2007/06/12

否、焦ったねw

 此の侭記事の間違いに気付かないで寝てたらとんでもない事になってたな(爆笑

 久々に数字の桁間違えたよ。
 以前もヤフオクで千円の品を百万だかで入札して、落札価格が跳ね上がった侭終了、、出品者に謝ったね、全力で謝ったw
 出品者も価格見て吃驚、事件か何かに巻き込まれてると思っらしいw
 んで、結局言い値で負けてくれた。

 何でこんな間違いするのかは言えないけど、よく間違える人なら察しが着くかもね。

 まぁうちのブログは書き足し補完、修正しながら載っけるのが特徴だけど、文章の骨格が全く違って真逆に突っ走ってたら全取っ換え、行間埋め所じゃ済まないからね。
 最近だとユニークで1,000、PV5,000位だからよく確認してから書かないと冷や汗もの、メルマガじゃこうは行かんから、想像したらガクブルだな。

 しかし「何か可笑しい、何か変だ、何だろぅ」と思いながら、40分以上経過して漸く気付くんだもんな、無意識の意識化としては相当遅過ぎた。
 でも寝る前に気付いて好かった。
 あっ、折角だからどんな間違いしたか備忘録代わりに書いとこう。

 直前の記事で、日雇い労働者の数を最大750万人と算出したのに、750人と勘違いして其の侭「業界最大手で?偉い少ないなー、マイミクのキャパでさえ1,000人なのに」と妄想、更に「其の内ネットカフェ難民がどれだけ居るのか」云々と実態と報道が乖離してる過熱報道じゃないかと疑問視、更に其の報道で真似る人間の方が増えるんじゃないかと危惧迄してた。

 こんな感じ。
 更新優先で上書き消去したので、やっぱ間違いをちゃんとメモっといた方が良いよね、失敗のサイクルも割り出せるし。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 01:37 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

The Time Machine(タイムマシン特別版)

アルバム:The Time Machine(タイム マシン)
楽曲:Eloi(イーロイ)<試聴
歌詞:http://www.langmaker.com/eloi.htm
作者:Klaus Badelt(クラウス・バデルト)

 此の映画のサントラ担当はクラウス・バデルト氏で楽器のバランス感覚がピカイチで、スタジオかホール録音かわからないが、素人でも何処に楽器が配置されているか目に浮かぶ程立体的でクリアな音源だ。
 日本でも彼のファンはきっと多い筈、映画パイレーツ・オブ・カリビアンのサントラの作者でもある。

 1曲目からラスト15曲目迄映画と同じ壮大なドラマが展開する。
 看板曲は上記のイーロイ族が歌う「Eloi」と「I Don't Belong Here」だろう。
 テレビでも結構使われているので聞いた事も有る筈。
 昨今クラシック・ブームらしいが、餓鬼の頃に音楽の授業で散々無理矢理聴かされた嫌な思い出のオーケストラよりも現代音楽で聴いた方が楽しい。
 何より現存する人間だし、バデルトの楽曲なら教科書に載っけても全く可笑しくない。
 そしてタンノイ・クラスの馬鹿でかいスピーカで、耳だけで楽器配置当てクイズみたいな楽しい授業を展開して欲しいなとか思う。

 映画の方は借りるより買った方が好いんじゃないかと思う位しょっちゅう安売りされていて、いつでも入手可能な感じだが、サントラが中々見付け難く再販もされていない様なので買える内に買って於いた方がいいかも。



 勿論映画だって面白い。
 監督は原作になっているSF作家「H.G.ウェルズ」の曾孫で、過去の幾つか作られた歴代のタイム・マシンの中で一番不評らしいが、映像美や音楽による世界観の演出は一番だと思う。
 特にCGの使い方が非常に美しく、寧ろ作曲家クラウス・バデルトの為に作られた映画、PVじゃないかと思ってしまう位だw
 其れだけでも十分満足行く。
 只、青系のパッケージングが気に入らない。
 黄金色に輝くタイム・マシンのイメージに合わせた、サントラと同じ黄系が相応しいと思う。




追伸:
 因みに国内盤サントラが此。

 つまり国内盤は青色パッケージでセールスしてたんだな。


【関連記事】
 タイムマシン@映画生活
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 18:06 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト

共有ブラック・リスト保存期間はいつからいつ迄か

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070611/274360/?ST=pc_news
アフィリエイト不正利用者の「ブラックリスト」制度始まる
事業者7社が不正利用者名やメアドなどを2007年10月から共有

 日本アフィリエイト・サービス協会は2007年6月11日、不正行為を理由に、加盟会社が強制的に退会させたアフィリエイトパートナー(アフィリエイト広告を掲載する参加者)の情報を、加盟会社間で共有することを発表した。これらの情報は、パートナーの新規登録や契約継続審査の際に使用する。実施は2007年10月から。

