2007/06/07

ナベツネ(=渡辺恒雄)

http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/wide/news/20070601dde012040008000c.html
この国はどこへ行こうとしているのか 渡辺恒雄さん

 <おちおち死んではいられない>

 ◇若者よ、情熱はあるか−−読売新聞主筆、81歳・渡辺恒雄さん

 ◇僕は少年時から反戦でね、先の戦争は悪質な侵略だ、靖国には参拝しない

 休日の昼下がり、東京・九段の靖国神社境内で犬を連れ、散歩する1組の老夫婦、参拝はせず、ただ参道わきの茶店に腰を下ろし、ソース焼きそばをすする。そのひとときを「至福だ」と語る人こそ、東京・大手町の読売新聞東京本社7階主筆室にいる渡辺恒雄さんである。そこは神保町の古本屋かと見まがうばかり、それもカントやヘーゲルなどの哲学書が並ぶ。「隣には書庫まであるよ。ハハハ」

 断っておく。大先輩記者である渡辺さん(失礼ながら、ナベツネとしか呼んだことはないけれど)の言動をながめていて、ときにおやっと首をひねり、ときに腹立たしくもあった。私が関西人でアンチ巨人だからじゃない。その主導する論調は政権に寄り添い、しかもエラソー。新聞に独自の憲法改正試案まで発表する。でも会いたかった。この5月30日で81歳を迎えた。その年齢が気になった。

 と思っていたら、新聞の首相動静欄にはつい先日も安倍晋三首相とホテルで会食した、と記されていた。やはり老境とはほど遠いか。どんな会話を? 「そりゃ、言えんよ。そもそも安倍さんとは歴史観が違うんだ。僕は少年時から反戦でね。先の戦争も悪質な侵略戦争だと思っている。A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国には参拝しない。だが、彼は戦争を知らないから、仕方ないけどね。でも、彼の政治感覚は鋭く、首相に就任したとたん、中国と韓国を訪問し、融和政策をとった。大変な転換ですよ」

 戦時中は陸軍2等兵、東大に入ってすぐ勤労動員で新潟の農村へ、そこに赤紙の連絡が来た。「配属されたのは、米軍が上陸するとの想定で、それを迎え撃つための10センチ榴弾砲(りゅうだんほう)部隊。茅ケ崎のあたり、兵舎もない。みんな農家にばらばらにいた。ぬかるみの中、死ぬ思いで大砲を引っ張ったりしたんだ。でも、弾がないんだ。木の弾で練習するんだ。敵が上陸してきたら、どうなるんでありますか、と上官に聞いたら、そのときには配給が来るというんだ(笑い)」

 そんな兵隊暮らしをふと思い起こさせる味がある。ジャガイモ。「民家の軒先を借り、徹夜で歩哨に立ったとき、農家の人が施してくれたんだ。皿いっぱいのゆでたジャガイモ、小さなやつでね、まるごとゆでてある。それに塩をぶっかけて食った。最高なんだ。やがて死ぬ、戦争は負けると思っていたからね。飢餓地獄で出合ったその味はいまも忘れられない。ビフテキよりうまい。たまにスーパーで小粒のジャガイモを探してみるけど、なかなかないんだな」

   ■

 理想に燃え、戦後、渡辺さんは復学した東大で共産党に入るが、しばらくして「警察のスパイ」のレッテルを張られ、除名される。「共産党も軍と同じだと思ったね。ついでに論争もしたんだ」。ずっと哲学を志していた。「でも、哲学では食えない。ものを書くのに過剰な自信を持っていたから新聞記者になった。あのころ、有楽町には朝日や毎日のでっかいビルがあってね。読売はみすぼらしかったよ。試験があったら、朝日なんかも受けていただろうね。読売に入ったのが良かったのか悪かったのか、わからんけどな」

 みるみる渡辺さんは読売社内で頭角を現していく。政治記者として政権中枢の大物政治家に食らいつき、そのふところに飛び込んだ。そして、ついにトップにまで上り詰め、思いのまま保守の論陣を張る。あのジャガイモの話はどうなんです? 「いや、僕はね、軍の残虐性に反対なんであって。必要な戦争も、不必要な戦争もあるんだよ。たとえば、イラク戦争、読売は支持したんだからね。サダム・フセインはヒトラーだと思ったから。日本も、もっと早くにアメリカが最後通牒(つうちょう)のハル・ノートをつきつけてくれていたら中国侵略もできなかった。ギブアップしていた。そう思っている」

