2006/09/07

よろしくメカドック(最終話)<モータ・スポーツ論>

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001841/
最終話青春のアクセルオン!
富士スピードウェイでついに渡辺の視力は尽きる。だが彼は心の目で潤たちに最後の戦いを挑む。

 ナベさん・・鼻水垂らしながら見たぉ(TfT)

 当時は白内障は失明を意味したんだよなぁ。。
 盲目の運転という過剰演出も去る事ながら、潤の「ナベさん、彼方は・・・彼方は、目を閉じて運転してるんですか」なんてセリフを吐かれた時には、爆笑物なのに、アニメの世界ではこうした臭い台詞も逆に実写以上のリアリティを醸し出す。

 機械屋の気質もしっかり描写されていて、ホント、最近こういう要所要所をしっかり押さえ凝縮した、ハチャメチャなリアル系子供向けアニメって無いよなぁ。

 今の子供には暴走族と走り屋の区別はつかないだろう。
 まぁメカドックを見る限りは、アニメの演出上そう見えても仕方無いがw
 最近警察がやたら細かく五月蠅いが、つまらない世の中になったものだ。

 走り屋行為は、未舗装路で道交法が完全整備される以前からある、まさに伝統だ。
 「祭り行事」と迄は行かないが、箱根山を走りきると云うのは、自動車開発に於いて欠かす事の出来ない試練だった。
 今現在だって、試乗会はこうした場所で行われ、モータ・ジャーナリストを含め、日産のゴーン等だって箱根を攻めまくっている。
 日本の基幹産業が自動車だって事忘れるなよ、警察の中の人達、、。

 サーキット走行に其の末端の走り屋、マンガ界で例えるなら、走り屋は同人誌みたいなものだ。
 自動車先進国に100年遅れていた日本が、奇跡的な躍進を遂げたのも、モータ・スポーツに挑戦して来た要因が大きい。
 其れは鈴鹿ではなく、未舗装路や登坂等で自動車の基礎を支えた箱根峠、舗装路に於ける高速走行試験を支えた谷田部自動車研究所、そして其れ等の成果を海外車勢と競う事で試し成長させた富士スピードウェイと、自動車産業を支える此等三者三様の役割があったからこそ、今日の自動車産業があるのだ。

 そして其れ等をやってのけた人々は、日本軍の兵器を作っていた技術者達であり、三菱自工(三菱重工)、スバル(富士重工)、日産(プリンス)といった自動車産業という平和的アプローチで戦い続けたのだ。
 其れはまさに、「モノを作る」という保守の真髄だった。

 そして「空気の見える男」由良拓也氏、「エアロの神様」マッド杉山氏といった零戦や紫電等の戦闘機に憧れた少年達が、レーシング・カーを生み出すに至る。
 無論其の拠点は富士スピードウェイ周辺だ。

 そうした想いがあったからこそ、メカドックの様な公道を使ったレースが描かれたのだと思う。
 実際、劇中の露崎さんは「紫電改」のオーナであり、戦前は零戦チューナという設定だった。
 そして此の作品のキーワードは、間違いなく「青春」「スピリッツ(魂)」だろう。
 ナベさんのマシンの名も「ワタナベ・スーパ・スピリッツ」だ。
 (今気付いたけど、潤て潤滑油の潤だね。)

 こういうアニメは最終回を終えると、心にぽっかりと穴が開く。
 毎週放送全30話が生活の一部となり、嵐の様に強烈な印象を与えながらあっと言う間に過ぎ去って行く。
 次週にはトラクタでお馴染みの『F』(エフ)が始まるわけだが、途中で見なくなってしまった。

 話が逸れたが、当時子供だった我々に教えたかった事を、今やるべき時が来たと云っている様な気がしてならない。
 少なくとも、其れより後の世代は少数派だし、今じゃミニバンやエコカーが全盛で、クルマを酷使するドライビングなんて有り得ない行為だろう。
 今後もどんどん人間の闘争心が殺がれて行くに違いない。

 今一度確認しておきたい、欧米自動車先進国は、日本より100年も前から、戦争という武器・兵器を使った命懸けの戦いから、モータ・スポーツというクルマやバイクを使った命懸けの戦いへとパラダイム・シフトが起きていた事を。

 まさに真性団塊ジュニアの正念場ではないかと思うのだ。

Posted by Virtue at 09:01 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2006/10/17

飲酒運転

 最近やたら耳にするが、何でするんだ?!

