2008/02/03

エリア88とアイアン・イーグルのコラボ


 映像がエリア88(AREA88)で、音楽がアイアン・イーグル(IRON EAGLE)のサントラのトラック2で、キング・コブラ(King Kobra)「Iron Eagle (Never Say Die)」という曲。
 絶版CDが輸入盤でアマゾンに復活してるので貼っとく。

 トップ・ガン(TOP GUN)のサントラと間違えられ易いので要注意。


【関連記事】
 アイアン・イーグルのデデデデーンて曲
 F-14 TOMCAT全機引退記念にトップ・ガンのサントラを
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 11:53 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/02/14

詩人の血『バレンタイン』

 「ヴァレーンタイナア ゲーイェイェ〜ン ヴァレーンタイン ワン スモォーオーオー」って一度聞いたら頭から離れない歌。

Valentine(バレンタイン)
Valentine Again Valentine Once More
Valentine Again Valentine Once More

駅までの送りむかえには必ず 僕を遣ってよね
斜めにかぶれ野師帽 風斬れ先っぽのつばで

Valentine Again Valentine Once More
Valentine Again Valentine Once More

一月に一度は君の Portrait 僕に送ってよね
すてきな笑顔の Pin up トイレに貼ってながめていよう

Valentine Again Valentine Once More
Valentine Again Valentine Once More

見つけたくない君と僕の Secret サヨナラの前に
レンガで打ちつけたさ 僕と君の軽い頭

Valentine Again Valentine Once More
Valentine Again Valentine Once More

 其の昔、「(第二次)バンド・ブーム」ってのがあって、其の中に『詩人の血』というスリーピースロックバンドが居た。
 アルバム「What if・・・」とシングルからも出ていたけど当然両方共廃盤。

 否、同じインディーズ系でも、個性が強いアマ系でテクニック重視の審査が厳しかった「イカ天(いかすバンド天国)ブーム」とは別に、ヴィジュアル系や万人受けするプロに近いレーベル系のバンドが中心となったムーブメントがあった。
 バブル世代が中心に引っ張っていた時代、レコード会社のEPIC(エピック)や音楽製作会社のBeing(ビーイング)が全盛期で、音楽のジャンル自体はみんなバラバラだった。

 後に前者は東京の小室哲哉、後者は関西(浪速)の長戸大幸という音楽プロデューサによるプロデュース系音楽とかタイアップ曲と呼ばれる様になり、J-POPというジャンルが確立する。
Seesaaタグ
PV 渡辺善太郎 いかすバンド天国 Rock Band ライブY pop 詩人の血 VALENTINE ムービ ライブ LE SANG D'UN POETE 廃盤 音楽 Epic 聖バレンタイン The Blood of a Poet リーダー エピック ヴァレンタイン Saint Valentine's Day ヴァレンタイン・デー 聖ヴァレンタイン What if... What if・・・ What if Saint Valentine St. Valentine セイント・ヴァレンタイン 敬文 Valentine Day EPIC Records 善太郎 エピックレコード セント・バレンタイン St. Valentine's Day 無料動画 Epic Records Japan WMA しじんのち バレンタイン 辻睦詞 エピック・レコード 渡辺 中武 MOV ASF wav MP4 ムービー J-POPS 中武敬文 ポップス ミュージック 楽曲 邦楽 MP3 セイント・バレンタイン 歌詞 DVI EPIC Records Japan Inc music 無料音楽 アルバム MPa XviD aif 動画 Being movie アマチュア インディーズ DivX POPs div tvk プロ 平成 TBS FLV 平成名物TV ポップ いか天 ヴィジュアル系 avi イカ天 ヴァレンタインデー J-POP ミュージックトマトJAPAN YouTube 作曲 バンド aiff ミュージック・トマト・JAPAN ライブ・トマト ビデオジャム unit ユニット ライブトマト You Tube mpg 作詞 チョコレート バンド・ブーム mpeg chocolate Wood バンドブーム '80 アマ バレンタイン・デー 1986年 WMV エピックレコードジャパン ロック 80's エピック・レコード・ジャパン live チョコ ロックバンド スリーピース・ロック・バンド 80年代 スリーピースロックバンド ロック・バンド 無料 80s ez a Go Go! ROCK ミュージック・トマト・ジャパン バブル世代 mp2 ギター キーボード ボーカル バブル 1986 睦詞