 「必要な戦争」と聞いて、がっかりした。それなら、と、おもむろに携えていた1冊の詩集を見せた。高村光太郎の「智恵子抄」である。渡辺さんは、その風貌(ふうぼう)に似合わず、愛妻家として聞こえている。夫人の篤子さんは元新劇女優。その夫人が1999年にくも膜下出血で倒れた。後遺症はあるものの、冒頭で紹介したごとく、2人そろって自宅近くの靖国神社境内を散歩できるまでに回復した。詩集を枕元に置き、精神を病んだ妻をいとおしむ光太郎の詩に感情移入した、と自身、エッセーで書いてもいた。詩集に「報告(智恵子に)」と題する詩があった。渡辺さんはどれどれ、と読んだ。

   ■

 日本はすつかり変りました。/あなたの身ぶるひする程いやがつてゐた/あの傍若無人のがさつな階級が/とにかく存在しないことになりました。/すつかり変つたといつても、/それは他力による変革で/(日本の再教育と人はいひます。)/内からの爆発であなたのやうに、/あんないきいきした新しい世界を/命にかけてしんから望んだ/さういふ自力で得たのでないことが/あなたの前では恥しい。/(略)/あなたの苦しみを今こそ思ふ。/日本の形は変りましたが、/あの苦しみを持たないわれわれの変革を/あなたに報告するのはつらいことです。

   ■

 「変革がアメリカ占領軍によってなされたのを光太郎は恥じているんだな」。その通り。ただどうでしょう、と尋ねた。ひたすらに憲法改正を急ぐいまの日本の風潮、われわれは智恵子ほど苦しんでいますかね? 「うーん」。渡辺さんはしばし言葉を失い、そして言った。「終戦直後、あの『善の研究』の入った西田幾多郎全集が売り出されたとき、岩波書店に3日間、徹夜の列ができたものだ。青年たちは哲学に飢え、本をあさっていた。そういう心があった。情熱があった。いまの若い人、哲学なんか読まんからねえ……」。ボロボロになった本をなでた。

 ふと見ると、壁に立てかけた額に達筆で<終生一記者を貫く 渡辺恒雄之碑>なる文字があった。

 「本音を言うと、あと2、3年じゃないかって思うよ。あれは中曽根(康弘元首相)さんに書いてもらった。墓地はあるんだが、この碑文を刻む石を探してるところなんだ。どこかにいい石ないかね。安くなくちゃいかんぞ」【鈴木琢磨】

 ×  ×  ×

 人間、誰しも晩年がある。さまざまな思いを抱き、人生をまっとうしつつある各界の著名人に、その胸に去来するものを聞く。10年を迎えたシリーズ「この国はどこへ行こうとしているのか」。今回は題して、おちおち死んではいられない−−。(毎週金曜に掲載)

==============

 ■人物略歴

 ◇わたなべ・つねお

 1926年生まれ。東大哲学科卒。50年、読売新聞社入社。ワシントン支局長、政治部長、論説委員長などを経て、現在、読売新聞グループ本社会長・主筆。読売巨人軍会長。政治記者としての著書に「派閥」「大臣」など、自伝エッセーに「わが人生記」がある。

