2006/02/11

また朝日が大法螺吹いて回ってる

http://www.asahi.com/paper/editorial20060211.html

麻生発言 外交がとても心配だ


 かつて日本は朝鮮半島や台湾を植民地にした。しかし、それは必ずしも悪いことではなかった。麻生外相はそう言いたくて仕方がないかのようだ。

 先週末、福岡市での講演で、日本が戦後のアジア各国の発展を支えたと説くなかでこう述べた。

 「日清戦争のころ、台湾という国を日本に帰属することになった時に、日本が最初にやったのは義務教育です。貧しい台湾の人々が子どもを学校にやったらカネをやるという大英断を下した」

 「結果として、ものすごく教育水準があがって識字率が向上した。おかげで、台湾という国は極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」


 思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。

 望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。

 日本の植民地統治の負の部分は素通りして、プラスの側面ばかりを強調する。これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。

 日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。この政府の見解を繰り返し説明し、理解を得る努力をするのが外相の本来の仕事のはずだ。

 なのに、国内向けにはトーンの違う発言をし、外国から疑念を招いている。米国の有力紙ボストン・グローブは社説で麻生発言を紹介し、近隣諸国を挑発する愚かしさを批判した。

 歯に衣(きぬ)着せぬ「本音トーク」は、麻生氏の政治家としての「売り」のひとつかもしれない。だが、首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。日本外交を麻生氏に委ねるのは、極めて心配だ。

 麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。

 米中、日中間で台湾問題はとても微妙な事柄だ。中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。

 だが、2日後の記者会見では「国」と述べた発言の報道を否定して、こう述べた。「台湾を国と言ったら問題になるということぐらい、25年間朝日新聞にやられてますから。そんなにバカでもない」

 あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。


 初っ始めから嘘(赤字)かよw
 其の嘘を前提に批判を展開したところで、何等実のある議論にもならない。
 「嘘も百回吐けば、本当になる」とは韓国の諺だが、見て赤字部分、嘘の連発じゃん。
 まぁ朝日ってずーっとこんな調子で、懲りもせずに中国の広報誌をやっているんだけどね。

 さて、メディア・リテラシのお勉強。
 文章全体を眺めてもらいたい。
 とんでもない事に気付く。
 わかったかな?

 麻生大臣は、台湾について発言(青字)しているのに、其れには全くふれず、

思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。


と、朝日お得意の鮮人話とすり替わっている。
 しかも最後迄此の調子で、過去の発言を蒸し返して麻生叩きに終始。
 で、肝心な台湾については、朝鮮と同じ被害者の筈なのに、国と呼ぶなと一蹴。結局中身にふれずに終わっている。

 其れでは、細かく見ていこう。


望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。


 言わんばかりもなにも、其の通りに酌んでもらっていいんじゃない?
 じゃあさ、文句あるなら、ハッキリ何処に問題があるのか言ってみろ。
 まさか、自称日本を代表する言論機関でありながら、『創氏改名』の意味も知らないんじゃないだろうな?
 そもそも、『創氏』と『改名』が全くの別制度である事すら、朝日は知らないんじゃないのか?
 よく朝鮮人が吹く「創氏改名で名前が奪われた」ってのは、あれ大嘘だかんね。
 だって『創氏』ってのは、読んで字の如く「氏を創る」という意味であって、日本が朝鮮半島に戸籍制度を制定する迄、朝鮮半島の一般階級層には『氏』即ち『姓』、即ち『苗字』其の物が無かったんだから。
 しかも『改名』に於いては、日本名を使いたいというニーズに合わせた、希望者対象の有料制だ。
 何故そうなったかわかる?
 戸籍登録の際に、勝手に日本人名で登録しようとする輩が殺到した為、国籍のけじめを着ける為に、飽く迄、朝鮮名を基本とする日本用の「通名」を、即ち名前を二つ使えるようにしたのだ。
 其れの何処をどう捉えれば、奪われた事になるんだよ。


これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。


 つーか此の世に、植民地支配なんか正当化する勢力なんて存在しないだろw
 だって植民地支配だぜ?奴隷同然じゃん。ホント、スッ惚けてるよな、朝日w


日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。


 そうやって都合のいい時だけ、普段叩きまくってる権力者の発言を引っ張って来るんだな。
 問題は、朝日が併合をどう捉えているか、此処でハッキリと明確に書く事だろ。
 何、勝手に、前提にしちゃってるわけ?