 今、方々で何かと問題のmixi(ミクシィ)覗いて見な、ゴロゴロ居るから。
 バレるとか捕まるとかそういう問題じゃないだろ!
 一体どういう思考回路してるんだ?
 運転免許なんて永久剥奪、退学・免職処分でいい。

 床屋でアル中のオヤジに髭剃られるの嫌だろ?
 病院でアル中の医者に外科手術されるの嫌だろ?

 ホント、例えようが無いよ。
 それともアルコールが抜けたかどうかわからなくて捕まってるのか?
 否、そんな微妙なもんじゃないだろう。
 ちょっとでも酔ってりゃぁ自覚は有るし、ニュース見る限り、逃走とかしてるからそりゃ無いわな。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:23 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2006/10/25

80mmの段差が越えられないポルシェの話

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061025i301.htm
長期病欠の奈良市職員、高級外車の傷を市に補償要求

 病気を理由に5年間で8日しか出勤しなかった奈良市環境清美部の男性職員(42)が、病気休暇中の今年8月、運転していた外国製高級スポーツカーが市道の段差で傷ついたとして、市役所を訪れ補償を求めていたことがわかった。

 市によると、職員は8月9日、市道から県道に出る際、8センチの段差で底をすり、特殊なナットが損傷するなどした。市道の穴にタイヤがはまるなどして車に損傷が生じた場合、補償することはあるといい、市は今回も補償する方針。

(2006年10月25日3時6分 読売新聞)

 巷では白いポルシェだって言われてるけど、本当にポルシェなの?
 道交法の最低地上高って90mmじゃなかったっけ?w

http://www.sankei.co.jp/news/061025/edi001.htm
■【主張】奈良の病欠職員 事なかれ主義なかったか
 奈良市環境清美部の職員が病気を理由に休暇を取得し続け、5年間で8日しか出勤せずに給与を満額受け取っていたことが明らかになった。

 同市の規則によれば、1回の病気で休めるのは90日までだが、病名が変われば、新たに90日の休みが取れることになっている。職員はこのシステムを悪用、次々と休暇を取っていた。

 こうした職員の甘えを許すような制度そのものに大きな欠陥があることは言うまでもない。速やかに常識的なものに是正すべきだ。

 だが、問題はそれだけにとどまらない。この職員は部落解放同盟奈良市支部協議会の副議長を務めており(問題発覚後に辞任)、病気休暇中にもかかわらず、同和対策や人権問題をめぐる市側との交渉に出席していた。それも1回だけでなく年に数回も、市の幹部や担当の課長らと直接、顔を合わせていたという。

 そのうえ、職員は胃潰瘍(かいよう)や腰痛など計14種類の病気を理由に、34回も病欠を繰り返していた。上司はもとより市当局としては、この不自然な休暇に「おかしい」と疑問を持ったり、気づいたりして当然である。

 しかし、藤原昭市長によれば、市がそうした実情を把握したのは今年4月になってからだという。しかも、それに対し市は市長が休暇制度の見直しを指示しただけで、半年間、職員への事情聴取もしなかったという。

 過剰な病欠が始まって5年間も不自然さに気づかなかったというのは極めて疑問であるし、何の対策も講じなかったというのは異常である。

 市側が規則に違反していないことを理由に「見て見ぬふり」をしていたのなら事なかれ主義といわざるをえないだろう。

 部落解放同盟奈良県連は「問題の背景に部落解放同盟の圧力があるかのような記載は事実誤認」としている。しかし、解放同盟にとってもこのような身内の行為は、たとえ副議長の個人的行為だったとしても、運動への信頼を損ないかねない。そのことを深刻に受け止めるべきではないだろうか。

