2008/06/07

女子バレーは選手、男子バレーは監督

2008北京オリンピックバレーボール世界最終予選日本×アルゼンチン
(最大延長21時49分まで)ついに五輪出場に王手16年ぶりの悲願達成へ歴史的瞬間を見逃すな今夜大一番▽櫻井翔 平成JUMP 川合俊一 中垣内祐一
6月7日(土) 19:04〜20:54
テレビ静岡
Gコード(792668)
新旧交代時期にさしかかり、チームが安定しないアルゼンチン。パワーのあるスパイクや高速ジャンピングサーブを打つ選手が多いが、その代わりミスも多い。まず日本は自分たちからミスを出さないように細心の注意を払い、安定したバレーを見せたい。そうすれば 2007年のワールドカップのように完璧な試合ができるはずである。ここでしっかりと勝利を手中にしたいところだ。
実況者 櫻井翔, 実況者 平井理央, 実況者 竹下陽平, 解説者 川合俊一, 解説者 中垣内祐一

 飯食う時にテレビで他に見る物が無い時観るんだが、勝敗にはあんまり興味が無い。

 俺はバレーボールを観る時、女子は選手ばっか観てるが、男子では監督ばっか観てる。
 当然前者は下心丸出しで観てるわけだが、問題は後者の方だ。

 どうして全日本男子の監督ってあんなにカッコイイんだろう、不思議!

 別に現監督の植田辰哉だけじゃない。
 前監督の田中幹保も格好良かった、毛が薄いのに。
 実に悩ましい…否ホント、特にイケメンでもない田中監督の時代はあの独特の空気感にはそうとう悩まされた。
 ひたすらジーッと観察して考え込んでしまう。

 何故格好良く見えるか気付いた点を上げると。
 ・カッコイイのは試合中限定である。
 ・元選手で背が高くガタイも良く姿勢も良い。
 ・基本的に突っ立ってるだけでオーバーアクションが無い。
 ・選手が目と鼻の先に居るので叫ぶ姿は無く堪えながら冷静に見ている。
 ・黒系の洋服を着ている。
 ・黒いイヤホンをして耳から線を垂らしている。
 ・ラリーとラリーの合間の表情がカメラに抜かれる。
 総合すると矢張りトータルであのカッコイイ雰囲気を醸し出しているのではなかろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

.