==============

 ◇「夕刊とっておき」へご意見、ご感想を

t.yukan@mbx.mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

毎日新聞 2007年6月1日 東京夕刊

 哲学は現実逃避の甘え、哲学書を読む奴はカンニング。

 ナベツネの時代は反戦・反日・反米・親中とワン・パックで連呼してれば好かった時代、筑紫哲也も然り。
 此奴等が団塊世代を煽動し、馬手(=右手)に平凡パンチ、弓手(=左手)に朝日を持った気狂いを「量産」した。
 其の頃には既に権力側に傾倒し、常に主流となる権力を追い求め、街宣記者として巧みに取り入り自らの帝国を築いた。
 だから先の戦争を一括りに否定・切り捨てつつ、「フセインはヒトラだ」と単純思考でイラク戦争支持で追従という芸当も出来る。
 危険だね。
 そして「自分は戦争を知っているから」と自己正当化。
 益々危険だね。
 何も戦後生まれが戦争を知らないとは限らない、以前アルピーヌの話した時に出て来た写真屋居たろ?
 彼奴はイスラエルに留学してライカ通信にも記事出してたが、前線にも出た事無いナベツネなんかよりもよっぽど戦争を知っている。
 従ってこんな風に「必要な戦争も有る」と抜かせるのは、結局包括的力関係の「戦争観念」しか知らないから、一日本国民でありながら「A級戦犯」呼ばわり出来るし他人事の様に靖国批判も出来る。
 だから人前で恥じらいも無く「自分は少年時代から反戦だった」等と堂々と言える。
 上官に戦争反対を訴えたか?嫌々だろうが従ったんだろ?
 終戦した途端、声を張り上げ自己正当化の様に体制批判を叫くのか、自分だけが平和主義者だと宣うな、恥を知れ。
 御前等みたいなのが戦争を知る絶対的多数の声、戦争の実態や悲惨さを60年以上も封殺して来たんだ。
 そして彼等サイレント・マジョリティは、黙々と日本再興への労働へと直向きに走り、ナベツネみたいな権力に癒着した聞屋は其の彼等を踏み台に成り上がり、其の間ノー・マークだった彼等の子供達、即ち団塊世代を洗脳した。
 こういう連中こそ真の「売国奴」「国賊」で、此奴が天皇と同席してるとこ見ると虫唾が走るね。

 上記の取材記者は頑張ったと思うよ、だが「筋」、「芯」が違う。
 所詮、創価学会の聖教新聞印刷の上下関係で、ナベツネと記者の内ゲバに過ぎない。

 正直ナベツネには長生きしてもらいたい。
 余生を慎ましくのんびり過ごそうなんて虫が好過ぎるし、少なくとも俺は赦さない。
 心臓が止まったら「頑張れや!」と電気ショックで何度でも甦生させ、逝くなら惨たらしく死んでもらいたい。
 悪党は悪党らしく死んでこそ悪党、そうじゃなきゃ世の中に示しが付かんし、少なくとも橋龍の様に大衆から全く惜しまれずに逝かなきゃいけないと思うわけ。
 だから奴が死んだら墓の所在地をGoogle Mapに分かり易くピン刺して晒し、墓石を蹴り倒しに行ってやる。
 勿論意味が有る。
 墓石は云わばあの世とを結ぶアンテナだ。
 だから何度起こそうが成仏出来ない様に何度でも蹴り倒してやる−−−−−−−−−−そんな気持ち。
Seesaaタグ
ナベツネ 渡辺恒雄 渡邉恒雄 渡邉 恒雄 渡辺 ワタツネ わたつね なべつね 読売巨人軍 読売 巨人軍 巨人 讀賣巨人 讀賣巨人軍 読賣 読賣巨人軍 読賣巨人 讀賣新聞 読賣新聞 読売新聞 政治記者 記者 政治 オーナー オーナ 巨人軍オーナ 巨人軍オーナー セリーグ 共産党 共産党員 朝日 朝日新聞 毎日 毎日新聞 創価 創価学会 聖教 聖教新聞 日本テレビ放送網 日本テレビ 日テレ 日本共産党 東大 東京大学 野球 プロ野球 セントラルリーグ セントラル・リーグ 帝国 1926 1926年 堀江 ホリエモン ライブドア Livedoor 球界 野球界 オリンピック 相撲協会 相撲 堀江貴文 貴文 政界 財界 マスコミ 報道 イラク イラク戦争 世界大戦 第二次世界大戦 ジャイアンツ ジャイアンツ・オーナ ジャイアンツ・オーナー ジャイアンツオーナ ジャイアンツオーナー 読売ジャイアンツ 読賣ジャイアンツ 讀賣ジャイアンツ 児玉誉士夫 児玉 誉士夫 フィクサー フィクサ 黒幕 ロッキード ロッキード事件 A級戦犯 右翼 極右 体制 反体制 保守 左翼 行動右翼 ヤクザ 暴力団 天皇 天皇陛下 皇族 フセイン サダム・フセイン サダムフセイン サダーム・フセイン サダームフセイン サダム サダーム ヒトラ ヒトラー アドルフ・ヒトラ アドルフ・ヒトラー アドルフ

Posted by Virtue at 12:56 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/06/08

ガチャピンて天才だな!

http://gachapin.fujitvkidsclub.jp/2007/06/200767.html
隠さなくっちゃ!