 「住民への奉仕」という大前提を忘れた職員への厚遇は大阪市などでも問題となった。このさいうみを出し切り、地方自治の原点に返るべきだ。

 産経が此だけ言及するのは関心。

 でも事勿れ主義ってレベルじゃないんじゃないかな。
 ヤクザと一緒なんだから、警察や公安を介入させなきゃ解決出来ないだろ。
 もっと言えば、懲戒免職では済まされない事件を抱えているだろ?
 談合って犯罪だよな?
 かみさん名義の建設会社に優先的に受注させてたんだろ?
 もっと突っ込んで取り締まった方がいいね。
 芋蔓式に摘発出来るんじゃね?
 あ、あっちじゃ警察も公安も仲間だからムリかw

 結局さ、長野も元に戻っちゃったみたいだけど、奈良・京都・大阪・兵庫の財政赤字って、プロ市民つまり朝鮮系政治団体との癒着が原因で、其れがわかってて放置してるんだからどうしようもないわな。
 福岡や広島も同じだろうけど。

 「警察24時」とかテレビ各局でやってるけど、福岡県警の風俗店摘発の茶番劇とか見てればわかるじゃん。
 毎度毎度・・「何で大元のヤクザを叩かないんだ?」ってね。

 やっぱ『ガサラキ』みたいに日本列島を縦断する、「アジアン静脈瘤」が出来るのかな?

kaido_porsche.jpg



追伸:
 オープンのポルシェ・ボクスタ(白)でした。

Posted by Virtue at 21:12 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2006/12/06

コボちゃん逮捕

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006120501000799
速度違反のレーサー逮捕 桂伸一容疑者を静岡県警

 スピード違反をしたのに出頭要請に応じなかったとして、静岡県警御殿場署は5日、道交法違反(最高速度違反)の疑いで、横浜市青葉区新石川、会社役員桂伸一容疑者(47)を逮捕した。
 桂容疑者は自動車雑誌に試乗リポートなどを執筆するモータージャーナリストのほか、レーシングドライバーとして知られている。
 調べでは、桂容疑者は6月29日、静岡県小山町須走の県道で、海外メーカーの乗用車を試乗中、指定速度を32キロ超える時速72キロで走行、同署の再三の出頭要請に応じなかった疑い。
 当初の呼び出しに「仕事が忙しい」と話していたが、途中から「出頭の意思はない」と態度が変わったため、逮捕に踏み切った。

 たぶんあそこだな。
 スピードウェイの帰り「ここはスピード落とせ、ホントにヤバイから」って友達に言われた。
 農道みたいな何にも無い一本道なのだけど、制限速度が極端に低く、警官が草木に紛れてスピードガンで狙い撃ちするので、地元の以外の人がよく捕まっているそうです。
 たぶん極端に速度が低いのは、冬場凍結するからだと思うが、だから6月〜9月は警察にとってはゴールド・ラッシュなんだろうね。

 つーか何の理由も無いのにハッキリ出頭拒否したら、逮捕されるの当たり前だろw
 言っちゃ悪いが警察って結構親切だぞ。
 忙しいって言えば何時でも対応してくれるし、遠いと言えば近所の交番でも対応してくれるし、行く足が無いと言えばパトカーで迎えに来てくれる。
 つまり警察に拒絶される理由でもない限り、有り余る程のサービスが受けられるわけだ。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 19:18 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2006/12/11

ブレーキとアクセルのペダル配置の合理性

 自動車の根幹を為す開発が未だ途上だった頃、ステアリング・ハンドルの形状も色々で、シフト・レバーやクラッチペダル、ブレーキ・ペダル、アクセラレーション・ペダルのレイアウトもバラバラでした。

