2008/07/13

星野監督に八百万の神から天罰の洗礼

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/ballgame/base/news/20080712-OYT1T00530.htm
星野監督、肋骨3本骨折で全治3週間
 北京五輪野球日本代表の星野仙一監督(61)は12日、キューバ代表候補の視察を終えてオランダから帰国し、視察中に強打した右胸の検査を都内の病院で受けた結果、「右肋骨(ろっこつ)第5、6、7番の骨折」と診断された。全治3週間の見込み。
Click here to find out more!

 しばらく安静が必要で通院治療することになった。星野監督は「3週間かからないで治す」とのコメントを出した。

 17日には日本代表24人の発表が予定されているが、日程に変更はなく、星野監督は直前の代表編成会議にも出席する方向。

 星野監督は9日、オランダ・ハーレムで行われているアマチュアの国際親善大会でキューバ―日本戦を視察中、球場内通路のテレビ中継用コードにつまずいて通路フェンスにぶつかり、右胸を強打した。
(2008年7月12日19時10分 読売新聞)

 m9(^Д^)プギャーwww

 此れ迄に散々、野球道具やらロッカー類に八つ当たりしてボッコボコにして来た罰が当たったんだな。

 尤も、小さな段差や凹凸に足を取られるって事は疲れてる証拠だし、北京五輪という最悪のコンディションに挑む為に体を休めろという暗示でもあるね。
 まあ出陣前の厄払いって事で。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:50 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.