 対象となる不正行為は、刑法上の「電磁的記録不正作出及び供用罪」や「詐欺罪」に該当するか、これらの犯罪の未遂行為に相当するもの。具体的には、(1)リンク先のアフィリエイト広告とは全く異なる文言を配置するなどして広告のクリックを不適切に誘発する、(2)クリック報酬が設定された広告に対し、連続かつ大量のクリックを行う、(3)自身のサイトに掲載した広告リンクを通じて架空の申し込みをする、(4)自身のサイトに掲載した広告リンクを通じて第三者の代理申し込みをする、の4項目を繰り返し行っているケースである。

 共有する情報は、不正を行ったパートナーの名前や電子メールアドレス、報酬の振込先として登録している口座番号など。加盟会社各社が随時、情報共有用のサーバーに登録する。登録された不正行為者の情報について、本人から申し立てがあった場合は事実関係を確認した上で、訂正や取り消しに応じる。

 日本アフィリエイト・サービス協会は、成果報酬型広告(アフィリエイト)サービスを提供する事業者が集まった団体。加盟事業者は、アドウェイズ、インタースペース、ウェブシャーク、トラフィックゲート、バリューコマース、ファンコミュニケーションズ、リンクシェア・ジャパンの7社。

 この7社のアフィリエイトサービスを利用しているパートナーのWebサイト数は、2006年で142万5000。広告主から支払われたアフィリエイト関連の費用は301億6900万円である。

 此さ、いつからのデータを共有するかで面白い事になるよね。

 開始以降の罪人や未遂者のブラック・リスト化なら契約時に「悪い事したら共有ブラックな!」って断ればいいが、其れをやっていなかった場合の過去に収集したデータなら、共有した瞬間、個人情報保護法違反になるんじゃね?
 本来不正が発覚したら提訴するのが筋だから、其れが未遂とか提訴もしていない曖昧な事例で情報共有だけしたら、「手前、何勝手に俺の個人情報外に流してんだゴルァ!」と逆に訴える事だって可能だな。
 だって異議申し立てで削除も何も、既に外へ流されされちゃってるわけだからね。
 あとあれだけ対象者を明示しておきながら、肝心なデータ保存期間を謳ってない。

 人権派弁護士の皆さんは何してんすか?
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:53 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2007/06/13

原史奈のアンジェラ・アキ

謎のホームページ・サラリーマンNEO
▽会社の王国・上司編▽やぎ座O型
6月12日(火) 23:00〜23:30
NHK総合
Gコード(522)
サラリーマンNEO◇働く人をモチーフにしたオムニバスコント。今回は沢村一樹演じる熱血サラリーマンが予想外のトラブルに巻き込まれる「連続サラリーマン小説・がんばれ川上くん」、中越典子が占いを信じ過ぎて失敗する女性会社員を演じる「やぎ座O型」などを中心に送る。会社における社員たちの"生態"を観察しながら解説する「会社の王国」では、さまざまなタイプの上司が現れる。また、幼い娘とのやりとりを通してサラリーマンの悲哀を描く「ショートショートファミリー」も新登場。Vロケ企画「ノー・ファン・ノー・ライフ」では、大人のロックファンが集うミュージックカフェを取材。好きな曲をリクエストして、自らバンドの一員となって飛び入り演奏を楽しむサラリーマンたちの姿を描く。
生瀬勝久, 沢村一樹, 田口浩正, マギー

This Love by アンジェラ・アキ

 腹いてえwww
 何か偉いスクエアなメガネで変と思ったら、そう来たか!w
 (日付変わったから)一昨日のキムタクのフランス人女へのヘッドロックよりもウケけたw上には上が在るんだなw
 結婚したから少しは影が薄くなるかと思いきや益々ターボが掛かってるw
 観そびれた人は再放送チェック。
 6月15日(金) 25:40〜26:10 NHK総合だよ。

This Love (初回限定盤)(DVD付)

 話変わるけど、「謎のホームページ」って好い加減邪魔だし取れよ。
2007/06/15

僕には英語、わっかりましぇーんw

 ワシントン・ポストに従軍慰安婦の実態について広告を出したそうだ。

 上記の裏話は連名されてる西村さんとこのブログをどうぞ。
No Comfort, Yes, Prostitute!意見広告ではありません。

 しかし大部分が活字だとインパクトが弱いな、結局メディアに記者や編集者として入り込んでる朝鮮工作員には及ばない現実。
 別にド派手にやる必要は無いが、誠意を尽くす事で上品なやり方は有る。

