2009/10/14

英ダイソン社の羽根無し扇風機(Dyson Air Multiplier bladeless fan)の解説

Dyson Air Multipiler (bladeless fan)

 羽無し扇風機と言っても羽根が全く使われていない訳ではない。

 然し此れは屁理屈に近いイチャモンともとれる。
 ダイソンの凄い所は、従来の扇風機を固定羽根化する為に、露出する排気側と遮蔽する吸気側をアッセンブリとして機能分離した所にある。
 其の固定羽根化する無茶な発想の目的は、見た目や手入れや安全性も然る事乍ら、先ず扇風機が扇風機として機能しなければならない広い送風面積の確保にあっただろう。
 其の為に固定羽根として残そうとした所がミソで、排気側は飛行機の円筒翼をヒントに送風リングを考案し、吸気側は回転羽根をピラーへ内蔵し、入り口と出口を完全な別体構造として熟考再構成した事で新たな扇風機を再発明してしまった。

 ガジェット系サイトではダイソンの受け売りを下記の様な内容で其の侭垂れ流している。
 風を直接切らないので扇風機特有の乱流が発生せず連続してスムーズな送風が可能。

 しかし構造を解説していないので何故そうなるかは分からない。

 要は最初に述べたダイソンの凄い所に起因する。
 つまりリングがチャンバーの役目を果たしている。
 否寧ろチャンバーがリング翼(円筒翼)になったと言う方が発想順としては正しいかもしれない。
 では肝心な風はどの様に出るのかと言えば、リング後端内側に一周ぐるっとスリットが入っていて、翼の断面をしたリングの内壁にそって吹き出されます。
 そして其の際の気圧差でリング周辺の空気を引き込み、吸気量の15倍の空気を動かします。
 丁度、大きなビニール袋を膨らませる際に、口をビニールに密着せずに隙間を作ってフーッと吹き込むのと一緒の要領で吸気容量以上の排出量を確保しています。
 つまりリングじゃなければ或は無ければ只のブロワーって事ですね。
 実際図面を見ると自動車のターボの吸気側と同じ様なコンプレッサ・ホイールがブラシレス・モータに直結されている。
 正にレーシングカー、否ジェット機を思わせる無駄の無いシンプルな構成。
 其れだけに「値段高過ぎじゃね?」とも思えるが、思想哲学を買う事を厭わない富裕層や一点豪華主義のガジェッターは即行で購入するでしょうね。
 其の内にスケルトンや照明付きや温熱付きも出るでしょうけど。

 何れにしても皆さんが気になるのは騒音でしょう。
 モータ音は当然の事、出入り口が分離しているので吸気音と排気音も別々に発生します。
 日本じゃ既に季節外れなので実際に話題になるなら来年の夏でしょうね。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 11:35 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.