2008/09/02

『ブログタイムズ』インプレッション

Floating Image ブログタイムズは所謂ペイ・パー・ポスト(Pay Per Post)というやつだ。
 つまり記事広告

 当ブログ上では此れ迄にアフィリエイトやインプレッション広告等色々試してデータを取って来たので詳しくは今度話すが、少なくともペイパーポストに関して言えばブログタイムズの報酬は他社の数十円から数百円という基本単価よりも千円から1万円迄と10倍以上高い。
 又日記ブログを対象に態とらしく話題になる様に仕向け書かせる指示も無いし、検索エンジンに嫌われる様なスパムリンクを貼らされる事も無い。
 高額報酬が功を奏しているのか「無理に書かないで」という注意書きが逆にあるぐらいで、テーマにさえ沿っていれば基本的に何を書いても自由で、批判記事だって構わない。
 即ち「批判されても無視され無風状態よりは話題になるだけ宣伝になる」という、「リスクを取っても私よがりよりは公を取る」という広告の王道を行く物であると期待出来る。
 無論、例えば「後々の付き合いを考えて…」といった利害関係の力関係には限界がある。
 此れは金銭が絡む場合やBtoBのタイアップ若しくはBtoCの試供で物品や役務(サービス)の提供を受ける等、全てに於いて言える事である。

 過去にこんな例がある。
 ファミ通の人間に直接聞いた話だが、ゲーム会社から発売前のソフトの提供を受け批評記事を書いた際、其の内容が批判的だという事で暫くソフトの配給がストップして記事が書けなくなったそうだ。
 或は、ネット系自動車情報専門サイトのレスポンス(Response.)は、旧オートアスキー(auto-ASCII24)創設当時表舞台に立てなかったのはトヨタが正式な報道メディアと認めなかった為に試乗会に参加出来なかったという経緯がある。
 即ち裏を返せばトヨタがネット系メディアに解禁しなければ彼等はずっと?…という事である。
 こうした傾向が最も強いのは矢張りテレビ業界だろう。
 雑誌ではモータージャーナリズムとなる。
 例えばCG(CAR GRAPHIC)誌やカーグラフィックTVでお馴染みの松任谷正隆は日本カーオブザイヤー選考委員でもあるが、本業の音楽プロデューサでかみさんの松任谷由実との絡みで三菱自動車がスポンサになっている。
 或は、韓国映画を大絶賛するおすぎの様に「カネくれれば褒めちぎってやる」的な事を公然と言って映画評論家をする俗物だって居る。
 即ち隠さず透明性の高いスタンスであれば騙されたとは思わないので、腹も立てずそういう人間だという大人の見方が出来る。

 つまりメディアに対し中立性や中道を求めるお上頼みの情報奴隷みたいな根性を捨てろという事だ。
 尤も、其れを求める真偽検証の意思があるだけ朝鮮や中国と違ってマシではあるが。

 詰まる所、情報リテラシー、本件に特化するならメディア・リテラシーとなり利害関係の所在や政治・経済・宗教といった思想のスタンスを見極める能力が情報を受ける側に求められるわけだ。
 無論当方は其れ等全てをオープンにしているので、後はあなた方読み手に嘘か真かの判断が求められる。

 尚、今回の記事は「ブログタイムズに期待する事」をテーマにカネを貰って好き勝手に書いている。
 そして其れはフッターに「[PR by ブログタイムズ]」の標記から判断出来る様になっている。
 其の額は上限一杯の10,000円。
 果たしてこんな感じの記事で報酬が本当に出るのかは後日、審査能力の分析を含め又報告する。
 尚、額面は通常書いてはいけない事になっているが、本件は其の当事者であるブログタイムズであり宣伝になるからだろう、おkなのだ。
 因に現在入っている広告案件は此の一件だけで、実際の広告主が此の額で提示して来るとは思えないが、上限を撤廃するかライターのギャラに匹敵する5万円ぐらいは設定してほしい。

[PR by ブログタイムズ]


【関連記事】
 ジャーナリストとレポータの違い
 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則 (単行本)
 『ブログタイムズ』サイト審査通過
2008/09/04

