2006/06/15

1974-1980年生まれ

 (広告業界定義の似非)団塊ジュニアの持つ、巨大な社会的ボラティリティ直後のマスキング効果によって、事実上日本社会から忘れ去られた社会的抹消世代、即ち後発組の真性団塊ジュニア「社会的には存在しないに等しい世代」を指す。

 此の生まれは、『ガンダム世代』『仮面ライダー世代』から外れる後発再放送組で、強いて挙げれば『マクロス世代』『ドラゴンボール世代』。
 似非団塊ジュニアが『ライダー・キック』なら、此の世代は『カメハメ波』が撃てると本気で信じていた世代だ。
 ミュージック・シーンでは『YMO世代』から外れ、『TM NETWORK世代』。
 モータ・スポーツなら、『ポケバイ・ブーム世代』から外れ、見る側オンリーの『F1ブーム世代』。
 スーパ・バイク・ブームとも重なるが、其の中心は矢張りポケバイ世代のバブル世代から似非団塊ジュニアで、後の世代で興味を示したり、実際隠れてバイクを乗り回していた連中は、そうした世代を兄に持つませた餓鬼だった。
 ホビーで言えばガンプラやRCカーブームが下火になり、西部警察やウインチ系のトイ・ラジコン、そしてワイルドミニ四駆が流行りだした『ミニ四駆世代』。
 そして欠かせないのがマイコンブームやゲームウォッチから外れる、『ファミコン世代』という括り。
 前の世代が『スペースインベーダー』『ゲームセンターあらし』『ドンキーコング』なら、後の世代は『マリオ世代』『ドラクエ世代』である。
 生活様式では両親共稼ぎ世代で、首やランドセルに紐に通した鍵をぶら下げていた『鍵っ子』と呼ばれていた世代に相当する。

 「逃げるボラティリティ」

 流行を引っ張るのは、常に数の多い世代と相場は決まっている。
 其れ故、其の世代から外れる後の世代は、流行を追おうと必死に頑張たとしても時既に遅し、追っても追ってもブームが逃げて行くという、永遠に追い付く事の無い悲しい宿命を背負う。

 更に時が過ぎて高校時代では、校内暴力ブームが終わり、今度は女が荒れ出し売春を始める女子高生ブーム『援助交際』の到来である。
 ダウンタウンの松本を始め、女子高生を食いまくっていた時代であり、其の当時、今もそうかもしれないが、元気の無い男子に対し山本晋也は「女の子は援助交際で活発なのに、男共は覇気が無い」と批判していた。

 そしてこうした後追い世代は、実社会に於いても更に大きな影響を受ける。
 ベンチャーブーム、「夢を追え、バイトだ!」と煽る其の裏の実態は、深刻な就職難で求人情報は転職者のみ。
 其の後「終身雇用は終わった、此からは実力社会、派遣の時代!」と煽る其の実態は、転職者に大卒者がプラスされただけ。
 そして「就職氷河期は脱した、やっぱ終身雇用は守るべき!」と喜ぶ其の実態は、新卒者のみ。

 結局生き残った人は、中卒・高卒・大卒等問わず、不況真っ直中でも、新卒からブランクを空けずに職を繋ぎ止めた者だった。
 こうして最悪の時代を生き抜いた彼らは、既に結婚をし子供も産まれ、人並みの人生を送っている。
 此こそ本当の意味での人生の勝ち組なのかもしれない。
 無論敗者は、今更気付いても後の祭りで、まさに「人生オワタ\(^o^)/」である。
 ホリエモンを始め、団塊ジュニアの中でも上昇率のピークから外れる後発組に犯罪者が多いのは、こうした焦りから来ているのかもしれない。

