2008/01/25

地球温暖化と温室効果ガスの環境問題は精神修養になる

 俺が「温暖化なんて避けられない、関係ねーよ」と茶々入れないのは、会社の技術躍進になるし国民大多数の精神修養になって好いと思っているからだ。
 だからケチ吐けないし、ゴミの分別をしろと言われれば、例え回収後に適切処理されていないと知っていても末端の無力な国民の一人として素直に守る、個々の精神修養の邪魔にならない為に。
 つまり環境の為じゃなく国民大多数の思想の足を引っ張らない為にみんなに歩調を合わせてやっている、時が進めば其の内に適切な処理もされるだろうという思いで。
 繰り返しになるが、其れが地球温暖化対策になるとは此っぽっちも思ってはいない。

 勿論割り箸が廃材で出来ているのは昔から知っているし、80年代の日米貿易摩擦やベトナム戦争の枯れ葉剤の矛先を逸らす米国政界のプロパガンダに踊らされ「日本人は割り箸の為にアマゾンの森林を伐採している」と批判したスティングが、事実誤認を謝罪もせず何事も無かったかの様に日本車のプリウスを自慢気に乗り回しているのも知っている。
 しかしだからと言って、何処ぞの教授みたいに間伐による森林保護の為に資材と資金が環流する様、(国産)割り箸を積極的に使え等という気も毛頭無い。
 無理して割り箸作りに拘る必要も無いし、まぁ其れは飽く迄世間へ問題提起する切り口としての謳い文句なのだろうけど、確かに薬品漬け、殺虫剤漬けの輸入物よりは絶対お奨めだ。
 特に竹製は元々虫が付き易いので輸入物は要注意だ。


 因みに今日は、朝生で環境問題。
朝まで生テレビ「激論どーする?地球温暖化私達は何をすべきか?」
(4・20終了)
1月25日(金) 25:20〜28:20
あさひテレビ
Gコード(86283591)
小池百合子, 福山哲郎, 江田けんじ, 野口健, 浅岡美恵, 伊藤公紀, 江守正多, 薬師院仁志, 王曙光, 山地憲治, 田原総一朗, 渡辺宜嗣, 長野智子

 でも俺は、温室効果ガスより毒ガスの方が心配なのでこっちを観る。
24シーズン5「午後7時・CTUピンチ、ジャックの非情な決断危機救うための犠牲」
1月25日(金) 25:40〜26:35
テレビ静岡
Gコード(1051171)
キーファー・サザーランド, メアリー・リン・ライスカブ, グレゴリー・イッツェン, 小山力也, 林真里花, 坂東尚樹

 同じ生進行でも後者の疑似(=ドラマ)の生の方が知的好奇心が擽られる。
 前者は知識人(文系)が机上の空論で止め処なくゴチャゴチャ言い合ってる所を想像するだけで、滑稽に思えて萎えて「バカらしい、早く寝よ」って思えて来る。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 14:14 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/01/27

ドラマ『SP(エスピー)[最終回]』・・の引っ張り方

SP(エスピー)[最終回]
1月26日(土) 23:30〜24:15
テレビ静岡
Gコード(189626)
SP(エスピー)(最終回)◇混乱を極める大学の記念館アトリウムでは、井上(岡田准一)が腕から流血しながらも必死に麻田首相(山本圭)に近づこうとする。SPを次々に撃つ山西(平田満)は、ついに麻田に銃口を向けるが弾切れとなり、倒れている山本(松尾諭)の銃をとっさに奪う。安全装置を解除するすきに井上は麻田を引きずるようにして退避を始めた。その後も山西は立ちふさがるSPたちに発砲し、井上と麻田を追い掛ける。防弾チョッキで一命を取り留めた石田(神尾佑)、笹本(真木よう子)、山本も意識を取り戻し、尾形(堤真一)の指示の下、山西を追う。一方、麻田の秘書、高島(近江谷太朗)は倒れているSPからひそかに拳銃を奪って後に続く。
岡田准一, 真木よう子, 松尾諭, 飯田基祐, 平田敦子, 野間口徹, 平田満, 山本圭, 堤真一