『ブログタイムズ』記事審査結果と後書き

【ブログタイムズ】記事審査「OK」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
RobotBoyの落書き帳 運営者様

株式会社PR TIMESのブログタイムズ事務局でございます。
ブログタイムズへ記事URLをご報告いただき、ありがとうございました。

記事URLを審査させていただき、結果は「OK」と判定させていただきました。

 記事掲載を知らせてから凡そ12時間程度で審査結果が出た。
 今回のブログタイムズに絡んだ記事を書くのはハッキリ言って大変だった。
 連載の本数と過程を見ると分かるが“起承転結“になっている。
 否意図的にそうしたし、そういう展開にしようとアイデアが浮かんでしまったから止められなかった。
 無論本記事の“結”を含んだ四本立てでも貰える報酬は“転”で書いた一本分だけ、其れがたった1万円なら割にあわないと思うだろう。
 矢張り間違いは社長の書いた本に偶然出会ってしまった事だ。
 そして何よりブログタイムズの目的であるPR性重視の姿勢が何処迄本気か知りたかった。

 正直、もう少しテーマから逸れた暈かしに暈した文章にしようかと思ったが、歯医者代が欲しかったのでぶら下がってる萬札に飛び付き、審査員に「此処が掲載条件の部分です」と分かり易く示し記した。
 つまりハッキリと具体的に書くか、思いとして包括的に書くかの後者が通じるかを試したかったのだ。
 もっと言えば、テーマに擦る臭いがするだけでも面白い記事であればPR性が高いと評価し、報酬を与えられるかという企業姿勢を捉えたかった。
 そして其れは社長の嫌う「同じ様に量産される詰まらない記事」的な物と乖離する事でも一致する。

 しかし今回に限らず書こうと思っていたついでにペイパーポストに絡ませるとはいえ、カネを貰いぶっつけ本番一発掲載で記事を書くというのは、掲載後に何度も読み返しては記事精度を高めて行く“β版記事”というスタンスでやって来た自分にとって、相当なプレッシャだ。
 今回も実は掲載済みの届けを出した数時間後に誤字や加筆修正を施している。
 つまり届けを出したのが偶々深夜だったから、審査される前に修正が間に合ったという可能性が有る。
 カネを貰う事自体は直接的なプレッシャにならないが、問題は一発勝負の記事を書くエネルギを費やして於いて審査が通らなかった場合だろう。
 其れが高額ギャラなら諦めもつくが、他社の様に50円とか激安報酬で没だったら尚更喪失感もでかい。
 当ブログはあと90数本で1000本に達するが、こうして続けられて来れたのも書き直しが容易に出来る状態にある事を前提にしていたからだ。


【関連記事】
 ジャーナリストとレポータの違い
 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則 (単行本)
 『ブログタイムズ』サイト審査通過
 『ブログタイムズ』インプレッション
2008/09/06

ビートたけしの自己啓発

1.事前に細川ふみえ似の巨乳の愛人を作っておく
2.むさ苦しい男同士で酒を飲む
3.酔っぱらっておっぱいが吸いたくなる
4.そそくさと抜け出す
5.おねえちゃんに会いたい一心で原チャリに乗る
6.街灯の少ない暗い道を必死に攻める
7.ガードレールに突っ込む
8.意識不明の侭、車道へ横たわる

 そして運良く街灯の下で後続車に轢かれずに発見、救命され意識を取り戻し見事生還出来れば、以前の自分とは違う自分を手に入れ人生を変える事が出来る。

 此れがホントの事故啓発なんつって。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 11:19 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発術

『PicLens』改め『cooliris』がチビリそうなぐらいクールな件

Download Cooliris!