 其れ等がクルマの進化と共に収束し、現在の様式になっているわけですが、実は人間工学の観点からも理に適っていると言えます。

 人間の右足と左足には脳の構造上、違う役目を持っています。
 右足は蹴り足、即ち前進力、パワーを発生する足とされています。
 左足は軸足(方向指示足)、即ち進行方向、ベクトルを決める足とされています。
 従って人間がグランドを周回する時に、左回りが得意なのは其の為です。
 サッカで考えても容易に想像が着くでしょう。

 そして自動車ですが、左がブレーキ・ペダルで右がアクセル・ペダルです。
 別に左足ブレーキを推奨しているわけではありませんが、ブレーキは何の為に付いてるかと問えば、殆どの方が「止まる為」と答えるでしょう。
 正解ではありますが、運転が好きな人間なら「曲がる為」「加重移動の為」等と色々答えるでしょう。
 即ちベクトルです。
 クルマは速度が上がれば上がる程、ステアリングを切っても曲がり難くなります。
 其の為、コーナ入り口手前や危険回避等で急激なハンドル操作を伴う場合は、先ずブレーキを踏み、前輪に十分な荷重を掛けタイヤの粘着(グリップ)力を得る事が要求されます。
 「危険を感じたら先ずブレーキ」と言われるのは其の為です。
 だから危険を感じステアリングで避けようとする人は、曲がり切れずに事故ります。
 従って自動車事故で「ハンドル操作を誤り」云々という報道は、「ハンドルだけで避けようとした」若しくは「ブレーキの遅れ」とすべきだと思います。
 最近では殆どのクルマがABSで車輪はロックしない為、只踏むだけではなく「ブレーキ・ペダルが折れる位思いっ切り踏み続けろ」と言います。
 従って踏ん張って加重移動し曲がるという観点からすれば、左にブレーキ・ペダルがあるのは合理的と言えます。

 実際カートではブレーキが左足専用です。
 レーサやラリー・ドライバでも左足ブレーキを使う人は居ますが、競技スペックの構造上仕方無いヒール&トー(ローリング・トー)と違い、飽く迄踏み変えタイムのロスを無くすテクニックの範疇なので、使わない人は多いです。
 但し何れにしてもアクセルとブレーキを同時に踏み込んだり、緊急時以外の通常運転で、ブレーキを踏みながらハンドル操作をしてはいけません。
 昔教習所では、ペダルに足を乗せているだけで減点する教官が居ましたが、足が遊んでる時はブレーキ・ペダルに有る方がいざという時に踏み遅れなくて安全です。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 02:12 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

台湾実写版『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』(吹き替え版)

 GyaOで無料放送やってたので観た。

 走行シーンはCGではないので、クルマの挙動変化が最高に楽しめる。
 エンジン音もスキール音も其のまんま使っているらしく、リアリティが有る。
 日本人の撮るカー・アクションは糞だけど、台湾のはマンガのコマ割りに従って撮っている所為なのか見応えがあった。
 でも何だかやっぱ香港映画っぽいなw
 クルマに負けるふにゃふにゃガードレールとかワロタw

 車輪の溝落としは有り得ないと言う人が居るけど、勿論実際に出来る技なのでやってみたい人は、大きな石とか釘とかタイヤのサイド・ウォールを傷めない様に気を付けてね。
 車高落としてると下を擦るし、幅広タイヤや薄いタイヤはホイールを傷めるからやらない方がいい。
 WRCをテレビで観ててもわかるが、猿が枝にぶら下がりながら木々を移動する様に、山側なら雨溝、谷側は時に崖に脱輪させ腹を擦りながら交互に走っているので面白い。

 後でレビューを眺めたら、評価の悪さに吃驚。
 マンガは、パラパラと眺めただけで読んだ事無いのでよく知らないが、どうやら原作と違うとみんな怒っている様だ。
 一番キャラが立っていたのは、サモハン丸出しのソゲキングンだよなw
 自分の違和感は「何でヒロインに日本人使うんだ?しかも何で鈴木杏なんだよ」と思った位だが、援交役だったから誰も引き受けなかったのかな?と納得。
 最後其奴に謝って仲直りするのが無理過ぎw
 あと学校のそばにラブホは無いだろ?高校はおkだっけか?

