2009/12/24

サンタクロースに会えないのは当たり前

 世界にはグリーンランド国際サンタクロース協会公認だけでも世界に180人居る。
 内、日本国内では1名。
 フィンランドで公認されている亜流を含めたら相当な数だ。

 さて、日本の子供の数は14歳未満で1,770万人と云われている。
 其れを睡眠時間の僅か6時間程度の間に全家庭の家の子供の居る部屋に迄配送して回ろうとすると、一体何れぐらいのスピードで動いているのかという話だ。

 仮に日本列島最北端の択捉島(北緯45°33′28.0000″ 東経148°45′14.0000″)から最南端の沖ノ鳥島(北緯20°25′31.0000″ 東経136°04′11.0000″)でも直線距離の測地線長で3,020,287.625[m]。
 即ちソリで空を走り抜け縦断するだけでも時速503キロで移動している事になる。
 そう考えると各部屋へ飛び回って配り回るという移動ロスを考慮すれば、軽くマッハのスピードを超えてしまうのだ。

 従って暗がりの中で何時来るかもわからないサンタが目の前を通り過ぎる所をジッと待ち乍ら動体視力迄求められたら、先ず視認する事は出来ないだろう。
 というより集中力が垂れて眠気も襲われ瞼が開いてるのか否かも自覚出来ず幻覚のサンタを見るかもしれないが。
 なので子供はさっさと寝ましょう。

 しかし実際問題、サンタクロースが居ようが居まいが其れは重要な事では無く、自分の所へ目的のプレゼントが届くか否かというタスクの達成に尽きるのではないだろうか。
 まぁ何れにせよ、届けば居るのかもしれないし、少なくともUFOや宇宙人よりは確度は高いだろう。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:00 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.