2008/01/25

地球温暖化と温室効果ガスの環境問題は精神修養になる

 俺が「温暖化なんて避けられない、関係ねーよ」と茶々入れないのは、会社の技術躍進になるし国民大多数の精神修養になって好いと思っているからだ。
 だからケチ吐けないし、ゴミの分別をしろと言われれば、例え回収後に適切処理されていないと知っていても末端の無力な国民の一人として素直に守る、個々の精神修養の邪魔にならない為に。
 つまり環境の為じゃなく国民大多数の思想の足を引っ張らない為にみんなに歩調を合わせてやっている、時が進めば其の内に適切な処理もされるだろうという思いで。
 繰り返しになるが、其れが地球温暖化対策になるとは此っぽっちも思ってはいない。

 勿論割り箸が廃材で出来ているのは昔から知っているし、80年代の日米貿易摩擦やベトナム戦争の枯れ葉剤の矛先を逸らす米国政界のプロパガンダに踊らされ「日本人は割り箸の為にアマゾンの森林を伐採している」と批判したスティングが、事実誤認を謝罪もせず何事も無かったかの様に日本車のプリウスを自慢気に乗り回しているのも知っている。
 しかしだからと言って、何処ぞの教授みたいに間伐による森林保護の為に資材と資金が環流する様、(国産)割り箸を積極的に使え等という気も毛頭無い。
 無理して割り箸作りに拘る必要も無いし、まぁ其れは飽く迄世間へ問題提起する切り口としての謳い文句なのだろうけど、確かに薬品漬け、殺虫剤漬けの輸入物よりは絶対お奨めだ。
 特に竹製は元々虫が付き易いので輸入物は要注意だ。


 因みに今日は、朝生で環境問題。
朝まで生テレビ「激論どーする?地球温暖化私達は何をすべきか?」
(4・20終了)
1月25日(金) 25:20〜28:20
あさひテレビ
Gコード(86283591)
小池百合子, 福山哲郎, 江田けんじ, 野口健, 浅岡美恵, 伊藤公紀, 江守正多, 薬師院仁志, 王曙光, 山地憲治, 田原総一朗, 渡辺宜嗣, 長野智子

 でも俺は、温室効果ガスより毒ガスの方が心配なのでこっちを観る。
24シーズン5「午後7時・CTUピンチ、ジャックの非情な決断危機救うための犠牲」
1月25日(金) 25:40〜26:35
テレビ静岡
Gコード(1051171)
キーファー・サザーランド, メアリー・リン・ライスカブ, グレゴリー・イッツェン, 小山力也, 林真里花, 坂東尚樹

 同じ生進行でも後者の疑似(=ドラマ)の生の方が知的好奇心が擽られる。
 前者は知識人(文系)が机上の空論で止め処なくゴチャゴチャ言い合ってる所を想像するだけで、滑稽に思えて萎えて「バカらしい、早く寝よ」って思えて来る。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 14:14 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/01/27

ドラマ『SP(エスピー)[最終回]』・・の引っ張り方

SP(エスピー)[最終回]
1月26日(土) 23:30〜24:15
テレビ静岡
Gコード(189626)
SP(エスピー)(最終回)◇混乱を極める大学の記念館アトリウムでは、井上(岡田准一)が腕から流血しながらも必死に麻田首相(山本圭)に近づこうとする。SPを次々に撃つ山西(平田満)は、ついに麻田に銃口を向けるが弾切れとなり、倒れている山本(松尾諭)の銃をとっさに奪う。安全装置を解除するすきに井上は麻田を引きずるようにして退避を始めた。その後も山西は立ちふさがるSPたちに発砲し、井上と麻田を追い掛ける。防弾チョッキで一命を取り留めた石田(神尾佑)、笹本(真木よう子)、山本も意識を取り戻し、尾形(堤真一)の指示の下、山西を追う。一方、麻田の秘書、高島(近江谷太朗)は倒れているSPからひそかに拳銃を奪って後に続く。
岡田准一, 真木よう子, 松尾諭, 飯田基祐, 平田敦子, 野間口徹, 平田満, 山本圭, 堤真一

 まぁ死ぬわきゃないと思ってはいたが、防弾チョッキを着ていない様な弾の受け方と銃撃の受け方は、「御前等小口径で撃たれた位でいつ迄も死体みたいに寝っ転がってんじゃねーよ!w」と突っ込むわな、普通。つーか失神してただろ、情けねーなw

