2006/12/20

金持ちから税金取るな>エンジェル免税

 よく「金持ちから税金を取れ」と言うが、税金は抑も徴収して再分配しているに過ぎず、結局其の流通ルートが複雑になればなる程コストで差っ引かれて無駄になる。
 言わば日本ユニセフ協会とユニセフ駐日事務所の違いの様なもので、前者に寄付すれば日本で利権屋の飯の種にされる分無駄になる。

 只でさえ金持ちが少ない日本で税制を厳しくしたら、貧困ならぬケチん坊な「富恨」が増えて海外に逃げられてしまうだけだ。
 金持ちから取ったカネで其の何万倍も居る一般庶民の税金を、一体どれだけ賄えるというのだろうか。高が知れてる筈だ。
 そんな僅かなカネを、わざわざ国家統治機構に通す利点が本当にあるのだろうか?
 そんな事をする位なら、一起業家へダイレクトに出資し易い様、個人出資者に対する免税処置として「エンジェル免税制度」を創って欲しい。

 例えばベンチャに投資した際、其れが赤字なら個人所得税を幾らか免除、更に上場した暁には其れ迄支払った個人所得税が幾らか戻って来るというシステムはどうだろうか。
 日本はエンジェルという名のベンチャに金を出す個人投資家が少ない。
 今の侭ではベンチャ促進のボトル・ネックになるだけだ。

 ゾマホンも言っているが、貧困を無くすのは寄付ではない。
 新たに産業を生み雇用を増やすしか方策が無いのだから、寄附で免税するよりも起業投資という攻めの免税があってもいいのではないかと思う。

 可能かどうかはわからないが、まあ後の細かい事は政治家の先生方におながいします。

Posted by Virtue at 12:28 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 論文用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.