2008/10/05

日本のブログ事情#3 はてなの脅威

 ブログのアクセスを稼ぐのに一番手っ取り早いのは、ボラティリティの高いBSP(ブログ・サービス・プロバイダ)を選ぶ事である。
 即ち人が沢山居てコミュニケーションが活発な所で記事を書くという事だ。

 具体的に挙げればlivedoor(ライブドア)Ameba(アメーバ)Hatena(はてな)といった所。

 livedoor Blog(ライブドアブログ)はホリエモン(堀江貴文)全盛期にユーザ数を伸ばし、日本のブログ普及の原動力となった。
 彼の功績があるとするなら此れだろう、旗振り役の本人のみならず多くのタレントにブログを書かせ集客する手法も見事に功を奏した。
 そして今其の手法に最も積極的なのがアメブロ(アメーバブログ)である。
 だが今一番注目すべきは、はてなであろう。
 はてなの凄さは先ず経営者とIT関係者のαブロガーと横の繋がり、顔の広さである。
 そして其れ等を繋げ参照させ易い様に、はてなブックマーク(Hatena::Bookmark)というブロガーにブックマークのボタンと登録件数を表示し書き手にもメリットを与える様な、そしてブックマークされた記事毎にブックマーク者の一言コメントやリスト情報等を掲載した専用のまとめページが作成される手の込んだSBM(ソーシャル・ブックマーク)サービスを提供、更に他のBSPのブロガーに対してもブックマークボタンと登録件数表示機能を開放し(当然会員を増やしつつ)、ユーザにとってデメリットでしかなかった業者同士の障壁、垣根を壊しディファクト・スタンダードを築いた。
 しかもはてなのブログであるはてなダイアリー(Hatena::Dialy)のキーワード・リンク等の内部リンクの強化や、ウェブ拍手の様な星の数で簡単に記事評価出来る機能だけでなく、更には其の★一つ一つが評価した人物のページへリンクし内部リンクの密度を上げるはてなスター(Hatena::Star)といったサービスもはてなブックマーク同様に他業者ブロガーにも開放しワンクリックでトラックバックを実現する様な外部からの相互リンク作用を齎した。
 只こうした行為、特に人力検索はてな(Hatena::Questiom)の不用意に量産される出来損ないの自動生成まとめページが、他の検索エンジン利用者からスパム扱いされ不評だったりするわけだが、はてなからしてみれば反感を買うデメリットより利用者が増えるメリットの方が多いと見ているのか其れ等の姿勢に変化は無い。
 更にはてなの優れている点は、トップページの巧みな生かし方に有る。
 ライブドアなんかはヤフー(Yahoo!JAPAN)そっくりのポータルサイトにしながら、メインコンテンツにブログを核としておいて来たのでユーザが同じBSP内の他者のブログを訪れ易い様に巧く導いていた。
 しかしはてなは其の上を行く。
 何故ならはてなダイアリーにログインして移動する先のユーザーページがブックマーク数ランキングページだからだ。
 つまり其処が玄関であり必ず此処を見て通らなければならない仕様になっており、赤字でブックマーク件数が表示されるリストがあると否でも目が行ってしまうし、単なるリストで表示も軽いのでストレスも感じない。正に2ちゃんねるのスレッドリストやスーパーのチラシを見る感覚。
 従って書くより先ず読む側の視点や立場に立たされ、書くつもりの人間に今何が話題にされているかという全体の把握と見識が求められ執筆能力の向上が迫られるわけだ。
 だからはてなのコンテンツは平凡な日記より癖の有る釣りとも思える極論めいた内容も多く、2ちゃんねる化し内部アクセスが非常に活発である。

 其れにしてもはてなは、どのサービスに於いても一番乗りと言うわけでもないのに、殆ど時差を感じぬ侭リリースされ怒濤の追い上げであっという間に業界シェアを確保してしまうホントに恐ろしい存在だ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 03:38 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/06