首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。


 続き軽率って何だよ、何処に問題があるんだよ、言いたい事があるならハッキリ言ってみろよ。
 むしろ皇族と親戚だから、其の発言に期待したいね。


麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。


 おいおい、其の「ひとつの中国」に、日本の領土も含まれている事を忘れてないか?
 しかも・・・

中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。


 此は酷い。報道の自由が保障されている朝日が、台湾は国家として認めてはいけないと、中国が怒るから国家と呼ぶなと、台湾の立場をまるっきり無視して、まるで中国右翼や野党の立場で政治家を叩いている。

 そして緑色の麻生大臣の発言に対して

あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。


 バーカ、馬鹿にされてんだよ!w
 其れを録音聞き直しってw、そんな事も気付かんのか?w、アホ丸出しだなw
 人の言葉尻ばっか追い掛けてるから空気が読めねーんだよ!w腹いてえwww

 だいたい、論理としておかしいだろ。
 朝日が地域とする台湾は、中国が出来る以前から存在しているのに。
 そのくせ、国家としての呈も為していなかった朝鮮半島を、散々擁護して於きながら、台湾は現在でも単なる地域だと。
 時系列も何もかも無茶苦茶だよ、ホント。
 台湾人を、何処迄侮辱すれば、気が済むんだ。

Posted by Virtue at 12:51 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感
2006/02/12

米国民は、BSE肉を食わされている

という事を、もっと知らしめる必要がある。

 日本が、ハリウッド・ルートを使って。

Posted by Virtue at 09:36 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

ジャーナリスト宣言

ジャーナリスト宣言

Posted by Virtue at 11:43 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/13

加護ちゃんの喫煙が報道されない件

 朝鮮特権か、流石だな。
 加護ちゃんが、現在在日何世で、国籍がどうなってるかも詳しく知らないけど。
 おまけに実の親父がヤクザだから最強だよな。

 ジャニーズなんて、飲酒の噂が立っただけで、関係者全員がボコボコの袋叩きにあってたのに。
 まあ叩いていた連中が、プロ市民らしいから身内の不祥事は叩けないか、露骨だな。

 ばらしてたのは太田だけかw

なるほどザ・ワールド
http://dock.up.seesaa.net/movie/ota_kago.wmv

 でもまあしかし、女がタバコを吸い始めるのは、男の影響が殆どだと思うよ。
 周りにろくな奴居ないんだろうな。

Posted by Virtue at 21:27 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/14

ニューヨーク・タイムズでも法螺を吹く朝日を毎日が援護射撃

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.html
麻生外相発言:「誠実さも賢明さもうかがえぬ」米紙批判

 【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する社説を掲載した。

 社説は「日本の攻撃的な外相」と題し、外相が「天皇陛下の(靖国神社)参拝が一番だ」と述べたことや、日本の植民地支配下の台湾で教育水準が上がったことを指摘した発言を取り上げ、「一連のがくぜんとする発言によりアジアの人々の反感を買った」と批判。

 従軍慰安婦問題や細菌兵器実験、南京事件について、日本の学校での現代史教育で「国の責任にきちんとけじめをつけていない」ことが反感の背景にある、との見解も示した。

 また、中国の軍備拡大について「かなりの脅威」と発言したことにも触れ、「悪化する日中関係にわざわざ火を付けた」と論評。「麻生氏の外交センスは彼の歴史認識と同様に奇妙だ」と締めくくっている。