 そしてたった今、「彼等が好きで選んだ人生だ」とニート呼ばわりして切り捨て、時には批判の対象として真性ニートをメディアで晒し、実体から目を逸らそうとする動きがある。
 実体とは就職難民。
 笑顔で自らを「ニート」と認めてしまう彼等にとって、其れは自虐的にならず、自暴自棄にならず、他人の所為にもしないという今にも崩れそうな強がりであり、此以上自己否定したら人として居られない、認知して貰えない、社会に於ける自らを卑下出来ないギリギリのラインであって、逆説的に存在意義を示せる唯一のアイデンティティである。
 からかわれ、バカにされ、虐められても、「無視されるよりはマシ」と自棄を起こさず笑顔で振る舞い続ける虐められっ子。
 何の落ち度もなく、強いて挙げれば何をされても怒らない、大人しいから虐め易いという只其れだけの理由だけで虐められるタイプが居るだろう。
 彼等がまさに其れだ。
 そして最後にブチ切れたらまさに日本人の典型だが、しかし其れは結果が出て初めて気付く事である。

 こうして社会から無視されて来た世代を計算したら、丁度切りのいい6学年分になった。
 此の世代はまさにマスキング効果の犠牲、社会的ボラティリティの高い団塊ジュニア直後の無音部、即ちオーディオ圧縮ファイル・フォーマット『MP3』の、データ消去部其の物だ。
 MP3は圧縮法の一部に、ダイナミック・レンジが大ききく振れた直後のサウンド・データを削ってしまう技術がある。
 此は、大きな音が鳴った直後の僅か0.004-6秒の間、人間の聴覚能力が一時的に鈍化するというマスキング効果の性質を利用した、聞こえ難い聴覚困難情報を削って情報量を減らすという技術だ。

 即ち、数の多い団塊ジュニア世代から見れば、1974-1980生まれの人間というのは、日本社会にとって関心事の鈍化部に相当し、つまり「居ようが居まいが知った事ではない世代」なのだ。
 換言すれば抹殺、現状からすると寧ろ「どんどん死ね」と言ってるに等しい。
 だがどんなに無視をしても、自殺発生率は此の世代が最も高いという現実を、数字だけは淡々と冷酷に刻み続けて行く。


追伸:
 新規エントリ『ロスト・ジェネレーション(失われた世代)』に伴い整合性を調整し、世代マップ(世代分布図)も作成。

generation_map.jpg

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 08:20 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 雑学/雑感
2006/06/16

食べ物を粗末にするテレビ番組

 「食べ物を粗末にする」とは、飽く迄、食事を前提とした行為であって、イモ判を作る等の工作や、映画の小道具に使うという意味ではない。
 或いは、単純に早食いを競うとか、数日間同じ食べ物だけで生活するといった類でもない。

 赦せないのは、どれだけ大量に食ったかの食事量を競うフード・ファイトの様な、或いは、とても食い切れそうにない量を無理矢理食うと言った、無駄に食べ物を消費するだけの大食い番組には心底腹が立つ。
 他にも、どう見てもヤラセと思える、食材をオモチャにしてわざとまずい料理を作る番組。
 こう言うのを見ると、「他人に味見させる前に、先ず作った御前が食ってみろ!残すなよ!!」と口の中にねじ込んでやりたくなる。

 腹が立って局を調べたら、全部テレビ朝日だった。

警察がひき逃げ犯をわざと逃がす

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html?now=20060616115406
韓国大使館員が飲酒ひき逃げ…外交特権で逮捕できず

 韓国大使館の1等書記官が、運転中に原付バイクをはね、そのまま逃走していたことが分かりました。この1等書記官には外交特権があり、逮捕はされていません。

 事故を起こしたのは、東京・港区にある韓国大使館の1等書記官です。13日午後10時ごろ、港区内で、渋滞のために停止していた原付バイクを車ではね、そのまま逃走しました。原付バイクを運転していた男性会社員(34)は、首をねんざするなど全治1週間のけがをしました。1等書記官は、事故後、しばらくしてから、現場近くを再び通りかかったため、警視庁がパトカーで追跡し、酒臭かったため、検査をしようとしました。しかし、外交特権を理由に拒否し、免許証の提示も拒んだため、そのまま自宅に戻されました。事故について、本人は「バイクにぶつかった認識はなかった。事故の前に酒を飲んではおらず、事故の後に飲んだ」と話しています。

