2006/02/14

ニューヨーク・タイムズでも法螺を吹く朝日を毎日が援護射撃

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.html
麻生外相発言:「誠実さも賢明さもうかがえぬ」米紙批判

 【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する社説を掲載した。

 社説は「日本の攻撃的な外相」と題し、外相が「天皇陛下の(靖国神社)参拝が一番だ」と述べたことや、日本の植民地支配下の台湾で教育水準が上がったことを指摘した発言を取り上げ、「一連のがくぜんとする発言によりアジアの人々の反感を買った」と批判。

 従軍慰安婦問題や細菌兵器実験、南京事件について、日本の学校での現代史教育で「国の責任にきちんとけじめをつけていない」ことが反感の背景にある、との見解も示した。

 また、中国の軍備拡大について「かなりの脅威」と発言したことにも触れ、「悪化する日中関係にわざわざ火を付けた」と論評。「麻生氏の外交センスは彼の歴史認識と同様に奇妙だ」と締めくくっている。

 ただし、社説は、南京事件の市民の犠牲者を中国側が主張している「数十万人」としたり、中国潜水艦の領海侵犯事件などがありながら「中国が最近、日本に脅威を与えたような記録はない」と指摘するなど、中国寄りの論評となっている。

毎日新聞 2006年2月14日 10時33分 (最終更新時間 2月14日 10時50分)

 文章自体は、中道を装っているが、此を聞いたらぶったまげるだろう。

 ニューヨーク・タイムズ東京支局は、朝日新聞と業務提携をしている朝日新聞本社ビルの9階に在ります。
 そして、上の記事もそうですが、ニューヨーク・タイムズのアジア関連の記事は、其の提携している朝日新聞関係者の日本人や朝鮮人が書いています。
 即ち情報発信元は、朝日新聞本社がある日本の東京都中央区築地であって、アメリカ・ニューヨークではありません。
 従って、「海外で騒がれた、問題になった」といった情報の類は、よく状況を見極め、先ず其の情報を何処の誰が撒いているか、情報源を辿らねば為りません。
 飽く迄、日本支局の記事をNYタイムズ本社発行で掲載しているという点をしっかり理解しましょう。

 つまり、今回は、
 朝日新聞が麻生叩きのフラグを起てる
http://robotboy.japonium.com/article/13131194.html
      ↓
 (朝日新聞が麻生叩きの反日記事を執筆)
      ↓
 米国のニューヨーク・タイムズ紙で掲載
http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html
      ↓
 毎日新聞が米国の論評であるかの様に報道
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.html

 此がカラクリです。
 まるで『情報ロンダリング』?『報道ロンダリング』?『ソース・ロンダリング』?ですね。
 まさにヤラセ、日本叩きが好きな特ア右翼の自作自演。

 結局、過去の様々な騒ぎも火元は朝日。
 一連の靖国神社の騒ぎも、世界の世論へ向けて、朝日新聞がボンボン焚き付け、騒ぎを煽って大きく広げているわけです。
 世界中の人が、朝日の捏造記事を鵜呑みにしていると思うと、ゾッとします。
 まさに情報テロです。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 16:29 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ニューヨークのネタ
Excerpt: ニューヨークのネタを追いかけるヨ!
Weblog: ネタ蔵
Tracked: 2006-02-14 19:05

.