2009/08/04

裁判員のメンバー見て引いた

 昨日テレビで各局のニュースをザッピングし乍ら、裁判員裁判開始の報道をボケーッと見てたんだが、驚愕したね。

 裁判員6人中、女5人、男1人ってどういう事だよ!

 やっぱ司法に携わっている連中って常識無いわ、制度施行以前の問題だろ。
 しかもニュースキャスターが誰一人其の事に突っ込まんのな、手錠を見せないとか革製のサンダルだとかこまけー事より先ず優先すべき決まり事だろ。
 20代女性が一人だけ、暇なオバチャンの溜まり場と化してヤバいったらないね。

 もし裁判員を性別や年齢で選べるんなら、俺なら確実に30-40代で子持ちじゃない人間は外すね。

 否ホント、吃驚魂消たね、男女平等だから男女比率なんて関係無いという論理なのかな?
 じゃあ今回の比率を逆転若しくは全員男になったとしても、何ら違和感を持ち得ない事になるわけだが。
 人間社会に限らず性差に基づいたどっちが上とか下ではない差別や不平等は必ずあって其れが悪い事ではないし、事件が必ずしも偏見や蔑視から起きているとも限らない。
 其れを鑑みて裁かれる側に起きた起訴という現象は全て正しい“現実”なわけで、裁く側にも其のセオリーを一貫性を以て通せないなら男女比率を規定しないのが如何に不平等な、もし何等かの論理を以て意識的にやったとしたら危険な思想に見えるだろう。

 仮に男性の参加拒否が多かったとしても、事実今回の補欠には3名全員が男性だったわけで言い訳にもならんわけだが。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 12:51 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.