Posted by Virtue at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/02/16

Steve Reich(スティーブ・ライヒ)『Eight Lines(エイト・ラインズ)』

 ライヒは現代ミニマル音楽の巨匠で、満72歳になる今も健在。

 日本で最もポピュラな曲といえば「Eight Lines」でしょうね。

 此の曲を聴くと「NEC」「複合機」「コピー機」「オフィス」といったCMのイメージが勝手に湧いて来るw

 ミニマル自体は原始的な民族音楽が源流であるが、ミニマルを基調にフェーズして行く氏の音楽スタイルは、テクノやエレクトロニカ、アンビエントやチルアウトといったクラブ系ミュージックの基礎になっており、氏をリスペクトするDJやアーティストは可成り多い。
 そして作られたのが、著名なDJ等によってクラブ風にアレンジされた『Reich Remixed』というリミックス・アルバム。
 しかもカメオ出演的な御飾りではなく、自身が直接監修している歴としたライヒ作品と言える。

 国内盤は既に廃盤だが、UK盤が再販されていて、しかも2006年に発表された2ndアルバム『Reich: Remixed 2006』と略同じ曲が、ボーナスCDとして2枚組になっているのでマジお薦め。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 21:04 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/02/22

B'zの『Pleasure'91 〜人生の快楽〜』は絶対A面だって!


 此の曲聴くと、餓鬼の頃に遠足だか修学旅行かのバスの中で、B'zのシングル『LADY NAVIGATION』のCDジャケット見ながら、「2曲目のおまけじゃ勿体無いよな、両A面だ、ぜってーこっちの曲の方がいいって!」と話していたのを思い出す。

 確かに当時、カネボウ化粧品『'91夏のイメージソング』として「LADY NAVIGATION」がタイアップ曲で流行っていたわけだが、其れだけにB面の日陰扱いは可哀相だと思ってた。

 でもファン投票で8位なって子供の頃のトラウマが報われましたw
http://ja.wikipedia.org/wiki/B'z_The_Best_%22Treasure%22
投票結果
* 1位:恋心(KOI-GOKORO)(11th Single「ZERO」2nd beat)
* 2位:BLOWIN'(10th Single)
* 3位:ねがい(16th Single)
* 4位:もう一度キスしたかった(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 5位:TIME(10th Single「BLOWIN'」2nd beat)
* 6位:いつかのメリークリスマス(4th Mini Album「FRIENDS」収録)
* 7位:Liar! Liar!(23rd Single)
* 8位:Pleasure'91 〜人生の快楽〜(8th Single「LADY NAVIGATION」 2nd beat)
* 9位:MOTEL(15th Single)
* 10位:Real Thing Shakes(20th Single)
* 11位:ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜(19th Single)
* 12位:RUN(6th Album「RUN」収録)
* 13位:愛しい人よGood Night...(7th Single)
* 14位:FIREBALL(21st Single)

