2009/02/05

松下電器産業改めパナソニック(笑)1万5,000人リストラ、憧れのソニーに1,000人以上足らず

http://news.tbs.co.jp/20090204/newseye/tbs_newseye4054970.html
パナソニック、1万5000人削減へ

 パナソニックは世界的な販売不振を受けて、来年3月末までに国内外で正社員を含むおよそ1万5000人の従業員を削減すると発表しました。

 「採算にあわない事業を続けることはできませんから、その中で人員の再配置、削減が起こってくることも」(パナソニックの会見)

 パナソニックは、デジタル家電の販売の落ち込みや生産拠点の統廃合にかかる費用を計上することなどから、今年3月期の通期の連結決算で最終損益の予想を下方修正し、3800億円の赤字になる見通しだと発表しました。

 こうしたことから、国内外で働く正社員を含むおよそ1万5000人の従業員を、来年3月末までに削減すると発表しました。

 さらに、国内外におよそ230か所ある生産拠点のうち、来年3月末までに27か所を閉鎖するとしています。

 電機メーカーは、日立製作所や東芝が過去最悪の赤字になる見通しとなるなど、総崩れの様相となっています。(04日20:18)


http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081210AT1D090A909122008.html
ソニー、1万6000人削減 世界でリストラ、正社員8000人含む

 ソニーは9日、全世界で1万6000人以上の人員削減や生産拠点の統廃合などを柱とするエレクトロニクス(電機)部門のリストラ計画を発表した。人員削減には約8000人の正社員を含み、生産拠点は5、6カ所減らす。設備投資の圧縮と合わせ、年間1000億円を上回るコスト削減を狙う。世界的な景気後退や円高で同社の業績は急速に悪化している。大規模リストラで収益構造の抜本的な見直しに取り組む。

 同社は2005年のハワード・ストリンガー会長兼最高経営責任者(CEO)の就任以降、1万人の人員削減や生産拠点11カ所の統廃合などのリストラを進め収益は回復傾向にあった。だが液晶テレビなど主力製品の需要急減や価格下落を受け再度の構造改革を迫られた。電機大手の収益力は軒並み低下しており、リストラの動きが他社に広がる可能性が高い。

 人員削減は10年3月末までに実施する。正社員が電機部門の総人員の約5%に相当する8000人、派遣社員など非正社員が8000人以上にのぼる見通し。57カ所ある生産拠点は10年3月期末までに約1割減らす。(09日 20:59)


[#▼ゝ▼]:世界の株主の皆さん、我々はソニーのプライドに掛けて従業員1万6,000人の斬首を約束しましょう。

(;・3・):うちは人事異動も含めて1万5,000人が精一杯でっせ、流石世界のソニーはんには敵いまへんわ。

 あっ、わかった!
 だから松下の名が傷付かない様に商号変えたんだね!!

 従業員の首を跳ばすと大絶賛の株主。
 企業が株主の持ち物なら、経営理念を守るという所有者としての義務も果たせ!!!
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:49 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.