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0023372/
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 20:05 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2007/04/05

光岡自動車『大蛇(オロチ)』

 フェラーリはアルファ・ロメオのモータ・スポーツ部門『スクデリア・フェラーリ』が起源。
 レーシング・ドライバであったエンツォ・フェラーリのレーシング・チーム運営会社だった。
 フェラーリは他社利益率の10倍ボッていると云われ、フェラーリのオーナはフェラーリ・チームの出資者という考え方が定着した。

 一方馬のフェラーリに対し、牛のランボルギーニは其のスタンスも真逆。
 故障の多いフェラーリに腹を立てたトラクタ屋の富豪が、自前で高品質のロード・カーを目指したスーパ・カーがランボルギーニだった。
 従ってモータ・スポーツに於ける功績はゼロに等しい。
 其のモータ・スポーツから派生していないスーパ・カー屋がランボルギーニであり、光岡自動車も此のスタンスにあると言える。
 抑も光岡はランボを売っている。

 だから「スーパ・カー=レーシング・カー」と捉える日本人には、ランボも大蛇も受けない。
 抑も限界性能も試していないレース由来ゼロのクルマが、果たしてスーパ・カーと呼べる物なのか?其れならマイバッハはスーパーカーなのか?やっぱ見た目其れっぽくした意匠と価格で決まるのか?という話になる。
 無論、レース車の超短期耐久性と市販車の長期耐久性では在り様が全く違う。
 そういう意味でも詰まる所、中国車や韓国車みたいな存在。
 コスプレして街中を歩かされる様な本当に目立つだけのクルマであり、大金払った上に辱められるというドM失禁物のスーパーカーである。

 因みに大蛇のパワー・ウエイト・レシオは6.78[kg/ps]。
 エンツォは2.07[kg/ps]、NSX Type-Sは4.71[kg/ps]、ランエボIX MR RSで4.82[kg/ps]なので、此等と比べるだけでも如何に鈍臭い乗り物かがわかる。
 しかし此でもスポーツ・カー同様に保険料は高くなってしまうのだろうか?
 価格は1,000万超、ナイト財団が財政難でw売りに出されているナイト2000が2,700万円だそうだ。
 昨日書いたTSLの防災船『希望』の最高落札価格が2千万飛んで1円だった。

http://www.mitsuoka-orochi.com
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 07:45 | 静岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2007/04/18

ランエボ盗難死亡事故の件

 前から思ってたんだが「ランサ・エヴォリューション」じゃね?

 まあそんな事は良いとして、愛車とは云え体張って止めるとは偉い度胸だな。
 あのクルマ、色からして現行モデルだよな?MRだろ?
 ルーフ迄アルミにしてテール・エンドにボルテックス・ジェネレータとか着いてる奴、まさに零戦。

 まあ其れもいいとして、俺の友人も盗まれたわけですよ、エボ7の白のGSRを。
 盗難保険は利いたらしいんだけど、保険屋が近所を聞き回って気分悪いらしいよ。
 イモビは着けてなかったけど、もし着けてたらやっぱ保険屋は出し渋りしたんだろうね。

 そう云えば、イモビってイモビ自体がよく故障するらしいよ。
 故障するとエンジンが掛からなくなるから、BMWとかメルセデスとかロメオとかはレッカー屋の御得意さんらしいw

 イモビ本体はだいたいセンタ・コンソールの助手席側に在って、裏ロムのイモビコンピュータと取っ替えるのに5分と掛からない。
 要するにプロは盗難用のイモビコンピュータを持参してパクりに来るわけ。
 だからパクられたくなかったら、自分しか知らない様な隠れキル・スイッチか何かを別に設けるしか無いね。
 まぁレッカーでクルマ毎持ってかれたら元も子も無いけどさ。