* 15位:スイマーよ!!(9th Album 「SURVIVE」収録)
* 16位:OH!GIRL(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 17位:MOVE(19th Single「ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE」と両A面)
* 18位:さよならなんかは言わせない(6th Album「RUN」収録)
* 19位:孤独のRunaway(3rd Mini Album「MARS」収録)
* 20位:Wonderful Opportunity(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 21位:YOU&I(16th Single「ねがい」2nd beat)
* 22位:だからその手を離して(1st Single)
* 23位:NATIVE DANCE(6th Album「RUN」収録)
* 24位:ハピネス(9th Album「SURVIVE」収録)
* 25位:消えない虹(8th Album「LOOSE」収録)
* 26位:月光(6th Album「RUN」収録)
* 27位:HOT FASHION-流行過多-(4th Album「RISKY」収録)
* 28位:傷心(5th Mini Album「FRIENDS II」収録)
* 29位:恋じゃなくなる日(4th Mini Album 「FRIENDS」収録)
* 30位:GIMME YOUR LOVE-不屈のLOVE DRIVER-(4th Album「RISKY」収録)
* 31位:あいかわらずなボクら(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 32位:BAD COMMUNICATION(1st Mini Album「BAD COMMUNICATION」収録)
* 33位:Crazy Rendezvous(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 34位:Hi(24th Single「さまよえる蒼い弾丸」2nd beat)
* 35位:夢見が丘(8th Album「LOOSE」収録)
* 36位:君の中で踊りたい(2nd Single)
* 37位:LADY-GO-ROUND(3rd Single)
* 38位:ザ・ルーズ(8th Album「LOOSE」収録)
* 39位:WILD LIFE(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 40位:泣いて泣いて 泣きやんだら(9th Album「SURVIVE」収録)
* 41位:紅い陽炎(6th Album「RUN」収録)
* 42位:赤い河(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 43位:おでかけしましょ(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 44位:東京(17th Single「love me, I love you」2nd beat)
* 45位:憂いのGYPSY(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 46位:星降る夜に騒ごう(4th Single「BE THERE」2nd beat)
* 47位:TONIGHT (Is The Night)(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 48位:VAMPIRE WOMAN(4th Album「RISKY」収録)
* 49位:JOY(12th Single「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」2nd beat)
* 50位:キレイな愛じゃなくても(8th Album「LOOSE」収録)
* 51位:STARDUST TRAIN(3rd Album「BREAK THROUGH」収録)
* 52位:Survive(9th Album「SURVIVE」収録)
* 53位:春(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 54位:DEEP KISS(9th Album「SURVIVE」収録)
* 55位:GUITAR KIDS RHAPSODY(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 56位:となりでねむらせて(3rd Album「BREAK THROUGH」収録)
* 57位:LOVE IS DEAD(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 58位:どうしても君を失いたくない(4th Mini Album「FRIENDS」収録)
* 59位:BREAK THROUGH(3rd Album「BREAK THROUGH」収録)
* 60位:hole in my heart(15th Single「MOTEL」2nd beat)
* 61位:KARA・KARA(13th Single「裸足の女神」2nd beat)
* 62位:BIG(8th Album「LOOSE」収録)
* 63位:Do me(9th Album「SURVIVE」収録)
* 64位:破れぬ夢をひきずって(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 65位:HOLY NIGHTにくちづけを(4th Album「RISKY」収録)
* 66位:NEVER LET YOU GO(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 67位:SNOW(5th Mini Album「FRIENDS II」収録)
* 68位:それでも君には戻れない(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 69位:LOVE&CHAIN(3rd Single「LADY-GO-ROUND」2nd beat)
* 70位:GUITARは泣いている(3rd Album「BREAK THROUGH」収録)
* 71位:砂の花びら(8th Album「LOOSE」収録)
* 72位:『快楽の部屋』(5th Album「IN THE LIFE」収録)
* 73位:FUSHIDARA100%(18th Single「LOVE PHANTOM」2nd beat)
* 74位:SAFETY LOVE(2nd Single「君の中で踊りたい」2nd beat)
* 75位:GO! NUDE! GO!(6th Single「Easy Come, Easy Go!」2nd beat)
* 76位:Pleasure'95 〜人生の快楽〜 (ライブで披露された曲「"BUZZ!!" THE MOVIE」収録)
* 77位:今では…今なら…今も…(3rd Album「BREAK THROUGH」収録)
* 78位:ROSY(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 79位:MY SAD LOVE(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 80位:Baby,you're my home(6th Album「RUN」収録)
* 81位:THE GAMBLER(6th Album「RUN」収録)
* 82位:HURRY UP!(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 83位:ビリビリ(23rd Single「Liar! Liar!」2nd beat)
* 84位:BAD COMMUNICATON(000-18)(8th Album「LOOSE」収録)
* 85位:MR.ROLLING THUNDER(6th Album「RUN」収録)
* 86位:夜にふられても(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 87位:未成年(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 88位:RISKY(4th Album「RISKY」収録)
* 89位:LOVING ALL NIGHT(2nd Album「OFF THE LOCK」収録)
* 90位:It's Raining...(4th Album「RISKY」収録)
* 91位:敵がいなけりゃ(8th Album「LOOSE」収録)
* 92位:WILD ROAD(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 93位:闇の雨(7th Album「The 7th Blues」収録)
* 94位:CAT(9th Album「SURVIVE」収録)
* 95位:きみをつれて(5th Mini Album「FRIENDS II」収録)
* 96位:Out Of Control(6th Album「RUN」収録)
* 97位:DA・KA・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE -OFF THE LOCK STYLE-(1st Mini Album「BAD COMMUNICATION」収録)
* 98位:FRIDAY MIDNIGHT BLUE(4th Album「RISKY」収録)
* 99位:哀しきdreamer(21st Single「FIREBALL」2nd beat)
* 100位:GO-GO-GIRLS(9th Single「ALONE」2nd beat)