温故知新て…

 温故知新(おんこちしん)とは、「子曰く、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師と為(な/す)るべし」という孔子の論語から後半を省いた四字熟語だ。

 温故は、過去の歴史等の蓄積されて来た古いが学術的知識で、当然の事乍ら人間が核と成って蓄積されているので、少なからず当人の見識や更に事物を掘り下げ温め熟考すれば思想や哲学が自ずと磨かれ含まれる。
 知新は、温故に基づいて未来を見抜く先見性と新たな知識の補填。

 両者とも記憶(=知識)だが、前者は思考が含まれ知性と化し、後者は前者を踏襲しない限り知性足り得ない。
 そして省かれた文末「以て師為るべし」の件、此れは前者(=知性)を踏襲して師と成れると孔子が言ったのだと弟子達が言っているのだが、要は師は知恵を授ける者であれと。

 但し其処には、実体験に基づいて活かせとか自ら行動し手本を示せとは説いていないのがミソなのだが、流石孔子、そんな事言える筈も無い。
 頭だけで体を使わない究極のホワイトカラー、実に口先だけの中国人らしい。
 そして中国人は人の話なんか丸で聞かないから、論語なんぞ「中国の古い言葉にこうある」等と人を操り纏める手段として利用こそすれ、言ってる当人は守らないから手本にも成らず一向に纏まらず、良くて修辞、口喧嘩だけが虚しく量産される。
 結局仮想敵を捏ち上げなきゃ纏まらない民族性は数千年経っても変わらない。
 しかしそんな中、中国人が信者化する帝王学として奴隷予備軍に謳う論語を、真に受け有り難がり、性善説で捉える純真無垢な御人好しが島国から現れた。
 そう、日本人だ。
 彼等は孔子の弟子や朱子以上の好意的解釈をして血肉とし、体現化しようと努力した。
 中には中国共産党の奴隷と化したチャイナスクールという弊害も生じたが、故パナソニック幸之助(旧松下幸之助)という偉人も生まれた。

 論語は飽く迄論語であって中で語られる内容は何れも哲学止まり。
 つまり行動力については全て聞き手側に丸投げされるわけで、即ち自己啓発の為の語り種に過ぎない。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 20:41 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発術
2008/10/09

耳栓に関するメモ

 耳栓付けて寝ると熟睡出来る。
 人間は視覚は目蓋で遮断出来ても他の感覚器は24時間剥き出しで機能する。
 特に嗅覚は夢に左右する程感度が上がり、次いで聴覚となるのだが、此れ等は動物が生まれ持った寝込みを襲われない為の防衛本能なのだろう。
 だから来ないだの個室ビデオレンタルの火災の時みたいにヘッドホンで耳を塞いでいると災害から逃げ遅れる場合も生じるわけだが。

 他にも耳栓によって直接的に弊害を生じる場合がある。
 例えば耳の穴がじゅくじゅくになり、最悪の場合、内中外耳炎を引き起こす。
 或は耳栓の性能や安全特性上、全ての音域をシャットアウトしているわけではないので、一定の音域だけ聴力が冴えたり全体のパフォーマンスが上がって耳栓が効かなくなる。

 尤も聴力が冴えるのと同じぐらい耳栓もへたるわけだが、耳栓は食器洗い洗剤で濯いで乾かせば何度かは復活して再利用出来る。
 耳栓は所詮油脂に弱いポリウレタン素材で出来ているので、マメに洗った方が長持ちしている感はある。
 因に食器洗いスポンジは、其の弱点を逆手に取って油を吸収する特性を活かす事で油汚れを落ち易くしている。
 だから濯いでいないゴテゴテの油のフライパンをスポンジでいきなり洗おうとすると、スポンジが溶けてあっという間にへたってペッタンコになりダメになってしまう。