今日、東京お台場はお昼過ぎから雨が降りだして、
カミナリがゴロゴロなるみたいです。
テレビのお天気お兄さんが言っていました。
カミナリさまがやってくる前に、
おへそをちゃんと隠しておかなくっちゃ!

カミナリさまは高いところが好きだから、
移動するときは身体を低くして動かなくっちゃね。
そうすると、おへそが下に向くから、カミナリさまも
おへそを取るのをあきらめるんだと思う。

あ〜、そろそろカミナリさまがやって来そうな
空模様になってきたよー!

 流石風土派生の根幹に近い原始的生物、迷信の必然性を見出すとは!!

 所で、卵から生まれる恐竜にも臍(ヘソ)は有るのか?と思って調べたらちゃんと有る様だ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 11:01 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/06/10

AV女優の鈴木杏里のブログが面白い件

 抑もAV女優という表現が好きじゃないんだが、そう表した方がウケが好いだろうからそうしたw

 今(2007年度)好きなAV女優トップ5を挙げろと言われたら、

・第一位 原千尋
・第二位 鈴木杏里
・第三位 沙雪
・第四位 渡瀬晶
・第五位 長谷川いずみ

こんな感じになる。
 因みに第六位は乃亜だw
 何で列挙したのかと言えば、相変わらず人の名前が憶えられないのでブログを備忘録代わりにしたw
 ついでに紛らわしいAV女優の名前は「浅倉舞」「夕樹舞子」「憂木瞳」だよなw

 そんな事は好いとして、原千尋のブログって有るかな?と思ってググった。
 んで無かったので、次ぎに鈴木杏里をググったら有ったので読んだ次第。
 まぁ動画は見た事無いのでどんな人かも知らなかったんだけど、読むと此が中々面白い。
 しかも何だか男っぽい。
 そして何だか物の見方も自分と似ていて、何だか文体迄似ている気がする。

 と言う事で、真似してる風になるので読むのを止めた。
 特に「トイレット・ペーパの三角折り」に関する異論は、最近、細木数子が推奨しているので書くつもりだったんだが、先に書き手や記事の存在を認知してしまった以上、同じ事を繰り返し書く意味も無く、増して真似たなんて思われたくもない。
http://www.ionpromotion.net/blog/suzukianri/?p=1627
TOトイレットペーパー
「トイレットペーパーを三角に折る女はしつけが良い」。こんな事を言っている人がいた。私はしつけが良くないので絶対に折らないが、たまに折ってあるペーパーに当たると「しつけのいい人が使っていたんだな」と思う。まあ、ああすると使いやすいとは思う。でも、それ以上に不潔だと思う。だって、人がトイレットペーパーを使う時は基本的に用事を済ませたすぐ後だ。その時の手って汚くないだろうか?次に使う人のためにペーパーを折る気配りの出来る人が、わざわざ汚い手で紙に細工する意味が、私にはどうもわからない。尻もろもろを拭いたのとは反対の手だけでペーパーを折ることのできる達人以外は、余計な事はしないでいただきたい。それ以上に、切り方が下手でギザギザになっているのはもっと悪い。そういう人は性格がざつで、紙どころか便座もキレイに使えていない可能性が高いからだ。もっともっと嫌なのは、便座カバーをつけている人だ。使うたびに洗うわけでもないだろう。数ヶ月つけっぱなしかもしれない。個人の家ならまだしも、飲食店にあれがついていると、たくさんの人が利用する分、汚さ倍増だ。便座カバー以外にも、ドアノブカバー、布のティッシュカバーも貧乏臭くて嫌いだ。反対にセコムのマークがある家は「お金持ちなんだな」と羨ましく思う。あのシールみたいなのだけで販売すれば、見えっぱりに結構売れるんじゃないかなぁ…。

 まぁシラを切って書けばいいんだが、そうすると鈴木杏里のブログが紹介出来ないのでこんな手配になった。

 なので俺は元々他人の活字を読むのが苦手で、今後も「ガチャピン日記」位しか読まないけど、当ブログをチェックしてくれている方や活字に飢えている方にはお勧めです。

 肝心のURLは右サイド・バーのお気に入りに入れたので其処からどうぞ。

 しかしあれだ、彼女は本当に21歳なのだろうか。
 自分の場合は年上と話が合うのか、よく「何でそんな詳しいんだ、未だ生まれてねーだろw」と言われるけど、彼女もそんな感じなのだろうか。
 あっ同じ射手座だ、13星座なら蛇使い座だな、つーか一日違い。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 17:29 | 静岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/07/15