 ただし、社説は、南京事件の市民の犠牲者を中国側が主張している「数十万人」としたり、中国潜水艦の領海侵犯事件などがありながら「中国が最近、日本に脅威を与えたような記録はない」と指摘するなど、中国寄りの論評となっている。

毎日新聞 2006年2月14日 10時33分 (最終更新時間 2月14日 10時50分)

 文章自体は、中道を装っているが、此を聞いたらぶったまげるだろう。

 ニューヨーク・タイムズ東京支局は、朝日新聞と業務提携をしている朝日新聞本社ビルの9階に在ります。
 そして、上の記事もそうですが、ニューヨーク・タイムズのアジア関連の記事は、其の提携している朝日新聞関係者の日本人や朝鮮人が書いています。
 即ち情報発信元は、朝日新聞本社がある日本の東京都中央区築地であって、アメリカ・ニューヨークではありません。
 従って、「海外で騒がれた、問題になった」といった情報の類は、よく状況を見極め、先ず其の情報を何処の誰が撒いているか、情報源を辿らねば為りません。
 飽く迄、日本支局の記事をNYタイムズ本社発行で掲載しているという点をしっかり理解しましょう。

 つまり、今回は、
 朝日新聞が麻生叩きのフラグを起てる
http://robotboy.japonium.com/article/13131194.html
      ↓
 (朝日新聞が麻生叩きの反日記事を執筆)
      ↓
 米国のニューヨーク・タイムズ紙で掲載
http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html
      ↓
 毎日新聞が米国の論評であるかの様に報道
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.html

 此がカラクリです。
 まるで『情報ロンダリング』?『報道ロンダリング』?『ソース・ロンダリング』?ですね。
 まさにヤラセ、日本叩きが好きな特ア右翼の自作自演。

 結局、過去の様々な騒ぎも火元は朝日。
 一連の靖国神社の騒ぎも、世界の世論へ向けて、朝日新聞がボンボン焚き付け、騒ぎを煽って大きく広げているわけです。
 世界中の人が、朝日の捏造記事を鵜呑みにしていると思うと、ゾッとします。
 まさに情報テロです。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 16:29 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感

次期首相は・・・

 安部ちゃんか?世間的にも。

 皇室典範改正でも、切り捨てられないところを見る限り、小泉首相も推してる臭い。
 っていうか、今迄切り捨てられて来た売国奴共は、もしかして安部ちゃんの意向だったのか?
 そう見ると、何もかもが合点が行く。

 俺的には、麻生さんだな。
 何か朝日新聞が、国内ルートと海外ルートを使い分け、双方からバッシングしているが。

 次が、安部ちゃんかマッチー(町村信孝)かな。
 んで、中川さんか桝添さん。

 絶対に嫌なのが、つーか直ぐ死んでもらいたいのは、マスコミが予想と称して担ぎ上げている、顔の綺麗な谷垣工作員だな。
 しかも担ぎ上げてる口実が、「歴代首相は大蔵大臣を歴任している」からだそうだ。
 そういった、古い慣習を散々批判して来たマスコミが、何故此を理由に推すのか、予想だからとはいえ無理がある。殆どごり押し。

Posted by Virtue at 18:37 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感
2006/02/15

朝日→NYタイムズ→毎日・・そして特ア問題のお膝元が住むTBSへ

 すげえ、抜群の赤のコンビネーション!
 此だけ報道手法が筒抜けなのに、堂々とテレビで放送しちゃうって、やっぱ諸悪の源流『筑紫哲也』で締め括らないと、気が収まらなかったか?wキチガイだw

 つまりこういう事だ。

 朝日新聞が麻生叩きのフラグを起てる
 http://robotboy.japonium.com/article/13131194.html
      ↓
 (朝日新聞が麻生叩きの反日記事を執筆)
      ↓
 米国のニューヨーク・タイムズ紙で掲載
 http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html
      ↓
 毎日新聞が米国の論評であるかの様に報道
 http://robotboy.japonium.com/article/13279211.html
      ↓
 更に毎日系列のTBS『筑紫哲也NEWS23』が米国言論機関の批判として放送
      ↓
 同ニュース番組内で、ラスボス筑紫哲也による『多事争論』でトドメを刺す。
 http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s060214.html
多事争論060214


 ひでえw
 つーか麻生たん可哀相過ぎw頑張れタロー!

