2007/07/11

安倍首相の閣僚任命責任

 此迄、安倍首相の任命責任については、野党のイチャモン程度の事だと思って気にしていなかった。
 寧ろ問うべきは罷免権に基づく罷免責任の方だと思って来た。
 所が今回の赤城徳彦に関しての任命責任は大有りだ。

 何で同じミスを繰り返すのかねぇ。
 安倍首相の取り巻きは思考にリアリティが無い。
 抑もブレーンに身辺調査するリサーチャが居らず、否、右腕となるコーディネータも居ないんだろう。
 其処が飯島秘書官の様な黒子が居た小泉前首相との決定的違いだ。

 従って有言実行型に要する動的判断力と瞬発力を持ち合わせていないのにも関わらず、何を急いでいるのか先に言い放っては後になってバタバタと前言撤回をする羽目になる。
 彼等には、先ず極秘裏に動いて根回しし調整する不言実行型だという自覚が無い。
 其の兆候は「美しい国」の提唱から有った。

 どんなに其の筋で優秀であっても、影のある人間を側近に置かないのは、組閣に限らずどんな組織を形成する上でも最も重要な事だ。
 特に慣習に倣ってしまう嫌いが有る柵の多い世襲議員や官僚を扱う場合は余程慎重にしなければならないのに、安倍自身も其の延長線上で又任命してしまう。
 分かり易く極論すれば、田中角栄がハマコーに大臣ポストを与える様な物だ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:45 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.