2008/08/12

明日、高桑健2等陸尉が北京五輪水泳200メートル個人メドレーで戦うぞ!∠(*゚Д゚)

 俺はガキの頃、彼の父親(高桑章)が勤務する旧トーアスイミングスクールに通い水泳を普通に教わってた、数千人は下らないであろう子供の中の一人だった。
 当然普通に知り合いで余り身近な事を話すと俺のブログ生命に関わる問題なのでw控えるが、こないだクルマでも擦れ違ったし。

 そう実は、Wikipediaで静岡県出身の有名人とか見ていたら偶然、水泳選手をやっている其の息子高桑健の事を知ったんだが、其の後に北京五輪出場の噂を耳にする迄に時間は掛からなかった。まさに虫の知らせ、否シンクロニシティという奴だ。

 昔の先生との思い出を話すなら、高桑先生はコーチ陣の中では一番イケメンで、名前も「アキラ」と特撮ヒーローに出て来そうなカッコいい名前だったので、フルネームで憶えていた唯一の先生だった。
 メチャメチャ明るく元気で剽軽で、当時ブームだったファミコンが大好きで、あの当時としてはファミコンが好きだと公言する大人なんて珍しかったから子供達に大変人気があった。
 ホント、子供達からゲームの情報を集めたり教わったり、ファミコンの話ばっかしてたw

 そんな先生だったが、たった一度だけブチギレして怒り狂ってる所を目撃した事がある。
 目を血走らせて大声張り上げ本当に別人格に成ったかの様だった。

 一体何があったのかというと、其の日は偶々普段担当していた先生が休みか何かで居らず、其の代役で高桑先生になったのだが、いつもの調子でプールに走って飛び来んだのが運の尽き、さっき迄あんなにヘラヘラと子供と戯れ合ってた先生が「ゴルァ!!!何プールサイド走ってんだ!!!」と血相を変えてタコ殴りされるんじゃないかと思うぐらいの勢いでそいつを片手でプールから引きずり出し、其の日は完全に外へ追い出されていた。
 勿論俺は滑って頭打ったら恐いのでそんな事しなかったが、子供にナメられがちな所謂習い事教室の先生が小中学校の先生みたいな勢いで怒るというのは本当に衝撃的だった。

 そんな思い出だが、暫くしてスクールに選手コースというのがある事を知るのだが、其処で見た先生達はまさに別人だった。
 当時からオリンピック選手を育てるという話は耳にしていて、少数精鋭で生徒も毬栗坊主の筋肉モリモリで、暗がりでビデオ分析している姿も見えた。
 恐らく当時は未だストローク数に注目されていなかった所為もあったのかもしれないが、コーチ達のニワトリ声というのかオットセイの声というのか、「ェア゛ォッ!ェア゛ォッ!・・」と変な奇声を発する掛け声を初めて見たのは此の頃だったと思う。
 一度だけ訳が分からず選手に混じって大会に出た事があるが、いつもやってるスクールの大会と違ってスイミングスクール合同の大会で会場も違ってたんだよね。
 同じ沼津に在る岩崎恭子が通っていたスクールらしいが、大会は生徒によってマンツーマンのコーチみたいにストップウォッチ片手にプールサイドに沿って歩きながらあの変な掛け声をするのだが、俺が泳ぐ時は先生達は誰も変な掛け声してくれないんだよね。
 其処で競争に勝つ為の選手コースと水泳を楽しむ一般コースとの違いを知った。
 そして其れが静岡県の大会だったと知るのは、後日年齢別平泳ぎ3位の表彰状貰ってからだった。
 そう言えば、当時大塚製薬で発売されたばかりのカロリーメイトを覚えたのも此処のスイミングスクールだった。自販機も在ったからね。
 スクール内の大会がある度に、二本入りの一回り小さい箱の試供品と飲む缶の奴が手渡され、発売当時から飲む方は不味いと言われていて其れは親父にあげ固形は自分で大事に食べた。


追伸:
 明日の大会は21:17分頃かららしい。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 21:32 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/08/13