 Webブラウザ用プラグインです。
 対応しているのは、Firefox 2.0 or 3.0、Safari 2.0、Internet Explorer 6.0、Flock。
 騙されたと思ってインスコしてみ。
 そしてツールバーに追加されたアイコンをクリックすると、まるでKai's POWER TOOLS(カイズ・パワー・ツールズ)の様に暗転して画像共有サイトのビューワに切り替わる。

 下辺のスクロールバーを掴んで左右に振ってみる。
 すると速度感応型スクロールだという事がわかる。
 しかも単なる可変速ではなく、振った方向に応じて未来側の時間軸の奥行きが深く傾く事で、まるでCDを周速度一定に保って読み取る様にサムネイルの表示範囲を可変させる。
 つまりスクロール速度が上がると同時に視界も広がるので、画像を見失い難いのだ。
2008/09/08

気象と気性が近く激化している日本

 世界的にそうなんだろうけど。

 日本人はキレ易くなったとか情緒不安定になった言われているが、天気も最近やたら不安定で何かに付け雷や雹が多くなった。
 そしてアフリカのみたいな昼夜の気温変化の激しさ。
 勿論砂漠が凍る程ではないが、丸で山の天気の様に不安定で変わり易く極端で昼間はクソ暑く夜はグンと冷え込む。

 元々日本は一年を通して四季を持つので気温変化は大きい。
 そして其れは日本人の忍耐強さにも繋がって来た筈だが、気温変化の分解能が下がって極端になり、其の激化に心身がついて行けていない気がする。

 温室効果ならずっと気温が一定でもいい物だが、地球は重力に支配されているので暑い所は更に暑く、其れは地球規模で激しく引き合い、各地で天候がのたうち回って格差が生まれる。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 09:01 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

総理大臣の椅子

 イタリア人Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)デザインによる瑞ヴィトラ社『Imago(イマーゴ)』である。

 総革製で価格は80万円
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 17:03 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/09/09

徹子の部屋にユーミンパパこと松任谷正隆

徹子の部屋[字]
* 放送日時:9/9 (火) 13:20 〜 13:55 (35分)
* 放送局:静岡朝日テレビ
* ジャンル:バラエティー - トークバラエティ , ドキュメンタリー/教養 - インタビュー・討論
* 番組概要 ユ―ミンこと松任谷由実さんの夫で音楽プロデュ―サ―の松任谷正隆さんをお迎えします。自動車評論家としても著名な正隆さん。
* 番組詳細 今日はユ―ミンとの意外なドライブ話が飛び出す。他にも自身が演出するユ―ミンのステ―ジ映像も交えア―ティスト・ユ―ミンの実像にも迫る。
【司会】黒柳徹子 【ゲスト】松任谷正隆

 徹子「カー・・カー・・」
 松任谷「カーグラフィックTVですね」
 同局の番組ぐらいちゃんと押さえて於けよw

 今回話した内容の7割以上は氏の処女作『マンタの天ぷら』に書かれていた話で、其の本の感想は又今度書く事にして、表紙がアマゾンに無かったので貼れないが、売り上げを初めから期待していなかったのか黄色い汎用カバーに紺の帯が付いていた筈、もう絶版だろう。
 残りはかみさんの松任谷由実のライブの裏話。
 歌が下手だとか毒吐いてたなw
 そして最新作『職権乱用』の番宣も。
 番組最後で徹子がユーミンの出演について最終回なら出るとか言っていた事にふれ、「生意気ですね」と応えてたw
 で、徹子が「あと50年は・・」とぐだぐだ言ってる間に番組が終了した。

 そう云えば職権乱用の前作だったか『Men's Ex』の連載から単行本化された『僕の散財日記』は、此のご時世という事もあって嫌みなボンボン慶応ボーイ丸出しで不評だったらしいが、早稲田の人間には特に鼻に着く内容だったんだろうな。
 物を見る目があるかどうかは別にしても、損得勘定的な値踏み能力の高さは評価に値すると思う。
 職権乱用は未だ読んでいない。

 表紙があまりにもキモイので大きく貼っておきますよ。

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 17:03 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2008/09/11

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話「ラグナレク の 接続」が所謂カタルシス

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話「ラグナレク の 接続」
2008/08/31 17:00〜17:30 の放送内容TBS
* 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない・・・。硬く悲壮なまでの決意の元、スザク(声・櫻井孝宏)は最強のナイトメア「ランスロット・アルビオン」で戦いに挑む。最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた・・・。人智超越した世界で明かされる驚天動地の事実と真実は!?
* 出演福山潤
* スタッフ「オープニングテーマ」FLOW「WORLD END」「エンディングテーマ」ALI PROJECT「わがろうたし悪の華」毎日放送、サンライズ、コードギアス製作委員会

