2007/07/06

昨日の夢改め二昨日の夢 第二話「矛盾する未来の乗り物」

 相方を追い掛け店を飛び出て、店の左へ回り込む様に裏方面へダッシュ。
 左側にドアの無い屋内駐車場の様な薄暗い建物へ入る。
 さっき居た店内に戻る。
 店の裏口だった。

 そして又、今度は右へ回り込む様に店の裏方面へ。
 道を挟んで左反対側の建物へ入る。

 いきなり広い部屋、理科室の様。
 ダッシュで突っ切るが、もう一人の自分がゆっくり其の部屋を物色している。
 部屋の両開きドアを押し開き、廊下へ飛び出てひたすら走る。
 もう何を追い掛けているかわからない。
 否、追われてるのかもしれない。

 走ってる最中、携帯電話程度のサイズのカラフルなボタンが付いた色んな電子端末が足下に転がり寄って来る。
 ちょっと立ち止まっては拾い上げ、棄てては又直ぐ走る。
 廊下は左側が窓で、右側は何かの研究室、走っている最中に全部屋をゆっくり見渡している。

 すると足下にミニ四駆サイズの四つの車輪が付いた乗り物が二台(一足分)飛び出して来た。
 しかし其の足を載せる背中には、円形の太陽電池パネルが付いていて、足を載せようとすると光が遮られて止まってしまう。
 何だ此、意味ねえ(苦笑)
 諦めて自分の足で又走り出す。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 13:42 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.