 フジの此のドラマ、芸能報道で流れていた通りスペシャルへ引き継がれるわけだが、あの堤(尾形係長)のセリフはないよな。
 西島管理官の自殺(=暗殺)を残念と言われた尾形は「大義の為だ」と言ったんだが、あれでみんな「えええ!!!堤が黒幕なのかよ!!??」と大騒ぎw

 でもどうだろう、嫌みのつもりで言ったのかもしれない。
 じゃなきゃ今迄の流れからしてストーリが繋がらなくね?
 それともやっぱり、「西島管理官が自作自演テロをコーディネートしてくれたのに、ヲレ達は其れに全然応えられないジャマイカ!」って思いでやっていたのかな?
 だとすると最終回迄エスパー岡田が見抜けなかったのは何でだぜ?
 尾形が絡んだのは首相の時だけで、そしてペイント弾スナイパのデモだけ知っていて黙認してたのかな?


【関連記事】
 ドラマ『SP(エスピー)』に合流出来ない件
 ドラマ『SP(エスピー)』が本当に皆殺し状態だった件

2008/01/30

阪国大統領選で橋下徹弁護士(阪流芸人)が圧勝!

 今回の大阪民国の大統領選挙てホント、宗主国の韓国大統領選に負けず劣らずキモかったな。
 財政難が増せば増す程其の気狂い度も増し、トチ狂った熱病選挙が行われる。
 そして陰りが見え始めると一斉に足を引っ張り潰しに掛かる。

 別にさ、当初出ないと言ってて出たとか、スケベ根性がどうのとか批判する気は無い。
 だが、此奴は一世一代の大博打を、否、99パーセント勝てる勝負で賭けに出なかったのが問題で、恐らく歴代阪国大統領と同じ様に其れが致命傷となって潰れて行くんだと思う。

 橋下を当選させた最大の要因は、日本三大メディア・ネットワークの一つ「読売グループ」の存在以外の何者でも無い。
 其れを、其の御陰で勝てたのだと橋下自身が全くわかっていない。
 恐らく世間だけでなく当人すらも、創価学会公明党の御陰で勝てたんだと勘違いしている筈だ。
 あれは創価学会の手など借りずとも奴等へのカウンタも含め勝てた戦争だ。
 其れが今回の選挙を含む第一発目の悪政で、其れが大いに問題有りで、昨今発言力が低下し立場を悪くしていた公明党に又新たに命を吹き込んでしまった。

 つまり創価学会が橋下支持者を動員したのではなく、橋下が潜在的新規加入者を含め創価学会信者を動員したという事であり、読売という巨大な広報チャンネルを持つ橋下が学会のプロモーションに広告塔として一役買い大成功、否、「大勝利!」したという事だ。
 従って今回の選挙で一番得をしたのは紛れも無く創価学会だ。

 本来、橋下は立候補する際、創価学会公明党の支持を受けるか否かについて先ず最初に「要らない」若しくは「教団が応援してくれるのは勝手だが、此方から陳情する気も無い」と明言すべき所を、公明党が不支持を臭わし鎌を掛けた際に下心を出して奴等を甘受してしまった。
 つまり選挙に勝ったが政治で負けたという事であり、政治を司る人間として最早府知事の任に着く前から己の役立たずを示しているという事だ。

 民主党のガソリン選挙の件「ガソリン税を下げようとする民主党の頭の悪さ」で話した筈だ、あの政局を理解していれば大阪府知事選には創価公明は嫌でも参加し勝たなければならない状況に迫られると。
 其れを橋下はあらゆる面で優位な立場に居ておきながら、其の恵まれた環境を全く自覚せず放棄した。
 こんな底抜けのバカは見た事が無い。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:39 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/02/05

環境テロリスト『シー・シェパード』を支持するパタゴニア社の製品思想

 「パタゴニアは確信犯か?」と問われれば、答えは「Yes, YES! YES!! YES!!! Fucking JAP!!!!」だ。
 しかも本来の意味で。
確信犯
道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。

 つまり「悪いとわかっていて犯す」という世間一般に広く使われている意味ではなく、「正しいと思って犯す」という正義の凌ぎ合いを向こうサイド、即ち外資系企業のパタゴニアは日本国家・国民に対し挑んでいるのだ。

 パタゴニアは元々、山屋専門で其の筋の人間にしか知名度は余り無かったのだが、アウトドア・ブームとリサイクル・ブーム、中でも1993年に発表された使用済ペットボトルをリサイクルした再生フリース(PCRフリース)を生地屋のモールデンとデュポンの技術で世に出し日本でも広く世間に知れ渡る様になった。

