2006/06/05

水死女児の母を逮捕

 あぁやっぱりそうだったか。

 ブログに書こうか迷ったが、犯人がそうであっても、動機が不明で報復的な予想になってしまうので、不謹慎だと思って止めていた。
 例え当たったからって嬉しくもないからね。

 予測を立てたのは事件の直ぐ後、マスコミが現地取材で聞き込みを始めてからだ。
 事件は、最初の被害者の家から一件挟んだ隣、被害者同士は友達だったと報道。
 遺体発見現場の距離云々よりも、近隣住人の数々のインタビュ映像を見ていて、単純にこう思った。

 「被害者の親同志のコミュニケーションがゼロってどういう事だ?子供は友達だったんだろ?」

 普通一般人の感覚からすれば、第一被害者にインタビュするなんて酷で出来ないと思うだろうが、其れを手を変え品を変え同情的に擦り寄ってコメントを取りに行くのがマスコミだ。
 其れにこういう事件が起こると、犯人が近くに居た場合、テレビ屋は何故か鼻が利いて、警察の報道規制が入っているか自主規制かは知らないが、報道の有無とは別に、インタビュ映像自体は他者と同じ様にちゃんと撮っていたりする。

 だから今回みたいに第一被害者の家族を不自然に避けて報道すると、マスコミの偏向報道のくせからか、自分みたいな人間はピンと直観が働いてしまう。


追伸:
 浮彫になる母親像。
 そして娘の殺害を自供。
 初動捜査を誤っていなければ、豪憲君は殺されずに済んだだろう。

Posted by Virtue at 11:57 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.