タイゾー(杉村太蔵)はスッ込んでろよカス

 御前に赤城を批判する資格は無いだろ。

 メディアは奴の言動を面白可笑しく取り上げ一々構うが、其れ自体が宣伝になってるという自覚を持てよ。
 ホント好い加減此のお調子者を担ぎ挙げるの止めて貰いたいね、俺の中では全力で辞めて貰いたい自民党議員トップ5に入っているゎ。

 何せ生後二ヶ月の乳児すら放置して夫婦で外出する様な野郎だからな。
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/07/04/0000438851.shtml
水野真紀、太蔵議員にチク

 女優で後藤田正純衆院議員夫人の水野真紀(37)が4日、都内で行われた「ロワールワイン ソムリエコンクール」の授賞式に出席した。

 グルメでワイン好きでも知られる水野だが、05年に長女を出産してからは「授乳にアルコール分が出てしまうので禁酒していた」という。だが「もう卒乳したのでこれからは飲んでいきたい。夫婦ともにリタイアしたらフランスでワイン巡りをしたい」と笑顔を見せた。

 先日、杉村太蔵衆院議員が自身の週刊誌での連載で、生後2カ月の長女を自宅に残したまま夫婦で食事に出掛け、戻ってきたら具合が悪くなっていたと告白した。このことに触れ、「子供に何かがあったら自分が後悔することになるので私にはできません」、代議士の妻として母としてやんわりと忠告した。

 人の親として誰も否定のしようが無い万国共通の最小限の正義すら守れない奴に、他者を批判する資格なんて微塵の欠片も無いだろ。

 そんな最小個人も守れない奴が、人間共同体最大枠一つ下である国家が守るだのと抜かしてるんだから片腹痛い、否、そんな奴を認めてる我々の平和ボケにも程が有る。
 しかも此奴、過去に妊娠中絶もさせてるだろ。
http://www.sugimurataizo.net/2007/03/post_269.html
赤ちゃんポストについて
2007年03月07日 14:48

まったく個人的な感想ですが、まず名前が嫌ですよ。
赤ちゃん“ポスト”とは何ですかね。とんでもないネーミングだと思いますよ。

ただね、ここで政治家として国民の生命を守る責務を負った立場から一言申し上げると、どのようなご時世であろうとも、常識ではおよそ考えつかないような、とんでもなく無責任な親は、たとえ数は少なくても絶対数存在する、となると、
「産んだはいいけど、育てられない」
よって、例えば赤ちゃんをロッカーに入れてしまうだとか、捨ててしまうだとか、そうした胸が張り裂けそうになるような事件が起きているのも事実です。
生まれてくる赤ちゃんには何の罪もないのに。

さてそこで、この赤ちゃんの命をいかにして国家が守るか、という点においては、胸中複雑なれども、何らかしらの行政による救済方法は考えて当然です。

本当に難しい問題です。
仮にそうした救済措置を講じて、その結果、無責任な親の増加をまねくような事態になったらとんでもない話しです。だからといって、現にそうした赤ちゃんをではどこで面倒を見るか、安全な場所で保育するか、実に悩ましい問題であります。

柳沢厚生労働大臣は会見でこの問題を、
「なお非常に悩ましいし、慎重の上にも慎重な気持ちで」、と発言されています。
実際に担当所管大臣としての苦悩がひしひしと感じられます。
さて、皆様はどのようにお考えになりますでしょうか。

杉村太蔵

 手前の餓鬼でもブチ込んどけよ、人で無しが!
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 16:08 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/07/26

内村光良を誉めてみる

 名指しで露骨に批判するとめっきり表から姿が消え、見掛けなくなってしまう「DEATH BLOG(デス・ブログ)」状態の、基本的に人物の言動だけで分析する『言動分析名簿』と言う名の此のコーナ。
 では逆に、誉めちぎる様な好印象の批評だった場合は果たしてどうなるのか、すっかり影の薄くなったウッチャンで試してみる。

