2009/09/06

選挙前選挙中選挙後

 自民党や自民党支持者は、選挙やる前から既に野党化してたね。

 少なくとも選挙中迄はマニフェストが政局じゃなかった。
 単に数十年にも渡る自民党に対する反感に火が着いただけだ。
 だから容易に民主の圧勝が予測出来た。

 所が自民党は惨敗後に「反省すべき点は反省し」と後になってほざく。
 選挙中迄にやる事は、此れ迄の反省とお詫び、将来のビジョンのアピール以外に無かったのにも拘らず、木を見て森を見ず、否、草を見て木も見ずで民主党のマニフェストの土俵に乗ってネガティブキャンペーンを展開。
 結局此れが良くも悪くもマニュフェスト中心の選挙の夜明けとなった。
 少なくとも民主党大勝後はよりマニュフェストへの注目が集まり政治が動こうとしている。
 恐らく次の選挙はマニフェストが要因で負ける可能性も出て来る。
 従って次の選挙は愈々“スペオタ”なマニュフェスト選挙の色合いが濃くなるだろう。

 要するに今回の選挙は、マニュフェストだけを見て今迄通り信ずるなら自公、マニュフェストなんて見ず兎に角自公を下野させたければ民主という事だった。
 だから自公支持者にはマニフェスト以前の問題で悪しき自眠という名の意味を思い知れと言いたいし、民主支持者にはマニュフェストが評価されたわけではないから思い上がるなと言いたい。

 抑も自分は選挙前から言ってる様に民主党のマニュフェストは支出面で一切支持していない。
 野党に足を引っ張られるから出来ない否難しい事は公約するなという視点と、抑もそんなバラマキすんなという批判をして来た。
 此の「抑も」と言うのがミソで、「バラマキをするな」が最上位に来ている事を意味している。
 即ち自分は、何処ぞの野党支持者の様に鼻息荒く「約束した以上は守れよ!」と煽る一方で全力で反対もする様な、ダブルスタンダードをするつもりは更々ないのだ。
 自分の思いは只一つ、「節約以外何もするな!」である。
 俺から見ればマニュフェストを反故するなんてお互い様でしょと思ってるわけです。

 そんな中で民主党も中々やりやがるなと感心した悪知恵が「高速道路は無料化するとは云ったけど全部とは云ってないお(^ω^)」というエスケープ。
 しかも「選挙前は言えなかった」みたいな自民党の他人事平沢みたいなコメントが公式に流れてワロスw
 しかし此れ、自民党が散々やって来た事だからね。
 「0か1かで言えば1だ」という少しでもやれば有であり大いなる前進だと云う論法。
 まあ今度は自民党は過去の自分を棚に上げて壮大に批判を繰り広げるんでしょう。

 さて今回の選挙での功績を讃えるとすれば麻生太郎だろう。
 よくぞ泥を被ってくれた。
 選挙中の国旗がどうだのとみみっちい小言が有ったにせよ、よく一人で責任を取ってくれた、流石キリスト教徒。
 まあだからと言って北方領土問題の大失態が赦されるわけじゃないけど。
 勿論、外相時代の竹島沖の海保引き上げ命令という失態も忘れてねーぜ。

 さて、今回の選挙は自分にとって“ロリコン選挙”もとい“児ポ選挙”だったので、葉梨が逝ったのが何よりもの収穫だった。
 但、保坂さん迄も逝ってまったのが誠に残念なわけですが。
 ハッキリ言って当選しなきゃ何の意味も無いわけで、やっぱ違う選挙区に立つべきだったと思う。
 ホント今回の児ポ法関連はヤバかった。
 性を集中的に取り締まるなんてマニフェストどうこう以前の人間の生存権の問題だからね。金正日が正しいマニフェスト掲げたからって、じゃあ目の前で刃物突き付ける相手を支持すんのかって葉梨だ。

 他に何か話す事有ったかな?
 民主党人事は全部出切った所で別途書く事にして。
 ああそうそう、古賀、加藤、二階、河野、谷垣、与謝野、野田と当選しやがった。
 こんな有事に屑ばっか生き残るってやっぱ終わってるなと想った。
 唯一の救いは公明党の太田、北側、冬柴の老害トリオが全落ちした事だな。
 2chやtwitterで沸いた沸いたw
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:36 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.