アップル『App Store』の功績

 よくアップルに対し独占しやがってと半分妬み混じりで文句を言う者もいるが、本末転倒というかビジネスのイロハのイの字もわかってないのかと閉口する。

 何でもそうだが、初期投資を回収する前に最初っから市場開放する馬鹿は居ない。
 言わば初期投資回収の為に市場に流れる製品に価格を上乗せするか、市場のシステム其の物から手数料を稼ぐかの違いだ。
 しかも最初に市場を作った当事者に対し其の言い草は言い掛かりに等しく、寧ろビジネスマンとしてなら敬意に価する事だ。

 そしてアップルの一番の功績は、自分で作ったアプリケーションを簡単に売る事が出来る環境を作り整備したという事だ。
 しかも其れを公式サイトでポータル化し展開する事で、コンシューマ(消費者)が容易に商品検索出来る様になり集客力をアップした事。
 此れによって余り日の目を見る事の無かったマイナーなデベロッパに対しても、自分の作品が多くの人の目に触れる機会、ビジネス・チャンスを与えた。

 そして其の思惑は見事的中し、新しい市場を生み出しただけでなく略同時に市場の成長と活性化を齎した。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 14:43 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/08/17

Pitta!ユーザ勘違いまとめ

 Pitta!とはWeb広告を配信するASP(Affiliate Service Provider)だが、此処のサービスの大きな違いは、広告掲載者が広告主から得る収益から仲介手数料として30%をPitta!へ支払わなければならないという事。
 此れがでかい。

 此の考え方は“メディアが広告枠を売る”という着想に基づく。
 即ち、他社のクリック報酬や成功報酬とは違い、広告枠を買う側である広告主に公告配信会社への手数料が発生しない。
 其の代わりメディアへの広告掲載枠が決定し広告配信が発生した場合は、其れを売った側の収益から手数料が差っ引かれる仕組みなのだ。

 Pitta!では現在、UUに基づいた広告表示回数をカウントし収益を決定するインプレッション広告と掲載者が値段を付け広告枠を売るセルフマッチ広告の2種類が用意されている。

 だから次の様な誤解を招き易い。

 インプレッション単価が不当に低い。
→手数料で30%引かれてるだけ
 セルフマッチ収益が設定した価格より低い。
→手数料が30%引かれてるだけ
 セルフマッチとインプレッションが混在した際、インプレッション収益が不当に低い若しくは反映されない。
→セルフマッチの手数料30%マイナス分がインプレッション収益で相殺されているだけ

 最初に使い始めて一番多い誤解が上記の1項目目だが、2番目は誤解より手数料を引かれる事を織り込まずに価格設定をしショックを受けるケースが多い。
 そして3項目目はインプレッション収入に慣れて珍しくセルフマッチで片方埋まった人に多い自分もシステムトラブルかと勘違いしたケースなのだが、セルフマッチ広告は普段稼いでいる1日のインプレッション広告収益より高く設定するのがセオリー、しかし其の分手数料の額も大きくなっている事に気付かず、セルフマッチ設定額と普段のインプレッション収益を単純に足し算し埋まってない広告枠のインプレッションが反映されていないと勘違いする。

 まあ何れにしてもクレジット決済会社と契約している様なパーセンテージを売り手だけに負担させるのはどうかと思うが。
 だって結局メディアと言ったって只の一般消費者、力関係は言わずもがな「企業>>>>>>フォールド断層>>ブロガー」である事には変わりないわけだし、おまけに出金にも振込手数料でまた525円取られるし。
 そう言った意味でも出稿する側にもせめて掲載側の半分の15%は請け負ってもらいたい。Pitta!がどうしても30%欲しいというならね。
2008/08/25

ザ葬式メーカー

 


ゎーい、楽しい人生だった。


ほーぅ、本名で真っ当に生きる運命も悪くないが?

