2009/10/03

産経が京都府警を大絶賛

 “勝てば官軍”を標榜する国家権力たる警察に対し何の疑問も呈せずベッタリ擦り寄って提灯記事を書く自称政府高官の産経新聞。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/01/news035.html
京都府警はなぜサイバー犯罪に強いのか
P2Pによる著作権侵害やウイルス作者、着うたフル違法配信などを初めて摘発したのは京都府警。なぜサイバー犯罪に強いのか。
2009年10月01日 11時18分 更新

 フィッシング詐欺、ハッキング、ソフトの違法流出……。インターネットの普及につれ、急増する犯罪の数々。これらサイバー犯罪取り締まりの“トップランナー”として、全国的にその名をとどろかせているのが、京都府警ハイテク犯罪対策室だ。これまでにファイル交換ソフト「winMX」(ウィンエムエックス)ユーザーの初逮捕や「winny(ウィニー)」の開発者逮捕など、ネット界を揺るがす大事件を手がけてきた。なぜ京都府警がサイバー犯罪に強いのか−その秘密に迫った。(森川潤)

 「京都府警」「ハイテク」のキーワードでネット検索すると、「なぜハイテク犯罪は京都府警で取り締まられる?」などと書かれた質問サイトをはじめとする無数のサイトが現れる。ネット上で、府警の動きに注目が集まっている証拠だ。

 府警の名前が最初に知られたのは、平成13年11月のwinMXの著作権法違反事件だ。当時、映画や音楽などの著作物をユーザー同士で自由に交換できる同ソフトが世界中で流行し、知的財産保護の観点から問題視されていた。

 その違法ユーザーを同対策室を立ち上げたばかりの府警が逮捕したのだ。この摘発は「世界初」とも評され、以後、同ソフトのユーザーは激減した。

 また、15年11月には、winnyについても、ユーザーを著作権法違反で全国初摘発。翌年、開発者も逮捕した。「著作権団体も『このソフトは難攻不落だ』と泣き寝入りする寸前だった」(捜査幹部)だけに、大きな反響を呼んだ。
発想の転換が奏功

 winMX捜査の突破口となったのが、違法ファイルを放出するユーザーにネット上でアプローチし、捜査員側と直接接触する大胆な手法。匿名性が高く、外側からでは証拠固めが困難な犯罪に対し、府警の捜査員が思いついた「発想の転換」だった。この手法はその後、ファイル共有ソフト取り締まりの標準型となる。

 サイバー犯罪に対する府警の強さについて、ある捜査幹部は「著作権侵害に警鐘を鳴らせないかという捜査員の気概と、それを可能にした当時の府警幹部の人事配置が背景にあった」と解説する。独学でネット知識を高めた捜査員と、日常的に情報通信技術を取り扱う技官の間で、緊密な連携が可能だったからこその摘発だったのだ。

 winny事件では、ある捜査員が1年近く自宅で独自に研究を続けていた。その成果をまとめた分厚い資料を手渡された当時の捜査幹部は「不可能が可能になったと思った。事件の9割以上はできたも同然だった」と振り返る。
摘発数も急増

 府警は全国の警察に捜査手法を伝授、各地での摘発も急増している。警察庁によると、20年の摘発数は16年の3倍を超える6321件。21年もこれを大きく上回るペースで増えている。

 だが、府警に寄せられる期待は今でも大きい。同対策室の佐藤成史室長は「評価に恥じないような成果を積み重ねていきたい」と語った。

 先ず見出しと本文との乖離、何故強いのか肝心な事がちゃんと書かれていない。
 もし書いてあれば強い理由に甲乙が付けられる訳だが、寧ろ此処で言う「強い」は本文に書かれた過去数々侵して来た取り締まりを全て正しいと乱暴に振るう大鉈になっている。

 犯罪を一個人の裁量で恥じるこそすれ世界初の検挙を誇ったりとか、丸で中国共産党の先進国に向けたパフォーマンスの様で正気を疑う。
 端的に言えば「警察に悪知恵が付いて強引に検挙して都合の良い前例を作ったら、警察みんながイケイケの状態になった」という恐ろし話だ。
 そして其れをヒーローの様に書き立てる産経。

 此れが警察の正当性を擦り込む為の作為的な物か、或は正当な物だと思い込んで周りが見えなくなった飛躍的な物かはハッキリ断言は出来ないが、此れ迄の児ポ法推進の公言に見られる様な、同警察の提灯持ちの経緯からすれば前者が強い・・・にしても稚拙極まり無い纏まりの悪い作文を読む限り「逮捕された奴は皆犯罪者」みたいな短絡思考も窺え後者にも見える。

 何れにしてもやってる事が戦前戦中の朝日新聞と変わらない。
 少なくとも透明性の高いネット社会に於いては、そんなチラシをバラ撒いた所で京都府警の評判の悪さも変わらない。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 03:44 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
こんにちは。
京都府警の検索で訪問しました。
お書きの記事に強く共感しました。私は何度か京都府警に事件の相談に訪れ、また事件として取り扱ってもらったことがありますが、対人間同士の事件ではまったく非常識的・異質な対応でありました。
警察署にまで行く人は自分の被害をとにかく客観的にとらえ、なんとかこれを法的、社会的解決へと結びつけようとしているのではないかと思うのですが、府警の方々の意識は、そのような切羽詰まった被害者の行動をはねつけるものだと思います。
京都市では度々、人の話題をさらう性犯罪が起こります。
私は、経験上、(個人の主観となりますが)、これらはまったく京都府警の防犯活動の怠慢ではないかと思っています。今後、児童の性被害には行政あげて力を入れられることと思いますが、その一方、成人の性犯罪被害については置き去りにされるのではないかと危機感を持っています。要するに、性犯罪者は児童が狙いやすいので狙っているのであって、児童に対する特殊な性癖を持った者「だけが」犯行におよんでいるわけではありません。成人の被害をくい止めることも同時に行わなければ、いくら未成年者に着目しようが意味のないことだと思うのですが・・・。
Posted by Bambi at 2010/05/22 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.