 シー・シェパードとの関係については、1993年に資金提供は止めているそうだが、其れ以外の面では思想を含めて支持しているそうだ。
 まぁつまりパタゴニアはテロ支援企業、其の日本支社はいわば北朝鮮の日本支部である朝鮮総連みたいな関係だ。

 しかしあれだよな、環境保護や資源再利用(=リサイクル)の概念なんて白人文化にとっちゃ近代の目新しい事なんだろうけど、日本人からすれば数千年前から在る事だからな。
 特にパタゴニアはペット・ボトル・フリース以来、其の成功体験を引きずって今日迄来ているので日本でそうした啓蒙活動がハッキリ言ってキモイ。
 其れを白人様の有り難いお言葉として支えているのが、其の思想を支持しつつ購入している滑稽なユーザだ。
 恥ずかしくて着れない、エアウォーク(AIRWALK)で十分だw

 アウトドアってのは本来、フロンティア・スピリット(開拓者精神)の体現であって「自然との共存」という日本の感覚とは随分違っている。
 寧ろ「自然との闘い」であって、軽装で里山に入り自然から道具も調達する土着日本人と違い、重装備で未開の地へ踏み入り如何なる状況でもインドアと同じ普段の生活を貫き、例え其処がジャングルのド真ん中であろうと優雅にティー・セットで茶を飲むというのが気高きイギリス紳士の姿だ。

 日本人は「英国紳士」という言葉に幻想を抱くが、本来は女性を盾に建物に入るレディ・ファースト等、白人アニマルの冒険心や残虐性といった本能を知識で説明付け、理性ある文明人として尤もらしく見せるという狡賢さ、そうした貪欲な本性と高い知性の巧みな二面性こそが紳士の本質なのだ。
 しかし日本人は其の一側面でしか人物像を見ようとはしない。
 性善説も結構だが、せめて其の目的や本質に目を向けて貰いたい。
 日本史『ペリー来航』一つ採ってもそう、彼等の目的が捕鯨による燃料油の確保、即ち軍事戦略上必要だったという事を授業では教えない。
 軍艦(=黒船)で開国を迫っているのに、「ちょっと通り掛かった親切なおじさんが偶々軍人さんだった」という程度の認識だ。

 其のくせ日本人はこうした人物像の本質を見抜く力に欠け騙され易い反面、物体から人知を超えた真理を学び取る力はズバ抜けて高い。

 映画『インディ・ジョーンズ』や『ハムナプトラ』といった探検映画を思い起こしてみて欲しい、古代遺跡や森林を何の躊躇いも無く破壊し、其れを振り返る事も無く前進あるのみでひたすら目標に向かって突き進み、道を切り開く力強さ、目的の為なら手段を選ばない非道さを。
 そして其れが後続者への道となるのだが、或いは『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐に例えるならラピュタ中枢の玉座の間を発見し扉を開けた時の無尽蔵に生えまくった草や蔓に「何だこれは!木の根がこんな所まで、一段落したら全て焼き払ってやる」と激怒しながら掻き分け飛行石へ一直線に向かう姿、将又『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアの様な最優先事項から絶対ブレない真っ直ぐな姿、こうした姿勢を体現したモノ作りが「舶来品」の魅力だった。
 そういった彼等を「型破り」と表現するのだが、だから自分は彼等を非道とは言っても卑怯とは表現しない。
 そして偏屈なヒューマニズム?ナチュラリズム?に目覚めエコ・テロリストのシー・シェパードを支持する二枚舌でブレた製品作りをするパタゴニアは、卑怯の部類に属する欧米企業であるという事で、無論そうした身勝手な思想の押し売りも又覇権・侵略型宗教の白人文化らしさなのだが、俺が問題視しているのは「そんな思想のブレた製品に命を預けられるか!」という事なのだ。
 つまりデータに基づかない捕鯨妨害集団の急先鋒を支持しているわけで、即ち数字に弱い人間が作った工業製品をあなたは使いますか?延いては人間の命より鯨の命を最優先する感情的な人命軽視企業の登山ロープに自分の命を預けられますか?と問うているのだ。