 其れにしても此の曲の歌詞、バブル世代の心境を歌ったものだが、今の氷河期世代にとっちゃ発狂物だろうなw
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 00:58 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/03/02

君の青春は輝いているか


 テレビ朝日のメタルヒーローシリーズの曲なのだが、まぁ子供はみんなそうだろうけど、当時はビジュアルや音感で単純にカッコイイとか硬派とか正義といった程度の感覚的感情的認識だったわけだが、大人になって此の曲を何かの切っ掛けで聞いたらハッとして「何だ此の歌詞、凄い歌詞だな!w」と初耳の様に完全に忘れていて繰り返す内に徐々に思い出し、そしてYouTubeの映像付きで完全に思い出した。

 しかし敵が集団で迫って来る演出には圧倒されるな、格好良過ぎる。
 サイドカーが分離するシーンを見る度に一瞬ドキッとしてたっけ。
 「こいつはスゴイぜ!」のセリフは流行りまくってた。
 あと、「人造人間キカイダーの真似だろw」と当時でも既に突っ込んでいた。

 そして此が幼少期に感覚的に擦り込まれていた歌詞の内容。
君の青春は輝いているか
「超人機メタルダー」
昭和62年3月16日

作詞:シェームス三木
作曲:三木たかし
編曲:田中公平
唄:佐々木功

1 君の青春は 輝いているか
ほんとうの自分を 隠してはいないか
君の人生は 満たされているか
ちっぽけな幸せに 妥協していないか
★宇宙全体よりも 広くて深いもの
それはひとりの 人間のこころ
愛が欲しければ 誤解を恐れずに
ありのままの自分を 太陽にさらすのだ★

2 夢を果たすまで 一歩もしりぞくな
負けたと思うまで 人間は負けない
ひとの運命は 誰にも見えない
自分で切りひらけ 甘えてはいけない
宇宙全体よりも 広くて深いもの
それはひとりの 人間のこころ
友を裏切るな 自分をごまかすな
魂をぶつけあい 真実を語るのだ

(★くりかえし)

 宇宙戦艦ヤマトの佐々木功が朗々と説教しています。
 前回取り上げたB'zの曲『Pleasure'91 〜人生の快楽〜』の歌詞に出て来る人物に聞かせてやりたいw

 やっぱ子供だからってナメちゃいけないって事なんだろう、其の子供が大人になった時、当時の大人の仕事に対する姿勢にこうして評価が下されるわけなのだから。

 メディアは共産左翼の巣窟で政治プロパガンダ状態とよく云われるが、其れは新聞を中心とする報道の分野の話であって、少なくとも特撮やアニメといった実需を稼ぐ娯楽というコンテンツ産業に於いては子供に対する直向きな制作姿勢が窺える。
 恐らく感覚的に理解する言葉が通じない子供には、屁理屈や誤魔化しは利かないという必然性から来ているのだろう。
 前者は活字で後者は映像という表現手法の中、仮に言語能力が未熟な餓鬼に映像で共産左翼的なコンテンツを作ったって、共産主義国家の様に強制的に見せれば話は別だが、此処は市場経済の国、つまらなければチャンネルを変えられ視聴率が落ちて稼げないから予算も組めなくなる。
 まぁ隠れアカの社会科教師が、授業で洗脳ビデオを見せるのが関の山だろう。