 まぁ死ぬわきゃないと思ってはいたが、防弾チョッキを着ていない様な弾の受け方と銃撃の受け方は、「御前等小口径で撃たれた位でいつ迄も死体みたいに寝っ転がってんじゃねーよ!w」と突っ込むわな、普通。つーか失神してただろ、情けねーなw

 フジの此のドラマ、芸能報道で流れていた通りスペシャルへ引き継がれるわけだが、あの堤(尾形係長)のセリフはないよな。
 西島管理官の自殺(=暗殺)を残念と言われた尾形は「大義の為だ」と言ったんだが、あれでみんな「えええ!!!堤が黒幕なのかよ!!??」と大騒ぎw

 でもどうだろう、嫌みのつもりで言ったのかもしれない。
 じゃなきゃ今迄の流れからしてストーリが繋がらなくね?
 それともやっぱり、「西島管理官が自作自演テロをコーディネートしてくれたのに、ヲレ達は其れに全然応えられないジャマイカ!」って思いでやっていたのかな?
 だとすると最終回迄エスパー岡田が見抜けなかったのは何でだぜ?
 尾形が絡んだのは首相の時だけで、そしてペイント弾スナイパのデモだけ知っていて黙認してたのかな?


【関連記事】
 ドラマ『SP(エスピー)』に合流出来ない件
 ドラマ『SP(エスピー)』が本当に皆殺し状態だった件

2008/01/30

阪国大統領選で橋下徹弁護士(阪流芸人)が圧勝!

 今回の大阪民国の大統領選挙てホント、宗主国の韓国大統領選に負けず劣らずキモかったな。
 財政難が増せば増す程其の気狂い度も増し、トチ狂った熱病選挙が行われる。
 そして陰りが見え始めると一斉に足を引っ張り潰しに掛かる。

 別にさ、当初出ないと言ってて出たとか、スケベ根性がどうのとか批判する気は無い。
 だが、此奴は一世一代の大博打を、否、99パーセント勝てる勝負で賭けに出なかったのが問題で、恐らく歴代阪国大統領と同じ様に其れが致命傷となって潰れて行くんだと思う。

 橋下を当選させた最大の要因は、日本三大メディア・ネットワークの一つ「読売グループ」の存在以外の何者でも無い。
 其れを、其の御陰で勝てたのだと橋下自身が全くわかっていない。
 恐らく世間だけでなく当人すらも、創価学会公明党の御陰で勝てたんだと勘違いしている筈だ。
 あれは創価学会の手など借りずとも奴等へのカウンタも含め勝てた戦争だ。
 其れが今回の選挙を含む第一発目の悪政で、其れが大いに問題有りで、昨今発言力が低下し立場を悪くしていた公明党に又新たに命を吹き込んでしまった。

 つまり創価学会が橋下支持者を動員したのではなく、橋下が潜在的新規加入者を含め創価学会信者を動員したという事であり、読売という巨大な広報チャンネルを持つ橋下が学会のプロモーションに広告塔として一役買い大成功、否、「大勝利!」したという事だ。
 従って今回の選挙で一番得をしたのは紛れも無く創価学会だ。

 本来、橋下は立候補する際、創価学会公明党の支持を受けるか否かについて先ず最初に「要らない」若しくは「教団が応援してくれるのは勝手だが、此方から陳情する気も無い」と明言すべき所を、公明党が不支持を臭わし鎌を掛けた際に下心を出して奴等を甘受してしまった。
 つまり選挙に勝ったが政治で負けたという事であり、政治を司る人間として最早府知事の任に着く前から己の役立たずを示しているという事だ。

 民主党のガソリン選挙の件「ガソリン税を下げようとする民主党の頭の悪さ」で話した筈だ、あの政局を理解していれば大阪府知事選には創価公明は嫌でも参加し勝たなければならない状況に迫られると。
 其れを橋下はあらゆる面で優位な立場に居ておきながら、其の恵まれた環境を全く自覚せず放棄した。
 こんな底抜けのバカは見た事が無い。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:39 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.