 耳栓の再利用についてもう少し言及すると、自分は耳栓の形状に拘りがある。
 無論一般的な捻って耳の穴に捩じ込むスポンジの話だが、其の形状が大きく分けて弾丸型と円柱型に分かれる。
 普通女の子なら捩じ込み易そうな形状の凝った前者を選ぶだろうけど、此れだと片側しか使えないんだよね、しかもちょっと高かったりする。
 一方後者の円柱であれば片側がヘタってももう片方が使えるので両端で2倍使えてお特なのだ。
 ウレタン密度の遮音特性には拘りは無い、使い初めの違和感なんて直ぐ慣れるし。

 睡眠時に限らず起きている際に使用しても同じ問題が生じて来るが、特に起きている時は色んな環境音が伴って来るので耳の冴え具合もとい人間の適応能力はハンパナイっす。


【関連記事】
 聴覚(可聴域)の年齢テスト
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 22:19 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/11

オイルショック→サブプライムショック→?

 ところで村上ファンドの村上世彰やライブドアのホリエモン(堀江貴文)は逮捕されてよかったなと今更乍らに思うね。
 あれで日本の放送業界とか買収されまくってたらリーマンに巻き沿い食らってたよな。
 しかしああいう連中の存在のお陰で各企業が危機意識覚醒、再編としては必要悪として欠かせなかった。
 まぁ再編しようとしてたから彼奴等は狙ってたんだけど、平成の新財閥ことコングロマリットを作ろうとしていたフジサンケイグループとかには好い口実を与えた。

 グローバル企業とは企業が海外進出し国境を越えた経済圏を形成する事で、一国家に頼らず世界にリスクを分散出来るとか何とか。
 しかし世の中は基軸通貨のドルで成り立っているから、ドルに問題を来せば世界中を巻き沿いにして終了。
 だから其の一方で通貨分散も叫ばれていた。
 此れを経済のグローバル化、グローバル経済と呼んでいたのだが、ドルの負債による影響がでか過ぎるのが現状。

 石油資源は実体経済に大きな影響を齎すが、抑も第二次?第三次のオイルショックの引き金はブッシュの故郷、品質が高く一般では扱われない様な元々ボラの低い何の影響力も無いアメリカ・テキサス州産のWTI(West Texas Intermediate)原油の先物価格が、ニューヨークのマーカンタイル取引所(NYMEX:New York Mercantile Exchange)で2004年10月15日に1983年の取引開始以来最高値を更新した事によるものだったが、イラク戦争や中国バブルの影響で世界へエネルギー不足が実体化された。

 サブプライム問題は住宅バブル崩壊、即ち格付け会社の嘘を発端とする金融業者による住宅ローンを使った鼠講のチキンゲーム。
 5大投資銀行で言えば、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)が一人勝ちし、日本市場参入でピンチを迎え撤退したお馴染み牛さんマークのメリルリンチ(Merrill Lynch)はサブプライムでもリンチに遭ってミンチにされ、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は従業員600人を首切りし、ベアー・スターンズ(Bear Stearns)は一足お先に経営破綻し買収され、リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)はストレートに潰れた。
 実際其れだけの話なのだが、しかしリーマンショックもとい経済通ぶって語ってた平リーマンは地頭力を吹聴してた連中と見事に被るなw m9(^Д^)バーカヴァーカww
 とは言っても役務であれ物であれカネと絡んで派生している以上は実態が伴わないなんて有り得ないわけだが、自分が只一つ言える事は「金融の市場取引は、価格が上昇して多くの人が苦しむ物は下がれば楽になり、逆に下降して多くの人が苦しむ物は上がれば楽になる」という事。
 つまりサブプライムの住宅バブル(上昇)で世界の人間は苦楽していないのだから、バブルが弾け崩壊(下降)しても変わらないと思っている。
 勿論アメリカ本土は火の車だろうけどwそりゃ日本の株価だって一時的に荒れるだろう。為替もな。
 日本のバブルは建物は建物でも個人の住宅ではなく法人の不動産バブルだった。
 そういう意味では不良債権処理は楽だったし、日本の終身雇用制で大きな従業員数を誇る大企業故に国に頼れ、零細企業は切り捨ては不本意にせよ建て直した。
 アメリカは零細企業より細かい家族とか個人という最小単位を相手に処理して行かなければならないので、ホントどーすんだって話。
 そんなマメなミミッチイ事が出来るとすれば、日本人ぐらいだ。
 俺がアメリカ人なら911の時みたいに負債地域を住人共、絨毯爆撃で更地にするなw
 まあ金融機関が潰れるのはやむを得ないし、そういった意味でも今後日本企業が買収し再建して行くんだろう。
 抑も過去には、システム取引のオーバーロードでぶっ壊れたヘッジファンドLTCM(1998年)やブッシュを騙して株価操作がバレたテキサスの石油屋エンロン(2001年)みたいな事があっても今騒がれている様な世界恐慌は起きなかった。
 日本でバブルが弾けた時もアメリカじゃITバブルだったしな。
 元々不況だったEU諸国から人の所為にされる事はあったけど、基軸通貨国による世界への影響は如何に?

