2006/04/17

対中ODA、無償資金協力も打ち切りへ

http://www.sankei.co.jp/news/060417/sei007.htm
対中ODA、無償資金協力も打ち切りへ

 政府は16日、中国に対する政府開発援助(ODA)について、返済が不要な無償資金協力を打ち切る方針を固めた。今年夏にも正式決定する。中国が経済発展に伴い、無償資金協力の対象国としてはすでに不適当だとの認識に加え、歴史認識、東シナ海の石油ガス田開発問題をめぐる中国の対応に対し、国内から強い批判が出ていることを踏まえ、判断した。

 政府は対中ODAの減額分をインドに振り向ける方針で、ODAの面でもインド重視の姿勢を鮮明にする。

 政府は対中ODAのうち、円借款の新規供与を平成20年の北京五輪前までに打ち切ることを決めており、これに続いて無償資金協力も全面的にストップすることになる。停止年限を定め無償資金協力を一気に打ち切るか、あるいは供与額を漸減させていき最終的にゼロにするかは今後、検討する。ただ、省エネや環境対策などを中心とする技術協力は当面、継続する方針だ。

 平成16年度の中国に対する無償資金協力は約41億円。政府は開発途上国に援助を行う目安として、世界銀行の融資指針を参考に、無償資金協力は対象国の国民1人当たり国内総生産(GDP)が1400ドル以下、円借款などは3000ドル以下としている。

 これに対し、中国国家統計局は今年1月、国民1人当たりGDPが1700ドル(約20万円)になったと発表している。世界銀行は今年夏に融資指針を改定する予定で、政府はそれを参考にしながら、対中無償資金協力の打ち切りを決定する。

(04/17 01:57)

 止めるなら早くした方がいい。
 ああいう共産主義系の虚構国家は、いつ国がバラバラになってもおかしくないからな。借金を踏み倒されたら一巻の終わり。

 其れよりインド、やっぱりインド、絶対インド!w

 餓鬼の頃の「インド人嘘吐かない、中国人嘘吐く」みたいなギャグが流行ったよね?あぁあれは「インディアン嘘吐かなーい、中国人嘘吐く」だったっけw
 「インチキ中国人みたいな・・」って表現もあったな。今もあるか。
 あっ、思い出した「インド人もビックリ!」だw

 でもインド人てビジネスに於いて時間に好い加減と聞くけど、其の一方で環境を含めた適応能力の高さも耳にする。
 結果的に長い目で見れば、信頼できるパートナに成りうるという事なんだろう。

 東京都江東区だったか、インド人が急増している地域があるが、周辺住民や移住者との互助組織がうまく機能していてトラブルも殆ど無いそうだ。
 其の互助の責任者曰く「我々は外国人であって、其の国の文化を壊してはいけない」と言っていた。
 極当たり前の事だが、其れを実際に行動で示している外国人コミュニティは希だろう。

Posted by Virtue at 07:41 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.