 しかも此のラスボスがどれぐらい強力か、知らない人の為にちょっと解説しよう。
 筑紫が元朝日新聞記者だった事は、皆さんもご存知だろう。
 実は、南京大虐殺という作り話をでっち上げるのに、大きく貢献したのが何を隠そう、此の老害『筑紫哲也』なのだ。
 1984年当時、筑紫は朝日ジャーナルの編集長だった。
 そして一連の朝日新聞による捏造記事最大の立役者である、元朝日新聞編集委員本多勝一の『南京の旅』を連載開始、朝日新聞へも掲載され虐殺キャンペーンが始まるのだ。
 そして此等捏造問題は、やがて訴訟へと発展、朝日は写真の捏造は認めたものの、記事については膨大な資金を注ぎ込み持久戦へ、結局真相はあやふやのまま逃げ延びる事となる。

 そうした経緯を踏まえて、麻生大臣の発言に対する総攻撃を見ると、実は此等特ア問題が、全部繋がっているという事がわかるだろう。
 こんな人物が、公共の電波でニュース・キャスタをやってる異常さ、理解してもらえましたか?
 まさに情報悪の総元締め、超ド級の極悪情報テロリストなのだ。

Posted by Virtue at 08:52 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

朝鮮人の傍若無人ぶりには、流石の外務省もブチギレた模様

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060214AT1E1400L14022006.html

国連事務総長候補に韓国外相、日本は安保理改革に支持迫る

 日本政府は韓国の潘基文外交通商相が次期国連事務総長へ日本の支持を期待する発言をしたことについて冷ややかだ。韓国は日本の悲願である国連安保理常任理事国入りに反対。外務省幹部は「自分たちに都合のいいときだけ支持してほしいと言われても難しい」と言い切った。

 記者団に誰を支持するのか聞かれた小泉純一郎首相は「まだ決めるのは早いのではないか」と無難な答え。安倍晋三官房長官は記者会見で「アジアから選出されるべきだ」としつつも「国連改革の前進などの観点から総合的に判断したい」と述べた。 (00:09)


 特ア日本支部の外務省が、韓国様に逆らったw

 そりゃそうだろ、日本の力添えで国連入り出来たくせに、其の翌年、拉致問題を国連で議題にしようとしたら協力拒否。
 そして日本の常任理事国入りの時も、韓国が先陣を切って反対、更には各国へも反対を働き掛け、反対組織の音頭を取っていた。

 そんな奴誰が支持するか!w
 こんなのが成ったら、またワールド・カップやオリンピックの時みたいに、韓国に組織を私物化されちまうぞw

Posted by Virtue at 11:33 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感
2006/02/17

政治外交はダメだが、民間レベルでは草の根的交流が

http://www.oita-press.co.jp/read/read.cgi?2006=02=15=285188=chokan

「カブトムシの村」直川 韓国から「視察団」

 「カブトムシの村」として地域おこしをしている佐伯市直川に十日、韓国の大学教授らが視察に訪れた。韓国ではチョウを使った地域おこしを研究しており、昆虫を生かした山村の活性化について調査した。

 韓国・光州市の全南大学から、朴光曙教授をはじめ博士や大学院生など七人が来訪。直川振興局の担当者らが「カブトムシの村」構想について説明し、「カブトムシの森」の養殖場などを案内した。視察団は「住民はどのくらいかかわっているのですか」などと質問。様子をビデオカメラに収めた。

