2008/08/02

天才バカボン 漫画家 赤塚不二夫がとうとう逝った

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080802-OHT1T00270.htm
漫画家 赤塚不二夫さん死去
 「天才バカボン」「おそ松くん」などで知られる人気漫画家赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名藤雄=ふじお)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都文京区の順天堂医院で死去した。72歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。自宅は東京都新宿区。葬儀・告別式の日取りなどは未定。喪主は長女りえ子さん。

 終戦後、旧満州から引き揚げ奈良、新潟で少年時代を過ごした。1956年「嵐をこえて」でデビュー、60年代以降「ひみつのアッコちゃん」「おそ松くん」「天才バカボン」などのヒット作を連発。「シェーッ」「これでいいのだ」など数々の流行語を生み出した。

 98年に食道がんの手術を受けたが、その後も療養のための入退院を繰り返しながら週刊誌の連載、絵本の制作など精力的に創作活動を続けた。

 2002年4月、検査のための入院中に脳内出血で緊急手術、闘病生活が続いていた。妻真知子さんは献身的な看護をしたが、06年7月くも膜下出血のため急死した。

(2008年8月2日21時33分 スポーツ報知)

 とうとう逝ったか…
 随分と長い事意識不明の状態だったよな。
 入院してる間、ずっとタモさんが医療費の面倒を見てたんだよな。

 散々自分勝手好き勝手やって来た人生だったが、恨む人も自分が作ったギャグで「死ねばいいのに」と言う人も居なかった。

 こうしてまた昭和の巨匠、巨星が消えたわけだが、クリエータは生涯現役で創作してなんぼの世界だからね。
 後半はアル中状態だったし、生きているか死んでいるか分からない状態でこうして徐々にフェードアウトして逝ってしまったので、ファンにとっても大きなショックと悲しみを与えずに済んでホント、これでいいのだ¶:3ミと思う。

 夏休みのアニメといったら天才バカボンの再放送だったよな。。
 なんまいだー
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 22:16 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.