2006/11/18

イジメの考察

 虐め/苛められる側に原因が有る場合も無い場合もあるだろうけど、殆ど原因なんて無いよなぁ。
 其れに原因があっても虐めていい理由にはならないし、征伐じゃあるまいし「正当な虐め」なんて抑も存在しないからね。
 自分の経験で言えば大きく7タイプに分類される。
 気弱/ひ弱(無抵抗)、目立つ、弱味、障害/症候群、外見、不潔、家庭環境。

 気弱やひ弱、無抵抗は原因の内には入らないだろうけど、まぁパシリ役が多いんじゃないかな。
 勉強出来れば宿題見せてもらったり、金持ちなら喝上げされたり、サンドバッグにされたりする。
 所謂弱い者虐めに遭うタイプだ。

 目立つはイコール生意気と捉えられたり、実際に態度がでかくて偉そうにしているとかだが、其れが目に付いて気に食わないと虐める奴も実は態度がでかくて偉そうにしている。
 虐める側になったり虐められる側になったりと、因果応報的に立場が180度入れ替わるケースが多い。
 虐められる側に原因があるとすれば、此のタイプ位だ。

 弱味の場合は、寝小便とかウンコ洩らしとかをネタに虐める。
 ハッキリ言って反論のしようが無い言葉の虐めなので、ひたすら耐えて飽きられるのを待つしかない。

 心身の障害や症候群をからかい虐めるケースは、自分の経験上は無いから何とも言えない。
 影でバカにする奴は居たが、表ではみんな普通に仲良くやっていた。
 抑もこういうケースは虐めが起き易いと思うのか、先生が目を光らしているから無かったとも言える。

 外見の場合は、猿に似てるとか眉毛が太いとかデブといった事だが、人気があるのかバカにされる只の笑い者なのか、何れにしても此で酷い虐めを見たケースは無かった。

 不潔でだらしないのは、先生に叱られるケースが多く、貧しいとか家庭の事情でしょうがない場合もあるが、そういう場合だと片親だったりカルト宗教に嵌って子供をちゃんと見ていない親に多かった。
 大勢から敬遠やシカト系の虐めに遭うタイプだ。

 家庭環境で苛められるケースは親がエホバの証人で家々を回ってるとか、芸能人とか、夫婦喧嘩が絶えず近所迷惑で有名とか。

 とまあこんな感じだが、よく虐められる奴に「強くなれ」と言う奴が居るが、此は何れのタイプにせよ当て嵌まらない。
 虐めなんて一方的に受けるから虐めなんであって、一々仕返ししてたら喧嘩の領域に入ってしまう。
 結局強く成らなきゃいけないのは、其れを見て知っていながら放置している周囲の人間だ。
 其奴等が強くなれば、教師なんて要らない。
 問題解決にならなければ、其の時はちゃんと教師に助けを求めるだろう。

 虐めなんてものは抑も陰湿なもので、わからない様にやるのが普通だ。
 堂々とやっていたとすれば其れは、周りの教師等の大人が知っていながら放置していた事になる。

 虐めるタイプは上記の対応で見ればわかると思うが、共通点が幾つか有る。
 第一子じゃない(兄か姉が居る)
 身長が低い(小柄)
 足が速い(すばしっこい)
 口が達者(大風呂敷)
 ステレオタイプの稚拙なギャグを連発
 モノが作れない(図工が苦手)
 得意課目が皆無

 因みに此等は男のケースだが、全てが100%該当する共通点だった。
 得てして共通点を通して言える事は、バイタリティかもしれない。
 男女に共通して言える事は、朝っぱらから精力的にギャーギャー騒いで人を集め、ヒソヒソ噂を広めるタイプ。
 朝一に都市伝説やら学校の怪談といった噂を「誰にも言っちゃダメだ、秘密だからな」と吹いて回るのが好きで、だいたい仲間外れの元になる人の陰口や悪い噂は週明け月曜日や連休明けや長期休み明けに広めるケースが多い。

 自分は虐められた記憶が無いというか、からかわれても平気なのかそういった行為自体に無関心だった所為か巻き込まれない。
 何かあっても一対一ってケースが殆どで、其奴が虐め仲間を増やそうとしても加勢者はプラス一人、ひょっとして嫌われてるのは此奴じゃないのか?と思ったりする。
 だから「仲が悪い」「個人的嫌がらせ」「口喧嘩」程度の認識しか無い。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 01:16 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.