とまぁ、仏式の場合の話だよな

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:26 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/08/29

『ブログタイムズ』サイト審査通過

 今月は読書月間だった。
 10冊以上読んだかな。
 しかも全部立読みで熟読破し携帯電話でメモ取りながら。
 以前から言ってる様に、自分はマンガすら読まない人間、無論ジャンプ等買った事も無い。
 人生でこんなにちゃんと本を読んだ事は無い。

 そんな中で出会った本の一つが、前々回紹介した何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則 (単行本)だった。
 しかも其の前にPitta!のセルフマッチ広告枠に其の著者の会社から出稿依頼が来ていて自動承認で入る事になっていた。
 何というタイミング、というかシンクロニシティ。
 勿論ブロガーへの出稿依頼の意図は読者への広報性だけでなくブロガー自身への認知性も含まれている。
 実はそうした話も本著にはちゃんと正直に書いてあったりする。
 そして俺はまんまと其の策に載る様にブログタイムズの掲載審査を受け1〜2日で通過した。

 次回は其のブログタイムズの中身に付いてインプレッションしようと思う。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 06:55 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2008/08/31

SATC(SEX AND THE CITY)の第1〜4話を観た

[新]SEX AND THE CITY NYセックス事情/モデルにハマる男たち/シングルでなぜ悪い!?/20代の男との情事
08/30(土) 深02:40 >> 深04:30  SBSテレビ
[英] ドラマ/海外連続ドラマ

サラ・ジェシカ・パーカー キム・キャトラル クリスティン・デービス シンシア・ニクソン
出演者/サラ・ジェシカ・パーカー キム・キャトラル クリスティン・デービス シンシア・ニクソン

 シチュエーション・コメディだな、主人公がブツクサとナレーションが入るタイプの。
 80年代に多かった手法だが、此のドラマ自体第一話の放送は10年前の1998年。
 出て来る小道具のPowerBookも3400cの筐体を踏襲した初代G3だし、サラ・ジェシカ・パーカーってあれで当時33歳だったってのが驚き。
 だって主要な出演者、皆肌のシミとかおでこシワ凄いよw
 まぁおでこは表情豊かな表現としてしょうがないんだろうな。
 つまり今年で43歳で日本で言えばバブル世代なわけだが、だから80年代カルチャーの中心を担っていた此の世代にとっちゃ最も受け入れ易いドラマ手法だったってわけだ。

 でも世代も性別も違う自分でも面白いと思った。
 まぁ俺が特殊なのかもしれないが、此のドラマ、民放の深夜枠なのに30分ドラマなんだよね。
 つまりNHKの7時台にやる様な海外ドラマを、深夜のフルハウス再放送みたいに毎週連続で流している様な感じ。
 だからあっという間に終わって又始まるから見応えがあって中々いい。
 1話目は「まあこんな感じか」、2話目は「此の調子で行くのか」、3話目「中々面白いじゃん」、4話目「うはっおもしれえw来週も観なきゃ」という状態になってしまった。
 話の全体像としては、番組タイトル通り“街と性”で、生殖機能を失った女たちが生殖器から快楽専用器へシフトする間に起きる“心身不一致”で揺れ動く様子を面白可笑しく描いたコメディ・ドラマと云った所。

 一話限りの様子見で終わらせるつもりだったのに・・でもWikipediaでシーズン1を調べたら全12話だったので、再来週分迄観ればもう2ndシーズンだ。
 と思いきや其れ以降は17話とか変則的、其れがシーズン6(19話)迄ある・・取り敢えず1シーズンだけ観る事にして於こう。。
2008/09/02

『ブログタイムズ』インプレッション

Floating Image ブログタイムズは所謂ペイ・パー・ポスト(Pay Per Post)というやつだ。
 つまり記事広告

 当ブログ上では此れ迄にアフィリエイトやインプレッション広告等色々試してデータを取って来たので詳しくは今度話すが、少なくともペイパーポストに関して言えばブログタイムズの報酬は他社の数十円から数百円という基本単価よりも千円から1万円迄と10倍以上高い。
 又日記ブログを対象に態とらしく話題になる様に仕向け書かせる指示も無いし、検索エンジンに嫌われる様なスパムリンクを貼らされる事も無い。
 高額報酬が功を奏しているのか「無理に書かないで」という注意書きが逆にあるぐらいで、テーマにさえ沿っていれば基本的に何を書いても自由で、批判記事だって構わない。
 即ち「批判されても無視され無風状態よりは話題になるだけ宣伝になる」という、「リスクを取っても私よがりよりは公を取る」という広告の王道を行く物であると期待出来る。
 無論、例えば「後々の付き合いを考えて…」といった利害関係の力関係には限界がある。
 此れは金銭が絡む場合やBtoBのタイアップ若しくはBtoCの試供で物品や役務(サービス)の提供を受ける等、全てに於いて言える事である。

