2006/04/16

海保、竹島周辺で測量調査=戦後初、韓国は抗議−新たな対立要因に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060414-00000090-jij-pol
海保、竹島周辺で測量調査=戦後初、韓国は抗議−新たな対立要因に

 安倍晋三官房長官は14日午後の記者会見で、海上保安庁が同日、竹島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で調査を行うと国際機関に通知し、韓国政府から抗議と中止要求を受けたことを明らかにした。同長官は「わが国のEEZ内での調査は国際法の観点から何ら問題ない」と指摘したが、調査を実施すれば韓国側のさらなる反発を呼び、日韓関係の新たな対立要因となるのは必至だ。
 海上保安庁の調査は海図編集に必要な資料を収集するための測量が目的で、竹島周辺海域で行うのは戦後初めて。同庁は同日から6月30日まで同海域で調査を実施すると、国際水路機関(IHO)に通知した。
 これに対し、韓国外交通商省の柳明桓第1次官は14日、ソウルで大島正太郎駐韓大使を呼び、「韓国政府の許可なく韓国側のEEZで調査するのは無断進入だ。日本が強行すれば可能なあらゆる手段により阻止する」と厳重に抗議した。
(時事通信) - 4月14日21時0分更新

 「呼ばれて自ら出向く馬鹿」其れが外務省。

 文句があるなら、お前が出頭しろと何故言えない?
 相当暇なんだな外務省って。

 フジテレビ『報道2001』で重村智計教授や山本一太は、ナショナリズムに火が着いて韓国の選挙戦を前に時期が悪いと言っていたが、全く問題無い。

 寧ろファビョって(火病が発症して)泡吹いてバタバタと集団卒倒するぐらい、ナショナリズムにボンボン焚き付けてやればいい。
 もうこういう腐った世論は、一度燻っている怒りを爆発させてやるしか手の施しようが無い。
 そうすれば、何も出来ない韓国政府は国民の手によって叩き潰される。

 え?何故何も出来ないかって?
 実際問題、実行支配しているのは韓国側だし、日本は何も手を出していないでしょ?
 だから何もやりようがないんです。出来るのは吠える事だけ。
 他国から見ても、何であんなに大騒ぎになるのか理解出来ないでしょう。
 しかも他国が仮に彼等の言い分に耳を傾ければ、どんどん歴史的矛盾が噴出する。
 其れこそ知れば知る程嫌いになるw

 虚構国家には何もしていない者(日本)に、物理的抵抗、行使のしようがないという現実と真正面から向き合って貰う。
 もしやれば戦闘行為、戦争勃発です。
 此が現実であり、情報戦というものだ。

 日本は知らん顔していればいい。
 向こうから勝手に歩み寄ってくる。
 歩み寄って来なければ、政権はまた転覆し、新たな政権の誕生。
 脱皮を繰り返すうち政治屋のスペアは弾切れになって、結果的に単なる抗議デモは暴動、そして内戦の勃発という同族の殺し合いへと発展するだろう。
 えぇ、いつもお決まりの半島情勢パターンです。
 其の際は北朝鮮もどうぞ巻き込んでくださいw
 そして今迄のパターンとは違うのは、日本が半島に一切手を差し伸べず、中国に呑み込ませる事です。
 中国には彼等が如何にお荷物か、身を持って体験して頂きましょうw
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 12:21 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

竹島領土問題 日本の政府・国民にも責任の一端はあるんだ
Excerpt: 竹島周辺海域の調査に関して、韓国内では大問題になっている。日帝、新軍国主義、盧泰愚大統領も日本の行動を批難。拿捕等もありえるって話もしている。
Weblog: 政経社会経営歴史評 つらつらブログってみます
Tracked: 2006-04-20 09:48

竹島問題について真面目ななぞかけを思いつきました。
Excerpt: 毎日楽しいなぞかけをつくっています。けっこう真面目な内容ですよ。「竹島問題」とかけて・・・
Weblog: なぞかけブログ
Tracked: 2006-04-22 10:59

.