 奴等に打ち勝つには知識人の「顔写真」を載せるのが効果的なのだが、今度やる時は最低限、歴史事実委員会のメンバーの顔写真をアメリカ人のポートレートっぽくにこやかな笑顔で合わせて掲載して欲しい。
 此は向こう(米国)での知名度とは無関係で、寧ろ同じ無名なら顔写真の方が重要で、無論今後の活動に於ける知名度の布石にもなるが、出来る事なら第一弾は議員を含めた参加者全員の胸から上の写真をズラッと正々堂々と並べて欲しかった。
 少なくともはしたカネで動いているだけのコリアン・ロビーやチャイナ・ロビーには絶対に出来ない芸当だ。
 飽く迄広告なんだから、新聞紙面上では活字より極力写真を多用し、詳細は書籍に任せて連携させた方が好いと思う。

 ホント、こういう時は顔写真が重要だから頼むよ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:39 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2007/06/19

【緊急】Mixed Tapeは今Vol.17だぞぜ?

Mercedes-Benz Mixed Tape

あああああqswでえfrtgyふじこlp;「’
Mixed Tape15

 居留守かよ、すざけんな!!!

http://www.mercedes-benz.co.jp/brand/mixedtape/faq.html
Mixed Tape FAQ
Mixed tapeについてのFAQをまとめております。

Q.“mixed tape”はどのくらいの頻度で更新されますか?
A.10週間ごとです。(但し、日本でのアップデートは若干遅れることがあります)。
<以下省略>

 若干所か周回遅れじゃねーか!!
 オミットされた16はどうすんだ、ぁあ?!

 ムシャクシャして裏技使った。
 勢いでVol.1からコンプした。
 すげえ時間掛かったけど今は満足している。


【関連記事】
 メルセデスが楽曲を無料配信中

PFUの話

 世間一般にはキーボードのサプライヤとして知られるPFUという企業が在る。
 『HHKB(Happy Hacking Keyboard)』で名を馳せた、キー・タッチに五月蠅い人なら誰でも知っている会社と思うが、サンワ・サプライの高級・高品質版と云った程度の認識だろう。
 世間に御目見得しだしたのは其のUNIX系のプログラマを対象にしたキーボードを出した頃だが、当時Mac系の雑誌でも頻繁に取り上げられていた。
 まぁそうは言っても、Macでさえキーボード付属は当たり前の時代でどれ程マカーの間に普及したかはわからないが、機械式スイッチ+USキーボードという利点がウケていたのは確かだった。
 何せ高価だし、幾らコンパクトでも両手でブラインド・タッチするプログラマと違い、グラフィック系が大半なので左手打ちが多いから、USキーボードと言えどもリターン・キーが小さく、10キーが無いのも頂けなかった。
 しかもリターン・キーは大きければ好いと言う物ではなく、形状は左右反転のL字型が理想なのだが、其の大半は左右反転のF字型という無駄にでかいだけである。其れはPFUのHHKBも例外ではなかった。

 只そんな自分にも「こ、此は・・」というビビッと痺れたキーボードがあった。
 其れは無刻印の真っ黒な、「やっぱ日本人なら墨だろ!」と言いたくなる様なキーボードだった。

 もう其のキーボードも二世代目。


 尚下記は通常版の刻印モデルの様だが、プリント文字は同系色で控え目なので無印字だと不安な人には決して悪くないチョイスだと思う。


 しかし相変わらず高いなw

 んで久しぶりにPFUのサイトを覗いてみたんだが、そういえばURLがpfu.fujitsu.comで、富士通系列だったんだよな。
 昔からキーボードと言えば富士通と云われて来たが、其の継承をHHKBでも為されているのだろうか?
 そういえば昔、SF作家の高齋正先生と文通してた事があったが、親指シフトから離れられないと仰ってたっけな。
 話を戻すが、新しいスキャナが出てたんだな。

 PFUは元々、法人向けのドキュメント・スキャナが有名みたいだが、今回の此はパーソナル向けだろう。
 一つ前の型と略一緒なのでマイナ・チェンジと言った所か、恐らくソフトウエアのアップ・グレードが中心なのだと思う。
 今手元にキヤノン製のフラット・ヘッド・スキャナが有るが、縦置き出来る様にはなってるものの使う都度一々水平に寝かして面倒で邪魔臭いんだよな。
 其の点此奴(ScanSnap S510)はコンパクトな据え置き型で、プリンタを使う要領で原稿をセットすれば連続で読み取ってくれる。
 しかもダブル・ヘッドでカラー両面読み取り毎分18枚とある。価格は49,800円(税込)。
 個人向けは個人向けでもHHKBと同じ様にプロフェッショナル向け、つまり業務用なんだな。


【関連記事】
 PFU - Wikipedia
2007/06/20

硝子の塔(SLIVER)



