2008/01/09

ネットカフェ難民に東京都が60万支援するってよ!

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080109k0000e040038000c.html
ネットカフェ難民:都が支援 無利子で最大60万円
 住居がなく、インターネットカフェや漫画喫茶などに寝泊まりする、いわゆる「ネットカフェ難民」を対象に、東京都は08年度、賃貸住宅の入居費用などを無利子で貸し付ける支援に乗り出す。全国の約4割を占める都内のネットカフェ難民に安定した生活を促すのが目的で、自治体としては初の試み。

 厚生労働省が07年8月にまとめた調査によると、ネットカフェなどに週の半分以上宿泊する人は、全国で約5400人と推計される。このうち約2000人が東京23区内に集中していた。彼らに住居を確保できない理由(複数回答)を聞いたところ、▽敷金など初期費用がない(66%)▽家賃を払う安定収入がない(38%)▽保証人ができない(31%)−−を挙げた。

 都の支援策は、正規雇用先を見つけるなど安定的な生活が見込める人を対象に、賃貸住宅の入居費用や当面の生活資金として、最大60万円を無利子で貸し付ける。また、専用の相談窓口を設け、社会福祉法人などに委託して生活相談や住居探しを手助けする。

 都は「住居がないため正規雇用に至らない悪循環に陥っている人が多い。問題を放置すれば、路上生活をせざるを得ない人が増える」と、早期自立の必要性を説明する。

 生活困窮者の支援活動を行うNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の湯浅誠事務局長は、「(ネットカフェ難民が)自力で金をためて住居を借りるのは事実上、不可能なので、支援策は必要だ。ただ、貸し付けの条件次第で使い勝手のある制度になるかどうかが決まる」と話している。【五味香織】

 俺に言わせれば、ネカフェ難民は家出人という認識。
 俺が都知事なら「未だ若いんだから一旦田舎に帰って態勢を整えてから江戸に攻め入れ」と言うね。
 だってみんな義務教育は受けて中学位は出てるだろ?親もどっちかは生きてて居るだろ?卒業した途端住む家を失ってネット難民になったなんて事は無いだろう。
 ぶっちゃけ行き過ぎた核家族化を戻すチャンスなのにな。
 今や誰もが一人暮らし出来る身分や御時世じゃないと思うね。
 取材見てると親と生き別れたとか死別したなんて話は無く、「親との折り合いが悪くて家を出た、親元に居る位なら野宿の方がましだから・・」といった話しが多くて取材者側もわけありっぽくして於いた方が制作上都合が良いのか、其れ以上そっち方面には突っ込まずネットカフェ生活だけにスポットを当てる。
 無論こうした完全な孤立無縁ではない親族等の血縁者が居る人達は、在日でもない限り生活保護は受けられない。
 だからあれだけ騒がれ流行語と化したネカフェ難民も、蓋を開けたら都内23区で約2,000人、東京総人口の6,400分の1とは意外に少なかったという不完全燃焼。
 勿論、田舎に仕事が無いから親を食わせる為に出稼ぎに来て、ネカフェ泊まりで生活費を浮かせて仕送りをしてるというわけでもない。
 実はこうした兆候は、プチ家出なんて言葉が流行るもっと前、今から10年以上前から有った。
 其の都合の良い場所がカプセル・ホテルやファミレスやマンガ喫茶だった。
 援助交際なんて言葉が出る前から、売春序でにラブホ泊まりで梯子する女性も居た。
 バブル崩壊後はリーマン達が経費節減で多用していた。

 昔は敗者の決まり文句みたいに「俺・・田舎へ戻るわ・・」ってセリフを吐いて去る姿をテレビや映画でよく見たものだが・・だからみんなどんなに親が憎くて苦痛でも、素直に負けを認めて地方に帰って親と同居しよう。
 結局生活出来なけりゃ、何処の誰か何かしら迷惑は掛かる。
 ネカフェ難民も引き籠もりも外でグレるか内でグレるか程度の違いだ、恥じる事は無い、寧ろ開き直れ。
 だってよく考えてみろ、戦後60年超の内、一番物が溢れ返って豊かだったのは自分等親の世代の間だけだぞw
 其れが嫌という真面目な人間なら、山や川や海で狩をする自給自足生活しか無いなー
 取り敢えず家に帰れば、寝起きする場所も飯も風呂も困らないぞw
 んで田舎は仕事が無いだろうから、老後の面倒見てやると今流行の『自宅警備員』と称し、心を鬼にして親の臑齧って資産を食い潰せ、此ぞ「穀潰し道」だ!
 其の後生活苦になって、東京に出てネカフェ難民になっても決して遅くはないだろう。
 こうして団塊世代の食い散らかした食卓は、自分の子供達によってチャラになったとさ、目出度し目出度し。

