2006/04/20

死刑反対

 死刑反対ですよ、自分は。

 此は、死刑を執行する側は元より実際に刑を実行する、即ち殺す側全体の人道的・精神的感覚に大きく影響を与えます。
 法律で認められていようと、誰だって人なんか殺したくないですからね。
 法治国家とはいえ、第三者が法の名の下に人命を奪うという、人が神の様な真似をしていいのかと常々疑問を持っている。

 つまり死刑を認めるのであれば他人任せではなく、其れを実際に実行するのは被害者・被害者家族で、即ち彼等自らの手で殺せるようにしてくださいという事です。

 其れが出来ないのであれば、反対です。

 ん?此って仇討ち制度の復活か??
 でも自分が提唱しているのは武士階級限定じゃありませんから。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:00 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
結局どっちの見方なのかわかりませんが。
自分が被害者になったら死刑は賛成するけど、
そうじゃなかったら反対ということ?

都合よすぎないですか?
Posted by 火渡 at 2006/06/17 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.