 しかし今一番恐いのは、其れを切っ掛けに新たに市場へ仕掛けられ波及する事、即ち中国バブルは頭打ちだしイラク戦争もグズグズというもう此れ以上よくならないという先の見えた好条件なカモで一儲け出来る。
 正に逆オイルショック、ドバイとかヤバスw
 此れが相場師の心理、性というもの。
 でも皆を苦しめて来た石油価格は下がるから世界的に楽になっておk
 でもアラブ圏からのテロもとい同じ新興国で石油成金のロシアと共闘して戦争勃発とかリアルで有り得そうで恐ひ。

 さて、アメリカに於ける市場取引絡みの事件を復習してみましょう。

 LTCM破綻(1998年)
 エンロン破綻(2001年)
 第三次石油危機(2004年)
 サブプライムローン崩壊(2007年)

 そう、全て3年、否、しゃーんにぇん!毎に起きているんです。
 否起こしてると言うべきか?
 だって此れ全部、リンダーマンさんの仕業なんだぜ??
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:02 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/14

コ―ドギアス 反逆のルル―シュR2 最終回(第25話)「Re;」

コ―ドギアス 反逆のルル―シュR2[終]

* 放送日時9/28 (日) 17:00 〜 17:30 (30分) この時間帯の番組表
* 放送局SBS
* ジャンルアニメ/特撮 - 国内アニメ
* 番組概要 最終回(第25話)「Re;」
* 番組詳細 ルル―シュ(声・福山潤)はシュナイゼル(声・井上倫宏)にギアスをかけ、ゼロの忠実な僕にする。だが、ダモクレスの鍵はナナリ―(声・名塚佳織)が持っていた。最大の、そして最愛の敵を前にルル―シュは・・・!?そして、ゼロレクイエムの真実とは!

福山潤 櫻井孝宏 ゆかな 小清水亜美 緑川光 保志総一朗 後藤邑子 (他) 【ナレ―タ―】ゆかな

「オ―プニングテ―マ」FLOW「WORLD END」 「エンディングテ―マ」ALI PROJECT「わがろうたし悪の華」

【デ―タ―連動放送】

毎日放送、サンライズ、コ―ドギアス製作委員会

HD 16:9 コピー1

 くっせぇアニメだったなw

 親子喧嘩が終わって兄弟喧嘩も済んだかと思ったら、今度は兄妹で悪役の取り合いかw
 “ゼロ・レクイエム”とか言ってる時点でルルーシュは死ぬんだなとは思っていたが、スザクがドサクサに紛れて死んで丁度好い感じに忘れ掛けてた頃にスザクの乱入があったからサプライズを楽しめた。

 其れにしても最後の最後は輪を掛けて臭かったw
 あんなでっかいサーベルつっ刺したら背骨迄真っ二つw其れが気になって気になってww
 まぁ皆平穏な生活に戻れて何よりで。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:43 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画/アニメーション
2008/10/16