 「朝鮮人は逃がす」
 此、警察の基本だから、テレビでもよく聞く話だし。
 創価警察ななら事件其の物を揉み消してくれるよw

 抑も外交特権の意味が本当に分かっていたら、こんな事にはならないだろう。
 外交特権以前に朝鮮人特権。
 きっと全身血塗れのまま刃物を持ってうろついていても、警察は見て見ぬふりするよw

 飲酒運転を逃れる方法で「検問に引っ掛かったら、其の場でを酒を飲む」という裏技があったが、まさに其れを地で行く行動だ。

 いや、ひき逃げした後に酒を飲む自体、常軌を逸した行動だ。
 まるで大量殺戮の後、死体を台にして飲み食いしていたという、世田谷一家殺害事件の犯人と同じメンタリティだ。
 日本人を懲らしめた後、美酒に酔いしれる?
 一仕事終えた後の一杯は、さぞかし格別だろう。

 そういや以前にも台湾か何処かで、韓国の公用車を運転していた奥さんが交通事故を起こし、警察に「私は日本人だ」と名乗ったバカも居たっけな。

Posted by Virtue at 12:59 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

六本木ヒルズ青春白書(Roppongi Hills 106-61XX)

<キャスト>
 賭博依存症:ブランドン・ウォルシュ(堀江貴文)
 仕手爆弾女:ブレンダ・ウォルシュ(村上世彰)
 莫大な資金:ディラン・マッケイ(三木谷浩史)
 モテまくり:ケリー・テイラー(宇野康秀)
 お祭大好き:スティーブ・サンダース(関口房朗)
 自称美人役:ドナ・マーティン(テレビ朝日)
 街を離れる:アンドレア・ザッカーマン(Yahoo!JAPAN)
 穀潰し社長:デビッド・シルバー(内藤裕紀、他)

<製作>
 火付け役は:スペリング・エンタテイメント(朝日新聞)


Posted by Virtue at 17:50 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

ジャンヌダルク(Vo)事故る

 本日二件目の人身事故です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060616-00000087-jij-soci
「ジャンヌダルク」ボーカルが事故=自転車と接触、女性軽傷−東京
 人気ロックグループ「ジャンヌダルク」ボーカルのyasu(本名林保徳)さん(31)が運転するスポーツカーが自転車と接触し、自転車の女性(27)が軽傷を負っていたことが16日、分かった。警視庁目黒署は、林さんの前方不注意が原因とみて調べている。
(時事通信) - 6月16日17時1分更新


 早速情報拾得。
名前:yasu(ヤス)
本名:林 保徳
当て字:夜巣
パート:ボーカル
誕生日+星座:1975/01/27�水瓶座
血液型:A型
出身地:大阪府枚方市
好きな曲:邦楽、ポップス
好きなアーティスト:DEAD END、BOOWY

 大阪で林ってw
 イム・ポドクって読むのか?
 当て字って通名の事か?w

 逃げなかっただけマシだが。

 大阪人は運転が荒いと言うが、国籍比率出した方がいいね。

【関連記事】
 警察がひき逃げ犯をわざと逃がす

Posted by Virtue at 19:40 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/17

WCサッカー>>>>>テポドン2>ル・マン

 テポドン2とル・マンのスタートですよw

 北朝鮮て発射実験する程、資金的余裕があるんだな。
 何処に打つのかな?
 弾頭積んでれば話は別だが、発射実験なんて何処でもやってるからなあ。
 取り敢えず、日本上空を通過するなら挨拶ぐらいしろよ。
 日朝ピョンヤン宣言を破ったのに、破ってないという日本政府の苦しい曲解が笑えるw

 ところで、今回のル・マンもキー局で放送されないわけだが、其れはつまり日本が未だ不況を脱していない事を意味する。
 今回の注目は、ディーゼルのアウディかな。
 恐らくBOSCH製の燃料噴射装置を積んでいると思うが、そうなると実際作ってるのはBOSCHの日本法人だから、MADE IN JAPANて事になるよな。

 ヨーロッパでは、省エネと環境対策でディーゼルが普及してるのに、日本ではさっぱりって変な現象だな。

Posted by Virtue at 23:57 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/18

朝鮮新報がFTP鯖を絶賛公開中!

ftp://58.156.7.165/

 何で公開してるのかな?

