2006/10/20

中国人民開放軍のチベット巡礼者狙撃シーン

http://www.protv.ro/filme/exclusive-footage-of-chinese-soldiers-shooting-at-tibetan-pilgrims.html#4265

 此の映像が話題になった時、朝日新聞は何を報道したか。

http://www.asahi.com/international/update/1013/015.html
中国国境警備当局がチベット人に発砲 ネパール国境

2006年10月13日18時24分

 13日付の香港各紙によると、中国チベット自治区のネパール国境地帯で先月30日、ネパールに越境しようとしていたチベット人グループに中国の警備当局が発砲、少なくとも2人が死傷したほか、子供を含む数十人の行方が分かっていない。

 報道によると、子供十数人を含む約70人のチベット人がヒマラヤ山脈を徒歩で越えようとし、国境警備当局の兵士の銃撃を受けた。国営新華社通信は「不法出国を図ろうとしたグループが、引き返すよう求めた当局の勧告に従わず集団で攻撃してきた」と説明。当局の銃撃で2人が負傷、うち1人が寒さと酸素不足のため死亡したとした。

 香港紙サウスチャイナ・モーニングポストは銃撃を逃れた41人がカトマンズに到着したとして、「我々の後をつけてきた兵士が立ち止まるように命じ、発砲した」との証言を紹介。銃撃で死亡したのは、17歳の尼僧だとした。

 此の映像と朝日新聞の報道の事件が合致するかは不明だが、自分達に都合のいいソースは真偽未検証の侭垂れ流す彼等にとっては、実にタイムリな話題であり、此ぞ「朝日のバランス感覚」と呼べる特ア右翼絶賛の報道スタンスだ。

 何せ朝日グループは、中国によるチベットとウィグルの侵略・虐殺を肯定してますから。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 10:02 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.