 過去にこんな例がある。
 ファミ通の人間に直接聞いた話だが、ゲーム会社から発売前のソフトの提供を受け批評記事を書いた際、其の内容が批判的だという事で暫くソフトの配給がストップして記事が書けなくなったそうだ。
 或は、ネット系自動車情報専門サイトのレスポンス(Response.)は、旧オートアスキー(auto-ASCII24)創設当時表舞台に立てなかったのはトヨタが正式な報道メディアと認めなかった為に試乗会に参加出来なかったという経緯がある。
 即ち裏を返せばトヨタがネット系メディアに解禁しなければ彼等はずっと?…という事である。
 こうした傾向が最も強いのは矢張りテレビ業界だろう。
 雑誌ではモータージャーナリズムとなる。
 例えばCG(CAR GRAPHIC)誌やカーグラフィックTVでお馴染みの松任谷正隆は日本カーオブザイヤー選考委員でもあるが、本業の音楽プロデューサでかみさんの松任谷由実との絡みで三菱自動車がスポンサになっている。
 或は、韓国映画を大絶賛するおすぎの様に「カネくれれば褒めちぎってやる」的な事を公然と言って映画評論家をする俗物だって居る。
 即ち隠さず透明性の高いスタンスであれば騙されたとは思わないので、腹も立てずそういう人間だという大人の見方が出来る。

 つまりメディアに対し中立性や中道を求めるお上頼みの情報奴隷みたいな根性を捨てろという事だ。
 尤も、其れを求める真偽検証の意思があるだけ朝鮮や中国と違ってマシではあるが。

 詰まる所、情報リテラシー、本件に特化するならメディア・リテラシーとなり利害関係の所在や政治・経済・宗教といった思想のスタンスを見極める能力が情報を受ける側に求められるわけだ。
 無論当方は其れ等全てをオープンにしているので、後はあなた方読み手に嘘か真かの判断が求められる。

 尚、今回の記事は「ブログタイムズに期待する事」をテーマにカネを貰って好き勝手に書いている。
 そして其れはフッターに「[PR by ブログタイムズ]」の標記から判断出来る様になっている。
 其の額は上限一杯の10,000円。
 果たしてこんな感じの記事で報酬が本当に出るのかは後日、審査能力の分析を含め又報告する。
 尚、額面は通常書いてはいけない事になっているが、本件は其の当事者であるブログタイムズであり宣伝になるからだろう、おkなのだ。
 因に現在入っている広告案件は此の一件だけで、実際の広告主が此の額で提示して来るとは思えないが、上限を撤廃するかライターのギャラに匹敵する5万円ぐらいは設定してほしい。

[PR by ブログタイムズ]


【関連記事】
 ジャーナリストとレポータの違い
 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則 (単行本)
 『ブログタイムズ』サイト審査通過
2008/09/04

『ブログタイムズ』記事審査結果と後書き

【ブログタイムズ】記事審査「OK」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
RobotBoyの落書き帳 運営者様

株式会社PR TIMESのブログタイムズ事務局でございます。
ブログタイムズへ記事URLをご報告いただき、ありがとうございました。

記事URLを審査させていただき、結果は「OK」と判定させていただきました。

 記事掲載を知らせてから凡そ12時間程度で審査結果が出た。
 今回のブログタイムズに絡んだ記事を書くのはハッキリ言って大変だった。
 連載の本数と過程を見ると分かるが“起承転結“になっている。
 否意図的にそうしたし、そういう展開にしようとアイデアが浮かんでしまったから止められなかった。
 無論本記事の“結”を含んだ四本立てでも貰える報酬は“転”で書いた一本分だけ、其れがたった1万円なら割にあわないと思うだろう。
 矢張り間違いは社長の書いた本に偶然出会ってしまった事だ。
 そして何よりブログタイムズの目的であるPR性重視の姿勢が何処迄本気か知りたかった。