 早速『Fetch』を起動しワンちゃんを走らせてみる。
 おぉ元気良く走りよるw

Posted by Virtue at 01:31 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/06/19

3分間息を止められます

が、信じてくれる?

 伸助の番組で、北村弁護士が「90秒息止めが出来る」と言ったら誰も信じなくて騒いでいたので、ビックリして書いてみた。

 餓鬼の頃、学校の授業に耐えかねて「息止め記録をやってる内に授業終わるよな?」みたいな話をして、息止めセット数で授業時間を換算して遊んでいた。
 つまり授業時間が残り30分なら、息止め3分を10セットやっている間に、授業はあっと言う間に終わっていると。

 因みに飛び込み潜水なら25mは余裕で行けるよね?
 25mプールだと、ターンが負担になるから50mはキツイだろうけど、其れでも30m以上は行ける筈だが。

Posted by Virtue at 04:20 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

日本代表FWw

 サッカーに詳しくなくてもわかるFWのショボさ、突っ込み所満載。

<前回のオーストラリア戦>
 FW A「えっ、俺がシュート打つの?(汗」
 FW B「ちょっ、ぉまっ、俺にボール回すなよw」

<今回のクロアチア戦>
 FW A「此処に居ればボ−ルは回って来ないだろう_-;)チラッ」
 FW B「ゎわっ、居ないんだからボール上げるなよw」

Posted by Virtue at 19:09 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

テポドン興行

 撃ったら後が無い北朝鮮。
 撃たれても大して困らないが、米国が騒いだ為にカード確保に必死な日本。
 撃たれても実質困らないが、面子に関わる核問題で必死な米国。

 ミサイルが跳んで来ようと来まいと、ぶっちゃけ得するのは其れを口実に軍事強化が出来る日米で、北は損するだけなんだけどね。

 自分は日本に撃ち込まれても、飛行機一機分プラス長距離燃料分をバラ撒かれるリスクは、請け負う覚悟があるからそう言っているんだけど、日本が北を思いやる様に「説得」とか言ってる時点で北朝鮮ペースになっているのが痛い。

 日本は最強のカードを持っている事を知らない。

 其れは『韓国国交断絶カード』だ。

 今や北朝鮮の資金源は韓国のヒュンダイやサムソン、日米のワン・セットで断絶されたら大打撃だ。

 此からの半島情勢のスタンダードは、北朝鮮と南朝鮮(韓国)の二枚舌戦術になるだろう。

 「擦り寄りと裏切りの繰り返し」という、朝鮮人のメンタリティティからすれば容易に想像が着く。
 まさに「北で恐喝し南は紳士面」という、日本に於ける在日朝鮮人による『経済ヤクザ』の典型だ。

 即ち、此のまま戦争が勃発する手前で、日米と北を天秤に掛けて長引かせれば、韓国はヒュンダイをフロント企業に世界経済から資金調達しつつ、北の核も手に入れられる。
 時に南北一体、時に分裂と言う、共産主義と民主主義を巧みに使い分ける事で、いいとこ取りをしようというのが、自称「バランサー」と呼ぶ商人根性丸出しの韓国の発想だろう。

 だから一番のポイントは、「核で恐喝するノース・コリアは、実はサウス・コリアと一心同体だった!」と世界に知らしめる事だ。
 そうすれば、其の資金源が何処かも自然と目が向く。

 其れこそ、日本企業として世界で罷り通っていた、ヒュンダイやサムソンは、一夜にして「核の資金源にする為に売られていた、サウス・コリアのバッタ物だった!」として世界に衝撃が走るだろう。
 早かれ遅かれ、いつかはバレる日が来るだろうが。

Posted by Virtue at 21:02 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.