 内村の芸風を一言で顕すなら『忠義』だろう。
 其処には「義理」や「人情」も含まれるだろう。
 しかし芸の外での馴れ合いを芸に持ち込み出すと、妥協→番宣タイアップとグダグダのグズグズになって番組自体が御釈迦になる。
 ピンで緊張感を以て何かに挑戦したり、映画でも寸劇でも『忠義』をテーマに取り組んでいる間が一番芸人として光っている。
 光良だけに。

 凄く遅くなったがウッチャンGJ!
スマステ!! 「西遊記の深津・内村・伊藤登場人気アニメヒーローのランキングベスト30!ルパン三世にガンダム・ドラゴンボール他続々1位は何?」
7月14日(土) 23:30〜24:24
あさひテレビ
Gコード(1793559)
香取慎吾

 毎度例によって2ちゃん実況と合わせて観ていたが、銀英伝(銀河英雄伝説)に振れた時はこんなに人居たのかと吃驚する位、ドカンと書き込みが増えてスレが伸びまくってたねw
 俺も、ランキングが出る度、「銀英伝は?」「ねえ、ヤン提督は?ラインハルトは??何か忘れられてね???」とずっと思ってて、東野と『銀河放浪伝説』ってネタやってた内村に賭けてたわけ。
 其処で期待通り言ってくれたもんだから「俺の念が通じた!www」ともう失禁物ですよw


Seesaaタグ
銀河放浪伝説 銀河英雄伝説 銀英伝 銀英 内村 光良 内村光良 東野幸治 東野 幸治 銀河帝国皇帝ラインテルト 銀河帝国皇帝 ラインテルト ヒガシノイス中将 ヒガシノイス 中将 ジークフリード・キルヒアイス ジークフリード キルヒアイス ジークフリードキルヒアイス ラインハルト・フォン・ローエングラム ラインハルトフォンローエングラム ラインハルト ローエングラム 日本テレビ 日テレ ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ! 朝日 テレビ朝日 テレ朝 TV テレビ バラエティー バラエティ お笑い 芸人 芸能人 コメディー コメディ スマステ スマップ パロディー パロディ 南原清隆 南原 清隆 香取慎吾 香取 慎吾 SMAP SmaSTATION!! SmaSTATION スマステーション ニュース ニュース・バラエティ ニュース・バラエティー ニュースバラエティ ニュースバラエティー ヤン提督 実写 実写版 マンガ アニメ アニメ版 小説 SF SF小説 書籍 文庫本 文庫 1985 1985年 マセキ芸能社 マセキ芸能 マセキ 俳優 タレント 監督 映画 映画監督 お笑い芸人 九州 九州男児 熊本 熊本県 ミラクルヤン ミラクル・ヤン ヤン・ウエンリー ヤン・ウエン・リー ウエンリー ウエン・リー ヤン 自由惑星同盟 同盟 徳間書店 徳間 書店 田中芳樹 田中 芳樹 徳間デュアル文庫 李家豊 李家 徳間ノベルズ OVA 小椋佳 小椋 外伝 DVD 動画 無料動画 アマゾン Amazon 音楽 奇跡のヤン 不敗の名将 魔術師ヤン 常勝の天才 獅子帝 キティ・フィルム キティ・レコード 徳間ジャパン キングレコード 和書 邦楽 少女マンガ 単行本 西遊記 スマステ!!

Posted by Virtue at 06:41 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/08/08

ルー大柴を誉めてみる

 明石家さんまと同じ「旅人」が職業のwルー大柴がブームらしいが、あのウザさを世間が容認出来る様な余裕有る世の中に回復しつつあるって事なのだろう。

 一言で表せば「生き様に嘘が無いウザい男」。

 普通、人がコミュニケーションを取ろうとする際、ヒップホップなり何なりジャンル的な狭いコミュニティの中で通じる様なある種の共通言語なり共通項となる形式があるのだが、しかしルー大柴の場合は、完全な独自形態としてのコミュニケーション手段が確立しており、テレビという力を借り一つのキャラクタ像を世間に広く認知される事で、そうした狭い垣根を超越したコミュニケーションを取る事が可能となっている。
 此は一般人が芸能人に気楽に声を掛け易い、さんまや鶴瓶等と同じ特性である。
 従って、あの生命力に満ち溢れた個性あるバイタリティは、島国根性の日本人には特に見習うべき所だと思う。

 俺はラッキー池田は嫌いだが、ルー大柴は英語覚えられそうで嫌いじゃないけどね。
 あの喋りの侭、英語教材出したら好いと思うよ、否、取り敢えず手始めにNHKで英語番組をやったらどうだろう。

