2006/01/20

『カーグラフィックTV』1,000回目の放送はやはり

ブガッティだったか。

 メディアとしては、二玄社が尤も縁深く、彼らが日本に広く知らしめたという功績がある。
 歴代オープニングも先ずブガッティのエンブレムが顔を出す。

 其れにしても新装開店直後の富士スピードウェイといい、晴天といい、よく絶好のタイミングで取材出来たものだ。
 ブガッティ好きの自分としても見逃せない回となった。

 ブガッティの凄さというのは、コスト・カットという妥協の塊である市販車の中で、最新鋭の技術をふんだんに盛り込んみ、世界最高最速の車を作った事だ。其の価格1億円!プラス消費税w
 エットーレ・ブガッティ生誕110周年を記念して作られた初代EB110は、1994年のル・マンへ殆どノーマルの状態で出場し、トップを直走る。
 残念ながら残り一時間の所で、運転ミスでスピン・アウトしてリタイアするわけだが、其のマシンのポテンシャルの高さを見せつけた。

 其の後資金難でVW傘下へ入り、結果的にフランスで生まれたブガッティは、イタリアで復活を果たし、ドイツで再起した事になる。

 そして最高速400Km/hオーバのマシンとして日本の地に再び現れた。

Posted by Virtue at 10:12 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.