 因みにランエボは盗まれるとバラバラに分解されて部品扱いで出国する模様。
 以前自動車盗難のコンテナが発見された際も、ランクル等に紛れてバンパとかボンネットが外された赤いTMEがテレビ映ってたよ?

http://www.j-cast.com/2007/04/17006949.html
盗難殺人まで起きた マニアに人気三菱ランエボって何
「ランエボっていうんだって??おいら車ってあんまりキョーミないんだよ」。4月17日に書き込みのあったあるブログはこう書き出した後、「でもこの車は大変人気があるそぉで・・・」などと、15日の事件を報じるニュースを引用しながら書き込んでいる。「今朝の情報番組でも(略)って言ってた」とテレビで見た情報として、この人気車種が高値で転売できるらしいという話に触れている。

そんなに人気がある車なのか。ネットで「ランサーエボリューションマガジンWEB」というページを見つけた。雑誌としても季刊販売しており、4月で30号目を数える。編集部によると、「30歳代を中心としたマニアにとても人気がある車です」。テレビドラマ「電車男」に登場する人物も乗っていたことも有名な話だそうだ。ちなみにドラマの中でもこの車は盗難に会った。

三菱自動車広報部によると、元々ラリーのレース用に作られた車で、1992年の一般発売以来、第9のタイプまで出ている。マイナーチェンジを含めれば14タイプ。しかも、通常2,3年に1度のところを毎年のように新しい型を出す。これがファンを喜ばせている。累計8万台近く売れ、「スポーツカータイプとしてはかなりの売り上げ」だそうだ。
中古市場が上昇する「珍事」が起きる

中古車としても人気があるらしい。ガリバー自動車流通研究所によると、型によって値段は様々だが、2004年式のある型の場合、新車価格は400万円弱。05年には300万円前後で推移したのが、06年には下降気味となり270~280万円、これが2007年に入り、290万円に再上昇中という。中古価格が上昇するのはほとんど例がない。
「外国、特にイギリスやニュージーランドの人気が、中古価格を支えている理由ではないか」とも分析する。ラリーや右ハンドル人気が背景にあるそうだ。

 「ラリーのレース用」って何だよ、「スキューバ・ダイビングのスカイ・ダイビング用」とは言わんだろ。
 書いてる奴はゆとりか?其れとも女か?

 「有名なの?」
 「人気なの?」
 「流行ってるの?」
 「幾らなの?」

 こういう女の定番口調を男にされるとブッ飛ばしたくなるね、オカマ野郎が。
 ITバブル時代の学生社長みたいにトレンド(=トラフィック)だけ追っかけてる頭空っぽの奴って今でも居るよな。

 主観は持たない
 拘りは持たない
 興味は持たない

 か?クールは結構だが、なら一々話題に首突っ込むな、黙ってろ。
 手抜き記事ばっか書きやがって、取り敢えずJ-Castは商人なのか記者なのかハッキリしろ。
 書くなら手前の足使って乗って来い「クルマは乗り物だ」。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 15:35 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
2007/05/07

2ちゃねらーのピスト自転車批判の件

 ピスト(Piste)とはフランス語で、英語で言えばトラック(Race-track)の意で、一般的には競輪の車輌を指すんだろう。

 従って競輪車輌となれば、変速機は疎か前後共フリー・ギヤを持たない固定ギヤ、要はチェーン・ホイールにフリー機構(=ラチェット機構)が無いので空回りしないから、雑伎団やサーカスのチャリ芸みたいにバックが出来てしまうw
 当然ブレーキも無い、というか着けてうっかり使っちゃったら危険だわな。
 制動は自分の足、とは言っても地面に足を引きずって止めるわけではないぞw

 所が道交法では公道走るのに制動装置が必要となる。
 果たして今流行の「コンプライアンス(法令遵守)」に正当性があるのかという話なのだが、直訳すれば「命令に従え」という事だろうが、果たして理不尽な命令でさえも御前等本当に聞くのかよ!?という言い方も出来る。
 2ちゃねらーはそういうのが一番嫌いじゃないのかね??