 朴教授によると、韓国南西部の咸平郡では、チョウの祭りを催すなどして活性化に挑戦。「昆虫で多くの収入を得られるわけではないが、地域のイメージアップになる。咸平郡も直川も同じです」という。
 直川地区では、市町村合併後も魅力ある地域をつくろうと、世代を超えて人気が高いカブトムシの繁殖や環境整備などに取り組んでいる。

[2006年02月15日09:57]


と喜ぶバカの図。

 民間レベルで危機管理が進んでいないから、青森のねぶたみたいな事態が起こる。
 此も一年もすれば、同じ事を半島でやられ、市場を根刮ぎ持って行かれる。

Posted by Virtue at 07:13 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学/雑感

朝鮮総連の次は暴力団、朝鮮利権から離れられないNHK

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/tv/news/20060216k0000m040079000c.html
NHKエンタープライズ:暴力団関係企業?に撮影協力費

 NHKの番組制作などを手がける子会社「NHKエンタープライズ」(NEP、板谷駿一社長)は15日、東京・新宿の歌舞伎町で今年1月に行ったロケを巡り、暴力団関係と疑われる企業に撮影協力費名目で現金10万円が渡った可能性があることを明らかにした。業務委託した外部のスタッフが支払ったもので、16日発売の週刊誌はみかじめ料だったと報じる。

 NEPによると、NHK総合テレビで3月放送予定のドラマ「繋(つな)がれた明日(あす)」のロケを1月18日に、歌舞伎町内の路上で行った。翌日、ロケ地設定を担当した外部スタッフが、撮影場所近くのビル関係者とみられる男性に撮影協力費10万円を渡し、NEPをあて名にした企業名の領収書を受け取った。このスタッフは撮影前、NEPの番組担当プロデューサーに「歌舞伎町で安全かつ円滑に撮影をするには、しかるべき事務所にそれなりの金を払う必要がある」と持ちかけ、拒否されていたという。

 NEPは支払先について「外部スタッフは『暴力団かもしれないという疑念は抱いていた』としているが、領収書を出した会社と撮影場所近くのビルとの関係などがはっきりせず、どういう企業なのか特定できていない」と釈明。10万円は経費として認めず、スタッフが自己負担するという。ドラマは予定通り放送するが、問題のロケシーンは放送しない方針。【油井雅和】

 NHKエンタープライズといえば、NHKエンタープライズ21時代に先の『ETVシリーズ「戦争をどう裁くか」』で、総連関係者や現在指名手配中の北朝鮮工作員等と共謀し、情報テロを画策・実行しようとするが、其れを間際に知ったNHK幹部が慌てて番組改編を指示、そして日本政府である自民党幹事長と会った際に弁解する。
 しかしテロを阻止された連中は、逆ギレして「自民党の安部晋三と中川昭一から政治圧力を受け改編させられた」と、朝日新聞本田記者と組んでデマを流し大問題になった。
 因みにあの情報テロには、旧社会党出身の民主党議員や社民党議員、そして田島陽子も噛んでいました。
 其の後、安部氏が報ステに出て弁明するわけだが、其の際、朝日新聞解説委員加藤千洋が、其の工作員を工作員とは知らず?、面識があってと擁護。
 其れ以来、彼の渾名は『加藤工作員』となったw

 あの事件だって、朝日お得意の逆提訴による持久戦に持って行かれ、未だ解決していない。
 そんな中で此だよ。

 他にも朝鮮絡みといえば、以前にも紹介した韓国アニメの権利高価買い取り、韓国映画監督への寄付、韓国での経費使い込み、冬のソナタ主題曲作者の著作権侵害費用の肩代わりと挙げ出したら切りがない。

 ホント懲りない連中だな。
 もう好い加減、やるなら民放に成って勝手にやってくれよ。

Posted by Virtue at 08:02 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑学/雑感

.