 カタルシスとは医学用語で薬物等を用いて有害な毒や膿みを吐き出させる行為。
 時代劇で言えば金さんの桜吹雪や水戸黄門の印籠、サスペンス・ドラマで云えば断崖絶壁で犯人が吐露して種を明かすシーン。
 つまり第21話を観れば謎の全てがわかる「ネタバレ注意」の回という事になるわけだが、アニメの世界では実写ドラマの崖っぷちのロケの代わりに、精神世界へのダイヴ(=没入)で語られる。
 其の手本になっているのが、手塚治虫『火の鳥』。
 其の大元は舞台演劇のクライマックスのシーンなのだが、だからダメおやじも、其れを其の侭そっくり真似たエヴァンゲリオンも、其の無責任な落とし方に反感を抱いて出来たガサラキも、そして其れが元になってるコードギアスも、自分ならもっといい物が作れると先人・前作を超える為に踏襲して挑もうとするからこうして雛形と化してしまうわけだ。

 そして谷口悟朗監督のコードギアスに於いては、同氏が副監督を務めたガサラキと其の監督だった高橋良輔のボトムズに出て来る意識集合体ワイズマンの焼き直しである事がハッキリした回とも言える事になる。
 そして両者はアメリカで80年代に広まった『ID説(インテリジェント・デザイン』が元になっている。
 マクロスプロトカルチャーもそうである。
 つまり精神世界へ没入し、そうした人類の創造主たる異星人等の意識集合体の存在を真理として認知する。
 そして其の主と交え一つになり永遠の命を得て生き続けるか否かの審理、永久の生命の選択が問われる瞬間が、カタルシスとしての最高の見せ場なわけだ。

 そして其れがコードギアスではアーカーシャの剣で行われる人類史上に於ける神を殺す行為であるラグナレクの接続による集団的知性(Collective Intelligence、CI)を指すであろうCの世界への加入の是非を、中心テーマである人格の仮面『ペルソナ(心理学)』に基づく伏線に交えて解き放つという事であり、ガサラキであればガサラキの召還、エヴァンゲリオンでは人類補完計画で行われるロンギヌスの槍、エウレカセブンではスカブコーラルと人間の融合、スター・トレックDS9では可変種の偉大なる繋がりという事になる。
 詰まる所グローバリズムや地球市民思想への拒絶と言った所か。


【関連記事】
 コードギアスと世界情勢
 コードギアスと世界情勢2
 コードギアス反逆のルルーシュSTAGE24&25スペシャル 「崩落のステージ」「ゼロ」
 【コードギアスR2】なぜ殺した、谷口
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:28 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画/アニメーション
2008/09/13

市職員ら女子高生にみだらな行為で逮捕←秋田県の大ニュース

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20080913-OYT8T00079.htm
市職員ら女子高生にみだらな行為

容疑の4人逮捕

 女子高校生にみだらな行為をしたとして、横手署は12日、由利本荘市消防本部の消防士と由利本荘市教育委員会の臨時職員など4人を、県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕したのは由利本荘市鳥海町下笹子、矢島消防署鳥海分署勤務の消防士、赤川俊(24)、同市鳥海町上笹子、同市教委鳥海教育学習課の臨時職員、小沼博幸(23)、同市鳥海町上笹子、会社員村上礼明(よしのり)(30)、羽後町西馬音内堀回、会社役員木村成(じょう)(25)の4容疑者。

 横手署の発表によると、4人は今年6月下旬〜7月下旬、横手市内のホテルで、県南部の女子高校生(当時16歳)と、それぞれみだらな行為をした疑い。4人は容疑を認めている。

 小沼容疑者と女子高校生は6月下旬、携帯電話のサイトで知り合った。逮捕されたほかの3容疑者とは友人で、小沼容疑者が女子高校生を紹介していた。

 由利本荘市消防本部の中村晴二消防長は、「誠に申し訳なく思っている。重く受け止めて厳しく指導を行い、信頼回復に努めたい」、由利本荘市の渡部聖一総務部長は、「大変遺憾。厳しい処分を検討し、綱紀粛正の徹底に努める」と話した。
(2008年9月13日 読売新聞)

