、「-412 エラー」が出てD&Dの大量一括コピーが不能になった場合は、手動で 不可視ファイルの「Desktop DB」を破棄しない限り、通常のデスクトップ再構築やDiskWarriorを以てしても解決は出来ない。
其処で「Coela」というはカラム・リスト表示させるファイル・システム・ブラウザを使うと、不可視ファイルの閲覧と調整が可能になるので、 不可視ファイルの「Desktop DB」を可視に切り替えてゴミ箱へ捨て再起動を掛けるとデスクトップの再構築で正常に戻る。
他に「File Buddy」や「Norton System Find」でも不可視ファイルの可視化が可能。
但しDesktop DBを破棄してしまうと、「情報を見る」のコメント欄の情報が消去されるので注意が必要、抑も其のコメント欄の情報量が多過ぎるとDesktop DBがオーバ・フローしてエラーが起きるんだとか。

Finder上でファイル名末尾が「#F4C5」みたいに文字化けするロング・ファイル・ネームを扱うには、コンテクスト・メニュー「Long Info CMM」による間接的なファイル名表示、若しくは上で紹介したロング・ファイル・ネームに対応している「Coela」でブラウジングする方法がある。

OGGファイルは再生可(QuickTime Extensions:Ogg Vorbis 1.0d8)
但し白紙アイコン、大量のOGGファイルを変換する等のバッチ(一括)処理なら、OSXかWindowsの方が断然速いし高品質。

Webブラウザのディスク・キャッシュはナロー・バンド時代の名残故、ゼロにすると直接読み込むのでブラウジング・スピードが上がる。
尚、IEは完全にゼロに出来ないので、初期設定フォルダ内の「MS Internet Cache」を同じ名前のリンク切れのエイリアスと入れ替える。特にIEのキャッシュは破損し易くアプリを不安定にするので使わないのが理想的。

 以上、何かあれば情報下さい。

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:44 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple Macintosh
2007/02/28

中国に在る軍隊

http://www.asahi.com/international/update/0227/015.html
中国の軍事費は国民1人当たりでは日本の7%、と中国側
2007年02月27日21時26分

 中国外務省の秦剛・副報道局長は27日の記者会見で、自民党の中川昭一政務会長が講演で中国の軍事拡大動向を注視するべきだと強調したことについて「中国の脅威を絶えずわめく本当の目的は何か聞きたい」と述べた。

 秦副局長は「奇妙なのは、日本の面積は中国の25分の1で、人口は10分の1の国家なのに、軍事費は膨大なことだ。中国の軍事費は日本の67%で、国民1人当たりでは7%に過ぎない」と指摘した。「日本側は中国に(軍事費の)透明性を増すようにいつも言う。それなら我々は、日本がそのようにする目的をより透明にするよう求める」と述べた。

 抑も中国に在る軍隊は国軍ではない。
 中華人民共和国という国家の軍隊は存在しておらず、中国共産党中央軍事委員会の配下に属する党の軍隊、中国人民解放軍と呼ばれる党軍である。
 此は北朝鮮も同じで、即ち日本に例えるなら、与党第一党の自民党に私設軍事部門が存在し軍隊を抱えていると言う事になる。
 更に日本に沿って例えるなら、日本共産党や旧社会党(社民党・民主党)が日本赤軍の様なテロ集団を、恰も国家の軍隊であるかの様に振る舞わせているという事だ。
 飽く迄、中国人民解放軍は党による私設軍隊の為、当然ながら党を守る為に機能する。
 従って党が党の由来を偽ったり天安門事件を隠蔽している理由は其の為で、其れがバレると、戦後のどさくさに紛れて大陸の長として擦り替わった事実が公に知れ渡ってしまう。
 だから「中国共産党に不都合な報道は一切してはならない」という『日中記者交換協定』を締結している朝日新聞は、中国の報道機関の様にこういうバカなソースを無批判に垂れ流すわけだ。
 なので日本最大の言論機関で発行部数第二位を誇る、「転嫁」の朝日新聞様に成り代わって解説してみました。

 此で中国の軍拡がどれ位危険なのかわかりましたか?
 中国脅威論というのは、中国が脅威なんかじゃなくて「中国共産党」が脅威なんです。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 17:03 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.