2006/05/05

ASEAN+日中韓財務相「地域通貨単位」検討で一致

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060504it14.htm
ASEAN+日中韓財務相「地域通貨単位」検討で一致

 【ハイデラバード(インド)=菊池隆】東南アジア諸国連合(ASEAN)と、日本、中国、韓国(ASEANプラス3)の財務相会議が4日、インド・ハイデラバードで開かれ、域内の通貨を一定割合で組み込んだ「地域通貨単位」の創設を検討する考えで一致した。同財務相会議が、通貨単位の検討で一致したのは初めて。

 会談後に出された共同声明は、「2006〜07年に地域通貨単位の研究に踏み出す」と明記した。現在、アジア開発銀行(ADB、本部・マニラ)が、アジア各国通貨の動きを見る指標として「アジア通貨単位(ACU)」の算出、公表に向けた大詰めの検討作業を続けているが、ASEANと東アジアの3大経済大国の財務相がこうした動きを政治的に後押しする形となる。

 今回の合意では、ADBによる検討と並行し、ASEANプラス3が主体的に議論を進める方針だ。各国政府が直接関与するだけに、具体化すれば、「アジア共通通貨」を視野に入れた議論につながることも期待される。

 具体的には、域内13か国通貨を組み込んだ通貨バスケットによる単位算出を軸に検討が進むとみられる。ASEANプラス3はアジアでの債券市場の育成にも注力しており、まずは地域通貨単位建ての債券発行につながる可能性がある。

(2006年5月4日22時48分 読売新聞)

 谷垣死ね!

 ホント、何で日本の官僚や政治家は、日本に損害を与える事ばかり意図的にするんだ?

 抑もASEANは、中国からの侵略を防ぐ為に結束した組織だろ。
 其の中国側と何故日本は行動を共にするんだ?
 しかも日中韓と韓国迄くっついて来やがって。

 韓国ウォンなんて破綻寸前の通貨だし、中国元は国家が分裂したら消滅するだろ。
 日本円は世界三大通貨第二位だぞ、そんな不安定通貨と統合させられたら通貨の信用がガタ落ちではないか。
 無論、通貨は国家其の物なので、日本の信用そのものが一気に失墜する。

 言及して於くが、日本はヨーロッパが束になっても敵わない通貨信用度を、たった一国で保持しているんだぞ。
 ヨーロッパは陸上国境即ち陸続きで、ローマ時代から人種も言語も文化も行き交って、似通っている。
 しかし日本は、イギリス・ポンド圏同様に島国で、聖徳太子以降一国でやって来た。

 其れを中国や韓国なんかと通貨統合してみろ、まさに日本はいい鴨、一方的に集られるだけで何一つメリットが無い。
 得をするのは、日本が誇る世界最高水準の造幣技術迄手に入れられる、中国と韓国だけだ。

 つまり偽札の横行だ。

 勿論此の悪玉二国は、日本は信用出来ないからと言い掛かりを付け、通貨発行の主導権を握ろうとするに決まっている。
 そうなれば、もうどういう大問題に発展して行くのか目に見えるだろう。

 奴等は好きなだけ札を刷りまくるぞ。

 韓国なんて既に、日本の貨幣や札を模造して、韓国ウォンとして流通させている。

 繰り返すが「通貨は国家」だ。
 そして、風土に基づいた文化を否定する「共産主義国に入れ込むな!」。

 最後にもう一度言わしてくれ「チャイナスクール谷垣死ね!」。

Posted by Virtue at 00:30 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
どうして日本の政治家自国をいじめて快感を覚えるのでしょう?狂っているとしか思えません。

お前ら、どこの国の政治家なんだよ。

ひとまとめにして金のところに送りつけてやりたい。
Posted by 智 at 2006/05/14 04:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.