2006/03/07

(・∀・)らん らんらららん、らん、らん

(・∀・)らん らんらららーん
(・∀・)らんらん らんらららん、らん、らん、ら、らららんらん、らん、らん

(・∀・)らん らんらららん、らん、らん
(・∀・)らん らんらららーん
(・∀・)らんらん らんらららん、らん、らん、ら、らららららん、らん、らん

(・∀・)らんらんらんらん ららららら
(・∀・)らんらんらんらん ららららら
(・∀・)らんらんらんらららん、らん、らん、らんらららーん らん、ら〜ん

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/mar/o20060305_20.htm

麻衣、歌手デビュー


 スタジオジブリや北野武監督作品の映画音楽で知られる作曲家・久石譲さん(55)の長女、麻衣(年齢非公表)が歌手デビューすることが5日、分かった。父が94年に発表した楽曲「さくらが咲いたよ」をリメーク。8日から音楽配信サイト「iTunes」限定で配信される。幼少時から英才教育を受けてきた麻衣は「ジャンルにとらわれず自分しか表現できないカテゴリーを築いていきたい」とやる気満々。父は「自分が納得いくようにやりなさい」と見守っているという。

 日本を代表する音楽家のまな娘が歌手デビューする。麻衣は2歳からピアノを習い、6歳でNHK東京放送児童合唱団に所属。北野監督作品や今年のアカデミー賞にもノミネートされている「ハウルの動く城」の音楽を手掛けた父の元で、英才教育を受けてきた。透き通った歌声と抜群の歌唱力の持ち主だ。

 所属レーベルの方針で生年月日は非公表で、顔写真も用意されていない。プロフィルはベールに包まれているが、実は誰もが知っている“曲”を歌っていた。父が音楽を手掛けた映画「風の谷のナウシカ」(宮崎駿監督、1984年公開)で、ナウシカの幼少時の回想シーンで流れる―ラン、ラン、ララ〜、ラン、ラン、ラン―のメロディーを歌っていた。当時はまだ子どもながら、その歌声は多くのファンの心に刻まれている。

 コーラスグループで歌うなど音楽には携わってきたが、本格的に歌手を志したのは米留学した数年前。「まったく歌う場がなかった。寂しいというのもあって、親しんできた曲に触れたい、ステージに立ちたい、そして歌いたいと思ったんです」。帰国後、作曲活動やライブ活動を本格化した。

 デビュー曲には父が94年に発表した「地上の楽園」に収録されていた「さくらが咲いたよ」を選んだ。「成長して感じ方が変わっても、ずっと色あせない曲だと思った」。3年前に一度収録したが納得がいかずお蔵入り。「この歳になってようやく歌えるようになった」と振り返った。リメークを快諾した父は「とにかく自分が納得いくようにやりなさい」と静かに背中を押してくれたという。

 「ポップスやクラシックなどジャンルに固執せず、その時やりたいと思った音楽をやりたいですね」。iTunesの配信に続き、4月発売の所属レーベルのベスト盤「Wonderland Best」にも収録される。夏をめどにライブも予定。年末から来年初旬にかけて初のソロアルバムを発売する。


 勝手に美形を想像しないようにw

 まあ、麻衣って名前にハズレは少ないよね。幸薄そうだけどw

 短めの茶髪でキュートな可愛い系か、ちょっと長い黒のストレートで地味系か。
 肌は普通か其れより色白。身長は中背以下。

 こんな感じのプロファイリング?

Posted by Virtue at 07:02 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.