 活字分野で筑紫哲也がパンツのゴム理論も理解出来ない様な頭の固い、一部の文系学生を精鋭として取り込み新聞を赤化させる一方で、特撮分野ではウルトラマンの円谷英二、漫画やアニメの分野ではアトムの手塚治虫が残り大多数の団塊世代を育て特撮ヒーローやヤマトやガンダムが生まれた。
 中でも漫画家石ノ森章太郎は『仮面ライダ』シリーズの特撮から『HOTEL』といったテレビ・ドラマに至る迄、幅広い映像コンテンツで活躍した。
 そして其れ等映像コンテンツを見て育ったバブル世代や団塊ジュニア世代が、大人になって言語能力をつけ、修辞や屁理屈で悪魔の証明に利益誘導する言葉遊びの好きな活字バカを糾弾する迄に成長を遂げる事となる。

 ネットでw

 世の中って良く出来てるな、悪い事出来ないもんだなとつくづく思う。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:35 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/05/20

コルピクラーニ(Korpiklaani)『Wooden pints(酒場で格闘ドンジャラホイ)』

 2ちゃんねるに動画が貼られ忽ち日本でもメジャーになったフォーク・メタルバンド・グループ。

 斧を振り下ろして始まり、小さな小屋からヴァイオリンのヒッタヴァイネンが登場w
 邦題も「酒場で格闘ドンジャラホイ」とヘンテコだが、可笑しいのは此の一曲だけではない。
1. 酒場で格闘ドンジャラホイ
2. 朝まで飲もうぜ
3. 神風北欧隊
4. 森は泣いている
5. ビールこそが神の水
6. 眼力王
7. 慌てんぼうのポルカ
8. 俺の墓標を越えて行け
9. 冬の夜空で漢祭
10. 酒が入れば百万馬力
11. カラスと行こうよどこまでも
12. 死人に口なし
13. 太鼓の仙人
14. 大地のコルピクラーニ ※〈CDエクストラ内容:哀しみのコルピクラーニ(PV)~吐くまで飲もうぜ(PV)〉


 PVも面白くていいが、Liveがやっぱカッコイイ。

 此れ見ると矢張り基礎が確りと出来ているちゃんとしたミュージシャンなんだという事がよくわかる。



翔び出せ!コルピクラーニ

Seesaaタグ
Posted by Virtue at 22:21 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2008/08/11

SUBARU LEGACY TOURING WAGONのCM曲


 大抵の日本男児は此の曲にピコーン!と反応するw
 実は此の曲の前奏って1分半位あるんだが、教授(坂本龍一)の戦メリ(戦場のメリークリスマス)に似てるんだよね。

 作曲者はクレイグ・アームストロング(Craig Armstrong)でU2やPet Shop BoysやMassive Attackのアレンジャーをしたり、映画のサントラを作ったりしている英国のピアニスト。
 上の曲はAs If To Nothingの中に入ってる。
 此のアルバムはアンビエント、オーケストラ、ピアノ、バラード、チルアウト、聖歌と結構色んなタイプの曲が入っていて楽しめる。
 サントラやインストが好きな人にはお薦め。
 ある意味「俺はこんな曲も作れるよ」みたいなプロモーション的アルバムになっている。
 全体的にオリジナリティは無きにしも非ずという感じで、聞き覚えのある旋律を繋ぎ纏めるのが上手いという印象。



2008/11/23

平沢進『架空のソプラノ』が痺れまくりな件

 12年前に行われたカルト教団の祭典の映像ですw
 テレビに出てるわけでもないのに電グルと平沢博士はホント、どっから湧いて来るんだと首を傾げる位の絶対数を誇るコアなファン、もとい信者もといキチガイが存在する。

 ドクター中松ばりに真顔で取り組む此のバカバカしさがたまらんww
 まさしくコンポーザーシンガーソングライターパフォーマーだね!