 まあ俺ならブレーキ着けて使わん(=ハンド・ブレーキは掛けない)けどな。
 一般人のピスト乗りはブレーキを着けている様だが、実際問題漕いだ分しか前進しないので素人では中中スピードに乗れないし出せないし、だからブレーキ掛けても危険じゃないんだろうけど。
 じゃあプロはといえば、スピード出せても制動距離を計算し、常に停車を想定して走るから矢張り出さない。だからやっぱりブレーキは有効、其れ也に。
 そうなると、体力馬鹿のブレーキ着きのピスト乗りが一番おっかねーよなwって話になる。
 ブレーキは前後輪必要なわけで、要は「法律さえ守ってりゃ良いんだろ?」という捉え方が嫌でも出来てしまう。
 結局はブレーキを着けた所で「安定した制動」という本来の目的が得られず、根本的解決になっていないわけだ。
 自分の記憶が確かなら、此が自動車だと(ちょっと意味が違うが)差動装置(=デファレンシャル機構)の規定が有る。
 では自転車に於いて前後チェーン・ホイールに固定ギヤの規定なんてあるだろうか?
 従ってピストはグレー・ゾーンだと俺は思う。

 其れを鬼ノ首取ったみたいに法律を盾に非難轟々だもんな、只DQN叩きしたいだけなんだろうけどさ、KEIRIN(競輪)は日本が発祥だぞ、じゃあ同人誌も一斉取り締まりで排除するか?
 まぁ著作権侵害は親告罪だけどさ、そういった肥やしとなる土壌の層の厚さが文化を支える余力になっているのにさ、競輪の神様が泣くよ。

 ホント最近息苦しいな、共産党が重箱の隅を突っつくみたいに上品ぶった「仏教型日本人」が牛耳る世の中は。
 此以上日本人を萎縮させてどーするよ。

 しかしナイキも情けないよな、俺が広報だったら戦うね。
 あの看板広告の写真の何処に問題が?公道走ってねーじゃん。
 それで文字看板w
外で遊べ。
道で遊べ。
公園で遊べ。
空き地で遊べ。
追い出されても遊べ。
遊び場はすぐになくなる。
でもまたすぐに見つかる。
好きに遊べ。
今ここで遊べ。
東京で遊べ。

 此は逆効果、つーか皮肉?喧嘩売ってるだろw
 まぁ尤もていうか、体験的な想像力が働いて欲しいものだが。
 しかしそんな看板は代える癖にヌルポ秋山のCM起用は止めなかったよな。
 つまりナイキ社はスポーツ・マインドよりも法令遵守を優先したわけだ、ねらーにからかわれた位で、見損なったね。
 まぁ電通だろうけど。
Seesaaタグ
Posted by Virtue at 14:20 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 自動車
2007/06/19

【緊急】Mixed Tapeは今Vol.17だぞぜ?

Mercedes-Benz Mixed Tape

あああああqswでえfrtgyふじこlp;「’
Mixed Tape15

 居留守かよ、すざけんな!!!

http://www.mercedes-benz.co.jp/brand/mixedtape/faq.html
Mixed Tape FAQ
Mixed tapeについてのFAQをまとめております。

Q.“mixed tape”はどのくらいの頻度で更新されますか?
A.10週間ごとです。(但し、日本でのアップデートは若干遅れることがあります)。
<以下省略>

 若干所か周回遅れじゃねーか!!
 オミットされた16はどうすんだ、ぁあ?!

 ムシャクシャして裏技使った。
 勢いでVol.1からコンプした。
 すげえ時間掛かったけど今は満足している。


【関連記事】
 メルセデスが楽曲を無料配信中

.