2006/01/02

元旦早々また朝日新聞が胸糞悪い記事を

【社説】 2006年01月01日(日曜日)付

武士道をどう生かす 2006謹賀新年


 明けましておめでとうございます。

 今日はこの言葉が日本中を行き交っていることだろう。

 正月がめでたいのは、気分新たに幸せが来そうな気がするから。英語で「ハッピー・ニューイヤー」、中国語では「新年快楽」や「新年愉快」。この気持ちは世界に共通のようだ。

 あなたの願いは何だろう。入試、就職、恋愛、仕事、健康、平和……。みなさまの幸せを心からお祈りしたい。

 ところが困ったことに、幸運は平等にはやってこない。スポーツに勝者と敗者があるように、我が身の幸せはしばしば他人の不運と重なり合う。

 昨年は郵政民営化で勝者と敗者が明暗を分けた。織田信長を好む小泉首相は気迫で総選挙の勝負に出ると、造反派のもとに「刺客」を送る非情さも見せた。


●内外のいらだち

 「戦国武将に比べれば、いまの権力闘争などなまっちょろい」

 甘えやもたれ合いの時代が去ったからこそ、これが余計受けたのか。いまは能力や成果を争う「競争」の時代だ。

 しかし、それはちょっと嫌な言葉も生んだ。「勝ち組」と「負け組」である。

 IT事業や投資ブームの波に乗ったリッチな人々。一方で倒産、失業、リストラ。正社員は減り、フリーターやニートが増える。所得の差は広がり、自殺者は空前の水準。競争と二分化によって生まれる社会のいらだちは、これからの大きな課題に違いない。

 そんな折、この国の近所づきあいがすっかりこじれたのは偶然ではないかもしれない。日中も日韓も首脳間の信頼がこれほど壊れてしまうとは……。


 大きな火種は小泉首相の靖国神社への参拝だ。悪いのはそっちだ、いや、そっちの方がおかしい。子供のようなけんかは歴史の歯車を逆転させ、せっかく緒についた「東アジア共同体」の機運にも水を差してしまった。

 昨春、北京や上海で暴力騒ぎになった反日デモのように、中国や韓国には荒々しいナショナリズムが横たわる。中国の強権的な支配や軍事力膨張の不気味さなども厄介で、こちらがきちんともの申すべき点は少なくない。

●他者への哀れみは

 だが、それだけに身をただすべきこの日本は、どうだろう。

 「牙を剥(む)く中華帝国」

 「反日国際ネットワークを粉砕せよ」 まるで戦争前夜のような見出しが一部の大手雑誌に毎号のように躍る。呼応するかのように有力政治家も寄稿する。


 空前の韓流ブームは救いだが、一方で『嫌韓』の言葉を冠した漫画が何十万部も売れている。インターネットにはさらに激しい言葉があふれる。冷静さを欠いた言論は、まるで国内のいらだちを外に吐き出しているかのようだ。

 「外国の干渉を許すな」と、首相の参拝を支持する人々の声もとかく勇ましい。郵政問題を武将の流儀で押し切ったように、ここでも強気で押してこそ国家のリーダーだ、といわんばかりに。

 そういえば少し前、映画『ラストサムライ』のヒットもあって、ちょっとした「武士道」ブームが起きた。忠義のため命を捨てる潔さがたたえられがちだが、その本質は決して好戦的ではない。

 1世紀ほど前、新渡戸稲造は英語で出版した名著『武士道』のなかで、「いつでも失わぬ他者への哀れみの心」こそサムライに似つかわしいと書いた。弱者や敗者への「仁」であり、「武士の情け」「惻隠(そくいん)の情」のことである。

 最近では数学者の藤原正彦氏がベストセラー『国家の品格』でそうした側面を強調し、武士道精神の復活こそ日本の将来のカギを握ると唱えている。

 ならば「武士道精神に照らし合わせれば、これはもっとも恥ずかしい、卑怯(ひきょう)なこと」(藤原氏)だった日中戦争に、いまだけじめがつかないのでは話にならない。あの時代、アジアでいち早く近代化に成功した「勝ち組」が「負け組」に襲いかかったのがこの戦争だった。

 靖国神社はその軍部指導者までたたえて祀(まつ)っている。そこに、中国などの神経を逆なでして首相が参拝し続けるのは、武士道の振る舞いではあるまい。参拝をはやしたてる人々もまたしかりだ。


●品格を競いたい

 いま「60年たっても反省できない日本」が欧米でも語られがちだ。誤解や誇張も大いにあるが、我々が深刻に考えるべきはモラルだけでなく、そんなイメージを作らせてしまう戦略性の乏しさだ。なぜ、わざわざ中韓を刺激して「反日同盟」に追いやるのか。成熟国の日本にアジアのリーダー役を期待すればこそ、嘆く人が外国にも少なくない。

 中国の急成長によって、ひょっとすると次は日本が負け組になるのかも知れない。そんな心理の逆転が日本人に余裕を失わせているのだろうか。だが、それでは日本の姿を小さくするだけだ。


 武士道で語られる「仁」とは、もともと孔子の教えだ。惻隠の情とは孟子の言葉である。だからこそ、子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係に持ち込むことは、アジア戦略を描くときに欠かせない視点である。秋に新たな首相が選ばれる今年こそ、大きな転換の年としたい。