 師匠のグラストロン姿、カッキーw
 ひょっとして口パクじゃなく生声か!?スゲーなー


 右(7:30辺り)空気読めw
 セットの手作り感とかもうプロの同人屋やわ〜ww


 心に沁みる…沁み入るぉ・・・(つД`)


 サイレ〜ン Hu〜uu...


 誰〜〜〜に〜も〜〜〜見えず〜〜〜知れず〜〜〜
 (゚д゚)セイッ!!!

 アマゾンでDVD出してくんないかなー

 同じCDまた買いそうだw



【関連記事】
 平沢進
 平沢進『SIREN』
2008/11/27

The Art Of Noise(アート・オブ・ノイズ)『Robinson Crusoe(ロビンソン・クルーソー)』

 今年も残すとこ1ヶ月ちょぃ・・・
 其の心境を曲で表してみました。

 (´Д`)はぁ…思わずこんなタイミングで秘蔵の名曲を出してしまった。
 アート・オブ・ノイズ(The Art Of Noise)ロビンソン・クルーソー(Robinson Crusoe)です。。


Seesaaタグ
Posted by Virtue at 16:01 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト
2009/03/05

映画『MILK(ミルク)』予告編挿入曲が気になってしょうがない人が読む仕様書

 ショーン・ペンがアカデミー賞主演男優賞と聞いて「しょんべん?」とか一瞬でも思ったら小坊。
 此の作品は脚本賞も貰ってますね。

 1分32秒から入るBGMについてですが、アカデミー賞関連の報道をテレビでぼけーっと眺めていたら、合間に流れるトレーラーで其の曲が流れて来て「えっ、何で他の映画のサントラが?」と驚いたわけです。
 だってB級映画じゃあるまいし、オスカーを取るのかと云われる様なアカデミー賞ノミネート作品で映画の為に作られた楽曲素材の使い回しは無いでしょうと。

 そして動きましたよ、一週間後にw
 否、どの映画のサントラの誰の何て曲かは直ぐわかるんだよ、だって持ってるし。
 其れより何が面倒かって記事書く為のソース集めだよw
 さてそんな話はいいとして、えーと曲が判り難いって?
 ならフルバージョンをば。

 で、其処にある様に作品名は ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(The Life of David Gale)という映画のAlmost Martyrs(殉教者)という曲。
 何曜だか憶えていませんが、地上波9時台のゴールデンの映画枠で放送された事がある筈なので恐らく見た人も多いと思います。

 で、肝心のサントラが此れ。

 トラック2が例の曲ですね。
 ぶっちゃけ此の曲ぐらいしか…て言うのが正直な感想ですが、故に再版が6年もの間一度もされていない所を鑑みると、CD音源では今後更に入手困難になる恐れがあります。
 ですので此の曲だけでも気に入って耳から離れないのであれば、迷わず買うべきでしょう。悶え苦しみますよ?

 一応、ミルクのサウンドトラックの曲目リストを確認してみましょう。

Milk [Original Motion Picture Soundtrack]
1. "Queen Bitch" (David Bowie)
2. "Everyday People" (Sly & the Family Stone)
3. "Rock The Boat" (Hues Corporation)
4. "You Make Me Feel [So Real]" (Sylvester)
5. "Hello, Hello" (Sopwith Camel)
6. Bach: "Well Tempered Clavier" (Swingle Singers)
7. MAIN TITLES
8. HARVEY'S THEME
9. HARVEY'S WILL
10. THE CASTRO
11. THE KISS
12. POLITICALS THEATER
13. NEW HOPE
14. HARVEY WINS
15. PROPOSITION
16. REPEALED RIGHTS
17. GAY RIGHTS NOW
18. DOG POO
19. VOTE PASSES
20. BRIGG PUSHING
21. THE DEBATES
22. WEEPY DONUTS
23. HARVEY'S LAST DAY
24. GIVE EM HOPE
25. POSTSCRIPT
26. HARVEY'S THEME
27. ANITA'S THEME
28. MT SAX SOLO

