2006/03/19

『女王の教室』真矢先生に欠けていたもの

 其れは友人です。同年代の。

 第一夜、教師をする親との葛藤で児童に走りギブアップ、そして結婚。
 第二夜、子供に走り後に事故で死別、離婚、そしてカンバック。

 つまり劇中出て来るのは、親、子供(自分の子と児童)、恋人(旦那)、同僚、上司、・・・友人は?
 たまに居るよね、こういう女の人。

Posted by Virtue at 18:48 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.