 で、誰が迷惑したの?
 強制猥褻でもなければ強姦でもない、其れって本当に被害者か?そんな自覚此れっぽっちも無いだろ。

 何も無い秋田唯一の娯楽を取り上げるわけか、こんなもん寒冷地の狭い村社会の田舎に行けば幾らでも居るぞ、切りが無い。
 13歳未満じゃないから児童じゃないし刑法にも触れない。
 16歳なら結婚も出来る年齢、しかも成人年齢を20歳から2年引き下げ18歳に選挙権をやろうとか云われてる時代に。
 いい加減こんな下らん事で上司迄しゃしゃり出て来て謝罪とかすんな、保育園か!だったら先ず親が出て来て謝罪したらどうだ?!

 お前等自身、本当に何が悪いかわかってないだろ?
 どーせ売買春捜査の過程でこういった連中が芋蔓式に引っ張られたんだろう、自分たちが認めた条例に市職員自ら引っ掛かる馬鹿っぷりは確かに笑えるが、コンプライアンスの名の下に規格外の人間を出した事と情報の透明性を図る事を理由に、只々型通りの謝罪、其れを全国へ向けて一々書き立てるマスゴミ。
 まあこないだもあったなまはげ叩きじゃないが、秋田にとってはこんな事が全国で話題にされ驚いているのかもしれないが。

 ホント創価学会が作った中高生を児童扱いする条例は、今問題になっている児童ポルノ単独所持禁止から2次元規制に至る迄網を張る愚法、諸悪の根源だ。
 現代日本人の自分の頭で物を考えられないコンプライアンス馬鹿が蔓延る様は、カルト仏教が天皇を牛耳っていたお上頼みの大本営時代と何ら変わらず全く進歩もしていない。
 地方分権とか小さな政府とか云う割りには条例も一直線の横並びで奴隷根性の侭。
 ヤリマン馬鹿女に止まらず、全世代に渡り一体何処迄過保護で幼稚化させれば気が済むんだ、選挙権与えようだなんてよく言えたもんだ、無茶苦茶だ。

 日本全国で一人ぐらいマスゴミの前で此れ位の事言ってみろ、創価に去勢された軟弱男どもが。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 07:34 | 静岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/09/16

最近は窓開けてクルマに乗っている人が多い

 パワー・ウィンドウやエアコンやドア・ミラーが普及し出した'80年代は、乗る時に窓を開けるのは普通だった。

 '90年代後半では其れ等が完全に当たり前になっていて閉め切り状態、教習所では踏切の音を拾う為に窓を開ける事を忘れる人が多いので、乗車時に予め開けておく事を指示されていた位だった。

 そして'00年代後半、オイルショックで燃料価格が高騰し省エネと健康志向から、空調、特にエアコンを使わない人が多くなった。

 流石に夏の炎天下では無理だが、其れでもこないだ富士山の5合目迄行った時は、ずっと登り調子で高負荷だし外は涼しいので窓を開けて走った。山はだいたい開けている。

 効率の良い窓の開け方は、空調を内気循環で前席を50mm前後、対角線上の後部を2/3弱程度開放すると後ろから入った空気が前から外へ抜けて行く。
 後部が開けられない場合は、外気導入で同様の効果が得られる。
 外車は結露で電気系統が痛まない様に外気導入がデフォなので後者の方法になる。

 勿論走行状態の話だが、何故クルマは前に向かって進んでいるのに前に空気を抜こうとするのかと言えば、要は後部の窓より前部の窓の方がフロントガラスにぶつかった空気が天井や両側面に沿い指向性を持って強く流れるコアンダ効果で気圧が低くなり、窓の隙間に伴う負圧による吸い出し効果(=ヴェンチュリ効果)を利用し易いからである。
 一方後者の外気導入による換気方法は、フロント・グリルから入った空気をエンジンルーム等から吸ってバルクヘッド(隔壁)を介して運転室内の前席のウィンドウから抜いているので、前から後ろへのフローと言える。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 14:14 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

.