2006/11/01

簡単に自殺すんじゃねっての

 遺書も何も残さず無言の侭死ぬ奴が居るかと思えば、逆に最後迄皮肉って死ぬ奴も居る。
 又其れを真似て死ぬバカも居る。

 何だあの遺書、ナメてるのか?最後位ちゃんと書けっての。
 遺族曰く「真面目」「正義感が強かった」とか言ってるが、そんな人間があんな事書くか?
 虐められて狂った?
 狂ったんなら親が真っ先に気付かにゃおかしいだろ。
 其れとも突発的に狂って事故みたいにああなったとか?
 そんな奴が一々遺言書き残すか?
 書いたからあんな遺書に成っちゃったとか?

 其れも此も全て闇の中、何だか白黒決着付けるの早過ぎやしないか?
 虐めた側は明らかにメディアに煽られて謝ってるよな?
 そんなんでホントにいいのか?
 んで、メディアを介した連鎖自殺がまーた起きる。

 死ぬ事が遊びに見えて、何だか自殺する人間に同情が全く湧かんのです。
 だってあれじゃ、命を懸けた仕返しだ。
 つまり加害者とされる側に自殺者の意志が伝えられ、其の目的は果たされたわけですよ。
 しかもメディアの制裁付きで。
 全く以て死者の思い通りに成っちゃってるわけ。
 無論生きたいという意思が有っての事だが。

 そんな遺書を背景に、「虐めを無くそう」なんて運動が起こった時には、気味が悪くてしょうがない。
 絶対長続きしないよ。
 だってろくに原因追及もせずに、出て来た遺書と謝罪映像位しかソースになってないんだから。

Posted by Virtue at 21:30 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.