 後、ルーは売れなくなった潜伏期間中に子供の遊びに付き合った際、ドジョウ掬いに嵌ったらしく、今では捕るのプロ級の腕前らしいぞw
 そう言えば俺も小学生の頃、川で見付けたドジョウを金魚と一緒に飼っていたっけな、正面から見ると口をパクパクして結構可愛かった。


 しかし『ルー炎上!』って今の季節だと余計に暑苦しいなw、でも「夏はカレー」って言うしな、ルーだけに。。
 お後が宜しい様でw


追伸:
さんまのまんま「爆弾要求!!紅白歌合戦に一緒に出よう」
11月24日(土) 16:00〜16:30
テレビ静岡
Gコード(56291)
ルー大柴, 明石家さんま

 レッド・ホワイト歌合戦www
 さんまのまんまでゲスト中心に笑かされたの初めてだw
 ルーの再ブレイクの切っ掛けになったブログは、一日8万PV(ページ・ヴュー)だそうだ。
2007/08/11

尾崎豊

プレミアム10・尾崎豊がいた夏〜知られざる19歳の素顔〜
伝説の大阪球場ライブ▽茂木健一郎が尾崎の魅力に迫る
8月10日(金) 22:00〜23:00
NHK総合
Gコード(7132)
茂木健一郎

 今テレビでやってる。
 別にファンていうわけではないが、死去に関して必然性を感じて為らない。

 尾崎豊を一言で表すなら「天才が孤立してグレた独りヤンキー」と言った所だろう。

 頭脳が早熟で若い肉体を持て余すという、よく天才が陥る典型的な状況。
 端から見たら根暗で危ない奴と映っていたんだろう・・って番組観ながら文章を打ち込んでたら、たった今尾崎が「高校の時の話をしよう」と言って素直に認めたw

 幸い天才であると気付いた人間が周囲に居て見出され、其れを又大勢が普通に認知しスターにした。
 だから都会で孤独に野垂れ死にする事無く、ファンによって生かされ少しだけ寿命が延びた。
 そして又、天才故に誰も彼の暴走を止める事が出来なかった、良くも悪くも。
 そして26歳で死去、俺は寿命を全うしたと思っているが、死因は他殺だと思っている。

 普通の人間の三倍近くハイクロックで、其れでは飽き足らず、否、脳内麻薬大量放出後の恐ろしい程の落ち込みの苦痛「禁断症状」若しくは燃え尽きりのスランプに耐え兼ねたのか、麻薬の摂取でドーピング。
 ビートルズにしてもそうだが、ミュージシャンにしても絵描きにしても、アーティストが麻薬でドーピングするのは珍しくない。
 もし此がスポーツ競技の様に力や精度や速さや距離の記録を競う場合なら「スポーツマン・シップに反する」として評価は受けないものだが。

 何れにしても早熟系の天才というのは、大半が二十歳を過ぎると燃え尽きの症状が出始める。
 あれだけ天才として才能を発揮していたのが突如エネルギ切れの様に頭打ちになり、年齢の増加と共に其の能力とのギャップがどんどん狭まり、まるで同じ量しか食ってないのに太り始める嫌な感覚が襲う様に、早熟のアドバンテージの分だけ身体的な醜さ(=老化)が強烈な苦痛となり、其の強烈なストレスは己の身心を蝕み短命な生涯で終える。

 天才と障害は紙一重で、日本ではそうした子供を前者は神童、後者を福子と呼ぶ。


Seesaaタグ
Posted by Virtue at 01:29 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言動分析名簿
2007/08/22

岡田斗司夫

 NHKの日曜フォーラムをテレビで見た時は、声や喋りで直ぐ誰だかわかったものの、全くの別人に成っていて驚いた。
日曜フォーラム「職場のコミュニケーションを活性化させるには?」
8月19日(日) 18:00〜19:00
NHK教育
Gコード(3364)
真鍋かをり,林文子,岡田斗司夫