 シャロン・ストーン主演の映画『硝子の塔』の代表曲、エニグマ(Enigma)『カーリーの歌(Carly's Song)<試聴>』は、此のサントラ盤にしか入っていないショート・バージョンで、エニグマの通常盤に収録されている楽曲は5分強、エニグマに限らずボーズ・オブ・カナダもそうだが、CD丸毎1曲みたいなノンストップ物が多いので、自分はどちらかというと美味しい所が凝縮されているサントラ盤の方が好きだ。
 又、此の曲を切っ掛けにエニグマや同サントラに収録のマッシヴ・アタックに嵌って行った人も多い筈。
 輸入盤より1曲多い国内盤がお勧め。


 だが、其のプラス1曲の為に千数百円増額はでかいよなぁ。
 其のカネで下の映画自体のDVDが買えてしまうわけで。。
 輸入盤は一応ここ

 映画其の物は好き嫌い有るでしょうけど、色んな意味でお子ちゃま向きではない。
 でもシャロン・ストーンが好きなら、未公開のエロ・シーンで(;*´Д`)ハァハァしたい人ならノーカット版を買うべし。

硝子の塔 日本未公開ノーカット版

 映画観ると気付くと思うが、サントラCDはヴァージン・レーベルのアーティストに限定されている所為で収録されていない曲が存在する。
 此処は一つ、ノーカット版を記念してサントラも完全版を出して欲しい所だ。


【関連記事】
 硝子の塔@映画生活
2007/06/21

スルーしてた最近の話題

 ペパーランチ殺人未遂事件の連続殺人の可能性を警察が握り潰す。
 ネイリスト殺人事件を自殺として警察が握り潰す。
 坂井泉水死去と大黒マキの発言がバッティングしてブログが炎上。
 朝銀問題に絡む総連本部売却に公安と日弁連の元トップが工作員として内通していた事が露呈。

 ペパーランチは朝鮮系で地理的にも大阪だししょうがないんじゃない?みたいな空気になってるな。
 テレビでやってた奈良の行方不明者も、集団強姦に巻き込まれたとか透視の人が言ってたけど?
 つまりああいう目に遭いたくなければ、関西ではいつ如何なる時も女性は単独行動するなって事か。
 「警察も助けてくれない無法地帯だから諦めろ」と暗示しているんだな。

 ネイリストはペパーランチ事件とは逆に、あれだけワイドショー等でヒート・アップしていたのに、田舎でメディアの反応が伝わっていないのだろうか?
 「自分で首絞めて窒息した後に飛び降り自殺した」という事らしい。

 大黒摩季は本人曰く坂井泉水の事ではないそうなので、此以上何も言い様が無いわな。
 彼女の容態を知ってたかどうかはわからないが、タイミングが悪かったのは確かだな。
 俺は大黒摩季の頭痛がする程の無駄な声量というか、彼女に言いたい事がある。
 「カヒミカリーに其の声量を分けてやれ」と。

 最後、総連売却の話だが、そう簡単には喜べないね。
 現状、パフォーマンス止まり。
 元公安調査庁長官の緒方重威は社会党(自民と連立)政権下に於ける村山内閣時代のトップで、当時の国家公安委員長は朝鮮系日本人で朝鮮右翼の野中広務だったとは良く出来た話しだ。
 何れにしてもこんな奴が後に瑞宝章受賞者とは開いた口が塞がらないよ。
 元日弁連会長の土屋公献も此又偶然か村山政権時代のトップで、日弁連に朝鮮右翼を送り込んで人権派と云う名の人権ヤクザの利権を築き、人権を掲げながら邦人拉致の問題を長年に渡って妨害して来た人物。
 其の二人が務所にでもぶち込まれれば話は別だが、順調に逃れられれば此奴等は静に余生を過ごせるだろう。
 人・金・物とあって未だ金と物の間で行き来しているだけ。
 つまり其れ等を工作してる連中を全員しょっ引かなければ意味が無い。
 もっと言えば「安倍GJ!」なんて喜んでいる内は未だ全く駄目で、内閣とのタイミングの摺り合わせは在ってもちゃんと独立しているのがセオリだし、仮に安倍の意向が絡んでるなら所詮朝鮮親派の内ゲバだ。
 「安倍を踏み越えた先に日本人による日本人の為の政治が有る」と思うわけ。
 無いかもしれないけど。
2007/06/22

クロニクル←なが多←エフアール←富士流通

 株屋の間では有名らしっすね。
 仕手株(ボロ株)界というのか、CI蘇生でウマーみたいな感じ?寧ろCIロンダリング?

 こういうのは切込隊長氏が詳しいんだろうか?w

 詳しい方は「IT」「ヒルズ族」「沖縄」「山口もえ」「親和銀行」「右翼団体(ヤクザ)」「不正融資」の単語を用いて説明してください。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 22:07 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.