 という事で、そんな半端な思想の企業より、捕鯨国ノルウェーの海賊魂溢れるヘリー・ハンセン(HELLY HANSEN)をお奨めする。
Seesaaタグ
くじら クジラ 海軍 来航 環境保護団体 黒船来航 黒船 ペリー来航 哺乳類動物 ペリー 動物保護 recycle リサイクル 再生 再利用 PCR モールデン デュポン フリース IWC 動物 イルカ 反捕鯨活動 哺乳動物 ペット・ボトル ペットボトル 舶来 AIRWALK エアーウォーク Helly Hansen VIKING バイキング 海賊 ノルウェー ヘリーハンセン ヘリー・ハンセン スポーツ用品 スポーツ 登山用品 激安 調査捕鯨 捕鯨船 反捕鯨 捕鯨 櫛羅 白人 宗教 活動 環境保護 環境保護活動 Maker メーカ メーカー 体現 哲学 思想 cult カルト 環境カルト Fashion ファッション 服装 洋服 衣料 wear ウェア apparel アパレル ダウンパーカー ダウンパーカ SALE セール 通販 outlet アウトレット グッズ hooligan フーリガン Eco terrorist Eco terrorism エコテロリズム エコ・テロリズム オランダ人 イギリス人 英国人 アメリカ人 米国人 イギリス紳士 紳士 英国紳士 英国 イギリス USA US アメリカ合衆国 合衆国 米国 アメリカ アムステルダム Amsterdam オランダ eco エコ ecology エコロジー 環境破壊 surfing サーフィン naturalism ナチュラリズム humanism ヒューマニズム グリーンピース Greenpeace 環境フーリガン エコ・テロリスト エコテロリスト 環境テロリスト 環境テロ 環境 テロリズム テロリスト Terrorist terrorism テロ NGO Sea Shepherd Patagonia 舶来品 新製品 製品 インドア INDOOR outdoor アウトドア 登山 パタゴニア シー・シェパード シーシェパード 幕府 江戸幕府 江戸時代 江戸 開国 軍事戦略 軍事 燃料 油脂 哺乳類 反捕鯨団体

Posted by Virtue at 13:21 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/02/13

市川崑監督死去

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008021301009
2008/02/13-22:32 市川崑監督死去=「ビルマの竪琴」「犬神家の一族」など−ジャンルを超えた巨匠
 「ビルマの竪琴(たてごと)」「細雪(ささめゆき)」などの文芸作品のほか、娯楽物の「犬神家の一族」など幅広い映画作品で知られる映画監督の市川崑(いちかわ・こん)さんが13日午前1時55分、肺炎のため東京都港区の病院で死去した。92歳だった。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は長男建美(たつみ)氏。
 1915年、三重県宇治山田市(現伊勢市)生まれ。少年時代は画家を目指したが、ディズニーのアニメ映画を見て感動、18歳で京都の映画会社に入った。動画の下絵描きなどの後に撮影部に移り、48年に野上弥生子原作「花ひらく」で監督デビュー。2作目の「三百六十五夜」がヒットし、漫画を原作に社会風刺を利かせた「プーサン」なども製作した。
 ベネチア国際映画祭サン・ジョルジョ賞を獲得した「ビルマの竪琴」(56年)以降、「炎上」「野火」など文芸作品で声価を高めた。記録映画も手掛け、「東京オリンピック」(65年)では「芸術か記録か」の論争を巻き起こした。国際的な映画賞も数多く受賞、「鍵」「東京オリンピック」はカンヌ国際映画祭で審査員賞などを受賞。ベルリン国際映画祭では特別功労賞を受けた。
 テレビにも進出し、「木枯し紋次郎」は一世を風靡(ふうび)。80歳を過ぎても製作意欲は衰えず、2年前には「犬神家の一族」を30年ぶりにリメークして話題となり、これが遺作となった。推理小説とマージャンが好きで、小さな帽子をかぶり、たばこをくわえたダンディーな姿がトレードマークだった。94年に文化功労者に選ばれたほか、紫綬褒章も受けた。昨年8月、三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー」(6月公開予定)に映画監督役で出演したのが、最後の活動になった。先月24日から息苦しさを訴え、入院していた。

 ヘビー・スモーカもといチェーン・スモーカで享年92歳、しかも生涯現役とは大往生、何という幸せな人生を全う出来た事か。

 市川崑監督の作品は、子供に見せる映画の様な気がする。
 此程スッと日本人の心に入って来る純度・透明度の高い空気の様な映画を作る人は居ないだろう。
 だからこそ子供に見せたい映画、大人になってからでは知識や人生観が邪魔して絶対に素直に見られない。
 飾り気無くかといって退屈もしない、見る側に理屈を必要とせず只有りの侭を見る側に求められる映画だ。
 庵野監督がオマージュした活字レイアウトも有名な話だが、エヴァンゲリオンもそんな純粋な目で観て欲しかった。

 特に幼少期だと「金田一耕助シリーズ」は「裸の大将放浪記」や「天までとどけ」と列ぶ夏休みのいい思い出だ。
 一人留守番で暇を持て余す児童にとって、昼下がりこっそりテレビで観る昼ドラや再放送、特にホラー系?サスペンスは格別だ。
 見終える頃にはもう夕暮れ、おかぁが仕事から帰ってくる。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 23:30 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/02/17

ダメなプロ野球チーム

ダメなプロ野球チームにありがちな事

選手から小銭の音が聞こえる。

 おかしいなぁ…
 夢の中では爆笑だったのに…
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 12:41 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/02/19

未だ未だ足りないTVタックル、日本人は強くならないとな!