 正直、もう少しテーマから逸れた暈かしに暈した文章にしようかと思ったが、歯医者代が欲しかったのでぶら下がってる萬札に飛び付き、審査員に「此処が掲載条件の部分です」と分かり易く示し記した。
 つまりハッキリと具体的に書くか、思いとして包括的に書くかの後者が通じるかを試したかったのだ。
 もっと言えば、テーマに擦る臭いがするだけでも面白い記事であればPR性が高いと評価し、報酬を与えられるかという企業姿勢を捉えたかった。
 そして其れは社長の嫌う「同じ様に量産される詰まらない記事」的な物と乖離する事でも一致する。

 しかし今回に限らず書こうと思っていたついでにペイパーポストに絡ませるとはいえ、カネを貰いぶっつけ本番一発掲載で記事を書くというのは、掲載後に何度も読み返しては記事精度を高めて行く“β版記事”というスタンスでやって来た自分にとって、相当なプレッシャだ。
 今回も実は掲載済みの届けを出した数時間後に誤字や加筆修正を施している。
 つまり届けを出したのが偶々深夜だったから、審査される前に修正が間に合ったという可能性が有る。
 カネを貰う事自体は直接的なプレッシャにならないが、問題は一発勝負の記事を書くエネルギを費やして於いて審査が通らなかった場合だろう。
 其れが高額ギャラなら諦めもつくが、他社の様に50円とか激安報酬で没だったら尚更喪失感もでかい。
 当ブログはあと90数本で1000本に達するが、こうして続けられて来れたのも書き直しが容易に出来る状態にある事を前提にしていたからだ。


【関連記事】
 ジャーナリストとレポータの違い
 何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則 (単行本)
 『ブログタイムズ』サイト審査通過
 『ブログタイムズ』インプレッション
2008/09/06

『PicLens』改め『cooliris』がチビリそうなぐらいクールな件

Download Cooliris!

 Webブラウザ用プラグインです。
 対応しているのは、Firefox 2.0 or 3.0、Safari 2.0、Internet Explorer 6.0、Flock。
 騙されたと思ってインスコしてみ。
 そしてツールバーに追加されたアイコンをクリックすると、まるでKai's POWER TOOLS(カイズ・パワー・ツールズ)の様に暗転して画像共有サイトのビューワに切り替わる。

 下辺のスクロールバーを掴んで左右に振ってみる。
 すると速度感応型スクロールだという事がわかる。
 しかも単なる可変速ではなく、振った方向に応じて未来側の時間軸の奥行きが深く傾く事で、まるでCDを周速度一定に保って読み取る様にサムネイルの表示範囲を可変させる。
 つまりスクロール速度が上がると同時に視界も広がるので、画像を見失い難いのだ。
2008/09/08

気象と気性が近く激化している日本

 世界的にそうなんだろうけど。

 日本人はキレ易くなったとか情緒不安定になった言われているが、天気も最近やたら不安定で何かに付け雷や雹が多くなった。
 そしてアフリカのみたいな昼夜の気温変化の激しさ。
 勿論砂漠が凍る程ではないが、丸で山の天気の様に不安定で変わり易く極端で昼間はクソ暑く夜はグンと冷え込む。

 元々日本は一年を通して四季を持つので気温変化は大きい。
 そして其れは日本人の忍耐強さにも繋がって来た筈だが、気温変化の分解能が下がって極端になり、其の激化に心身がついて行けていない気がする。

 温室効果ならずっと気温が一定でもいい物だが、地球は重力に支配されているので暑い所は更に暑く、其れは地球規模で激しく引き合い、各地で天候がのたうち回って格差が生まれる。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 09:01 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

.