 ・・・となる所を、東京都はわざわざ里親代わりになってカネ貸してくれるんだと。
 其の腹の内には、日本の若者達に地方へ帰られては困る、奴隷派遣で成り立っている都会の事情が有る。
 実際、ネカフェ難民が消えようと、ワープアの奴隷派遣状態は変わらない。
 都は奴隷(日雇い派遣労働者)のニーズが有るから奴隷商人(派遣業者)が居ると開き直っている。
 奴隷のニーズじゃなく、奴隷にニーズを求める業者を潰せ。

 「安定収入が無い」という起因がアンケートで全てを物語っているというのに、都は「住居が無い為」とピンボケで答える。
 其れを言うなら「住所」だ、んなもん都が只で貸してやれよ。
 「住居が無い為」なんてのは人を切る口実でしかないね。
 住居が有ったって次に来る口実は「身元保証人」だ。
 入社試験みたいなもんで、実際は面接で、最悪は高学歴の新卒の履歴書面だけで決め採る。
 あのさ、昔はバイトだって安定的な収入源だったんだよ、だから住居が持てたしだからステップ・アップも出来た。
 今は住居持ってたって、ステップ・アップする先が無いだろ、だから収入は不安定な侭だ。
 つまり重要なのは枝葉末節なボトム・アップじゃなく風通しの良いブレイク・スルーであって、都は其の悪の連鎖を断ち切るべく奴隷派遣を一掃して新地にする「税収ゼロ(マイナス)」の覚悟が無いのだ。

 だから都の本音は劣悪事業のプラス利益と体裁を繕う支援の安いマイナス分で収支がトントンならいいんじゃね?程度なんだろう。
 もっと口悪く言えば、早い話しが「御前等、日銭ばっかでアプアプしてねーで、さっさと経営者に成って産業を生み出せや!此の負かされた仕事するしか能の無い役立たずが!!」と半ば思考停止で後世に投げてるるんだよな。
 都の言ってる、求めてる「自立」とはつまりそういう酷な事だ。
 だからみんな田舎へ帰ろう、否寧ろ逃げろ!w
 親との同居が嫌ならトヨタへ出家するのも一つの手だ、ネカフェ生活より遙かに良いぞ。

 さて此の政策、芽が出るだろうか・・・出ないなw
 んな程度の浮いたカネじゃ、飲み食いで終わっちまうよ。


【関連記事】
 1974-1980年生まれ
 ロスト・ジェネレーション(失われた世代)
 ワーキングプア
この記事へのコメント
ネットカフェ難民の人たちに帰る場所なんてあるの?
ワーキングプアと同じだと思うけど、家が有っても余裕はないと思う。
家の無い生活が楽とは思わない、目指したい事が有ってもできない。
家が無くても良いと思っている人はそれで満足している。
戻る場所が無いか、戻ればさらに酷い事になるかのどちらかだと思う。
日本の4世帯に1世帯は貯蓄が無い、6世帯に1世帯は生活保護水準以下。
これにホームレスは入ってないでしょ?
80歳で空き缶を集める老人、親一人で子育てをしてる家庭も少なくないと思う。
親が死んだら、子どもはストリートチルドレン。
貧困は自己責任か、子どもでも自己責任だと言えますか?
貧困や引き籠りはグレているのですか?
Posted by 通りすがり at 2008/01/10 23:55
抑圧的な完全共産、社会主義に反対です。が、そこで有効なのは共産主義&資本主義の折衷の、投資家、資産家、企業に対する高課税による弱者保護の為の共産性の確保や経済、社会のコントロールの手法です。
これが、構造改革前の護送船団方式や所得倍増計画や日本列島改造論の頃の日本や、ニューディール政策の頃のアメリカにはありました。
国家によって積極的に、計画的に経済や国民生活の保護をして悪いのか?の問題です。
新自由主義(ネオリベラリズム)の自由競争、自由貿易、市場原理主義は、今のグローバル競争社会において、社会的弱者に世界競争の弱肉強食を強要します。
それが物事を分かっている筈の良識ある現代人、文明人のすることか?の、疑問があるのです。
情報、産業、経済、文化のグローバリゼーションの時代、世相だから、国家は反グローバリゼーションの必要性を認め、社会的、経済的弱者を保護する必要があると考えます。
地球温暖化で生物の希少種の絶滅が進んでいます。それと同じ様に、グローバル化によって弱者の人達の希少種の絶滅が進んでいると考えます。
レッドデータブックに載りそうな真面目人間の『ネットカフェ難民』程、現在の投資主体の世界経済、社会を理解出来ずに野垂れ死んで逝くと思います。

※『LTCM』
※『サブプライム問題』
※『小泉構造改革』
※『ワーキングプア』
※『派遣 労働組合』、『雨宮かりん』
※『グローバル化競争、『グローバル競争社会』
※『反グローバル化』』、『反グローバリゼーション』
※『貧困世帯』

をネットで検索してください。
世界は投資、金融支配のグローバル化による第3次世界大戦状態です。

『ネットカフェ難民』に現在の日本や世界の現状を理解してもらう為に、上記の事を『ネットカフェ難民』に対してチェーンメールの必要性を感じます。
Posted by 戦う白いネズミ、アルジャーノン at 2008/02/26 03:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.