2007/05/19

此が民族系圧力団体のやり方だ

http://www.nnn.co.jp/news/070519/20070519004.html
琴浦町長ら民団に謝罪 「東海」削除問題

 琴浦町が日韓友好交流公園「風の丘」(同町別所)の説明碑から「東海」を削除した問題で、民団鳥取県本部から原状回復を求められている琴浦町は十八日、田中満雄町長らが鳥取市行徳二丁目の同本部を訪れて陳謝した。

日韓友好交流の説明碑「東海」削除で、民団側に謝罪する田中町長(左から2人目)と福本議長(左)=18日、鳥取市の民団本部
 同町は同日、町議会全員協議会を開き、田中町長が議会に対して削除問題の経緯を説明。交流推進の方針を確認して、田中町長、福本宗敏議長ら七人が謝罪のため同本部に向かった。

 非公開の会談を終えた田中町長は、「軽率で配慮が足りなかったと正式に謝罪した。記念碑の原状回復については、いろいろな選択肢があり、碑の作り変えを視野に入れ、議会にも相談して考えたい。交流はこれまで以上に続けていこうという話をして、了解をいただいた」と善後策を講じる考えを語った。

 また、同本部の薛幸夫(ソル・ヘンブ)団長は「日韓交流に携わる人の思いを踏みにじった行為に対する謝罪の対象は町民や県民のはずだが、謝罪の意は十分に伝わった。原状回復を求める抗議文のスタンスは変わっていない。これからいい方向に持っていくということなので期待している。国際交流はお互いに協力を確認した」と述べた。

 恰も韓国の代表であるかの様に振る舞い圧力を掛けてくるこうした民族団体に対し、其の一団体だけを自らお膳立てして特別扱いし謝罪する地方自治を司る役人等。
 御前等、100の団体から抗議を受けたら、100の団体に其の都度謝るのか?
 俺だったら門前払い、しつこかったら110番するね。

 理屈から言っても謝罪するのは可笑しい、東海なんて海は地図上に存在しないし、抑も石碑の所有者は民団ではないだろう。
 もし此がそういう団体と関係して其の公共施設が建設されていたとしたら、完全な利権の癒着の証明になるのだが、「ひょっとして其の工事を請け負ったのも朝鮮企業で談合してたんじゃねーのか?」という憶測も働く。
 因みに俺も消去には怒っている「消すならしっかりちゃんと綺麗に消せ!」と。

 こういうヤクザを石原東京都知事みたいに「はいよ」っと一律にあしらい扱えない人間は、其の自ら特別扱いし生み出した利権に、又其れを逆手に取られ更にズブズブの関係へと発展、何を頼まれても断れない様な犯罪へと手を染めて行く事となる。

 其れが奈良や大阪の自治、TBSや朝日等のメディア、民間企業のセキスイハウス、ユネスコの日本支部、日弁連、社会党、浄土真宗等々、全ては「抗議」という名目の言い掛かりの受け入れから始まり、「在日枠」という名の隠語の在日朝鮮人特権という利権が生まれる。

 謝罪(手段)と賠償(目標)は朝鮮利権確保(目的)の戦略的プロセスだ、好い加減失敗から眞鍋かをり。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:55 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.