たけしのTVタックル「北京五輪は大丈夫か!?毒ギョーザ&食の安全(秘)格差拡大vs共産主義vsチベット&環境破壊」

2月18日(月) 21:00〜21:54
あさひテレビ
Gコード(749383)
たけしのTVタックル◇8月に北京五輪開催を控える中国。したたかな外交を展開する中国に対し日本はどう向き合っていけばいいのか。日本の中国との正しい付き合い方を出演者が討論する。中国では急激な経済発展の陰で環境汚染、温暖化、砂漠化などの問題を抱えている。そうした中で民主党の小沢一郎代表、親中派の福田康夫首相が相次いで訪中。小沢代表は胡錦濤国家主席と、福田首相は温家宝首相との会談に臨んだ。それぞれ友好ムードを強調したが肝心の東シナ海ガス田共同開発問題は棚上げされたまま。4月の胡主席の来日までに問題に進展はあるのか。
ビートたけし

 否、数カ月ぶり?久しぶりに面白かったし、出来も良く本当の意味でバランスの良いしっかり纏まった内容だったと思うよ。

 でも「只のガス抜きだろ?(ガス田だけに)」と言われたらどう返す?たけちゃん??
 「いやーこれがテレビの限界だなー」なんて頭さすりながら言うのかな?

 そういえばニールヤングは最近こう言っている。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2352582/2655164
ニール・ヤング、「音楽で世界を変えられた時代は終わった」
2008年02月18日 16:30 発信地:ベルリン/ドイツ
【2月18日 AFP】】第58回ベルリン国際映画祭(The 58th Berlin International Film Festival)で15日に上映されたドキュメンタリー映画『CSNY Deja vu』の記者会見で、シンガーソングライター、ニール・ヤング(Neil Young、62)は「音楽は世界を変えられるなどという希望は失った」と語った。

 ヤング自身が、Bernard Shakeyという偽名で監督した本作には、2006年に行われたCSNYの反戦コンサートツアー「Freedom of Speech」の様子が収められている。ツアーでは、「Let’s Impeach The President(大統領を弾劾しよう)」という反戦歌が歌われ、賞賛を浴びるとともに脅迫状が舞い込むこともあったという。

「音楽が世界を変えることができたのは過去の話。1つの歌が世界を変えられるなんて疑わしい。それが現実だ」とヤングは語る。

 ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領、特に大統領の巧みな心理作戦を批判的に見つめた。

「ブッシュのどこが悪いかとの質問の答えにはとても長い時間を要するだろうが、彼のどこが正しいかとの質問には短い答えで済むだろう。彼は、健康そのものの標本みたいだ。彼のような年齢でも健康を保てることを、示してくれている」(ヤング)

 ヤングは、ベトナム戦争とイラク戦争との線引きをしない。「どちらも戦争には変わりなく、みんなを傷つけるもの。誤った問題解決法だ。イラクを解放していると思っている米国人は、だまされてるんだ。民主主義を世界中に広める必要はない」

 ヤングは、そうした意見に感銘しない批評家やイラク・アフガニスタン両戦争に従軍した兵士とのインタビューも映画に盛り込んだ。

 本作は、前月ユタ州で開催された「2008年サンダンス映画祭(2008 Sundance Film Festival)」にも出品されている。(c)AFP/Emsie Ferreira

 つまり早い話しが「歌は諦めて映画に転向しました」って事だ。

 俺に言わせれば、言葉(=活字・音声)は疎か映像を含めたメディアを介したコンテンツによる情報戦自体、最早何も意味を為さない事態になっていると思うんだが・・つまり執るべきは行動。
 行動とは言っても、プロ市民や街宣右翼みたいに騒ぐとか暴動といった事ではない。

