2006/01/26

模型飛行機にRE(ロータリ・エンジン)を使う利点

 ロータリは、ワン・ロータで三発、即ちレシプロの三気筒分に相当する。
 しかも燃焼室が、周回軌道上に均等に配置されている為、星型レシプロに匹敵する重心安定性と小型で軽量と、三次元運動を最大限に使う飛行機には抜群の運動性能を発揮する。

 おまけに、同排気量のレシプロとロータリでは、ロータリの方が燃費は劣るが、其れ等を高回転・高馬力が要求される模型用に小型化すると、部品点数の多いレシプロは、フリクション・ロスが増大してピストン圧縮ロスも増大、燃焼効率も大幅に低下するのに対し、単純構造のロータリでは、レシプロほどのフリクション・ロスが増大せず、圧縮比も高回転型で元々高くない為、燃焼効率の低下を抑えられ、レシプロよりロータリの方が燃費が上になるという逆転現象が起こる。

と想像した。

Posted by Virtue at 13:56 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.