2006/02/03

広島県民会議が放送自粛要請

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200602030003.html

中国新聞地域ニュース

広島県民会議が放送自粛要請 '06/2/3


 青少年育成広島県民会議(上田宗冏会長)は二日、青少年の育成上、「特に好ましくない」としてテレビ番組七つを挙げ、放送自粛を求める要請文を民放テレビ局と番組スポンサーに送ると記者会見で明らかにした。

 県民会議は昨年六月、広島など県内四市で小中高生や保護者らにアンケートし千三十六人分を回収。ほぼ同時期に、母親でつくる市民団体が午後六〜十一時の全番組を視聴。双方の結果を「総合判断」して選んだ。

 七番組は、ロンドンハーツ、クレヨンしんちゃん、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)▽水10!、めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)▽キスだけじゃイヤッ!(日本テレビ)▽爆笑問題のバク天!(TBS)。

 要請文は、言葉遣いや描写、他人を中傷するような言動が子どもたちに与える影響を否定できないなどと指摘。「放送を控える見識と姿勢を持ってほしい」としている。東京都内の民放キー五局と県内の民放四局、番組スポンサー六十八社への郵送を同日から始めた。

 県民会議は、PTAや青年会議所など約九百六十の団体・個人で構成。事務局は県青少年室に置き、県は本年度、事業費の約六割の約二千五百万円を補助している。

 要請文の送付は、全国の都道府県民会議で初めて。「放送を規制する動きは好ましくない」との意見も出た。最も多い三番組が対象とされたテレビ朝日広報部は「要請文が届き、内容を見てから対応を検討したい」としている。(守田靖)


 『自粛要請』って何なの?
 要請されて自粛したら、其れは強要になるのではないのか?

 其れに、番組の内容についての詳細ではなく、一般市民と称する集団が、番組全体に対して網を張って控えろと要請するのは、番組そのものを中止しろと言ってる事と同じだ。

 言論の自由にとって、マイノリティを無視して数の論理で押し切るやり方は、市民が最も嫌う行為の筈なのに、其の市民が此を率先してやるという気持ちの悪さは一体何だろう。
 本来問題が有れば、其の部分を具体的に取り上げ、賛同者が集まるというのが自然な姿なのに、何故頭数ありきの内容不特定で押し切ろうとするのか。

 単なるアンケート結果の受け渡しや、特定内容に対する抗議なら兎も角、抽象的曖昧さで放送の中止其の物を求めるとは尋常ではない。

 何か胡散臭い連中だ。
 市民団体とは聞こえがいいが、いや、最近ではそうでもなくなり、プロ市民へと脳内変換される様になって来ているが、数や規模や資金力が前面に出ているだけで、構成される具体的団体の名称や代表の名前が一切出て来ない。市民一人一人の顔の気配すら感じられない。

Posted by Virtue at 21:14 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.