 噂には聞いていたが、ホント、余りの激痩せぶりにガンにでもなったのかと思った。
 結局、只のダイエットだったわけだが、早速ダイエット本を出しているw

 抑も此の日本一胡散臭い大阪のオヤジは、口八丁でオタクを喰って成り上がったオタキングなのだが、そして今回はデブを喰うわけだ、又肥えるぞw

 どんな話題でもコメントを求められれば、何にでもホイホイと首を突っ込んで来る磯野貴理みたいなオヤジだが、メディア業界の時間や記事の穴埋めには重宝がられる便利屋的存在。
 彼に頼めば其れが恰も真相であるかの様に的外れな持論、否、大風呂敷を展開してくれる。
 しかし脳も痩せちゃったのか歳なのか知らないがパワー・ダウン気味、以前の様な熱弁する必死さが余り感じられない。
 同じデブでも伊集院光の方が洞察力は上。



2007/08/24

朝青龍明徳

 朝青龍観てると「勝って(強くて)何処が悪いんですか!」みたいな、何処ぞのハゲタカ・ファンド的な発言が聞こえて来そうだよな。

 別に国技としての相撲に強いだけなら番付上で満足は行くだろうけど、国教の神事という精神性を合わせ持って初めて「昇進」が決まるわけだから、肉体以上の物を求められている。

 当人が其れを自覚しているかは知らんが、まぁ俺は多少のやんちゃは構わないと思うんだけど、ならば厳罰に対しても其の意気で「サーセンw」程度のノリで居ろよと言いたいわけ。

 其れを引き籠もってるから精神状態がどーなのと周りが勝手に突っつき弄くり回しやがって、外野はスッ込んでろと言いたいね、処罰受けてんだから当たりめーだろ。
 そんな事で気が狂うなら只の筋肉馬鹿だって事だろ、そんな馬鹿の精神性を高く評価し出世させたのは何処何奴だと言いたいね、日本相撲協会さんよ。

 マスコミはウザイし自宅謹慎では空間が狭過ぎると言うなら、相撲部屋の共同生活に戻しゃいいだろ。
 降格させて相撲部屋で下積みや再教育を受けさせる柔軟性は無いのか?
 帰国して実家療養?舐めてるのか?やる事が極端なんだよ。
 抑も相撲程ハードでも無いチャリティの10分程度のサッカとは言え、腰椎骨折の真偽すら調査しねーで頭ごなしに処罰だけ下すから話しがややこしくなるんだろ。
 相撲協会も筋肉馬鹿なんじゃねーのか?

 後、仏教徒の細木数子は黙ってろ!
 何が資源問題への影響だ、神事を賤しい政治利用と絡めやがって、つい数日前に戦争と宗教でこういう連中を注視しろと警告した傍か此だもんな。
2007/12/09

回顧録:朝青龍と亀田一家

 朝青龍帰って来たね。
 丁度ブログ停滞期間と重なるわ。
 ハッキリ言って別に言う事無いなー
 あっそうそう、又、朝鮮人と喧嘩したらしいなw
 今度は記者じゃなくって土方らしい、路上駐車か何かで。

 所で亀田大毅、クリンチからあー投げた!ブン投げたwホント爆笑したわw
 別にいんじゃね?相手の耳食い千切ったマイク・タイソンよりマシだぜ?w
 だから試合上の事で何で来客者以外の世間大多数に向かって謝ってるんだか道理がわからんが、問題なのはレフリーと主催者。
 目潰しや投げ技で反則負け・退場処分にせず試合を続行したのには大いに問題有るね。
 勿論、反則行為を指示したセコンドのオヤジのクビ(ライセンス剥奪)は当然。

 一番始末悪いのは、やっぱ復帰のコメントだよな。
 つまり言動を総合すると、大毅が神経衰弱?心神喪失状態だったのは、単に負けたショックによる物であって、自分の犯した反則行為の罪の重さに耐え兼ねての事では無かったという事だ。
 従ってあの謝罪会見に出て塞ぎ込んでたのも、反則を指示したオヤジやアニキに只“大毅が”同伴しただけという事になる。
 実際、黙りこくって何も謝ってないからね、なら俺の云う様に大毅は会見なんて端から出なきゃいい。
 だから此迄の記者会見を道理として当然に思って真に受け取っていた世間一般の人達にとっては、あの復帰時の別人の様な「は?何の事?放といてや!」的なコメントを聞いた時は唖然としたんだろうね。

 まぁ兄弟のまん中の子って変わり者が多いって言うからね、上と下に挟まれて兄貴にも弟にも成りきれない多重人格ぽさも有るんだろう。

.