 ことは外交にとどまらない。

 国民の二極分化が進む日本では、まだまだつらい改革が待っている。競争や自助努力が求められる厳しい時代だからこそ、一方で必要なのは弱者や敗者、立場の違う相手を思いやる精神ではないか。隣国との付き合い方は、日本社会の将来を考えることとも重なり合う。

 自分の幸せを、少しでも他者の幸せに重ねたい。「新年愉快」ならぬ「年中不愉快」が続いては困るのだ。

 よくもまあ此処迄無茶苦茶な記事が書けるもんだ。

 武士道を生かす?はあ?武士道精神の悪用の間違いだろ。お前等中共右翼のな!
 だいたい階級社会を嫌う朝日が、何、武士道語ってんだよ。
 おまけに「勝ち組」「負け組」と、よくも批判出来るものだ。

 抑も武士道なんて糞だ。
 「武士道の倫理観=日本人の倫理観」ではない。

 儒教や道教は、大陸から来た日本風土に見合わない思想・宗教である事は、目次>論文用>連想用日本風土派生図<中級・道徳不要編>に書いてあるが、此等は、朝日新聞をはじめてする三国(中国・韓国・北朝鮮)右翼が戦前から使っている日本をミスリードする為の古典的手法だ。
 即ち目上の者や上に立とうとする者が、目下の者として言い聞かせ従わせる為の帝王学であり、昔から何等進歩していない。
 今流行の細木数子も日本人に向かって同じ事をやっているだろう。
 つまり儒教や道教の帝王学によって、従わせる側になるか従う側になるかは諸刃の剣なのだ。
 そして、勤勉でナイーブな日本人はそれを骨の髄迄受け入れ、従う側となり、要領さに欠け、武士や侍の様に尻つぼみに滅んでいくのだ。

 だから日本人の良心につけ込んで武士道がどうだと、丸で日本の言論機関であるが如く、偉そうに中国共産党の論を垂れ流す朝日の工作紛いの記事を見るとホント虫唾が走る。

 よく振り返ってみてもらいたい。
 記事にある様に、朝日が誇る武士階級の教材となった中国様の儒教が、現在の中国では全く機能もしておらずやりたい放題で、此は自称儒教の国である韓国にも同じ事を言えるが、其れを日本にだけ儒教だ武士道だと従わせるのは、まさに帝王学を最大限に活用した大陸国の覇権論理そのものである。

 首相の靖国神社参拝が原因?・・小泉以前から代々行われている儀礼だ。
 朝日は日本側に「自制心しろ」「話し合え」と頻りに書き立てるが、日本は何の挑発行為も行っていないし、会談の門戸も常に開いており、向こうが勝手に騒いで、会談を蹴っているだけだ。
 竹島だって占拠してるのは韓国警察だし、東シナ海での日本海洋資源の盗掘問題だって中国は話し合いに応じるといいながら、其の裏では軍隊迄派遣して盗掘工事を続行、結局完成して吸い取られている。まさに「右手で握手され、左手でぶん殴られている」状態である。

 外交には外交の国際的なルールがある。
 大陸思想に騙され続ける日本・・「武士の情けは国際舞台には通用しない」「武士の情けが通じるのは日本人だけである」事を好い加減、日本人は学習するべきだ。
 同じアジア人、殊に「顔が同じ東アジアだから自分と同じ考えをするだろう」という日本人の勝手な思い込み、其れこそが‘民族差別’である。
 そう考えれば、“東アジア共同体”が如何に糞であるかもよくわかるはずだ。
 どうせ組むなら、台湾等と海洋国家共同体を作るべきだ。

 あと、日中戦争ってのは中国共産党の言ってるプロパガンダに過ぎない。
 日本は中国と戦争なんてしていない。
 抑も当時中国なんて国は無いし、国が出来て未だ60年程度だ。
 中国というのは中国共産党が戦後、火事場泥棒的に大陸を乗っ取って出来た国であって、其れ迄は一つの国ではなかった。
 だから中華思想の名の下、頻りに右翼が「一つの中国」「大中国」と叫いているのである。
 従って正しくは“支那事変”という。
 此だけでも如何に朝日新聞がおかしな言論機関かわかるだろう。

 極めつけは、1日前の訃報記事。
元人民解放軍副総参謀長の徐信さん死去

2005年12月31日20時20分


 国営新華社通信によると、徐信さん(シュイ・シン=元中国人民解放軍副総参謀長、上将)が11月18日、病気のため北京で死去した。84歳だった。

 河北省出身。37年に中国共産党に入党し、八路軍に参加。抗日戦争、朝鮮戦争に従軍した。文化大革命中には内モンゴル自治区の党委員会書記を務め、82年に副総参謀長、88年に上将(大将に相当)。人民解放軍系の戦略・安全保障の研究機関、中国国際戦略学会会長も務めた。

 こんな事、歴史を知らない人でも「抗日戦争って何だよw」「内モンゴル自治区って何?」と思うだろう。
 中立どころか、120%中国共産党の視点で書いてる。丸で英雄扱いである。
 今更日本に対してどうこうしろとは言わないから、せめてモンゴル人の朝青龍に謝れっての。
 まさに真偽未検証のまま、無批判に中共プロパガンダを垂れ流す‘赤の広告塔’だ。

Posted by Virtue at 18:43 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.