 矢張り見当たりませんね。

 尚、其れ等を裏付ける情報を見付けましたので貼っときます。
http://www.imdb.com/title/tt1013753/faq#.2.1.11
What's that classic-like choral music in the first trailer?
First and final segments are "Infinite Descent" from Thomas Newman's soundtrack to HBO's Angels in America (2003). The one that's featured right in the middle of the trailer is "Almost Martyrs" by Alex Parker, composed for the soundtrack of The Life of David Gale (2003).

Seesaaタグ
デビッド・ボウイ ガス・ヴァン・サント Sly & The Family Stone 男優 メロディー J.S.バッハ 脚本 プロデューサ Jake 指揮 ALEX バッハ 作曲者 ingram パーカー Alex Parker ヨハン・セバスチャン・バッハ ケイト・ウィンズレット bowie 作曲 Jake Parker J.S.Bach リスト title bach タイトル Jake Parker Alex / Parker 映画 Nick Ingman 曲目 曲名 Johann Sebastian Bach Original Motion Picture Soundtrack Original Soundtrack ダニー・エルフマン milk 楽曲 トレーラー ミルク music ミュージック video O.S.T. オリジナル・サウンドトラック 音楽 Puccini Trailer B.G.M. warden OST アレックス&ジェイク・パーカー Alex Ingram BGM Giacomo 2003年 cinema PV Rafael Rafael Samperio Giacomo Puccini movie Soundtrack PR 広報 ビデオ 宣伝 Parker 前宣伝 Nick トレイラー DVD サウンドトラック ケイト・エリザベス・ウィンズレット USA sant Elfman Rick Wentworth ジャスティン ウィンズレット sean デイビッド・ボウイ GUS VAN SANT アメリカ ヴァン Sopwith Camel サント ショーン・ペン 2009年 Holmes 挿入曲 RICK Danny Elfman 2009 ケイト・エリザベス・ウィンスレット ショーン・ジャスティン・ペン Elizabeth Kate Elizabeth Winslet 予告 sound サントラ 予告編 ディビッド・ボウイ ジェイク サウンド 主演男優賞 エルフマン David Bowie YouTube ジェイク・パーカー ライフ・オブ・デビッド・ゲイル winslet KATE Sean Justin Penn WALLY Kate Winslet ノミネーション アレックス 無料動画 nomination 無料 動画 ノミネート Swingle Singers David ボウイ Sylvester / Wirrick, James James デイビッド ショーン Fowler Sylvester Kevin Spacey Fowler 米国 Spacey penn U.S. ガス Kevin Kevin Spacey ウィンスレット Hues Corporation ケイト ケイト・ウィンスレット The Swingle Singers Wentworth スペイシー ケビン デビッド 女優 ペン ケビン・スペイシー 脚本賞 ハーヴェイ・ミルク CD Oscar Academy Award Willy Samperio album ディビッド ハーヴェイ US 監督 アカデミー賞 Amazon 海外 VAN HOLLYWOOD willy 挿入音楽 ハリウッド monte Life of David Gale アマゾン ハリウッド映画 The Life of David Gale メロディ Samperio 2003 Willy Samperio Rafael / Samperio ムービー Monte Warden 洋画 ダニー シネマ アレックス・パーカー junior アルバム Sean Penn Wally Holmes 映画監督 U.S.A. Danny gus 2008年 俳優 アメリカ合衆国 greene 2008 Justin Gus Greene Van Sant Junior James James Sylvester / Wirrick

Posted by Virtue at 10:27 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 名曲/サントラ/インスト

.