2007/03/07

黒川紀章

 此の人の建築は「今」を封じ込めた様な、タイム・カプセル的「作品」が多い。
 其の時代の雰囲気や流行で作るのか、作った当時は違和感無くても其れが過ぎると、タイム・スリップで取り残された様に其の建物が在る空間だけが古臭くなる。
 そして昔のポップ・アートを美術館で眺める様に、「此の作品が作られた当時は・・」と、インテリの懐古的オナニーに浸れるw
 写真集で栄えるだけの、まさにバブルの遺物だね。

 根っからの商売人、活字商売人の村上龍が建築家やってる感じ?
 此に更にイデオロギも取っ払ってワールド・ワイドに節操無くした感じ?w
 何せ世界を股に掛ける世界の黒川先生だからね、そう例えると、寧ろ村上は村上でもインチキ仙人(村上隆)とか、龍は龍でも教授(坂本龍一)の方がしっくり来るか?
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 03:07 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
この記事へのコメント
メタボリズムもろくに理解してない癖に大口をたたくな
Posted by J at 2007/03/15 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.