2006/12/29

「またオオニシか!」のノリミツ・オオニシ(大西哲光)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061229-00000025-san-pol
NYタイムズ拉致「扇動」記事 政府が反論文投稿
12月29日8時0分配信 産経新聞

 政府は、右翼勢力が北朝鮮による拉致問題を扇動しているとした米紙ニューヨーク・タイムズの記事(17日付)を問題とし、「事実と異なる」との中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を、同紙と、記事を転載した国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(18日付)に投稿。トリビューン紙には26日付で掲載された。

 ノリミツ・オオニシ東京支局長の記事に対し、反論文は「そのような事実はない。拉致問題は現在進行中であり、これは自国民救出の問題だ」と指摘。「日本人拉致被害者の多くは30年近くも監禁され、すべての自由を奪われている。被害者が自由と尊厳を取り戻すためにあらゆる支援を受けるのは当然であり、救出は日本政府の使命だ」と強調した。

 拉致対策本部は「大手紙に載ると、それが事実のように思われる可能性があるため反論に踏み切った」としている。

最終更新:12月29日8時0分

 もう騙される人は居ないと思いますが、ソース・ロンダリングの手法は以前書いたので下記の過去記事参照。
 ・ニューヨーク・タイムズでも法螺を吹く朝日を毎日が援護射撃
 ・朝日→NYタイムズ→毎日・・そして特ア問題のお膝元が住むTBSへ
 ・ニューヨーク・タイムズでまた工作記事

 Wikiを見る限り、国籍すらロンダリングしている感じですが、名前も通名で擬装してる可能性がありますね。
 ・ノリミツ・オオニシ - Wikipedia
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.