 中国ガス田問題を例にするなら、保守の連中みたいにグダグダと「北京五輪ボイコット」なんて柔な事を言ってないで「北京五輪なんてぶっ潰してやる」として活動した方が早いだろう。
 最近中国が日本に対ししおらしく成ってるのは、安倍や福田の御陰でも何でも無い「五輪と万博の成功」只其れだけだ。
 日本は其れを踏み台にズケズケとやりたい事を進めるだけでいい。
 と言うと直ぐ「戦争か?」と日本人は飛躍するが、戦争という最後の手段に入る前にやれる事が沢山あるだろと言いたい。
 だから「屁理屈はいいから取り敢えずさっさと掘れや、んな事バカ犬でも出来るぞ!」と言ってるのだが、中国のプライオリティが「スポーツ外交>文化外交>エネルギー外交」となっている今、日本が其の弱味を背景に確信犯的に迫れるチャンスはハッキリ言って「たった今」しか無い。
 寧ろ先の事を考えるなら、今ちゃんと地盤を固めておかないと「カードを放棄して恩を売る」なんてバカな事やってると其れこそ御先真っ暗だ、商魂見せやがれ!!!

 性悪説の大陸国と渡り合うには、日本は強く成らなきゃダメだ。
 其の点で言えば、朝鮮人中国人の強さに対する憧れは見習うべき所。
 弱くて優しい者は相手に付け入られ易い。
 そして弱い人間が何らかの競争に勝ってしまうと、更にその優しさが相手のプライドを酷く傷つけ、逆上・返り討ちに遭う。
 まさに其れが敗戦国の性善説の日本と、戦勝国面している性悪説の韓国や中国との関係だ。
 俺はCO2の問題やアジアのリーダシップどうこうよりも、最も重要なテーマだと思うがね。

 強さは必ずしも力で誇示する必要は無い、其の根拠が有ろうと無かろうと自信を示す行動をするだけでいいのだ。
 抑も世の中なんて矛盾だらけだって言うのに、人間という奴は頭が良くなればなる程、其のほんの小さな矛盾に引っ掛かっては足を取られ行動力が低下し何も出来ずに終えてしまう。
 そういう進歩しきった人間は、下品で行動力のある連中に淘汰される。
 俺は、己の軟弱さの言い訳を美徳にすり替えて自己正当化する奴が嫌いだ。

 さあ、月9というとても贅沢な好条件を持て余してるTVタックは今後どうする?
 別にたけし軍団が掘りに行ってくれたっていいんだぜ?w
 勿論極論だが方向性としてはいい線だろう。

 北京オリンピック開催中に「<ニュース速報>人民解放軍、日本海域で上自衛隊と交戦状態へ」って字幕スーパーが世界中に流れたら衝撃的だろうな。
 911程のインパクトは無いが、間違い無くニュースで知らされるよりはショックだろう。

 其れにしても視聴者は正直だ、2ちゃんのスレの伸びが違うw
 別に国内の不満を国外へ向けて注意を逸らせろと言ってるわけではない。
 国内問題が政局化ではなく政争の具と化し似た者同士で足の引っ張り合いをしているから、団塊世代以外は外交に関心が向いているだけの事だ。
 党争より国際競争の方が余程重要だし、だからくだらん喧嘩してねーで自民党と民主党は公明党と小沢テレビ班をトレードしろと言っている。


【関連記事】
 TVタックルが死ぬ程つまらない
2008/02/23

昨日は2月22日です

・聖徳太子の命日
・ジョージ・ワシントンの誕生日
・フレデリック・ショパンの誕生日
・竹島の日
・猫の日

 此の辺が常識か。

 F1オタならニキ・ラウダの誕生日。
 ガンオタならGガンダムの東方不敗の誕生日、Zガンダムでシャアが行方不明w
 芸能関係なら谷啓、加納典明、都はるみ、イッセー尾形、陣内智則の誕生日、あとフィフィw
 あっそうそう、2ちゃねらーなら切込隊長が結婚したそうだ。
Seesaaタグ
0222 2/22 2月22日 poland GUNDAM レーサ レーサー ニキ・ラウダ 記念日 誕生日 命日 聖徳太子 竹島 竹島の日 二月二二日 2.22 フレデリックフランソワショパン フレデリック・フランソワ・ショパン Formula1 Andreas Nikolaus "Niki" Lauda アンドレアス・ニコラス・“ニキ”・ラウダ F1 ラウダ ニキラウダ ニキ pianist piano ピアノ Franciszek Fryderyk Szopen Franciszek Szopen Fryderyk Franciszek Szopen フランソワショパン フランソワ・ショパン ショパン クロス シュウジクロス シュウジ シュウジ・クロス washington George George Washington ワシントン ジョージ ジョージ・ワシントン 作曲家 Char Char Aznable シャア・アズナブル 猫の日 222 機動武闘伝 Gガンダム 機動武闘伝Gガンダム マスターアジア 東方不敗 東方不敗マスターアジア 機動戦士ガンダム ガンダム Ζガンダム 機動戦士 機動戦士Ζガンダム 行方不明 アズナブル シャア シャアアズナブル Aznable 陣内智則 フィフィ 一郎 演歌歌手 演歌 歌手 はるみ 都はるみ 写真家 典明 加納 加納典明 James Blunt ブラント ジェームスブラント ジェームス ジェームス・ブラント ミュージシャン お笑いタレント 芸人 お笑い芸人 お笑い タレント 智則 陣内 アメリカ大統領 アメリカ 大統領 イッセー尾形 俳優 blunt james JPN US USA オーストリア 日本 山本 2ちゃんねる 2ch 切込隊長 山本一郎 レーシングドライバ レーシング・ドライバ ポーランド 谷啓 コメディアン Britain England United Kingdom UK イギリス Egypt エジプト austria