ディゾン軍全滅

事務所ボス「外人は劣化が早いというが、まいったなーこのままだと赤字だぞ」
マネージャ「そろそろ潮時ですかねー」
事務所ボス「誰か都合の好い男その辺に転がっていないか?」
マネージャ「BUNてヤリチン小僧はどうですか?」
事務所ボス「それだ!そろそろ彼奴も何とかせんとな」
マネージャ「御意…」

リアディゾン「お腹の中に赤ちゃんがいます。。」
マスゴミ「リア・ディゾンできちゃった婚!」
ねらー「リア・ディゾン中出し婚だってm9(^Д^)プギャーwww」
ディゾン軍「オレタチ,,オワタ...」
リアディゾン「彼の好きな所は、頭がいい所です。彼は私のビッグピーチが好きなの。」

BUN「あーもしもし、俺っすけど、餓鬼が出来ちゃいましたwさーせんww」
マネージャ「ぁあ?!ダッシュで事務所来いや!!」
BUN「えっ、、何かいつもと違う(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル...」

松岡修造「ハイ死んだ!」
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 03:55 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/17

女らんまへチンコ挿入中にお湯をかけたら

どうなるかだって?続きを読む
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 04:43 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/アニメーション

マンナンライフの蒟蒻畑が危ない理由

 蒟蒻畑で死にそうになった俺が言うのも何だが、確かに危ないわな。
 業界シェアNo.1なら其れ也に模範を示してくれんと。
 無論ハート型容器という企業努力は認めるが、未だ活かしきれていない。

 餅と比較して安全だの危険だの言ってる馬鹿も多い様だが、事故の主原因はパッケージングの問題なんだから箸や素手で食う餅と比較したって意味の無い事なのに。

 で、パケージングの何処に問題があるかと言えば、容器の容量と蓋のシーリングン・マージンが小さい事。
 一応、吸い込み防止で摘んで押し出し易くハート形に工夫はしてあるが、中身の鮮度維持で真空パックする為にこんにゃくゼリーが容器と面一以上に一杯に入ってる上、容器から押し出し易くする為に汁で潤滑性を保ってるから、蓋を引っ張り捲ろうとする際に汁を零さない様、最悪の場合強く握った拍子に中身が飛び出ない様、慎重に開けようとする心理が働く。
 するとどういう所作になるかというと、蓋を完全に取り外さず、捲りきらず、最悪ゼリーに蓋が引っ掛かった侭の状態で、汁を零さない様に啜り乍ら上を向き容器を摘んで吸い出そうとしてしまう。

 だから重力+握力+吸引力で見事にジュルッ、スコッと喉に入って行って逝ってしまう。

 此れは一口容器の性質と人間の習性上、現段階ではどんなに大きく目立つ注意書きをしようが避けられない。
 従って自分が経営者なら即刻販売と製造を中止にするね。
 だいたい工業製品と違って開発製造コストが低いし構造が単純な製品でリスク管理も容易に限定出来るし、問題が発生した場合の小回りも容易に利く身軽さが砂糖水屋や砂糖菓子屋の旨味なのだから、よっぽど無茶な拡大路線の経営でもしていなければ、そんな簡単に倒産する様な自体には至らない。
 そして改良し再開、又事故が発生したら再び販売中止にする。

 何れにしても上記の問題点を落とし蓋にするなり不活性ガスを充填するなりクリアしつつ、今後も一口タイプ路線で新型容器を継承して行くならこんな感じだろう。

 単体サイズを小さくして喉に詰まり難くする。
 単体サイズを大きくして喉に行かない様にする。
 喉に詰まった時に通気口になる穴開き型。
 詰まっても崩れ易い切れ込み型。
 単体ではなく分裂してるバラバラ型。
 分裂形状が一様じゃないクラッシュ型。
 分裂が細かいつぶつぶ型。
 ところてん状の糸型。
 只の液状。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 10:38 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/19

