2008/04/19

DoCoMoのCIがdocomoに退化

 最初パッと見、肉屋(丸大食品)の新ロゴかと思ったw
 白地に赤だとそんなイメージ。
 シルエットだけだと「adidas」とか「cosmo」だ。
 色と形を合わすと「namco」に見える。

 抑も縁起が悪いから「赤字」は通常避ける。
 但し赤は食欲をそそる色の為、スーパーのチラシや食品会社のロゴでは多用されており例外だが、其れと引き替えに飲み食いという性質上、超短期的な消費サイクルの下で常に新しい物を、即ち鮮度が要求される。
 従ってNTTドコモには、良い物を長く使おうという精神は無いらしい。
 つまりトヨタやキヤノンの様な安価でライフサイクルの短い使い捨て雑貨の様な、直ぐにゴミ屑と化す工業製品を作り続けるという意思の表れだろう。
 善く言えばフットワークの軽さ、悪く言えば近視眼的な浅はかさ。
 パチンコ屋の新台入れ換えや新装開店の様な、自転車操業的な企業を目指す訳か。
 こりゃauより酷くなりそうだ。

 俺はDoCoMoのロゴが操業以来好きで、バブル期に生まれただけあって金の掛け方も半端じゃなかったんだろう、前衛的且つ斬新的でインテリジェンスな感じだが堅苦しくも無くポップさも併せ持った非常にバランスのとれたすばらしいデザインだと思っている。
 単色で表現出来るのは当然の事、遠方からの視認性も高く一目でドコモのロゴだと分かる。
 此れを態々莫大なコストを掛けて「稚拙」の一言で片付く様な、モノトーンで吟味もせずバウハウスの出来損ないみたいなフォントに色でアイデンティティを持たせ誤摩化し、よりによって赤字で刷新するとは頭がパーとしか思えない。
 まあ要は「ダサい」って事だ。
 俺にはウィンナのビニール包装の引っ張る赤いとこにしか見えない。
 此れを「ドコモレッド」と言い張る位だから、特撮戦隊ヒーロー物のリーダを気取ってソーセージでも売るつもりじゃないのかな。
 そういやDoCoMo2.0の★マークもそんな感じだったっけ。
 実にアメリカンでホットドッグな肉食な感じ。

NTT docomo

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.