Posted by Virtue at 07:39 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/02/25

イージス艦と漁船の衝突事故

 回避義務怠慢の衝突、そして救助しないは連絡しないは運用体制を隠蔽するわ全くどうしようもないね。
 何故隠す?中国共産党に機密情報漏洩させてたくせに、何を今更隠す物なんて無いだろ?
 抑も隠す必要性が全く無い事で此の有様。

 只一つ漁船の方で不思議なのは、「自分が正しいからといって自分から突っ込みに行くバカは居ないよな?」って事だ。
 ひょっとして漁船の方も接近する迄気付いていなかったんじゃないか??
 無論仮にそうだったとしても悪くない、先に気付いて対処しようとしたわけだからね。
 でもさ、其れも生きていたらの話で、自分の事は棚に上げて文句の一つも言えたでしょう。
 ホント、生きててなんぼ、命有っての物種だって事が言いたいわけ。

 繰り返しになるが、例え直前迄気付かなかったという落ち度があったとしても外野が責め立てる道理は無いし、勿論「あなたは正しい」とハッキリ言える、でも死んでしまったら元も子も無い。
 法令を遵守せず命を奪いに来る相手に、自分だけ法令を守って運を天(=御上)に任せる様な真似はしちゃいけない。
 何だか宙船の歌詞「おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールを まかせるな」みたいな中島みゆきっぽくなっちゃってるが・・船の話だけに。
 それじゃ無法者に命を預け運命を棄てる行為だからね、コンプライアンスも糞も無い。
 別に「生に悪足掻きしない清い死に方」の追求や実践みたいな、日本人の在り方や美徳を説く様な性質の話じゃないんだから・・清徳丸だけに。
 例えば、右ハンドルの自動車同士が、片側崖の狭い山道を擦れ違う際、右側通行になるでしょう。
 勿論でかくて重いクルマとなら其れが山側で停車し、軽いクルマが崖側の走行ラインを取るでしょう。
 空気を読むって云うのはそういう事です。
 事実他の漁船は臨機応変に左回避している。
 そういうおっちゃん達を見ると、此ぞ海の男って感じがするわけだが、そういう意味では舵を握ってたのは若い息子だったんじゃなかろうかと思ってしまう。
 普通ならでかい船が迫って来たら急に止まれない曲がれないと思うでしょう。
 もっと言えば、直前にイージス艦に対処出来た回避行動は、バック進のみ。
 面舵一杯!なんてやってたら発生した波で周囲の小船が転覆してしまう。
 其れをクルマで例えるならブレーキを踏まずステアリングだけでしかも相手の走行ラインに向かって舵を切ってぶつかりに行っている。
 恐らくはイージス艦が一直線に真っ直ぐ突っ込んでる経過すら把握していなかった程、何処に向かって走ってるかわからない位に直前で気付いたんだと思う。
 ホント見事な位船室ど真ん中を直撃、ちゃちなプラスチックの漁船胴体部が鉄の軍艦の鋭利な船首で一刀両断、恐らく即死だろう。
 衝突ギリギリ迄粘ってた感があるから、投げ出されこそすれ自ら海に飛び込んで逃げる運動神経があったとも思えない。

 もう一週間経つ?冬の海でそんなに長く生きていられるとは思えないけど・・とか思っちゃう冷静な一般人の一方、マスコミは生きてると言い張るのですが、何れにしても見付け出さなければならないので生きているという方向で一向に構わないと思います。
 もし生還されたら真っ先にあの時の状況を聞きたいですね。


追伸:
 捜索打ち切りしたそうだ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:18 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/03/15