電車内での携帯電話は是か非か

 状況によるな。
 日本人て何でこう、自主規制が横並びで一様に区画化したり、自らやる事を極端に厳しくして行くんだろう。
 尤も電車で電話するなとアナウンスが入るからしょうがないと言っちゃしょうがないが。

 自分は基本的に周囲にバレなきゃ構わないと思っている。
 満員電車だろうが新幹線車両だろうが実際会話は在るわけだから、“電話喋り”しないで気付かれなければいいだけの話だ。
 ペースメーカーがどうのと言う人が未だに居るが、抑も其れは電源を切るか入れた侭かの問題であって通話/非通話の問題ではない。
 電源が入っていて着信待機状態であれば、通話状態程送信出力は強くはないにせよ電波は必ず出ている。
 此れは飛行機内に於いても同じ事だ。


【関連記事】
 携帯電話のバッテリ残量を維持するコツ
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 08:44 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/10/23

日本のブログ事情#4 アメリカンスタンダードを夢見るα達

 日本に於けるブログの発展の仕方はアメリカとは異なり、今でもブロガーをリードする業界の担い手はIT関係者だ。
 即ち商業主導、ブログの本場米国からの技術輸入あってこそのブログ・テクノロジであり、ブログ・コンテンツも又其の内容の日本語訳から始まりアルファブロガー化したのだから無理も無い。
 抑もアルファーブロガーという和製英語自体がそういう商業的意図を以て定着されて行ったわけで、だから当然彼等は顔見知りで其れを妬む人も居れば仲良し倶楽部に従属する者も居る。
 しかし人の繋がりこそビジネスの性で其れを効率化するのがITなのだから必然だ。
 一方のアメリカは「言論を発したい」という目的からブログ技術が発明され商業化されて行ったという歴史がある為、どんなに日本の企業に「日本のブログ文化の発展の為」等と崇高な理念があろうとも、「商売をしたい」という商業ベースから始まった事には変わりない。

 しかしこうした目的意識の違いはブログに限らずあるもので、売りたい作りたいの序列に差があっても、其れを使いこなしているのは常に欧米人である事が多い。
 世界を代表する日本のWRCワークス・チームのフル参戦エース・ドライバは北欧人だし、ハリウッド映画で多く使われている日本の撮影機材を使いこなすのは米国人。音楽業界で使われている数多くの日本メーカの楽器、DJの皿回し一つ取ってもみんなそうだ。
 つまり売り手側と買い手側という決定的な違いがあるわけで、しかも買い手は単なる衣食住を満たすだけの消費ではなく、新たに歴史的記録や芸術という記録を生み出す事で文化の持続性だけでなく発展性に大きく貢献している。
 だから日本人に買い手としても優れた能力を求めるのは有る意味贅沢であり、確かに挑戦するのは大いに結構だが、こうして世の中は均衡が保たれ巧く回ってるんだなと思う。

 しかしαブロガ等は黎明期から相も変わらず「日本は下らない日記ばっか書いてアメリカの様なブログジャーナリズムが中々根付かない」と未だに嘆いている。
 日本でブログが日記と同義語化しているのは何もホリエモンの所為ではない、平安時代から連綿と受け継がれて来た日記や落書き文化と虚栄心のチラリズムという粋な精神性がインターネットいう大海原を介してニーズが合致したからだ。
 ブログで一個人が情報配信せずとも、既存の報道機関が配信したニュースを誰かが議題に上げ真偽等を不特定多数で議論する場が存在する、其れが2ちゃんねる
 だから此れが日本に於ける報道形態の在り方であってメディアリテラシも保たれているのだから、ブログジャーナリズムもゼロというわけではないので絶対数で警鐘を鳴らすのは一つの見方にせよ、少なくとも何かが出れば何かが引っ込むという全体の相対比率に於いて嘆く気は毛頭無い。


【関連記事】
 日本のブログ事情#3 はてなの脅威
 日本のブログ事情#2 公開スタンスと書式
 日本のブログ事情#1 (ブログタイトル変更しました)

.