精神年齢と肉体年齢と実年齢の乖離と再生医療の未来に懸ける男のロマン(笑

 自分は周りから気が長いとよく言われるが、其の理由・考え方を今一理解してもらえないので説明したいと思う。

 先ず人間の寿命が延びると、実社会でどんな影響を及ぼすのだろうか。
 再生医療の御陰で想定最大寿命一杯に生きられる様になり実年齢と肉体年齢が乖離する。
 すると元気で暇な老人が増え、年金という概念が吹き飛ぶ故、現在の実態を念頭に於けば尚更、将来年金が貰えなくなるのは確実だと腹を括っている。
 冷凍睡眠技術が発達すると、早生まれが必ずしも年上とは限らなくなる故、自分は余り敬語に拘らない。
 科学技術とは、ある難問を突破すると急激に発展が加速する故、平均寿命が比例的に増加するというよりは一気に200歳へ到達する可能性があると本気で思っている。
 寿命200歳時代に於いては、バツイチ〜バツニは当たり前、死が二人を分かつ迄人生を一生添い遂げるなんて言う価値観は滑稽だと思っている。
 国民の三大義務に勤労の義務があるのなら、定年退職や年金なんて無くして全員死ぬ迄働き続けるべきだと思っている。
 ・・等々思い起こせば色々出て来るけど、こうした科学技術の発展に伴うドラスティックな価値観の変化に付いていけなくなるのは哲学系宗教、中でも西洋文化圏のキリスト教だろう。
 日本なら大丈夫、アジア圏では大還暦(120歳)という余白の大きな価値観があるし、其れ等が破綻しても教義の無い土着信仰、即ち神道の自由な価値観があるので臨機応変に生きられる。
 しかしキリスト教圏の大半は土人文化を破壊して定着しており土着信仰は皆無である。
 本来なら左翼的発展を遂げた彼等宗教も、殊科学の新境地のブレイクスルーに於いては常に足枷となる保守的存在である。

 さて此処からが自分的には本題。
 三月は憂鬱になる季節と云われているらしいが、特に人生を悲観視している氷河期団塊ジュニアには是非とも聞いてもらいたい、自分の気が長くなった経緯を。

 自分が3つの頃、人間に寿命がある事を知らず、此の侭成長し続けるとウルトラマンみたいにビルより大きくなって家で暮らせなくなると危惧していた。
 幼児の(5歳の頃)に爺ちゃんが死んで人間には寿命がある事を知る。
 児童の頃(小学3年生)にクローン技術の未来が直ぐ其処迄来ている事を知り、人間は一生生き続けられるのではないかと思い始める。
 中学の頃に「テロメアの長さが寿命を決める」事を知る。
 高校の頃に「人間の体内時計は25時間周期である」事、「テロメアは50-60回分、約2年周期で短くなる」事を知り、こんな計算をした。

 テロメアの細胞再生回数が50回の場合の肉体寿命は、体内時計25時間周期*テロメア730日(=365*2)周期*テロメア50回分=寿命912500時間となる。
 此を絶対基準とする1日24時間周期の一年間(=24時間*365日)の計8760時間に同期させると、912500時間/8760時間=寿命104歳となる。

 テロメアの細胞再生回数が60回の場合の肉体寿命は、体内時計25時間周期*テロメア730日(=365*2)周期*テロメア60回分=寿命1095000時間となる。
 此を絶対基準とする1日24時間周期の一年間(=24時間*365日)の計8760時間に同期させると、1095000時間/8760時間=寿命125歳となる。

 学生の頃に年上の雄と年下の雌の歳の差が開く程、子孫の寿命が延びるという蝿の実験を知る。
 そして此迄の知識を元にソレスタルビーイング創設者イオリア・シュヘンベルグも吃驚の壮大なプロジェクト、否、おバカなプランを考えていた。

キャスト
 父と10歳以上年下の母から生まれた寿命と気の長い俺
 幼い娘と自分の将来と老いて行く不安を抱えたシングル・マザー
 歳の離れた上司と不倫の末に生まれた長寿命の娘

Phase1:子(=娘)持ち女性と付き合う若しくは知り合う
es_phase1.jpg

Phase2:16歳の娘と年上の俺と結婚する(=国内法規上ベストエフォート)
es_phase2.jpg

Phase3:子供を作る(=長寿命同士の掛け合わせ最強チルドレン)
es_phase3-1.jpg

es_phase3-2.jpg

Phase4:生まれた子供の抜け乳歯等から幹細胞を保管・培養する
es_phase4.jpg

Phase5:培養した細胞を自分や奥さんや義理の母親に注射し身体を再生
es_phase5.jpg


 そして現在、親から貰ったボロボロの歯と飛蚊症だらけの目を治したいと切実に願っている。。

.